実はWindows 10においては、わざわざ有償のライセンス認証を実行する必要は無さそうです。(ライセンス無認証を勧めるものではありません。自己責任において実行してください。)ライセンス認証が完了していなくても、コマンドをひとつ打つだけで通常ロックされているはずのパ Windows 10 バージョン1511 Windows 10パソコンの構成変更に過剰な注意は不要、ライセンス認証解除が納得できなければ電話認証で(追記), 先ごろWindows 10 HomeからWindows 10 Proにアップグレードしたパソコンで、部品をひとつ追加しただけでライセンス認証が解除されたという事象が発生したとのことです。, このことを受けて構成変更には注意するよう呼び掛けている記事がありますが過敏になることはありません。, ※Windows 10 バージョン1607から電話認証ができなくなりました。新しい仕組みでMicrosoftアカウントに認証情報を紐付けていない場合は、Windows 10 バージョン1511をインストールして電話認証した後でバージョン1607にアップデートまたはクリーンインストールする必要があります。, Windows 10 HomeからProへのアップグレードはWindowsストアでライセンスを購入する方法と、パッケージを購入する方法がありますが、オンラインで購入したものは構成変更にシビアであると、この記事では述べられています。, SSDを1台追加しただけでライセンス認証できなくなったとのことですが、これを受けてこのような記事も掲載されています。, ユーザーにとって悩ましいのは、どこまでであれば構成変更が認められるのかをマイクロソフトが明示していない点だ。経験的には、USB機器の追加やメモリ増設程度は問題ないが、マザーボードやシステムドライブを変更すると、別PCと認識され、ライセンスが認証されなくなる。, この説明はおかしいです。システムドライブの変更でライセンス認証が解除されるならHDDからSSDへの換装という市場が成り立たなくなります。, この記事を書かれた方はInsider Previewなどの英文で"a hard drive"とあるのをシステムドライブと訳しているようです。, このように間違った認識を広める人もいるため情報が錯綜していますが、従来のWindowsに比べてWindows 10が厳しくなったという話も聞きませんし、Windows 10のライセンス条項でも違いは明記されていません。, ちなみに、今回の検証では、最初システムSSDだけを取り替えて試していたのだが、4~5回変更しても、ライセンス認証は全く外れなかったことも参考までに書き添えておく。, と記しており、PC Watch自ら前記記事が誤りであることを証明してしまった形となっています。, いろいろな説はあります。どのパーツならOK、どのパーツはNGとか、何個までならOKとか。しかし、Microsoftが基準を明確にしていないので考えても結論は出ませんし、一度認証が解除されたパソコンはMicrosoftによる認証を経ないと再認証は不可能です。, したがって、Microsoftがどこまでの構成変更までを同じパソコンとみなすかなどと考えるのは無意味です。, GeForce GTX 1080が出たので買い換えたいけどライセンス認証が解除されるのは困るし、などと考えるのもおかしいでしょう。, そんなことより、自分の望む構成変更を行い、その変更によりライセンス認証が解除され、それが納得できなければ、不満をMicrosoftにぶつければよいのです。, そのような場合は、Microsoftに電話して状況を説明し、電話でライセンス認証を行ってもらいましょう。電話をかけてもMicrosoftがライセンス認証を拒否する場合は納得できるまで交渉しましょう。話がつかなければ別の問い合わせ先を教えてくれますので納得できるまで粘りましょう。正規のライセンスを使っているのですから権利は主張すべきです。, 設定アプリのライセンス認証ではライセンス認証に失敗するとWindowsストアに飛ばされ新規ライセンスの購入を迫られますが、コマンドで電話認証を開始することが可能です。, なお、電話認証ですが人による対応が2016年3月1日から24時間365日対応ではなくなっています。, となっています。そのため深夜や休日に事が起きたらどうすればよいのかと思うかもしれません。, しかし、Windows 10をライセンス認証しないくとも、認証せずに電源を入れたまま1ヶ月ほど見ていた限りでは、機能が制限されるとか一定時間ごとに再起動されるとかはありませんでした。画面右下のライセンス認証されていないという表示がすべてのウィンドウより手前に表示されるだけでした。, したがって、深夜や休日に事が起きても慌てずに、翌営業日に電話すれば問題ありません。認証が解除されたままでも作業は続行できます。, 最終的に認証IDを発行してもらえない場合は一度電話を切って、ライセンスを追加購入するか、元の構成に戻すかのどちらかを選びます。