googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_sidetop01_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565330658303-0').addService(googletag.pubads()); googletag.pubads().setTargeting('blog_type', 'Tech'); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_eyecatch01_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1566564252373-0').addService(googletag.pubads()); googletag.pubads().enableSingleRequest(); 体は日本酒でできている。, https://ja.wordpress.org/plugins/display-posts-shortcode/, https://ja.wordpress.org/plugins/list-category-posts/. つまり、元々決まっているデータをそのまま使って繰り返し処理をするということですね。これが、WordPressの基本となっています。, サブループはメインループと違い、テンプレート階層に囚われずに使えるループのことです。なぜなら、サブループを指定する時にどのデータを使うのかを指定するからです。例えば、トップページに最新記事一覧を出したいなんて時がありますよね。トップページとして使えるファイルはindex.phpやhome.phpというファイル名のものです。, 残念ながら、このファイル名には記事のデータを使うことができない時があります。サイトのTOPページとして使用している場合がそのパターンです。, そんな時、記事のデータを使うという条件をつけたサブループを用意することで、データを引っ張ってきて表示することができるのです。 その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。 WordPressのテーマ『Cocoon』で新着記事一覧を表示するショートコードのメモ公式様のページショートコードオプション属性 説明 count アイテムの表示数 (デフォルト:5) googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_sidemiddle01_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565198726712-0').addService(googletag.pubads()); googletag.enableServices(); あとはこれにCSSを指定してあげれば、一覧ページの完成です!, 先ほどファイルに貼り付けたコード、どんな処理をしているのか気になりますよね。そのモヤモヤ、そのままにはしません。この項目でしっかり解説をしていきます。, 処理を理解することで、自分でコードをカスタマイズすることも可能になります。ちょっと難易度が上がりますが、ぜひチャレンジしてみてください。, まず最初に、if ( have_posts() )で記事の有無を判断しています。記事があると判断されると、PHPの繰り返し処理をする関数、whileを使ってのループが始まる仕組みです。, ここでポイントなのが、the_post()です。the_post()は、繰り返し処理が始まった直後、現在見ている記事から次の記事のデータへと移動するWordPress独自の関数です。これが入っていることにより、繰り返し処理でも同じ記事が出力されるのではなく、次の記事が出力されるのです。, ところどころに入っているPHPの記述は、タイトルや本文をデータベースから取得するための記述です。, >>タイトルを出力するthe_title() AdminWeb ©2006-2020 Buzzword Inc.. All Rights Reserved. googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_sidemiddle02_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565198822157-0').addService(googletag.pubads()); WordPressのカテゴリーは投稿の各記事をカテゴライズ・グルーピング化するための機能 です。. googletag.cmd.push(function() { トップページなどに、特定のカテゴリやタグの記事一覧を表示させたいときってありますよね。ここでは、投稿ページのカテゴリやタグを指定して記事を一覧表示させる方法(いわゆるサブループ)につい … 投稿でカテゴリを指定したサブループ WordPressには、このループに2つの種類があります。それが、「メインループ」と「サブループ」です。, メインループとは、文字通りメインとなるループのことです。…と言ってもよくわからないですよね。, WordPressのページ表示は、PHPというプログラムのファイルが使われています。さらに、ページを表示する時、そのページの表示に使われるPHPファイルが決まっているのです。