MacでWindowsを使う場合、Boot Campより仮想環境のほうが遥かにメリットがあります。, Macで使える仮想環境はParalles Desktopが有名ですが、VMware Fusionもあります。, VMware FusionでWindows 10を使う場合の設定のポイントを重要と思われる順にあげてみます。, VMwareとはコンピュータの仮想化ソフトウエアを開発、販売するアメリカの会社の名前(VMware, Inc)です。, VMware社はWindowsとLinuxで動作する仮想化ソフト、VMware Workstationを開発・販売している仮想化ソフトの老舗です。, そのVMware社のMac向けの仮想ソフトウエアがVMware Fusionです。, そのため、VMware FusionはVMware社の公式サイトであるVMware Storeでダウンロード購入するしかありません。, メモリを多く割り当てるほどWindowsのパフォーマンスが良くなるわけではありません。, 特にストレージに高速なSSDでなく、低速なHDDを搭載したiMac 21 2015 MK452J/Aではメモリを多く割り当てるとゲストのWindowsもホストのMacも実用に耐えないほど遅くなりました。, その原因はVMware Fusionの独自の仮想記憶(ストレージをメモリのように使う仕組み)のようです。, VMware Fusionの仮想記憶は物理メモリの少ないMacでもより多くのメモリ(実際にはストレージを含む仮想記憶)をゲストOSに割り当てることができます。, VMware Fusionの「プロセッサとメモリ」の設定画面では推奨メモリ割り当て量は以下のようにWindows 10が動作するギリギリとなっています。, このメモリ量であれば前述のVMware Fusionの仮想記憶の問題も起きにくいため、推奨通りのメモリを割り当てるのが正解です。, Windowsは64bit版より32bit版のほうがより少ないメモリ、ストレージで動作します。, Boot Campでは64bitのWindowsしか選択肢がないのですが、VMwareなら32bitのWindowsも使えます。, そのため、64bitでしか動作しないアプリや大量のメモリを使わないなら1024MBのメモリで動作するWindows 10の32bit版を使うのがおすすめです。, Windowsで3Dゲームをやらないやらない限り、これはOFFにしないと高速化どころか逆に遅くなります。, VMware Fusionの仮想ディスクはデフォルトでは複数のファイルに分割され、サイズも可変です。, これは領域のサイズが固定されるBoot Campと比べて便利なのですが、ディスクアクセスのパフォーマンスがよくありません。, Boot CampでWindowsを使う場合、キーボードのショートカットがmacOSとWindows OSで異なる問題があります。, VMware FusionではWindowsのキーマッピングを自由に設定することができます(下図)。, 標準ではmacOSのキーマッピングになっていますが、Windows OSに合わせるように設定することもできます。. You can set the hardware specifications for this virtual machine yourself. どうも、Tです。先日、知人と開発環境の話をしていて・・・・・知人「開発環境のインフラどうしてる?」僕「メインは、VMware WORKSTATION PRO(有料)買って使ってるよ」知人「無料のがいっぱいあるのにm9(^Д^)」否!断じて否 The interesting thing about using this program is that once you’ve finished working with the operating system, you can put it in suspend mode to run it quickly next time without having to boot the operating system. VMware Fusion を使用することで、Mac ユーザーは、Windows をはじめとするさまざまなオペレーティング システムを Mac 上で、Mac アプリケーションと同時に再起動することなく実行できます。Fusion は、ホーム ユーザーでも簡単に使用できる一方で、IT 担当者、開発者、ビジネス ユーザーにとって強力なツールです。, Fusion および Fusion Pro は、IT 担当者、開発者、ビジネス ユーザー、そして一般的な Mac ユーザー向けに、機能性に優れた Mac 環境でのデスクトップ仮想化を実現します。, 対象となる教育機関の学生、ご両親、教職員、スタッフは、大幅な割引価格でご購入いただけます。, Mac 上で Windows を実行することは、ほんの一部の機能にすぎません。VMware Fusion では、Linux の各種ディストリビューションから最新の Windows 10 リリースまで、サポートされる数百種類のオペレーティング システムのなかから選択して、macOS の最新リリースと同時に実行できます。, vSphere、ESXi、Workstation サーバにセキュアに接続し、仮想マシン(VM)と物理ホストの両方を起動、制御、管理できます。共通の VMware プラットフォームにより、仮想マシンを vSphere データセンターから Mac デスクトップに容易に移行して Fusion で実行できます。