当サイトはセキュリティコンテンツをメインとして「Windows」に関する情報を皆さんと共に学んでいくブログです, さて改めまして今回の投稿は、「Windows 10」のデフラグに関する投稿になります。, 「Windows 10」を始めとする「Windows OS」がインストールされているパソコンを長期間使用する場合に、頻繁にデータの書き換えが行われるハードディスクについて、データの断片化と呼ばれる症状が発生することにより、お使いのパソコンの動作が低下することがあります。, そして「Windows 10」を始めとする「Windows OS」に関しては、上記のデータの断片化とと呼ばれる症状を解消する対策として、ハードディスクに書き込まれたデータを再配置するデフラグメンテーション(デフラグ)という機能を実装しています。, そのため、皆様がお使いのパソコンの動作が重いと感じる場合は、お使いのパソコンで一度デフラグメンテーション(デフラグ)という機能を実行してはいかがでしょうか。, そこで今回の投稿では、「Windows 10」でデフラグを実行する手順について、記事を記載してまいりたいと思います。. 1 Windows10のデフラグとは? ・ PCのドライブを最適化するツール ・ Windows10では必要ない? 2 Windows10でデフラグを実行する方法 ・ 自動で実行するスケジュールを変更する方法 ・ 手動でデフラグを実行する方法 3 Windows10でデフラグを実行するときには注意点も ・ 仮想HDDはデフラグしない これらの目に見えるファイルのほか、インターネットを閲覧した時の履歴情報ファイルなどは、PCのハードディスク内に保存されます。, 1つ1つのファイルは、必ずしもハードディスク内のまとまった個所に書き込まれているわけではありません。特にサイズの大きいファイルは、1つのファイルなのに複数個所に書き込まれてしまうこともあります。(これを「断片化」と言います) Windows10ではデフラグはPCの内部のCドライブだけではなく、外付けHDDやUSBメモリ、SDカードなど外部のドライブもできます。長く使っていると、外付けHDDなどもファイルの断片化が起きてしまうので、定期的にデフラグするようにしましょう。, Windows10のPCでデフラグを実行するときには注意しなくてはいけないこともあります。次の注意点を守りましょう。, HDDの中に仮想マシンを作って、仮想HDDに書き込みをしている場合、デフラグを実行することで仮想ディスクで使用されるサイズが大きくなってしまうという問題があります。デフラグは断片化したファイルを整理していくことなので、使えるディスクの容量は大きくなっても、使われているディスクのサイズが大きくなることはないはずです。 より効果的にデフラグを解消できるもの、補助機能が充実したものなどいろいろありますので、ここで3つほど紹介したいと思います。, オープンソースで開発されたデフラグソフト。日本語対応もしています。 Windows10のデフラグについて解説します。デフラグとは何かという基本的な説明のほか、Windows10の標準機能を使用したデフラグ方法、より高度なデフラグをするための専用ソフトウェアも紹介しています。ぜひご覧ください。, 「デフラグ」をご存知でしょうか?ハードディスクやSSDの状態を最適化しPCの動作を快適にするための処理です。, デフラグをせずいつまでも放っておくと、ハードディスク内のデータ読み込みが遅くなり、使うたびにWindowsの起動やソフトの起動などに時間がかかるようになってしまいます。, これらの問題を解消するため、デフラグを効果的に行い、ハードディスクのアクセスにかかる時間を最適化しましょう。 MyDefragを起動し「Defragment only」を実行、となります。 デフラグしたいドライブを選択し、「最適化」をクリックすると、デフラグが始まります。, デフラグの操作は以上となります。デフラグ完了までは時間がかかりますが、その間もPCを使用することはできますのでご安心ください。, デフラグ作業は時間がかかるうえに、普段意識しないため忘れがちになってしまいます。 Windows10でのデフラグはスケジュールが組まれていて、自動で行われています。これはWindows7からです。スケジュールで組まれている為、PCに詳しくないデフラグを知らない人にとってはいいかもしれませんね。ただ、デフラグ中は多少PCが Windows10の標準機能には、動画のキャプチャを録画できるGame DVR(ゲームバー)が搭載されています。この記事では、Windows10でGame DVRを使えるよう... Windows10にサインインするのに、パスワードやパスコードの入力が面倒くさいと感じる場合には、netplwizコマンドで自動でログインできるように設定しましょう。