© 1995 - Office TANAKA メンバ変数を隠蔽する、つまりクラスの外から見えないようにします。 Why not register and get more from Qiita? その場合、public変数方式だと、取得にしか使わないのに、メンバ変数は外から変更可能な状態になってしまいます。 「アクセスするもの」という意味です。 エクセルvbaで使うコードの備忘録。宣言されたプロシージャ内だけでなく、複数のプロシージャで使用できる変数(グローバル変数)や、複数のモジュール間で使用できる変数(パブリック変数)の使い分 … ここまでは変数のPrivateとPublicの違いを確認するための、いわば準備作業です。 実際の違いを体験しましょう。 Commonモジュールに以下のSubプロシージャを追加して、[VBAProjectのコンパイル]を実行してみてください。 そのために getter や setter と呼ばれる public な関数を用意します。 ユーザーフォームと、その呼び出し側との値の受け渡しは標準モジュールに定義したPublic変数を介して行っていたのですが、プロパティとプロシージャでもできることを知ったのでメモ。, クラスモジュールを使用する場合の様に、メンバ変数mData1とmData2を定義し、それにアクセスするプロパティをプロシージャ(Sub/Function)を定義する。 変数には、その変数をvba内で使う事ができる範囲が決められています。マクロvbaでは変数の使える範囲を、適用範囲(スコープ)と言います。適用範囲とは、宣言した変数を使う事のできる範囲です。変数を宣言した場所と宣言方法によって、その変数を使える場所が違ってきます。 Publicで宣言された変数は、プロジェクト全体の中で、どこからでも使えます。 Private変数とPublic変数を用意する. 実際に確認したわけではないので断言はできませんが。 thisYear = date.getFullYear(); 次からモジュールを新規作成した時、自動でOption Explicitが出力されます。, 変数を定義する場合は、dim strUserName as String のように型まで定義します。, 数値しかセットしない変数に間違って文字列をセットしたりなど、プログラミングのミスを防止する意味でも大事なポイントです。, Public変数が便利だからと言って、なんでもPublic変数にすると、どこの処理で変数を使用しているかわからなくなります。, 少し前までは、処理内で使う変数は先頭エリアでまとめて記述することが正とされていました。, しかし最近では、メンテ性の面などから変数を使う直前で定義することが多くなってきています。, ただ、本当は文字”001″として保存したいのに、0が暗黙の変換でなくなり”1″として保存されるなど、バグの原因になります。, 繰返し用の変数や、ワーク用の変数を使いまわすと、プログラムの意図がわかりにくくなり、バグの原因になります。, これも少し前までは、メモリ節約するためにデータの大きさに応じて、Integer型とLong型を使い分けることが正とされていました。, しかし最近では、Integer型はLong型よりもパフォーマンスが劣るため、Long型を使うことが推奨されています。, Long型など数値の変数を定義した場合、初期値として0がセットされていますが、明示的に0をセットするなどして初期化を行いましょう。, 小数のある計算でSingle型やDouble型を使うと、小数以下の計算結果で誤差が生じることがあります。, 消費税率など、今後変更が起こる可能性がある値は、ロジック(計算式)に直接記述しないで、定数として定義します。, もし計算式に直接0.08と記述していると、消費税率が変化した(0.08→0.15)時、各計算箇所すべてを修正しないといけません。。, 定数として定義していれば、定数の値を設定している場所1ヶ所のみを修正すればいいので、修正時間の短縮・修正漏れの防止になります。, このままでも問題はないのですが、同じ目的・グループの定数は列挙型を使う事でプログラムの可読性・メンテナンス性が向上します。, 数値を指定しないと、先頭から0の連番が自動でセットされますが、きちんと数値まで指定してわかりやすくしましょう。, 自動入力補完機能(列挙形名.を入力すると入力候補が一覧表示される)が使えるので、早く・確実にプログラミングできます。. タイトルにもある、「変数」とはVBAに限らず、プログラミング言語で頻繁に使われます。 変数とは簡単に言うと、中学生の時に習う「y=ax+b」のyやxの様なものです。 変化する数字や文字を一時的に格納するための入れ物といったイメージです。 