YouTubeの動画をWebサイトやブログに埋め込むとき、取得した埋め込みコード内に「パラメータ」を追加することで、動画に対するさまざまな設定が行えます。手動での埋め込みコードのカスタマイズについて見ていきましょう。 再生リストはYouTubeの視聴履歴から判断されていますので、今まで全く見てこなかったタイプの動画が連続再生のリスト内にまぎれることはないでしょう。, スマホに対するYouTubeの自動再生が可能な時間制限についてですが、30分操作を行わないとれ連続での再生は停止されてしまうようです。 PCにおけるYouTubeの自動再生のオフ/オンの切り替えは、ここの項目のオンオフを切り替えることで可能となります。オフにすれば自動再生は停止として設定され、オンにすれば連続再生されることになります。 YouTube側が他のおすすめ動画を自動で選別し、一定時間後に他の動画を流す仕組みが自動再生と呼ばれています。つまり、YouTubeにおける自動再生では、見たい動画は再生されないのです。YouTubeのこの機能は最初、連続して再生される設定になっています。 他にもキャッシュをクリアしていないケースやインターネットの速度制限がかかっている可能性もあるでしょう。速度制限がかかっている場合は動画が止まるケースは多いかと思います。 YouTubeの動画をWebサイトやブログに埋め込むとき、取得した埋め込みコード内に「パラメータ」を追加することで、動画に対するさまざまな設定が行えます。手動での埋め込みコードのカスタマイズについて見ていきましょう。, 前回の記事では動画の埋め込みについて解説しましたが、動画の埋め込みコードの中には、表示サイズや再生方法などの設定を表す「パラメータ」という文字列が含まれています。, パラメータは動画を識別するための「動画ID」の後ろに記載されており、「?」から始まります。また、複数のパラメータは「&」で区切られています。パラメータとなる文字列はあらかじめ決められており、そのとおりに入力することで、埋め込んだ動画に対するさまざまな設定が可能です。, この埋め込みコードの中にある、青い文字の部分が動画ID、赤い文字の部分がパラメータです。この埋め込みコードには「rel=0」(関連動画を表示しない)と「controls=0」(プレーヤーのコントロールを表示しない)という、2つのパラメータが入力されています。これらはいずれも、前回解説した設定を行うことで自動的に入力されるものです。, 埋め込み時の設定を特にしていないコードでは、以下のように赤い文字の部分(パラメータ)がありません。, この場合でも、青い文字の部分(動画ID)に続けて「?rel=0&controls=0」と手動で追加すれば、前述のコードと同じ働きをします。, このように、埋め込みコードに手動でパラメータを入力することで、通常の方法ではできない設定を適用することも可能です。パラメータの最初には「?」を付け、複数のパラメータは「&」で区切る、という基本さえ覚えておけば、特に難しいことはありません。主なパラメータを次に挙げるので、Webサイトやブログに動画を表示するときに活用してみましょう。, 動画を埋め込んだWebページを表示したとき、再生ボタンを押さなくても動画が再生されるようにするには、パラメータとして「autoplay=1」を入力します。, 動画の見どころから再生されるように開始位置を指定するには、「start=開始位置」と入力します。開始位置は秒数で指定し、例えば1分45秒時点なら「&start=105」となります。, 再生の終了位置を指定するには、開始位置と同じ要領で「end=終了位置」と入力しましょう。開始位置と組み合わせることも可能です。, 字幕が設定されている動画は、パラメータとして「cc_load_policy=1」と入力することで、字幕を表示した状態で再生できます。, 埋め込むページの都合上、全画面再生をさせないようにしたい場合は、「fs=0」というパラメータを追加します。コントロール右下の[全画面]ボタンが非表示になります。, ほかにもさまざまなパラメータがあります。詳しくはYouTubeの公式ヘルプにあるページを参照してください。, 1984年生まれ。編集者/Webディレクターとして、IT系媒体を経て音楽系Webメディアの立ち上げからコンテンツ企画・運営全般に携わる。. ページ表示(プレーヤー読み込み)と同時に自動的に再生をさせて、最後に関連動画を表示させないという指定になります。 srcの末尾に下記のようにして記 … 表示された画面の「埋め込む」をクリックします。 これらのメリットによりYouTubeでの利用頻度はますます高まり、今後もたくさんの動画が世に溢れていくでしょう。