この記事... Windows10でNumLockが勝手に切り替わることがあり、支障をきたす場合があります。この場合にはNumLockを無効化すると良いでしょう。この記事では、NumLock... ネット上からファイルを入手するのに便利なLinuxのwgetコマンドはWindowsでも使えるようになります。この記事では、コマンドプロンプトでwgetコマンドを利用できるw... Windows10ではフォルダオプションの設定を変更するだけで、ちょっとしたファイル操作の使い勝手とてもよくなる場合があります。この記事では、Windows10でフォルダオプ... サイトから画像や文章をコピペしたくても、右クリックが禁止されていてコピペできないことがあります。この記事では、JavaScriptで右クリックを設定する方法や、サイトを閲覧す... Windows10では仮想デスクトップでタスクビューを切り替えられますが、画面の切り替えはショートカットキーでもできます。この記事では、仮想デスクトップで複数のタスクビューを... Windows PCにはさまざまなショートカットキーがあります。ウィンドウを最大化したり最小化したりできるショートカットキーも用意されています。この記事では、Windowsで... Windows10でゲームやアプリをダウンロードした時に、d3dx9_43.dllがないというエラーでインストールできないことがあります。この記事では、d3dx9_43.dl... Windows10でドライブのパーティションを整理していると、どうしても削除できないEFIシステムパーティションがあります。この記事では、EFIシステムパーティションとはどの... WindowsのPCが重い場合には、MsMpEng.exeがメモリのスペックを大量に使っていることが原因の場合があります。この記事では、Windowsを重くする原因にもなるM... Windows10のCPUの使用率が高くてPCの動作が重いとき、ntoskrnl.exeが原因の場合があります。この記事では、ntoskrnl.exeとはどのようなファイルな... Windows10に深刻なエラーが発生した場合にはブルースクリーンエラーが表示されます。その原因がntoskrnl.exeであることがあります。この記事では、ntoskrnl... ntuser.datファイルとはどのようなファイルなのか気になっていて、削除しても大丈夫か調べている方もいます。この記事では、ntuser.datとはどのような働きをするファ... 動画のファイル形式の一つにTSファイルがあります。この記事ではTSファイルとはそのままの形式ではPCやスマホで再生できません。PCなどで再生できるようにMP4に変換できるフリ... Windows10をセットアップするときに、Windows Helloの暗証番号のPINを設定するように求められます。しかし、PINを設定したくないという方もいます。この記事... アメブロに掲載されている画像を保存したくても保存できないことがあります。実はアメブロからは通常の方法では画像保存ができません。この記事では、アメブロの画像を保存するにはどうし... Windows10でタスクバーが消えたり、表示がおかしい場合にはエクスプローラーを再起動するといいでしょう。この記事では、Windows10のエクスプローラーとはどのようなも... ガーミン時計をPCで管理できるアプリがGarmin Express(ガーミンエクスプレス)です。この記事では、ガーミンエクスプレスをパソコンにダウンロードからインストールして... Windows10にDVDやSDカード、USBメモリを挿入した時に「ディレクトリ名が無効です」と表示されることがあります。この記事では、Windows10の「ディレクトリ名が... Windows10でデフラグを実行する方法!PCを最適化するソフトも解説!のページです。アプリやWebの疑問に答えるメディアapplicaは、iPhoneやアンドロイドのスマートフォンアプリに加えて、WindowsやMacでのサービスの使い方や最新情報を紹介します。. しかし、仮想HDDの場合には、デフラグを実行したことで未使用領域に書き込みが行われしまい、使用サイズが大きくなってしまうことがあります。仮想HDDを作っている場合には、仮想HDDではデフラグは実行しないようにしましょう。, デフラグ中にPCを操作できないわけではありませんが、デフラグを実行しているときにPCはできるだけ操作しない方がいいでしょう。例えて言えばデフラグというのは、乱雑になりすぎた本棚を本の種類別に整理するものです。 ツールがなければデフラグは不要なのでしょうか?今回は、Macでデフラグは不要?