, 元の構成に戻すと決めて構成を戻しても認証できない場合は、再度電話をして構成変更したことは告げず認証されない事実だけを告げれば認証IDを発行してくれるでしょう。, 2016年8月2日にリリースされるWindows 10 Anniversary UpdateではMicrosoftアカウントにPC構成情報を紐付けることで再認証できるようになります。, ただし、これはライセンスをPCではなく人に紐付けるものであるということに注意する必要があります。所有者が変わった場合に再認証できなくなる可能性があるのです。, 構成変更にあまり過敏になる必要はありません。Microsoftもバカではありませんのでユーザーの不手際による認証解除で手間を増やさないよう多少ゆるい基準となっています。それでも認証が解除され、それが納得できなければとことん交渉すればよいだけです。, 御不明な点や御質問、御意見についてはコメントを頂けると幸いです。メールアドレスは非公開となり、こちらからメールで御連絡を差し上げることはございません。[*] が付いている項目は必須となりますので必ず入力を御願い致します。. コメントはサイト管理者が承認するまで表示されませんので御了承願います。This site does not accept comments from outside Japan. 作業の後半にアクティベーションが行えるので「アクティブ化」をクリックすればライセンス認証が完了します。, お使いのWindows10が古いバージョンからアップグレードされたものの場合は、アップグレード前のプロダクトキーも入力してみましょう。, 上記の方法で正常にライセンス認証が行えない、ライセンス認証を行ったのにデスクトップ画面右下の「Windowsのライセンス認証を行ってください」が消えないといった問題が起こっている場合は、コマンドプロンプトから直接ライセンス認証を行ってみましょう。, 続いて「slmgr /skms kms.xspace.in」「slmgr /ato」とコマンドを入力することで、Windows10のライセンス認証を完了させることができます。, Windows10のパソコンで、WEBカメラが動作しない状態になってしまい困ってしまったことはありませんか?場合によっては業務に支障が出てしまいますよね。この記事では、Windows10でカメラが認識しない・動作しない場合の対処法をご紹介しています。, タスクマネージャーでフリーズしたアプリケーションを終了させようとしたら、タスクマネージャーそのものが応答なしになってしまい困ってしまったことはありませんか?この記事では、タスクマネージャーが固まって「応答なし」になる場合の対処法をご紹介しています。, グラボのGPU使用状況をタスクマネージャーで確認したいのに、表示されないために困ってしまったことはありませんか?この記事では、お使いのパソコンにグラボが搭載されているのにタスクマネージャーにGPUが表示されない場合の対処法をご紹介しています。, タスクマネージャーでPCの起動時間を確認したら、何故か起動時間が何日にも渡っていて困惑したことはありませんか?この記事では、タスクマネージャーにある稼働時間がシャットダウンしても変わらない理由と完全シャットダウンでリセットする方法についてご紹介しています。, タスクマネージャーが表示されない・おかしい状態になってしまう症状は、ICカードリーダーアプリが原因で発生することがあります。この記事では、Windows10のタスクマネージャーでプロセスが表示されない・おかしい場合の対処法をご紹介しています。, Windows10のパソコンを使用していて、システム環境変数を設定しようとしたら、何故か編集できない状態になってしまい困ってしまったことはありませんか?この記事では、Windows10でシステム環境変数が編集できない場合の対処法をご紹介しています。, Windows10では、デスクトップをタイル表示(タブレットモード)にすることができます。間違ってタイル表示にしてしまった場合、どう戻すのか分からないという方もいらっしゃるかと思います。この記事では、Windows10でタイル表示を戻す方法をご紹介しています。, Windows10のパソコンでマウス操作時に、マウスカーソルが動かない状態になってしまい困ってしまったことはありませんか?マウスが動かないと操作が制限されてしまいますよね。この記事では、Windows10でカーソルが動かない問題の対処法をご紹介しています。, Windowsのパソコンでは、様々なプロセスが動いています。この記事では、「SearchIndexer.exe」とは一体どういうプロセスか・SearchIndexer.exeは停止しても大丈夫か・SearchIndexer.exeの停止方法を説明しています。, ctfmon.exeとは?停止した場合の影響と自動起動させない方法はあるのかについて解説!, Windowsのパソコンでは、様々なプロセスが動いています。