解決済み スバルwrx sti ej20 ファイナルエディションについて質問します。. 業者オークションだと、車両本体が550~560万円位でした。, 「いや、555台なんて当たらないし、すぐ売らないよ!」 WRX STI ファイナルエディション 過去BLOG:スポーツカーのリセール ~希少価値編~ メーカー希望価格が452.1、485.1万円 お値段の高い、フルパッケージだと500万円位でしょうか。 さて。転売屋さんが既に業者オークションへ出品。 車種名 WRX STI グレード EJ20 Final Edition メーカー希望小売価格 (消費税10%込) 452.1 / 485.1 万円 燃費 * 国土交通省審査値 9.4 km/L 排気量 2.0 L 駆動方式 ●Ultrasuede®、ウルトラスエード®は東レ株式会社の登録商標です。, ※brembo製ブレーキは高性能なブレーキキャリパーとブレーキパッドを採用し、ブレーキ性能を高めたため、ブレーキの鳴きや異音、ブレーキダストが出やすい傾向にあります。使用条件によっては、塗装の色味の変化や剥がれが発生する可能性があります。, ◆燃料消費率は定められた試験条件のもとでの数値です。したがって、実際の走行時には、気象、道路における交通の混雑の状態、運転方法に応じて燃料消費率が異なってきます。燃料消費率はスポーツモード時の数値です。, ●記載価格はメーカー希望小売価格に消費税10%が含まれた総額表示です。●メーカー希望小売価格は参考価格です。販売価格は各販売店が独自に決めていますので、それぞれにお問い合わせください。●価格はスペアタイヤとタイヤ交換用工具を含む価格です。●価格にはオプションは含まれておりません。●リサイクル料金、税金(消費税を除く)、保険料、登録等に伴う諸費用等は別途必要となります。●登録等に伴う手続き代行費用については別途消費税が必要となります。, ●写真・イラストはすべてイメージです。●写真は撮影用に点灯しています。●撮影用の小物は商品には含まれません。●ディスプレイ装置の性質上、実際の色とは異なって見えることがあります。. 一般の方がお買い求めいただくGoo-netなどだと、 お値段の高い、フルパッケージだと500万円位でしょうか。, さて。転売屋さんが既に業者オークションへ出品。 未使用車フルパッケージで、車両本体が580万円、総額600万円位。 なのでお時間がかかりますかね。, 個人的には、特別仕様車以外のグレードは、 Ï‚Ý, 9JƒzƒC[ƒ‹‚̏ꍇAŽÔ‚’²‚̓sƒƒAƒbƒp[•K{H, ƒPƒ“ƒEƒbƒh KNA-300EX ƒXƒeƒAƒŠƒ“ƒOƒŠƒ‚ƒRƒ“‚ɂ‚¢‚Ä, y‰Ž©ìzRyzen 7 3700X‚ÆRX 5700 XT‚É‚æ‚鎩ì, ƒTƒ‰ƒ_‚ª‚²‚¿‚»‚¤‚ɁI uŒƒƒEƒ}v‚Ƙb‘è‚̃hƒŒƒbƒVƒ“ƒO‚ðH‚̃vƒ‚ª”äŠr, PS5‚Ì”š‘¬ƒ[ƒh•”ü—íƒOƒ‰ƒtƒBƒbƒN‚ðŒ©‚æI PS4 Pro‚Æ”äŠrƒeƒXƒg, y“®‰æz‚ǂꂾ‚¯¬‚³‚¢H‚ǂꂾ‚¯‘å‚«‚¢H uiPhone 12 minivuiPhone 12 Pro Maxv. 維持費はかかりますが、お好きな方はぜひ。, 30系1年経過待ちのアルファード現況 4月登録以降のお客様向けに3/30~4/2分を掲載. 11月14日(土)-15日(日)・21日(土)-23日(月)に「New FORESTER DEBUT FAIR」を開催。, 2020年12月5日(土)開催、WRXファンミーティング2020の参加が募集がスタートしました。ぜひご応募ください!, ラジオ番組『SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~』, *WRX STIは2019年12月23日をもって現行モデルの受注生産の注文受付を終了いたします。, *燃料消費率は定められた試験条件のもとでの数値です。