この変数を利用する事で、プログラムは色々な事を実装する事が可能になります。 値を参照したいという理由で公開したい場合もあります。 変数は、宣言のしかたによって、使える場所が限られます。これを、変数の適用範囲といいます。変数の適用範囲を理解するには、vbaの"プロシージャ"と"モジュール"という概念を理解しなければなりません。 Public Const APOSTROPHE_KEYCODE = 222 私のvbaプロジェクトのサンプル宣言は次のとおりです。 パブリック変数を宣言してその値を初期化したい場合は、Workbook_Openサブを作成してそこで初期化を行う必要があります。 例: こちらの方法だと外からメンバ変数を変更することはできないので安全です。, 「たまに _value が変な値になることがある」という不具合が発生した場合、public変数だと、値を設定している箇所を全て調べなければなりませんが、アクセサだと setter にブレークポイントを貼るだけで犯人が特定できます。 //-->. 変数宣言時に初期値を設定するには VBAの変数宣言は一般的には以下のようなコードを書きます。 Dim 変数名 As データ型 これだと変数定義のみで、既定の初期値が適用されます。 初期値を設定したい場合は変数定義と初期値 … By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. /* Unit3 */ private な変数と getter/setter の3つを用意するより、public な変数1つだけを用意する方が簡単です。 同様に、getter/setter にブレークポイントを貼れば、変数を使うタイミングを検出したり、変数にアクセスしようとしている輩を簡単に判別したりすることができます。, また、「値を設定したときに、ついでにテキストも更新しておいて」と仕様が追加されたらどうなるでしょう? それに、getter/setter をインライン化すればオーバーヘッドは阻止できると思いますし、インライン化しなくても最適化をかければオーバーヘッドが無くなるかもしれません。 エクセルVBAで使うコードの備忘録。宣言されたプロシージャ内だけでなく、複数のプロシージャで使用できる変数(グローバル変数)や、複数のモジュール間で使用できる変数(パブリック変数)の使い分けについて。, 通常、変数を使用する際は、プロシージャ(「Sub ~ End Sub」や「Function ~ End Function」の間)で次のように宣言して使用することがほとんどだと思います。このようにプロシージャ内で宣言された変数は、そのプロシージャ内でしか使用できません。このような通常の変数をローカル変数と呼びます。, では、複数のプロシージャ間で共通の変数(グローバル変数)を使用したい場合はどのようにすればよいか。グローバル変数の宣言は、プログラムのコードが書かれているモジュール内のすべてのプロシージャよりも前の部分で、ローカル変数と同じように宣言します。, 宣言前のPrivateはなくても大丈夫ですが、次に説明するパブリック変数との違いが分かりやすいように明示しています。個人的には、実際にコードを書く際も明記しておくことをお勧めします。きちんと変数が使われる範囲を意識してコードを書くことで、想定外のバグに悩まされる可能性を少しでも下げることができます。, 最後にご紹介するパブリック変数は、複数のモジュールにまたがって使用することが可能な変数です。宣言の方法はグローバル変数とほとんど同じですが、PrivateではなくPublicを付けて宣言します。これにより子の変数はすべてのモジュールで共有して使用されます。, 同じ名前の変数が、ローカル・グローバル・パブリック変数の形で宣言されていた場合(下記のイメージ参照)、プログラムの挙動はどのようになるでしょうか。, このような状況下で、変数valを使用した場合は、「ローカル変数 > グローバル変数 > パブリック変数」の順番で使用されます。つまり上記の例でいえば、, プログラムの挙動イメージとしては、プロシージャ内で変数が使われた場合まずプロシージャ内で同名の変数が宣言されているかどうかが確認され、存在しない場合は同モジュール内を探し、さらに存在しない場合に初めて他のモジュールで宣言されている変数が確認されるという感じになります。, グローバル・パブリック変数は、変数が使用される場所と宣言されている場所が離れているため、変数の範囲を忘れがちになります。バグの温床になるので、特に意図がない限りは、できる限りローカル変数でことを済ませたほうが良いです。, エクセルVBAでよく使うコードの備忘録。ワークブックを保存する際にフォルダが存在しなければ自動で作成してその中にファイルを保存するコード。