この記事では、プロセス「ctfmon.exe」とは一体どういうプロセスか・ctfmon.exeは停止するとどうなるのか・ctfmon.exeを自動起動しないようにする方法はあるのか紹介しています。, Windows10でフォトアプリが起動しない場合の対処法!【フリーズ/落ちる/開かない】, slmgr /ipk xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx(xにはプロダクトキーを入力), デスクトップ画面右下に常に「Windowsのライセンス認証を行ってください」と表示されて消すことができない. 以下のコマンドをコマンドプロンプトに打ち込み、ライセンス認証ファイルをリセットします。, net stop sppsvc del %windir%\system32\spp\store\* del %windir%\system32\spp\store\cache\*, Sign in|Recent Site Activity|Report Abuse|Print Page|Powered By Google Sites, takeown /F %windir%\ServiceProfiles\NetworkService\AppData\Roaming\Microsoft\SoftwareProtectionPlatform /A, After Effects: Expression Manual - エクスプレッションのイロハ, Blender Internal Renderer (BI)でDirty Vertexを適用する, Blender で Lens Distortion を適用したときにAlphaが透過するようにする, [Mac][端末] Zshを導入してTabキーでコマンドやファイルを補完できるようにする, Finder上で「._」(ドット アンダーバー)から始まるリソースフォークを手軽に削除する, Illustrator代替ソフト:Affinity Designer β版を比較してみる, XtraFinderのうざい「XtraFinder Beta has expired!」を表示させないようにする, Autodesk Inventor をインストールすると出るフォルダの右クリックメニューを消す, DreamSparkでWindowsのライセンス代をケチる方法(学生・教職員向け), Wacomのペンタブ(Bamboo, Intuos Proなど)で反応しない・動かないときの対処法, Windows 8 / 8.1 / 10 用 .Net Framework 3.5 インストールバッチ配布, 一括でUSBデバイス等の「スタンバイ状態を解除できるようにする」設定を無効化するバッチ, 無料の「Microsoft Office Starter」を試す + コピペとショートカットで数式入力, BlackBerry ClassicでSIMカードが認識しないとき + その他Tips, [Mac] MacBookで満充電を通知してくれるアプリ「Battery Notificator」を公開, [Win] エクスプローラーの右クリックメニューから簡単にリネームできる「Multi-Renamer」公開, [Win] スクリーン上の色を取得できる カラーピッカー アプリ: "PickCol"、 公開, [Win] 右クリックメニューの「送る」から簡単に画像変換・圧縮できる「Image HENKAN Express」, [Win] 括弧やカラーコードなどの入力補助ができるテキストエディタ: Text Scratcher, [UWP] アプリケーション マニフェストがメイン アプリケーション パッケージに候補がないイメージ ~ を参照します と怒られた場合, [UWP] デバッグ時の global::System.Diagnostics.Debugger.Break() エラー対処法, DEP4300 エラー: 「ルート フォルダーを生成できませんでした。パスに無効な文字が含まれています。」 と言われる場合, [UWP] Segoe MDL2 AssetsのアイコンをEnum列挙名で指定するには?. ライセンス認証を解除する方法はありません。個人を特定できるような情報はWindows ライセンス・認証で取得されないので、そのままでよいでしょう。使用していたパソコンが中古品として流通したとしても、他のユーザが同じプロダクトキーでライセンスを上書きするだけです。 Windows のライセンス認証: よく寄せられる質問. Windows10をライセンス認証しないとどうなるかご存知でしょうか?過去のバージョンでは認証しないと強制ログオフが行われていましたね。この記事では、Windows10でライセンス認証しないとどうなるか・猶予期間と解除できない場合の対処法を説明しています。, Windows10を含めたWindows OSは、ライセンス認証(アクティベーション)を行う必要があります。