様々な人達が自由に動画を投稿できる、自由に視聴できるというのはとても素晴らしいと思います。, YouTubeのデメリットとしましては、広告が多いことや突然の仕様変更などでしょう。YouTubeでは自動再生するたびに広告が表示されます。広告を目的として自動再生機能がついたのかもしれませんが、利用者としては少し邪魔ですよね。 All rights reserved. YouTubeのメリットから考えると、デメリットはそこまで気にならないというのが現状でしょうか。, さて、いかがだったでしょうか。今回はYouTubeにおける自動再生のオンオフの切り替えについて解説してみました。また、上手く自動再生されない・止まる・停止してしまう場合の対処法についても触れていましたね。 自動再生はYouTubeではユーザービリティを考慮した素晴らしいシステムです。ネット環境の悪さゆえにYouTubeの動画が上手く自動再生されない・止まる・停止してしまうといったケースが起きてしまうことはありますが、視聴側としても対処方法は複数存在します。 まずPCでのYouTubeの自動再生のオフ/オンの切り替えができない場合の対策ですが、cookieの削除を行い再起動してみましょう。PCの動きが重かったり動画が止まる場合は、この手順で直るケースもあります。 ※ブラウザの設定によっては自動再生がブロックされる可能性があります。, 1.まず普通に埋め込みタグを取得します。その時にお好みでコントロールや動画タイトルなどを非表示にしておきます。, , 公式ドキュメントによると現時点では「autoplay=1」を有効化させるためには「playlist=動画ID」を付けないと有効にならないようです。GoogleChromeの場合は音声付の動画の自動再生は許可されていないため、muted=1をつけてミュートにする必要があります。(現時点ではmuted=1をつけてもミュートにはならないが、自動再生はされるようになる。), , ちなみに、GoogleChromeはvideo要素の場合でも音声が有効になっている場合は自動再生されないので、とmuted属性を追加する必要があるようです。, 趣味はキャンプ、車中泊、家庭菜園、ハイキング。精神的な豊かさを求めて毎日を謙虚に過ごしたい。. Copyright ©document.write(new Date().getFullYear()); Impress Corporation. 定期的にアプリのアップデートが必要か確認し、YouTubeの動画再生に支障がないよう、動画が止まることのないように注意しておきましょう。その他にも、端末の再起動やバックグラウンドアプリを終了するという方法もあります。 設定云々の話ではなく、要因が外部にありますので、一度ご自身の通信環境を見直してみてください。, また、どうしてもYouTube動画が自動再生できない場合は、スマホやPCの再起動を行うのも一つの対処法となります。それでも動画が止まる・停止してしまうようであれば、こちら側の設定の問題ではないかもしれません。 YouTubeの自動再生はありがたいと感じる時や邪魔くさいと感じる時など気分次第かと思います。ぜひYouTubeの自動再生のオフ/オンの切り替え方法を確認し、普段の生活で利用してみてください。, PCにおけるYouTubeの自動再生のオフ/オンの切り替え方法は非常に簡単です。まずはyoutubeの動画画面を開いてみてください。, YouTube画面の右側を見てください。小さく『自動再生』という文言が表記されているのを確認できるかと思います。上記画像例では、現在自動再生の設定は停止状態です。 視聴者側の希望で自動再生しているわけではないので、必要があれば停止の設定も可能です。今回は、YouTubeの自動再生の停止や再生のオンオフの設定方法や、自動再生がされない・できない・止まるといった場合の対処方法について解説していきたいと思います。, PC版YouTubeとスマホ版YouTubeではYouTubeの自動再生のオフ/オンの切り替え方法は多少異なります。とはいえ、YouTubeの自動再生のオフ/オンの切り替え方法は非常に簡単です。

YouTubeの動画を検索する際はハッシュタグも挿入可能で、様々な動画を楽しめるのがYouTubeの特徴といえるでしょう。, PC(パソコン)やスマホでも楽しめる今や主流の動画配信サービスとなっています。そんなYouTubeですが、YouTubeには自動再生機能がついています。自動再生といっても、自動で再生されるのは同じ動画ではありません。