, Fusion によって、ほぼすべてのオペレーティング システムとアプリケーションを Mac 上で容易にテストできます。サンドボックスでアプリケーションの構築とテストを行いながら、ローカルのソース ファイルとフォルダを安全に共有できます。Fusion Pro に新たに加わった RESTful API により Docker、Vagrant、Ansible、Chef などの最新の開発ツールと連携すれば、今日のアジャイルで DevOps 志向の開発パイプラインにおいて、VMware の機能を最大限に活用できます。, 1 台の Mac 上で仮想クラウド スタック全体の実行が可能なため、ソフトウェア ソリューションをリアルタイムですべてデモンストレーションでき、以前の構成に安全にロールバックすることもできます。ソリューションの設計やデモンストレーションなど、ソリューション アーキテクトとしての一連の業務が、ノートブック 1 台で完結します。, コピー アンド ペースト、ドラッグ アンド ドロップ、共有フォルダ、USB デバイスへのアクセスを無効にして、BYO デバイスから企業のデスクトップを分離します。暗号化とパスワードで保護された制限付き仮想マシンを実行することで、許可されたユーザーのみが企業のデータを利用できるようになります。, Fusion は、Windows 環境と Mac をシームレスに融合します。2 つの環境のセキュアな分離や、1 つのシームレスな環境としての統合など、柔軟に選択できます。Windows 10 などの最新のオペレーティング システムのインストール、古い PC から仮想 PC への変換も容易に行うことができます。, 再起動することなく、ほぼすべてのオペレーティング システムを macOS 10.15 Catalina 上で実行できます。Fusion には、最新の Sidecar 機能のサポートに加え、印象的なダークモード インターフェイスのサポートも追加されています。Sidecar 機能を使用すると、サブディスプレイとして iPad に Windows をフルスクリーンで表示でき、マウス、キーボード、Apple Pencil による操作とタッチスクリーンの全機能がサポートされます。, Fusion は、Apple の Metal グラフィックス テクノロジーを活用する、改良されたハードウェア アクセラレート 3D グラフィックス エンジンにより、複雑で GPU 負荷が高いアプリケーションやゲームにも対応できます。Windows や Linux の仮想マシンから DirectX 10.1 および OpenGL 3.3 の機能を利用でき、仮想マシン 1 台あたり最大 3 GB の vRAM を搭載できるため、仮想マシンのグラフィックスのパフォーマンスと精度をこれまでになく高めることができます。, vCenter、ESXi、Workstation Pro サーバなどに接続し、仮想マシンや ESXi ホストの起動、制御、構成を行うことで、データセンターやホストのトポロジーに対する可視性を改善できます。Fusion では VMware ハイパーバイザーが共通の基盤として使用されているため、簡単なドラッグ アンド ドロップ操作で仮想マシンを転送したり、企業のデータセンターにある仮想マシンを自分の Mac から直接制御したりできます。Fusion Pro でのみ利用可能。, スナップショットを使用してロールバック ポイントを作成すると、必要に応じてその時点に復帰できます。これはソフトウェアのテストや、リピート再生可能なデモの作成に最適です。クローン機能により、同じ OS の構成を何度も展開することなく、さまざまなシナリオを簡単にテストできます。, Windows と Mac のどちらを利用するかを、起動時に選択する必要はありません。Fusion では、既存の Boot Camp パーティションから直接起動して、再インストールや再起動なしで Windows と Mac のアプリケーションを同時に実行できます。, 同じ構成の仮想マシンを繰り返し作成する際の時間と工数を削減できます。「リンク クローン」を使用すると、仮想マシンの複製をすばやく行うのと同時に、物理ディスクの使用量を大幅に削減できます。また、「フル クローン」を使用すると、完全に分離された複製を作成し、ほかの Fusion や Workstation ユーザーと共有することもできます。*Pro バージョンのみ, VMware は、米国リハビリテーション法第 508 条の規制への準拠など、すべての方が Fusion および Fusion Pro を容易に利用できるよう、アクセシビリティの確保に努めています。Mac の補助技術と Fusion を組み合わせて Windows の要素と連携させることで、独自のアクセシビリティ コントロールをアプリケーションに実現します。VMware のアクセシビリティに関する取り組みの詳細をご覧ください。, 最新バージョンの Windows 10 を Mac 上で仮想マシンとして実行することがフル サポートされているため、最新テクノロジーに対応できます。, Fusion Pro では、自動化やサードパーティ製ソフトウェアとの連携のために設計されたセキュアな RESTful API を利用できます。この API は、Swagger.io フレームワークを利用することで、標準の HTTP/HTTPS と JSON を使用して、25 種類以上の仮想マシン、ホスト、ネットワークの動作を制御できます。