・ワークシート名【売上集計】のセルA3~以降(下)に勘定科目を登録します。, 下記のサンプルプログラムは、上記サンプル①の応用編になります。上記サンプルプログラムでは、集計結果が表示されるシート【売上集計】に年月と勘定科目を記入する必要があります。事前にデータ内容を精査していれば可能ですが、大量のデータですと精査するのも大変なので、これもDictionaryオブジェクトを利用して一意データの年月と一意の勘定科目を抽出させます。この一意のデータを元に、データを集計します。, 【プログラム実行条件】 定数とは? 定数は変数と同じような仕組みですが、コード中に変更ができない固定の値(数値や文字列)です。 コード中で変... SetPhoneticメソッドは、指定した範囲の文字列のフリガナを作成します。 メソッド説明 SetPhonetic... VBAでIE操作「Webページに指定要素が存在するかチェックする」【エクセルマクロ】. ・ワークシート名を【人事データ】・【売上集計】に設定します。 /* Unit3 */ Aパターンの場合は、セル範囲を選択して、一括に配列に読み取り(格納)別のセルに転記しています。 コードコピー 'セルデータの一括取得 Dim セルデータ As Variant セルデータ = Range("A1:C3") Valiant型の変数に、Rangeオブジェクトを代入することで そのセル範囲のデータを2次元配列データとして一括代入させることができます. これは、セル範囲A1:C1と同じ大きさですから「Range("A1:C1") = Split(buf, vbCrLf)」というコードで一括代入が可能です。しかし、この一次元配列を、セル範囲A1:A3といった縦方向のセル範囲に代入することはできません。縦方向のセル範囲に一括代入するには © 1995 - Office TANAKA Arrayを使うと、1度でまとめて格納できます。 ここで注意したいのは、Variant型で宣言 … Bパターンの場合は、セル範囲から2次元配列へデータをひとつずつ登録(格納)して、登録された配列からセルにひとつずつセルに転記します。処理の方法は、Aパターンの方がプログラムも短く簡単ですが、2次元配列を覚えるには、Bパターンの方が重要です。, ●【パターンA】・【パターンB】のプログラム実行中の2次元配列の中身は下図の通りです。, 下記のサンプルプログラムは、2次元配列に取り込んだ格納データを計算して、計算結果を配列に格納され、配列に格納された計算結果をセルに転記するサンプルプログラムです。, ●実際に配列(TempData)の中身を見てみましょう。 ワークシート名を【人事データ】 google_ad_slot = "0887539173"; google_ad_client = "pub-8092962482169671"; ④配列内のデータを転記する際に、国語・数学の点を合計してTempData02へ4列目に転記します。 VBAで高速処理に欠かせない配列処理ExcelVBAマクロは動作が遅いと言われがちです。それは大きな間違いです。大体そういう方は、大量のデータをワークシート内のセルで、検索、代入、計算しており、その処理方法が間違いです。一次元配列もしくは二 google_ad_height = 90; TempData(1,2)    200が格納されています。 date = new Date(); //-->. セルに代入する値をすべて配列に入れておいてその配列を1回だけ代入してやるんです。 Sub Test6() Dim i As Long, B As Variant ReDim B(9999, 0) For i = 2 To 10001 B(i - 2, 0) = WorksheetFunction.VLookup(Cells(i, 1), Range("D2:E6"), 2, False) Next i Range("B2:B10001") = B End Sub thisYear = date.getFullYear(); ③TempData01 ⇒ TempData02 へ配列内データを転記します。④の条件で転記 date = new Date(); TempData(1,1)  100 が格納されています。 ②TempData02(2次元配列)を再定義します。(縦10×横5) セルに代入する値をすべて配列に入れておいてその配列を1回だけ代入してやるんです。 Sub Test6() Dim i As Long, B As Variant ReDim B(9999, 0) For i = 2 To 10001 B(i - 2, 0) = WorksheetFunction.VLookup(Cells(i, 1), Range("D2:E6"), 2, False) Next i Range("B2:B10001") = B End Sub ・ワークシート名を【売上明細】・【売上集計】に設定します。 今回、説明するサンプルプログラムは、2次元配列を利用して、指定したセルの範囲内容を一括に配列へ格納して、格納した配列内容を一括にセルへ代入(貼り付け)するサンプルプログラムです。また、2次元配列に格納したデータを配列内で変更・入替・計算結果を格納するなど、2次元配列をワークシートの様に扱う方法も併せて説明いたします。