さらに、YouTubeはアカウントを作成する必要がありません。また、再生リストやキュー、お気に入り登録などにより、自分の好みに合わせた動画再生リストを作成することができます。 また、動画の検索も簡単に行えますし、世界中に溢れる動画を見ることができます。動画の投稿に対しても制限はなく、とても利用しやすいです。さらに、自動再生機能は自分の視聴した動画の統計から自分に合った動画を自動的に選択してくれます。 webサイトで動画を扱いたい場合にはHTML5から導入されたvideoタグを使用するのが一般的です。今回はvideoタグの基本〜応用的な使い方までを丁寧に解説し、HTMLで動画を使いこなせるようにしていきます。, という2つの方法があります。今回はスタンダードな「video」を使った動画の埋め込み方法を解説します。, 現在ではmp4をほとんどのブラウザが対応しているので、ファイル形式はmp4でOKだよ。以下の画像は「Can I use 」といってブラウザごとの対応状況が確認できるサービスなんだけど、ほとんどのブラウザが「緑(対応している)」になっていることがわかるよね!, videoタグはimgタグと同じようにmp4やwebmなどの動画ファイルを読み込むことで動画を表示します。, これがもっともシンプルな書き方です。しかし、ただ動画ファイルを読み込んだだけなので再生もされませんし、コントロールパネルも表示されていませんね。, 動画の自動再生やコントロールパネルを表示するにはvideoタグの属性を使う必要があります。, controls属性を記述することで再生ボタンや再生位置(シーク)、ボリュームなどのコントロールパネルを表示することができます。属性に値は必要ないのでcontrolsだけを書けば表示されます。, auto属性を指定することで動画を自動再生させることができます。ただ、chromeやsafariではmuted属性で動画の音をでないように設定する必要があります。, poster画像は動画に静止画を表示することができます。設定した画像は動画が再生された時点で消え、一時停止しても再度表示されることはありません。その動画の内容を簡易的に伝える時などに活用しましょう。, スマホのsafariでwebサイトの動画に埋め込まれているを動画を再生しようとすると強制的に全画面表示になってしまうことがありますよね。, インライン再生を可能にするためにはautoplay、muted、playsinlineの3つの属性が必須です。, width属性とheight属性でそれぞれ動画の横幅と高さを指定することができます。単位はpxのみで、パーセントなどの可変指定はできません。, preloadはwebサイトを読み込むと時に、事前に動画ファイルをDLするかを指定します。, ユーザーが必ずしも動画を再生する必要がない場合は読み込み速度を考えてpreload="none"を指定するとよいでしょう。, mp4で動画が再生されない時のことを考えて複数の形式の動画をあらかじめ用意しておくという方法があります。, sourceタグにsrc属性を記述し、videoタグの入れ子にします。そうすることで, 探せばたくさん見つかりますがweb上で変換が完結する「convertio」がオススメです。, youtubeなどの動画サービスから動画をwebページに埋め込む場合はiframeタグを使用します。, 埋め込むためのコードが表示されるのでコピーしてhtmlに貼り付けるだけでOKです。, 「ベーシック認証」といってwebページにアクセスできる人を「ユーザー名・パスワード」を用いて制限するという機能があります。そのベーシック認証がかかったページをandroidで閲覧すると動画を見ることができません。, mp4なのにvideoタグで再生できないというケースも稀にあります。実はひとえにmp4といってもコーデックといって圧縮のデータ方式が異なります。, 解決法:コーデックを確認して「AVC形式」「H.264形式」でmp4を改て書き出す。, 参考:http://memo352.blog119.fc2.com/blog-entry-820.html, IE8以前ではvideoタグが使用できません。そのためIE8以前でvideoタグを使用する場合は「html5media.js」を使用します。, 親要素いっぱいに動画のサイズを広げて.textという文字の入ったdiv要素をabsoluteで浮かせて動画の上に載せるイメージです。背景に常に固定して動画を流す方法ではなく「このサイト」のようにページの背景の一部を動画にする場合に使用することができます。, web関連の勉強をしているみんなのために「とにかくわかりやすい記事」にこだわってwebスキルの情報を発信しています。フリーランスでデザイン・コーディング・webマーケティング(SEO)とweb全般のお仕事をしています。, 動画ファイルを読み込んだだけなので再生もされませんし、コントロールパネルも表示されていませんね。.