したがって、実際の走行時には、気象、道路における交通の混雑の状態、運転方法に応じて燃料消費率が異なってきます。, 11月11日をもちまして555台限定の優先購入権の申し込みは終了いたしました。多数のご応募、ありがとうございました。, ※株式会社SUBARUが限定台数で販売する車両となります。購入には、受付期間中に販売店で優先購入権を申し込みいただき、優先購入権を獲得した上で正式契約となります。限定台数を上回る優先購入権の申し込みをいただいた場合、厳正なる抽選のうえ商談の機会を設定させていただきます。抽選結果は2019年11⽉14⽇(⽊)16:00以降に優先購入権の申し込み時にご入力いただいたメールアドレスにお送りします。商談期間を設定しておりますので、ご当選のお客様は、抽選結果通知メールの記載に従い商談の開始をお願いいたします。その他、詳細については販売店にお問い合わせください。, SUBARU BOXER EJ20 ―1989年、SUBARUの主力エンジンとして開発されて以来、その30年におよぶ道程は、SUBARUに関わった多くの人たちの「挑戦」の物語に他なりません。, 1989年の10万km世界速度記録挑戦、1990年からのWRC参戦、現在も続くSUPER GT、ニュルブルクリンク24時間レース(NBR24)……意のままの走りへのこだわりのもと、絶え間なく続けられたモータースポーツへの挑戦。それはBOXERを核に、長年にわたり育まれた技術とスピリットとして、走る歓びをもたらすSUBARUのクルマづくりへ生き続けています。, 挑戦こそが未来への原動力となる ―私たちのその想いとともに、この度、EJ20の生産終了に際して、バランスドエンジンを搭載した特別仕様車〈EJ20 Final Edition〉をお届けすることとなりました。, 回転機構の主要パーツの重量をひとつひとつ精査して組み上げた、極上の回転バランスによる格別な気持ち良さ。EJ20最終型の忘れがたいフィーリングとともに、EJ20に情熱を注いできたSUBARUの挑戦への想いを、ぜひ追体験していただきたい。, 1989年1月2日米国アリゾナ州ATC(アリゾナテストセンター)。最低気温-5度、寒暖差30度という過酷な砂漠にあるオーバルコースにEJ20のボクサーサウンドが響き渡った。19日間連続昼夜を問わず最高時速240km/hで10万kmを走りきる世界速度記録への挑戦。SUBARUが社運をかけて開発した水平対向エンジンEJ20を搭載したレガシィの速さと耐久性を世界に向けて実証する。そのために総勢100人を超す富士重工業(当時)のスタッフが1ヶ月以上にわたり携わる、まさに全社を挙げた一大イベントが開催されたのであった。, 一般的な直列エンジンではなく、あえて水平対向エンジンを継承したのは、航空機メーカーをルーツに持つSUBARUらしい理由があった。それは、「走る、曲がる、止まる」という運動性能こそがクルマの原点であるという確固たる信念。だからこそ左右対称、低重心で回転バランスに優れる水平対向エンジンをSUBARUのコアテクノロジーとして選択し、未来を託したのだ。, そのスペックには、将来のハイパフォーマンス化を予測して高回転・高出力を可能にする高いポテンシャルが与えられた。軽量で高剛性を誇る左右のアルミ鋳造製ブロックと5つのベアリングで強固にクランクシャフトを支える構造。さらにショートストローク、DOHC、ターボ……。EJ20が30年にわたりSUBARUのスポーツエンジンとして進化を続けることができたのは、そこにエンジニアたちの高い理想とプライドが込められていたからなのである。, 量産車の開発とモータースポーツ。それはSUBARUの進化にとって、切り離せないものであった。世界レベルのモータースポーツへの挑戦は1990年のWRC(世界ラリー選手権)参戦に遡る。「SUBARUを世界一にする」という志のもと、世界の強豪と競い合いながら、モータースポーツと量産車が相互に高め合う密接な関係がつくられていった。, 世界トップへの挑戦は、初めから順風満帆だったわけではない。