VBAでExcelの処理をしていると、ある文字の中に特定の文字が含まれているか判別したくなります。, 上図では元の文字列が”hello world”で、検索したい文字は”world”です。, この場合、”l”は”hello”にも”world”にも含まれますが、実行すると3が表示されます。, 上図では”good”は含まれていません。実行してみると確かに0が表示されるはずです。, 後に紹介しますが、この機能とif文を使えば「特定の文字が含まれているか」という条件分岐が実装できます。, “wor”までは同じなので7が表示されそうですが、”l”がないため別の文字と判別され、結果的に0が返ってきます。, そんな時に使うのがInStrRevです。Revはリバースの意味なので後ろからです。, ①InStrで文字の位置を調べる⇒②Leftで元の文字列をカット⇒③カット後の文字列で再度InStr, なのでInStr() > 0と条件を設定することで、もし含まれるなら条件を満たすことになりますね。, このようにサンプル名と測定値が入っており、サンプルはABCが混在しているとします。, 先ほどと同じようにA列に対してfor文を実行し、もし”sampleB”が含まれるならSumにそのデータを足してあげましょう。, こうすることで項目がバラバラに混在しているデータでも、ほしい部分だけに処理を実行することができます。, なので上図のプログラムで、InStrを使うと3が表示され、InStrRevを使うと別の位置が表示されますね。, InStrRevで後ろからの位置がわかるので、1個上の階層のフォルダのパスが簡単に取得できます。, ここでもLeftが出てきますが、最後の”¥”の位置がわかっているので、そこまでのパスを切り取ることが可能です。, あとはこのパスを使えば、別フォルダにあるExcelファイルを開いてコピペするなど様々な処理につなげることができますね。, 今回はInStrとInStrRevで文字が含まれるかを判別する方法を解説しました。, Excel マクロ&VBA [実践ビジネス入門講座]【完全版】 「マクロの基本」から「処理の自動化」まで使えるスキルが学べる本気の授業, 中級者向け。自分である程度コードを調べられる人に向いています。細かく体系的に学べるので、とりあえず一冊と考えているならおすすめ。, いちばんやさしいExcel VBAの教本 人気講師が教える実務に役立つマクロの始め方 「いちばんやさしい教本」シリーズ, 完全初心者向け。勉強初めで躓きたくない人向け。内容は基礎の基礎で終わるので、実務に使えるようにはなれませんが、0スタートの人におすすめ。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 非IT企業でVBAとPythonを使ってます [スポンサーリンク] (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); VBA集計業務を一から学習される方は、ここから始められます。本サイトは初めてVBAコードをはじめられる方にも理解しやすいように、やさしい解説と豊富な図解を入れることを念頭に記事を書いておりますので安心 ... レコードの項目列のデータに対し、左から一定の文字列を取得することにより、結果的に余計な情報を一気に削除するサンプルコードです。 集計業務全般に言えることですが、最終的なクロス集計をする前に、必ず集計対 ... (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); あるグループ内のすべての要素に対して、繰り返し処理をする場合に便利な構文です。例えばファイル内のすべてのシートや、セル範囲の中のすべてのセルに対して処理する場合に使います。 Tips「繰り返し」構文の ... 実務で扱う集計データが入力されたExcelシートは、たいてい横に長く、多くの見出し項目を持っているものが少なからずありますよね。そのようなExcelシートに対して、VBAコードを組む際はいつもExce ... 最終レコードがExcelワークシート上の何行目になるのかを求めるサンプルコードです。VBA集計業務に幅広く使われる重要なスキルです。 では、下記のVBAコードを真似て書いてみてくださいね。 レコード最 ... 集計対象レコードに対して、各項目別に複数条件でデータを削除したい場合に使えるVBAサンプルコードをご紹介します。基幹システムなどの生データに対し、毎回決まったデータを削除して目的のデータを整形する場合 ... VBAで複数ファイル、複数シートに対して集計業務をするには、WorkBookオブジェクト、WorkSheetオプジエクト、Rangeオブジェクトの理解が必須です。 Excelの集計業務は、通常1つのワ ... Excelシート上のデータを、列方向から削除するサンプルコードです。 経験上、VBAコードによる行削除に比べて、使う頻度としてはかなり少ないのですが、行削除同様、基礎的なVBAコードです。 