設定としては連続再生可能な動画をリスト化していくだけですので、そこまで困ることはないかと思います。, YouTubeの自動再生されないケースとして他に考えられるのが、アプリやブラウザの変更とアップデート・再起動しないといけないケースです。, アプリやブラウザの変更とアップデート・再起動しないとYouTubeの自動再生されない場合の対処法は、単純にアプリやブラウザの変更とアップデート・再起動すれば良いだけです。

他のアプリで負担をかけている場合、YouTubeアプリに影響を与えて動画が止まるケースもあるかもしれません。連続再生できない場合や動画自体開けない・動画が止まるといった場合はこれらをチェックしてみてください。 会員登録をすれば、YouTubeの動画に対して評価やコメント、再生リストの作成なども行えます。YouTubeの再生リストでは、動画をまとめたり自動再生(リピート)やシャッフル再生も可能です。 スマホアプリは更新頻度が高い為、更新をしないままでいるとエラーを起こす可能性があるのです。YouTubeの起動自体停止してしまう可能性があるということですね。 GoogleChromeの場合は音声付の動画の自動再生は許可されていないため、muted=1をつけてミュートにする必要があります。(現時点ではmuted=1をつけてもミュートにはならないが、自動再生はされるようになる。) 3.自動再生される埋め込みコードがこちらです。 >埋め込み動画の場合でもYoutube再生回数にカウントされるか否か カウントされるのが当たり前すぎて、明確な記載はあまり見当たらないかもしれませんね。 アナリティクスの再生場所レポートでは、他サイトに埋め込まれた動画の再生数が確認できます。 表示された画面の「埋め込む」をクリックします。 単純な埋め込みコードの取得は以下の方法です。 埋め込みたいYouTube動画の下にある 「共有」をクリックします。. YouTube動画をWordPressや その他のサイト・ブログなどに表示させる場合は、 埋め込みコードを入力する必要があります。. 自動再生 & 関連動画非表示.

2019年07月11日更新 . 使い方(4665) ... セキュリティ関連によりYouTubeの自動再生されない場合、フリーのセキュリティソフトが影響しているかもしれません。 セキュリティソフトを変えたことでYouTubeの動画が連続再生されなくなってしまったのでしたら、セキュリティソフトの影響は一度見直 … スマホの場合、動画の連続再生は電池の消費も激しいので、節電という意味合いも含まれているかもしれません。スマホで連続再生する時間が短いのは、むしろ優しさと云えるのではないでしょうか。, 前述していますが、YouTubeの自動再生されない時の理由と対処法について再度解説したいと思います。, YouTubeの自動再生されないケースとしましては、再生リストの中に削除か非公開の動画があるケースが挙げられます。, 再生リストの中に削除か非公開の動画があるせいでYouTubeの自動再生されない場合の対処法は、単純に非公開の動画が入っていない動画や削除されていない動画を再生リストとして作成するだけとなります。 仕様の変更も現代の問題としては珍しくないかもしれません。むしろ頻繁なアップデートは日々YouTube側がユーザービリティを考慮してより良いシステムを開発している結果といえるでしょう。

※Chrome非対応になりました。Firefoxもデフォルトで自動再生をブロックするようになってしまったので、動画の自動再生はYouTubeを使用せず、video要素など別の方法をとることをお勧めします。, ↑の動画のようにiframeで埋め込んだYouTube動画を自動再生させる方法を説明します。, ※スマホは非対応 下の