, EXCEL VBA RangeオブジェクトOFFSETプロパティ(基準セルからの行・列移動・相対参照・セル範囲を移動する), EXCEL VBA 連想配列で合計・グループ集計・別シート転記・重複削除 (Scripting.Dictionary), Sub Array01() '2次元配列に取り込んだ格納データを計算して、格納された計算結果をセルに転記します。, ''******** AKIRA55.COM *******  https://akira55.com/array02_tec/, '2次元配列に取り込んだ格納データを計算して、格納された計算結果をセルに転記します。, ●実行前~実行後 ※プログラム実行後、セル(A1:C10)の値を2次元配列へ格納して、1列目と2列目の配列を計算(3列目:足し算)します。計算結果を含めてセル(D1:F10)へ転記されました。, Sub Array02() '2つの2次元配列を利用してデータの受け渡し及び、判定結果・計算結果を別の2次元配列に格納する。, ''******** AKIRA55.COM ******* https://akira55.com/array02_tec/, '2つの2次元配列を利用してデータの受け渡し及び、判定結果・計算結果を別の2次元配列に格納する。, 'セルA2:C11の内容を2次元配列(TempData01)「縦10×横3」に格納します。, '計算結果及び判定結果用の2次元配列を作成(TempData02)「縦10×横5」, '2次元配列(TempData01)に格納されたデータの1件目から最終まで繰り返す。, '2次元配列データの計算(TempData01+TempData01=計算結果TempData02), '2次元配列(TempData02)の結果(計算・判定)をセル(D1:より)に転記します。, ●実行前~実行後 ※プログラム実行後、2つの2次元配列を利用してデータを転記・配列内の計算・計算結果による判定を行い、指定したセル位置に、2次元配列のデータが転記されました。, 2つの2次元配列の利用して、データの受け渡し及びデータ抽出を行い、結果をシートに転記する。, 最後に、TempData02の配列データをワークシート【】のセルA2よりデータを貼り付けます。, Sub Array03() '2つの2次元配列の利用して、データの受け渡し及びデータ抽出を行い、結果をシートに転記する。, '2つの2次元配列の利用して、データの受け渡し及びデータ抽出を行い、結果をシートに転記する。, 'シート「人事データ」のデータを2次元配列「TempData01」へ全て格納します。, '2次元配列データ「TempData02」をシート「抽出リスト」へ結果を転記します。, ●実行前~実行後 ※ワークシート「人事データ」から2次元配列へ格納して、格納したデータから指定した条件(性別:男かつ45歳未満)のデータを別の2次元配列へ転記して、結果を別ワークシート「抽出リスト」へ転記されました。, EXCEL VBA Google Chrome(グーグルクローム)の操作・webスクレイピング・情報取得(Seleniumの設定・準備), EXCEL VBA Replace関数 複数の文字列の置換(セルの値・指定文字列位置・置換リスト・数式の置換), EXCEL VBA 請求書・領収書の作成・自動判定・自動押印(電子印鑑)丸印・角印(テクニック), EXCEL VBA Goto ステートメント(行ラベル・行番号)指定ラベルへジャンプ, EXCEL VBA Replace メソッド 複数の文字列の置換(セル範囲・一括変換・置換リスト), EXCEL VBA Substitute メソッド 複数の文字列の置換(大量・一括変換・置換リスト), EXCEL VBA Weekday関数・WeekdayName関数・日付から曜日を取得・祝日判定, EXCEL VBA  2次元配列・セル範囲の内容を配列に格納・配列の内容をセルに代入(一括・高速化・セルの指定範囲), EXCEL VBA フォルダー・ファイルのショートカット作成(アプリケーション・共有フォルダー・URLのショートカット), EXCEL VBA 文字列の読み上げ・セルのデータを読み上げる(読み上げ機能:RangeオブジェクトのSpeakメソッド), EXCEL VBA  オーバーフローしました。(実行時エラー:6)エラー原因・修正・回避・対処・解決, EXCEL VBA InternetExplorerの操作 住所から最寄り駅を検索する・自動収集(テクニック), EXCEL VBA フォルダー内のファイル名をシートに一覧表示(サブフォルダー含める:再帰呼び出し)テクニック, EXCEL VBA ハイパーリンクの追加・設定 別のシートへジャンプ・Webページを表示(Hyperlinkオブジェクト), EXCEL VBA InternetExplorerの操作(ブックマーク・お気に入り登録・管理)テクニック, EXCEL VBA InternetExplorerの操作(Webページ操作・監視・タイトル名取得・URL取得・ブックマーク)②, EXCEL VBA ワークシートの追加・複数追加・先頭・最後(Worksheets.Addメゾット), EXCEL VBA オートフィルタでデータの抽出・条件・設定方法 (AutoFilter), EXCEL VBA セルの挿入・行の挿入・列の挿入・セルの削除・行の削除・列の削除( Insert / Delete ), 2次元配列を縦0~10行・横0~3列に指定※注意・配列の番号が0~10となるので、11行になります。.