デフラグの必要性とおすすめのやり方・アプリをご紹介します。, Windows10のパソコンで動画撮影や写真撮影を行いたい場合は、Windows10のデフォルトアプリである「カメラ」アプリを使うことで簡単に撮影することができますよ。この記事では、Windows10でのパソコンの写真・動画撮影の方法をご紹介しています。, タスクマネージャーでPCの起動時間を確認したら、何故か起動時間が何日にも渡っていて困惑したことはありませんか?この記事では、タスクマネージャーにある稼働時間がシャットダウンしても変わらない理由と完全シャットダウンでリセットする方法についてご紹介しています。, Windows7以前ではスタートメニューにペイントがありましたが、Windows10ではスタートメニューにないのでペイントの場所を知りたい方もいらっしゃるかと思います。この記事では、Windows10でペイントがある場所・また開き方についてご紹介しています。, Windows10のパソコンではポップアップ通知が表示されますが、表示されたポップアップ通知の履歴を確認したくなったことはありませんか?この記事では、Windows10で通知の履歴を再表示する方法や一覧で通知を確認する方法をご紹介しています。, Windows10のパソコンで、ファイルやフォルダの閲覧履歴・アクセス履歴は残るのかどうか気になる方もいらっしゃるかと思います。もし閲覧履歴が残るなら、削除したいですよね。この記事では、ファイルやフォルダのアクセス履歴の削除方法を解説しています。, Windows10のエクスプローラーでは、アドレスバーにフォルダのパスではなく階層が表示されるようになっており、ひと目でフォルダのパスを確認することができません。この記事では、エクスプローラーでフォルダのパスを表示する方法をご紹介しています。, ファイルやフォルダを削除する際に、アクセス許可を求められて削除できない状態になったことはありませんか?アクセス許可を求められて削除できない場合は、管理者設定を行いましょう。この記事では、アクセスが拒否されたファイルやフォルダを削除する方法をご紹介しています。, Windows10で、環境変数にどのようなものがあるかご存知でしょうか?環境変数について知っておくと、各種操作のショートカットを行えたり設定時に役に立ちますよ。この記事では、Windows10の環境変数の一覧とその確認方法をご紹介しています。, Windows10のスポットライト機能で表示される壁紙画像の撮影場所について気になったことはありませんか?この記事では、Windows10のスポットライトの壁紙の画像の撮影場所や、ダウンロードされた画像の保存先フォルダについてご紹介しています。, Windows10のパソコンで、データを保存する際に「Cドライブ」と「Dドライブ」のどちらに保存するのか、これら2つのドライブをどうやって使い分ければいいのかご存知でしょうか?CドライブとDドライブの違いと使い分けについてご紹介しています。, 【断線?】Windows10でUSB接続が頻繁に切れる場合にチェックすべきポイント!, Windows10でログイン画面が遅い場合の対処法!【出ない/フリーズ/表示されない/重い】, DNS_PROBE_FINISHED_NO_INTERNETの原因と解決方法を紹介!, Download Defraggler - File & Disk Defragmentation. デフラグの効果をしっかり確認したい人におすすめですね。, シンプルなデフラグももちろん可能ですが、「スクリプトファイル」を作成することで、デフラグをより自分好みにカスタマイズすることができるようになっています。 また、コマンドラインからデフラグをかけることもできるため、デフラグをバッチ処理に組み込みたい人にもお勧めです。 英語表記なのでちょっと抵抗がある人もいるかもしれませんが、英語でも大丈夫な人であればぜひチャレンジしてみてください。, あまり意識しない「デフラグ」について理解は深まりましたでしょうか。 すると、同じファイルやアプリを呼び出すはずなのに、必要なデータがばらばらになっているので、立ち上がりに時間がかかるようになってしまいます。最適化というのは、ドライブの中にばらばらに保存されている一連のファイルのデータをまとめることを言います。そしてデフラグというのは、最適化を行うためのWindows10のツールのことになります。, Windows10ではデフラグによる最適化は必要ない、という声もありますが、本当にWindows10ではデフラグは必要ないのでしょうか。実はWindows10では手動でのデフラグの実行は必要ないことがある、というのが正解です。デフラグによる最適化が必要ないわけではないので勘違いしないようにしましょう。