また、行削 ... VBAコードの可読性・保守性向上に不可欠なサブルーチン化、ユーザ定義関数(Function)の基本的な使い方をご紹介します。また、サブルーチン、ユーザ定義関数を使う上で大切な引数の値渡しと参照渡しにつ ... If文はVBAコードを処理する流れの途中で、条件により処理を分けたい時に使用する基本コードです。VBAに限らず多くのプログラミング言語でも頻繁に利用される基本構文ですので、本記事でも詳しく解説していき ... Copyright© 集計用VBAサンプルコードをやさしく学ぼう , 2020 All Rights Reserved. といった悩みを解決します。 データを確認する時に、レコードとレコードの間に1行づつ挿入すると、データを目で追いやすくなりますよね。 ・VBAでセルの削除をしたい・セル自体ではなくて、セルの中身を自動でクリアしたい Excel VBA マクロの行を取得する方法を紹介します。Rows プロパティまたは Range プロパティから行を取得できます。Range.EntireRow プロパティから指定したセルの行を取得できます。 といった悩みを解決していきます。 EXCELの表にセルの挿入や行の挿入・列の挿入など、作成した表にデータなどを追加する時に、セルを挿入する事があります。その時にInsert メゾットを利用して入力するセルを追加します。Insert メゾットを利用してセルに挿入する場合、シフト方向を指定したり、挿入するセルに指定した書式 … Excel VBA マクロの行を挿入する方法を紹介します。Rows.Insert メソッドまたは Range.Insert メソッドで行を挿入できます。 指定文字を検索して列数を取得する方法. といった悩みを解決していきます。 vbaでワークシートの行間に、新たに行を挿入する方法を解説します。if文と組み合わせれば、対象レコードをグループごとに集計する小計行を作る時にも使えるスキルです。. VBAでワークシートの行間に、新たに行を挿入する方法を解説します。IF文と組み合わせれば、対象レコードをグループごとに集計する小計行を作る時にも使えるスキルです。, データを確認する時に、レコードとレコードの間に1行づつ挿入すると、データを目で追いやすくなりますよね。, 9行目:lngERow = Range("A" & Rows.Count).End(xlUp).Row本サイトではもうおなじみのレコード最終行番号を取得するVBAコードです。, 12~17行目:For r = lngERow To 3 Step -1 ~ Nextここは、繰り返し構文のFor ~ Nextの処理範囲になります。ただ、これまでの使い方と少し違います。今回は最終レコード行番号の「lngERow」から繰り返し処理が始まり、3行目のレコードで終わります。, 「lngERow」は、サンプルシートの最終レコードの行番号です。サンプルシートを確認すると「16」ですよね。よって、今回の繰り返しは、r = 16で始まって、r = 3で終わるという、変数rの変化が1づつ減っていく使い方になります。, そして、最後の「Step -1」というのが、先に述べた「変数rの変化が1づつ減っていく」を実現させているVBAコードになります。この「Step」の応用例としては、VBAコードで1行置きに着色する記事の中で「Step 2」として使用しています。, このように「Step」を使うことにより、変数rの変化を、「1づつ増やす」以外にも指定することができます。For~Next文は「Stepが省略されている場合は1づつ増える」と理解してもいいですね。, 15行目: Cells(r, 1).EntireRow.Insert ここは、For ~ Next文の中で繰り返し実行されるVBAコードになります。ここで初登場の「.EntireRow.Insert」がありますね。, まず「.EntireRow」は、「.」の前にあるRangeオブジェクトの(今回の例ではCells(r, 1))プロパティ(属性)で、「行全体」を表しています。分かりやすく図でお話しすると以下のようなイメージになります。, まず太枠のセルは、それぞれRangeオブジェクトとして、Range("D1"), Range("C4"), Range("A7")と表せます。そして、それらRangeオブジェクトの行全体を表す「.EntireRow」、すなわちRange("D1").EntireRow(黄色セル=1行目のすべてのセル)、Range("C4").EntireRow(青色セル=4行目のすべてのセル),Range("A7").EntireRow(緑色セル=7行目のすべてのセル)は、それぞれ図の色付きセル(1行分全部)のことを指しています。, そして、最後の「.Insert」ですが、英語「insert」の日本語の意味の通り「挿入」になります。つまり、「.Insert」の前の行全体に対して「挿入」を実行するということになります。, 以上より、15行目のVBAコードをr=16 から 3まで実行すれば、冒頭の結果のように、1行置きに空白行が挿入された状態になります。