また、macOS as a Service を提供するためのカスタム開発ツールを構築したり、継続反復型の最新の開発パイプラインに Fusion を組み込み、自動テストを行ったりできます。(現在はすべてのエディションの Fusion で利用可能), Fusion のユニティ モードでは、Windows デスクトップを非表示にした状態で、Windows アプリケーションを Mac アプリケーションと同じように使用できます。Windows アプリケーションを Dock、Spotlight、Launchpad から直接起動できます。起動後も、Mac アプリケーションと同じように、Exposé、Spaces、Mission Control で表示できます。, Fusion では、次世代の vSphere ハイパーバイザー プラットフォームを活用しているため、データセンターのテストや企業のセキュリティをさらに強化できます。仮想 Trusted Platform Module(vTPM)が新たに加わり、Device Guard、Credential Guard をはじめ、UEFI セキュア ブート、仮想 NVMe デバイスといった、Microsoft 仮想化ベースのセキュリティ技術をサポートできるほか、3 GB の vGPU 構成のサポートも追加されています。, Windows と Mac との間でのコピー アンド ペースト、ドラッグ アンド ドロップによるファイル共有、フォルダの共有とミラーリング、ネットワークの利用、印刷を、設定なしでシームレスに行うことができます。また同時に、専門的なユース ケースや高度なユース ケースへの対応も可能です。, 統合機能を無効にして Mac を Windows から分離することもできるため、各オペレーティング システムを安全に保護できます。VMware Fusion では、コンピューターを 2 台使用しても実現できない機能を提供します。, Fusion では、OS のインストール方法として、Boot Camp パーティションから Windows を実行する、Windows ディスクからインストールする、既存の PC から移行する、macOS をリカバリ パーティションから仮想マシンとしてインストールする、といった方法が選択できます。Fusion なら、シンプルかつカスタマイズ可能な方法で、複数のオペレーティング システムを Mac にインストールできます。新たに OVF のサポートがアップデートされ、これに VMware vCenter Server Appliance OVA のインストール手順も含まれています。, VMware Fusion は、iMac の最新の 5K ディスプレイでも高画質を維持します。また、Retina と Retina 以外を組み合わせた設定、Retina を使用しない設定もサポートします。Retina の MacBook Pro で標準の DPI ディスプレイを使用したり、4K ディスプレイを簡単に増設したりできます。使用しているディスプレイの種類にかかわらず、Fusion では Windows の表示画質がアップします。, VMware Fusion はあらゆる Mac ユーザー向けに設計されています。IT 担当者、開発者、ビジネス ユーザーから選ばれる VMware Fusion Pro は、幅広い OS のサポート、ゆるぎない安定性、高度な機能など、仮想化環境ならではのメリットを実現します。, ほぼすべてのデバイス、プラットフォーム、クラウド向けのソフトウェア ソリューションを設計、テスト、デモンストレーションできます。, 企業のデスクトップとアプリケーションを場所を問わずあらゆるユーザーに提供することで、BYO を可能にします。, 2011 年以降にリリースされたすべての Mac に対応します。ただし、次を除きます。, Metal サポート対象の Mac については、次の URL から Apple のドキュメントを参照してください。https://support.apple.com/ja-jp/HT205073, VMware Fusion では、Windows XP から Windows 10 Fall Creators Update を含む 200 以上のオペレーティング システムを仮想マシンとして実行できます。これらのオペレーティング システム上で実行されるほぼすべてのプログラムを、VMware Fusion で実行することが可能です。実行可能なプログラムは、Microsoft Office などの一般的な業務スイートをはじめ、AutoCAD や SolidWorks といったグラフィックを多用するプログラム、カスタム アプリケーションなど多岐にわたります。, できます。VMware Fusion 11.5 は、ハードウェア アクセラレーションを使用した 3D グラフィックスをサポートしています。Windows 仮想マシンについて、Fusion は DirectX 10.1(および Shader Model 4.1)以前をサポートしており、Windows および Linux ゲストについては、OpenGL 3.3 機能を提供しています。Fusion は、Apple の Metal グラフィックス テクノロジーを使用して、互換性のある Mac システム上の仮想マシンに、ハードウェア アクセラレーションを使用する 3D グラフィックスをレンダリングします。詳細については、VMware Fusion のシステム要件をご確認ください。