ライバルに対抗するための極限のハイパワー化、さらに世界中の過酷な環境での全開走行によって、走るたびにトラブルに見舞われた。だが、WRC参戦に合わせて構築したグローバルなチーム体制がやがて功を奏すこととなる。心臓部であるエンジンの設計は、燃焼システムなど先進技術が必要なため国内で担当。そしてモータースポーツのノウハウが不可欠な車両開発とメンテナンスは、ラリーチームを置く英国で行われた。, 英国は世界中のトップエンジニアとサプライヤーが集結する場所。日本では稀有な特殊素材や高度なノウハウが得られるというメリットがあった。また一戦一戦、迅速な対応が求められる現場では、発想の違うアプローチが不可能を克服した。例えば、日本人なら少しずつ軽量化を進めて最適解を探すが、英国では長年の経験とセンスから驚くほどの軽量化を導き出すのだ。そんな精鋭が集う現場で英国に渡った日本のエンジニアたちも日々鍛えられていった。, そして、初参戦から4シーズン目の1993年WRCラリーニュージーランドで記念すべき初勝利を獲得。そして同年、WRCで勝つことを目的に生まれたインプレッサWRXが1000湖ラリーにおいて2位表彰台という鮮烈なデビューを果たす。その後のWRCでの活躍はご存じのとおりである。, 1994年には年間10戦中3勝。1995年は初戦のラリーモンテカルロの勝利から、ライバルを圧倒し年間8戦中5勝して悲願のWRCマニュファクチャラーズチャンピオンを獲得。同時にSUBARUで育った英国人ドライバー、コリン・マクレーがドライバーズチャンピオンになり、世界レベルのモータースポーツでダブルタイトルを手に入れる栄冠に輝いた。この勢いはさらに加速し1996年、1997年とSUBARUは3年連続でマニュファクチャラーズチャンピオンに輝くこととなった。, WRCにおけるSUBARUの最大の強みは、BOXERを縦置きにレイアウトしたシンメトリカルAWDがもたらす運動性能であったと言っても過言ではない。直列4気筒を横置きにしたライバルたちが電子制御に頼ってクルマを曲げていたのに対して、ドライバーの意図したとおりに曲がるSUBARUの素直なハンドリングが、ドライバーのポテンシャルを引き出していく。, コリン・マクレー(1995年)、リチャード・バーンズ(2001年) 、ペター・ソルベルグ(2003年)。3人のドライバーが本格参戦してから数年でWRCチャンピオンにまで駆け上がったのは、SUBARUだから成し得た成果と言えるだろう。, 3人に共通するのは、クルマをスムーズにコントロールして高いコーナリングスピードでタイムを稼ぐドライビングスタイル。彼らが走るとフロントタイヤですら中央から均等に減っていく。それは彼らの並外れたテクニックはもちろん、低重心+重量バランスに優れたSUBARUのスムーズな走りの証明であった。とくにWRCのなかでもハイスピードコーナーが多いフィンランド、ニュージーランド、英国など、高い運動性能が試されるグラベル(未舗装路)のロングステージでSUBARUは強さを発揮した。, そしてソルベルグがドライブしたインプレッサWRCは、前後左右の重量バランス、サスペンション、デフのセッティングを突き詰めて回頭性を高めるとともにエアロダイナミクスによるダウンフォースでトラクションを稼ぐ技術が順次導入され熟成を重ねた。, SUBARU BOXERを核とするシンメトリカルAWDレイアウト、ボディ&シャシー、エアロダイナミクスで走りを極める。これらの知見はSUBARUの真骨頂であるドライバーの「意のままの走り」として、今なおクルマづくりの根幹を貫いている。, EJ20、その30年の歴史は、モータースポーツとともに鍛え上げられた軌跡である。1989年のデビュー当時、最高出力は220馬力であったが、2017年には329馬力へと、じつに100馬力を超える出力向上を遂げている。同型の量産エンジンにおけるこれほど大きな進化は、他に類を見ないかもしれない。, WRCのレギュレーションで規定されたリストリクター(吸気制限装置)の装着を余儀なくされた厳しい条件のもとで、ライバルとしのぎを削ったパワー競争。