複数階層のフォルダを一括で作成するコードについても一緒に記載してあります。, エクセルVBAで使用するコードの備忘録。ワークシートを追加するコード。 全シートの一番最後に追加する場合についてもご紹介。, エクセルVBAで使うコードの備忘録。VBAで指定フォルダ内のすべてのサブフォルダのパスを取得するコード。サブフォルダ内に含まれるすべてのフォルダもすべて網羅的に取得できるようにしています。, エクセルVBAでよく使うコードの備忘録。VBAでファイル名(あるいはパス)から拡張子だけを取得するコード。, エクセルVBAで使うコードの備忘録。VBAでワードファイルを操作して、指定した文字列部分を別のワードファイルの内容に置き換えるコード。, ローカル変数が宣言されている「TestFuncion1」プロシージャ内で変数valを使用するとローカル変数のval. 「それじゃあ、メンバ変数を public にしたのと変わらないじゃん。」 しかし、アクセサ方式だと、以下のように setter を修正するだけで済みます。, アクセサで変数にアクセスするようにすると、オーバーヘッドが気になるところです。 you can read useful information later efficiently. public変数の最大のメリットは、実装の容易さでしょう。 private な変数と getter/setter の3つを用意するより、public な変数1つだけを用意する方が簡単です。 とにかく急いで機能だけ実装したい場合は有効かもしれません。 VBでよく見かけるPrivateやPublic など ... VBでは同じ名前の変数がある場合、より適用範囲が狭いほうの変数が対象となります。 VB2005の例で説明します。繰り返しますが、VB.NET2002でもVB.NET2003でも余計な行が2行増えるだけで後はまったく同じです。 Public Class Form1. 定数 - vbaでパブリック変数を宣言し、デフォルト値を割り当てることは可能ですか. 「初心者でもわかるエクセルVBAのクラスモジュール」のシリーズです。今回はエクセルVBAでインスタンス生成時に自動で処理を実行するイベントプロシージャClass_Initializeの使い方です。 アプリケーションの読み込み時には、定数にのみ値を与えることができます。 あなたはそのように宣言します:, パブリック変数を宣言してその値を初期化したい場合は、Workbook_Openサブを作成してそこで初期化を行う必要があります。 例:, これは、初期化されたグローバル定数が必要なときに行うことです。 1. public変数方式だと、value に値を設定している箇所を検索して、その全ての場所で対応しなければなりません。 もちろん、後でリファクタリングしてアクセサ方式に変えるという前提で。 「汗くさ」じゃなくて「アクセサ(accessor)」です。 ユーザーフォームと、その呼び出し側との値の受け渡しは標準モジュールに定義したPublic変数を介して行っていたのですが、プロパティとプロシージャでもできることを知ったのでメモ。 ... 2019-03-17. 実際にコードを書いて確認しましょう。 PrivateとPublicの違いを確認するには、モジュールを2つ以上用意する必要があります。 Globalsというモジュールを追加します。 2.このようなプロパティをGlobalsモジュールに追加します:, 私は、関数呼び出しの間でパブリック変数を維持することは良い考えではないことがわかります。 使用する必要のある変数は、SubsおよびFunctionsに格納し、パラメータとして渡す必要があります。 コードの実行が完了したら、VBAプロジェクトがどの変数の値も維持するとは限りません。, その理由は、ワークブックを使用している間にVBAプロジェクトを誤ってリセットする可能性のある膨大なものがあるからです。 この場合、すべてのパブリック変数は0にリセットされます。, サブシステムや関数の外部に値を格納する必要がある場合、永続化する必要のある情報については名前付き範囲の隠しワークシートを使用することを強くお勧めします。, 上で述べたように、グローバルなアクセス可能な変数を宣言するには、publicキーワードの前にある関数の外でそれを行うことができます。, そして、その影響はプロシージャの外では許されないので、例えば、あなたのパブリック変数を初期化するInitGlobalsというサブクラスを作成してから、文の先頭にこのサブルーチンをコールするだけです, 確かにあなたが知っているが、その定数の場合const MyVariable as Integer = 123そうでなければ運のあなた; 変数は初期値を他の場所に割り当てる必要があります。