, レガシー Windows PC を VMware Fusion の仮想マシンに変換することはできますか, はい。VMware Fusion には、シンプルな Windows 用移行アシスタントが搭載されており、PC 全体を 1 台の仮想マシンに変換し、迅速かつ容易に Mac 上に移行できます。シンプルなアプリケーションを PC にインストールして Mac に接続すれば、VMware Fusion が PC を検出し、移行手順を実行します。, VMware Fusion 上で実行するための Windows を用意する必要はありますか, はい。VMware Fusion で仮想マシンを実行するには、オペレーティング システムのインストールが必要です。VMware Fusion には、オペレーティング システムは付属していないため、古い PC から既存の Windows を移行するか、新しい Windows をインストールします。Windows 仮想マシンを実行するには、ライセンスが付与された Windows オペレーティング システムを準備するか、新しい Windows のライセンスを購入する必要があります。, はい。VMware Fusion 10 では、システムの RAM とディスク ストレージが対応している場合、複数の仮想マシンを同時に実行できます。VMware Fusion では、特許取得済みのメモリ共有手法により、複数の仮想マシンを同時に実行する際に必要なメモリ量が大幅に低減されています。, 1 つの VMware Fusion のライセンスで、仮想マシンをいくつ作成できますか, 1 つの VMware Fusion のライセンスで作成できる仮想マシンの数に制限はありません。ただし、各仮想マシンにインストールするオペレーティング システムとライセンスは、個別に準備する必要があります。, 評価期間が終了すると、ライセンス キーを入力するように求められます。製品を購入すると、新しいライセンス キーが提供されますので、表示されるメッセージに従って、購入したライセンス キーを入力することで、ソフトウェアの「無期限」バージョンのロックが解除されます。最大 18 か月間の E メールによる無償サポートを利用するには、ライセンス キーを登録する必要があります。VMware オンライン ストアから製品をご購入いただいた場合、ライセンス キーは自動的に登録されます。リセラーから購入した場合は、My VMware でライセンス キーを手動で登録していただく必要があります。ライセンス キーの登録手順については、ナレッジベースの記事を参照してください。, 評価版ライセンスを正規ライセンスに変換する場合、再度 VMware Fusion をダウンロードする必要がありますか, いいえ。VMware Fusion でライセンス キーを更新するだけで変換できます。[VMware Fusion] メニューで [License] をクリックし、新しいライセンス キーを入力してください。, VMware Fusion にライセンスを適用するには、製品のインストール時に表示されるライセンス キー フィールドに、購入したライセンス キーを入力します。または、製品内の [VMware Fusion] ドロップダウン メニューで、シリアル番号/ライセンス キーを入力することもできます。ドロップダウン メニューで [ライセンス] を選択し、シリアル/ライセンス キーを入力して [OK] をクリックします。, VMware Fusion のライセンス キーを登録するとすぐに、E メールによる無償サポートが有効になります。VMware オンライン ストアから製品をご購入いただいた場合、ライセンス キーは自動的に登録されます。リセラーから VMware Fusion をご購入いただいた場合は、My VMware でライセンス キーを手動で登録していただく必要があります。ライセンス キーの登録手順については、ナレッジベースの記事を参照してください。, VMware オンライン ストアから製品をご購入いただいた場合、ライセンス キーは自動的に登録されます。リセラーから購入した場合は、My VMware でライセンス キーを手動で登録していただく必要があります。ライセンス キーの登録手順については、ナレッジベースの記事を参照してください。, 無償サポート期間は、VMware Fusion のライセンスを登録した日から開始されます。VMware のオンライン ストアで製品を購入した場合、登録は自動的に行われます。リセラーから購入した場合は、My VMware でライセンスを登録していただく必要があります。ライセンス キーの登録手順については、ナレッジベースの記事を参照してください。, VMware Fusion および VMware Fusion Pro の無償サポートは、製品の登録日から起算して 18 か月間有効です。, 生産性の向上に役立つアプリケーションを、いつでもご利用いただけるようになります。macOS がメインのオペレーティング システムでない場合は、Windows および Linux 向けの Workstation 製品をご確認ください。, 1 台の PC 上で、2 つ目のオペレーティング システムを分離して実行できます。, 200 以上のオペレーティング システムのサポート(Linux、旧バージョンの Windows、BSD), Intel® Xeon® W3565 プロセッサー搭載の Mac Pro クアッド コア 2012 年モデル.