, 例えば、カテゴリーの一覧を表示する時にはcategory.phpというファイル名のファイルに書かれているコードが使用されます。固定ページならpage.php、記事の詳細ページならsingle.phpという風に、各ページで決まっているのです。, これを、テンプレート階層と言います。テンプレート階層の詳細は、リファレンスも確認してみてくださいね。, このテンプレート階層により、「このファイル名の時にこのデータを使って処理をする」という決まりが作られているのです。この決まりをそのまま使い、同じ処理を繰り返すことをメインループと言います。 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_overlay_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1583302554779-0').addService(googletag.pubads()); 特定のカテゴリーの新着記事を表示件数を指定して、記事タイトルリストのみの一覧表示。 そして表示しきれなかった過去記事は、他のページにページネーション付きで表示させる記事一覧ページを実装したいと思っていました。 自分で作成 … トップページなどに、特定のカテゴリやタグの記事一覧を表示させたいときってありますよね。ここでは、投稿ページのカテゴリやタグを指定して記事を一覧表示させる方法(いわゆるサブループ)についてお話します。, $cat_postsという変数名は自由に変更していただいて結構です。上記のコードをご自分の設定に直してテンプレートに貼り付けていただければ指定したカテゴリ記事の一覧が表示されます。ループの内容は記事タイトルとカテゴリ、日付、抜粋という簡単な作りになっているので、いろいろカスタマイズしてください。, コードの解説です。下記のコードの行をクリックするとその行の説明が開きますので、お好きな行をクリックしてみてください。, 「取得する投稿の設定」のところで取得したい投稿の設定を行い、それを「ループで設定した投稿データを出力」のところで出力します。上記の骨組みは公式のようなものなので覚えてしまっても良いかもしれません。, 'category' => 1,という形で予め「1」が入っていますので、これを表示させたいカテゴリIDに入れ替えます。私のPCのみかもしれませんが、「テーマの編集」のところで、「全角入力」でカテゴリIDを書き換えると数字が半角でも、テンプレートでエラーになってしまいます。カテゴリIDの編集は必ず「直接入力」で行いましょう。, もしも、IDではなく下の行のスラッグで指定したいという場合は、この行はまるごと削除してしまいましょう。, ちなみに初期値は、'DESC'になっていますので、デフォルトで良い場合はわざわざ指定せずにまるごと行を削除してしまってもかまいません。, そのため、これを使用する際は前もって宣言が必要になります。テンプレート内で使用する文には宣言は必要がないみたいですが、一応、どこで使用してもトラブルがないよう宣言を入れてあります。, という形でif文になっていますので、カッコの中の変数$cat_postsの中身が空でない場合は「真」とて扱われます。つまり、次のforeach...が実行されるということです。, foreach($cat_posts as $post):は、foreach文といって、, という仕組みになっています。「配列変数」のところに入っている記事の配列(記事のまとまり)が$postという変数として1つずつ取り出されます。, さらに、setup_postdata($post);のところでは、それぞれの記事をページで表示できるように整えて(セットして)います。, $tag_postsという変数名は自由に変更していただいて結構です。ループの中でちゃんと指定したタグが表示されているかが確認できるようにループのタイトルの下にタグを表示させてあります。, 'tag_id' => 1,という形で予め「1」が入っていますので、これを表示させたいタグIDに入れ替えます。私のPCのみかもしれませんが、「テーマの編集」のところで、「全角入力」でカテゴリIDを書き換えると数字が半角でも、テンプレートでエラーになってしまいます。タグIDの編集は必ず「直接入力」で行いましょう。, IDではなく下の行のスラッグで指定したいという場合は、この行はまるごと削除してしまいましょう。, という形でif文になっていますので、カッコの中の変数$tag_postsの中身が空でない場合は「真」とて扱われます。つまり、次のforeach...が実行されるということです。, foreach($tag_posts as $post):は、foreach文といって、, 下記のようにカテゴリを指定する方法と、タグを指定する方法を組み合わせれば、カテゴリとタグを同時に指定した記事の一覧を作ることも可能です。, $my_posts = get_posts(array(...));の間には、下記のようにいろんな条件でタグやカテゴリを指定することができます。, 最後に、いろいろ編集するときの注意点があります。get_postsの中身をいじるときは、各行の最後にあるカンマ「,」に気を付けてください。最後の行以外はカンマが入っていないとエラーになります。ここだけは気をつけて編集してくださいね。, Illustratorで同じ色をいろんなオブジェクトで使用している場合、色の変更…, WordPressは、他人にログイン画面のURLを見つかってしまうと、ログインさ…, ここでは、Illustratorで縦書きのテキストの大きさを異なるサイズにした際….