そこから生み出されたターボの過給や燃焼効率を高める技術が、やがて量産車へとフィードバックされていったのである。, ツインスクロールターボ、吸気の縦渦化、等長排気システムの導入、そして動弁系、燃焼室形状の最適化、エンジンマネジメントシステム等々……。これら多くの技術によって、EJ20は進化を続けてきた。, WRCに携わることで技術はもちろん、クルマへの愛と情熱を大いに育んだエンジニアたち。彼らの多くが、その後量産車や基礎研究など様々なプロジェクトを手掛けるリーダーとして成長し、現在のSUBARUを牽引している。モータースポーツとともに進化を重ねた30年。その技術とスピリットは、SUBARUの未来をつくるDNAとして、これからも生き続けていくに違いない。, 30年の長きにわたり、SUBARUのエンジニアが技術と情熱を注ぎ込んできたSUBARU BOXER EJ20。その最終型を飾るに相応しいバランスドエンジンを搭載した「EJ20 Final Edition」を、WRXの歴史に刻まれる特別な一台としてお届けしたい。, EJ20バランスドエンジン。それは一般的な量産車より回転系パーツの重量公差・回転バランス公差を低減*することで、SUBARU BOXERが持つ、本来の滑らかな回転を一段と磨き上げたエンジンである。ピストン&コンロッドは重量公差50%低減*、クランクシャフトは回転バランス公差85%低減*、フライホイール&クラッチカバーは回転バランス公差50%低減*。レーシングエンジンにも迫る精度に仕上げている。, 美しいエンジンサウンドを奏でながら一気に立ち上がる精緻な鼓動、そしてレブリミットまで淀みない伸びやかな吹け上がりは、極上の回転バランスの賜物。その体感はショートストロークにこだわるEJ20の魅力を極めた最終型を所有する555人のオーナーだけの至福の歓びとなるだろう。, 「EJ20 Final Edition」その非日常ともいえるドライビングフィールを通じて、EJ20とともに闘い抜いてきた挑戦者たちのほとばしる情熱を追体験していただきたい。, PHOTO:EJ20 Final Edition FULL PACKAGE WRブルー・パール ナビゲーションシステム、LEDアクセサリーライナー、STIフロントアンダースポイラー、STIサイドアンダースポイラー、STIリヤサイドアンダースポイラー、STIリヤアンダースポイラー、ホイールナットセット(ゴールド)はディーラー装着オプション 写真は撮影用に点灯しています。 写真はすべてイメージです。, ■シフトブーツ(シルバーステッチ) ■インパネセンターバイザー(ブラックレザー調素材巻+シルバーステッチ) ■ブラックカラードルーフアンテナ(シャークフィンタイプ) ■ウルトラスエード/本革フロント&リヤシート(シルバーステッチ+フロントSTIロゴ入り)〔運転席10ウェイパワーシート(前後スライド/前チルト/リフター/リクライニング/ランバーサポート)付〕 ■フロントコンソール(ブラックレザー調素材巻+シルバーステッチ) ■ドアトリム/ドアアームレスト(ウルトラスエード+シルバーステッチ) ■コンソールリッド(ウルトラスエード+シルバーステッチ) ■ブラックカラードドアミラー ■大型リヤスポイラー ■リヤ全席3点式ELRシートベルト(左右はシルバー), ■シフトブーツ(シルバーステッチ) ■インパネセンターバイザー(ブラックレザー調素材巻+シルバーステッチ) ■ブラックカラードルーフアンテナ(シャークフィンタイプ) ■フロントコンソール(ブラックレザー調素材巻+シルバーステッチ) ■ドアトリム/ドアアームレスト(ウルトラスエード+シルバーステッチ) ■コンソールリッド(ウルトラスエード+シルバーステッチ) ■ブラックカラードドアミラー ■大型リヤスポイラー ■リヤ全席3点式ELRシートベルト(左右はシルバー), ※本革シートはシートの側面と背面及びヘッドレストなどに合成皮革を使用しています。