基本的にメーカー製パソコンの場合は最初からWindows10がインストールされておりライセンス認証も行われていますが、Windows7など古いバージョンからアップグレードする・自作のパソコンにWindows10をインストールする場合はライセンス認証を行う必要があります。, Windows10のライセンス認証(アクティベーション)の猶予期間は、Windows10をインストールしてから30日間となっています。この30日間の間は「Windows10評価版」として扱われるので、ライセンス認証を行わなくてもWindows10をフルに使用できます。, ですが、上記の通り30日が経過して期限切れになってしまうと機能制限がかかってしまうため、ライセンス認証を行って制限を解除する必要があります。 Windows ライセンスとは. 解決済み: 基本的なことで申し訳ありません。 PCを買い替えたため、新しいPCにElements12をインストールしたく ライセンス認証の解除が必要な旨、言われたのですが解除方法が解りません。 環境はWindows10です。 ご教授のほど、よろしくお願いいたします。 - 10399155 1. Windows 10をまっさらな状態で再インストールしたとき(クリーン・インストール)、「Windowsがライセンス認証されません。今すぐWindowsをライセンス認証してください。」となってしまうことがあります。 そんな時の対応について、今回は見ていきたいと思います。 Windowsライセンス認証を求められる時 Windows10をライセンス認証しないとどうなるかご存知でしょうか?過去のバージョンでは認証しないと強制ログオフが行われていましたね。この記事では、Windows10でライセンス認証しないとどうなるか・猶予期間と解除できない場合の対処法を説明しています。 先ごろWindows 10 HomeからWindows 10 Proにアップグレードしたパソコンで、部品をひとつ追加しただけでライセンス認証が解除されたという事象が発生したとのことです。このことを受けて構成変更には注意するよう呼び掛けている記事がありますが過敏になることはありません。 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, Copyright © 2008-2020 Solomonレビュー[redémarrage]  All Rights Reserved, Windows 10 HomeからProへのアップグレード、方法によってはライセンス消滅の危機!?, 無償アップグレードした人もこれからの人も。Windows 10 PCは構成変更に注意が必要, Windows 10ライセンスの紐付けが「PC」から「人」に変更か、Insider Preview Build 14371リリース, Windows 10 無償アップグレード、移行することと無償ライセンスを取得することは別の話, Windows 8/8.1プリインストールPCにWindows 10 Proをインストールする方法(完全版), 「Windows 10 バージョン1903/1809の機能更新プログラム」をブロックする方法(更新), Windows 10を最適なパーティション構成でクリーンインストールする方法(改訂版), Windows 10 バージョン1703以降でアンインストールできないアプリをアンインストールする2通りの方法, SoftEther VPNによる家族間ネットワーク接続環境構築(6) ルーティングの設定. 4:ライセンス認証を司るサービスを再起動。 net start sppsvc (※Vistaはslsvc) 5:スクリプトにより、ライセンスファイルを再構築します。 slmgr.vbs /rilc 6:コンピューターのプロパティで確認して、ライセンス認証が解除されていれば成功です。 - - - - - - 3:Windows 8の場合 Windows10は制限が緩いとはいえ期限切れで制限がかかると操作面で困ってしまいますし、常に「Windowsのライセンス認証を行ってください」と表示されるのは鬱陶しいですよね。フルに操作を行う・通知を消すためにも、できるだけ猶予期間内にライセンス認証を行っておきましょう。, 猶予期間内にライセンス認証を行おうとしたのにライセンス認証ができない、またはライセンス認証を行ったにもかかわらず何故かライセンス認証を求められてしまう場合の対処法をご紹介していきます。, まずはログインしているMicrosoftアカウントがパソコンに紐づいているものなのかどうか、パソコンがインターネットに正常に接続されているかどうか、Windows10のバージョンが最新の状態なのかどうかを確かめて、問題ないようであれば一度パソコンを再起動してみましょう。, トラブルシューティングが表示されたら、画面に表示される指示に従って作業を進めていきましょう。