, したがって、 cMyStuff.myIntegerThingはすぐに利用できます。. (そこまでパフォーマンスにシビアな環境にいたことがないので、調べたことがありません。), public変数の最大のメリットは、実装の容易さでしょう。 google_ad_client = "pub-8092962482169671"; 変数のPrivateとPublicを確認する. ユーザーフォームを閉じる処理は、Unloadではなく、Hideを使用する。, ユーザーフォームをLoadしたのち、プロパティやプロシージャで値をユーザーフォームに渡してから、Showでユーザーフォームを表示させる。 変数の宣言を強制する各モジュールの先頭で、下のコードを記述することで、変数の宣言が強制となります。 vbaの設定で、変数の宣言を強制することもできます。 【ツール】→【オプション】 【編集】タブを選択 【変数の宣言を強制する】をチェックこ Collection(コレクション)って使ってますか?Collectionはキーと項目のセットを要素として格納することができます。 しかも、それぞれの要素でデータ型が違っていても問題がないので便利です。 この記事では、Collection(コレクション)について Collectionオブジェクトとは ユーザーフォーム側のHideで処理が戻ってくるので、Unload前にプロパティやプロシージャで値を読み取る。Unload後の読み取りでは値は初期値に戻ってしまうので注意。, https://oshiete.goo.ne.jp/qa/11029052.html, hakeさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 大切なものは他人に勝手に触られないように隠すのが常識です。, でも、外からメンバ変数にアクセスしたい場合もありますよね? | そう思う方もいるでしょう。, メンバ変数をクラスの外に公開する理由は、値の設定だけではありません。 Help us understand the problem. また、テスト用に一時的に実装して、使い終わったら削除するつもりのクラスはpublic変数でも良いでしょう。, 逆に言うと、public変数はそれぐらいしかメリットが無いような気がします。 ブログを報告する, 目的 ListBoxとTextBoxがあるユーザーフォームで、TextBoxに入…, foreach文において in の後に置けるオブジェクトはIEnumerable…, MyClassオブジェクトのメンバ変数m_dataが5以上になるとOverflo…, EXCEL VBAメモ - UserFormとの値の受け渡し(プロパティとプロシージャ), EXCEL VBAメモ - ユーザーフォーム上のTextBoxにEnter押下で連続入力する. google_ad_slot = "0887539173"; google_ad_height = 90; 変数には、その変数をvba内で使う事ができる範囲が決められています。マクロvbaでは変数の使える範囲を、適用範囲(スコープ)と言います。適用範囲とは、宣言した変数を使う事のできる範囲です。変数を宣言した場所と宣言方法によって、その変数を使える場所が違ってきます。 普通に考えると "アクセス + er" になると思いますが、英語の謎ルールで er ではなく or になります。, こうやってアクセサを使うことで、private にして隠蔽したメンバ変数にアクセスすることができるようになります。, 「いや、ちょって待て。」 コードにすると、こんな感じです。, getter/setter のことを「アクセサ」と呼びます。 ですので、積極的にアクセサを使いましょう!. What is going on with this article? とにかく急いで機能だけ実装したい場合は有効かもしれません。 date = new Date(); google_ad_width = 728; ただ、よっぽどパフォーマンスにシビアな環境ではない限り、気にするほどの差は無いと思います。 アクセサ経由で変数にアクセスするよりも、変数にダイレクトにアクセスする方が早いのは想像に難しくありません。 当然、必要ないならメンバ変数は外から変更可能にすべきではありません。, 一方、アクセサ方式だと、setter を宣言せずに getter だけ宣言すれば、メンバ変数の値は取得しかできません。 document.getElementById("thisYear").innerHTML = thisYear. ージャ、または複数のモジュール間で、変数を共有しなければならないケースで使うべきものです。,