これは、Excelシートの15行目から3行目まで、順番に14回行挿入を繰り返した結果と同じになります。, ところで、「なぜ今回はr=3からStep 2でやらなかったの?」という疑問が生じたかもしれませんね。確かにr=3からStep 2で、行挿入してやることも可能です。, ただその場合、途中に行挿入が何回か発生するため、はじめ16行目であった最終レコードの行番号が、17, 18, ・・・という感じでズレるように増えていきます。, この場合の対応方法としては、(あまりスマートではないですが、)For ~ Nextの実行回数を多めに、例えば50回くらいにした上で、事前に数えておいた挿入回数を満たしたらループを抜ける手もあります。, また動的に最終行を取得しながら、処理対象行が最終行になったらループを抜けるとか、他にもいろいろありますが、コードが今回のものよりも複雑になります。, 同じ処理をするならシンプルなVBAコードがいいですよね。自分を含め、他人が見ても簡単に理解できるVBAコード。業務効率化のためにも、理解しやすいVBAコードを書きましょう。, 今回は、Excel表データに対し1行置きに空白行を挿入するVBAコードを紹介しました。VBAコードの内容としては、繰り返し構文の1つ、「For ~ Next」の「Step」のバリエーションについてもお話ししました。. ・ファイル... 今回は 動)|VBA入門, 第8回.セルに文字を入れるとは. 先に結論を言いますが、 ①自分の頭で考えてプログラムを作ること②その過程で絶望と挫折を乗り越... 今回は、 ・コードが長いから改行したい・メッセージ文を改行したい といった悩みを解決していきます。 excel2000使っています。a列データがあるとして、a3セルに特定の数字(例えば1)があるときは、その上の行、このときは 2行に1行挿入したいのですが、各行ごとに挿入するのは大変なので、簡単に、できるだけ一度に挿入する方法はないですか? 手順は以下の通り。 といった悩みを解決していきます。 下記の例は、Rows(1)で1行目を指定し、Find(“テスト”)で1行目から「テスト」という文字列を検索し、.Columnで文字列が存在する列数を取得し、取得した行数を変数cに代入してメッセージボックスに表示させるサンプルになります。 ・行を自動で削除したい・マクロのプログラムに行の削除を組み込みたい・削除じゃなくて非表示をしたい またメッセージ文でも、エラー処理などを伝えていると結構... 今回は 例えば、 といった悩みを解決します。 ミニマリスト一歩手前 Excel VBA マクロの行を挿入する方法を紹介します。Rows.Insert メソッドまたは Range.Insert メソッドで行を挿入できます。 文字列操作は、マクロVBAでプログラミングする上で必須です、データ整形、データクレンジング、データクリーニング、これらを行うVBAにおいて不可欠なものが、文字列操作関数です。ここでは、文字列操作に関するVBA関数の一覧と Replace関数、InStr関数、StrConv関数について解説します。 セル「A2」の行を取得するにはRange("A2").EntireRowを入力します。, アクティブなセルのある行を取得するにはActiveCell.EntireRowを入力します。, 選択しているセルのある行を取得するにはSelection.EntireRowを入力します。, Range.Offset の引数に行数と列数を指定すると、指定したセルから指定した数だけ移動したセルを取得できます。, セル「B2」から行「1」、列「0」移動したセルの行を取得するにはRange.Offset(1, 0).EntireRowを入力します。, 行「1」と「3 ~ 4」を取得するにはRange("1:1, 3:4")を入力します。, またはUnion(Range("1:1"), Range("3:4"))を入力します。, Union を使用すると、取得したセルと別のセルを組み合わせた範囲を取得できます。, 行の範囲「1 ~ 2」を 3 行にして取得するにはRange("1:2").Resize(RowSize:=3)を入力します。, 指定したセルを囲むデータがある範囲の行を取得するにはRange.CurrentRegion.EntireRowを入力します。, 条件に一致するセルのある行を取得するにはRange.SpecialCells(条件).EntireRowのように入力します。, xlCellTypeConstants か xlCellTypeFormulas を指定したときは、第 2 引数に次の値を組み合わせて指定できます。, 条件に一致するセルが見つからないときは「エラー 1004 アプリケーション定義またはオブジェクト定義のエラーです。」が発生します。, 使用されているセルの最大範囲の行を取得するにはUsedRange.EntireRowを入力します。, 最大範囲とはシートに入力されている一番上、下、左、右のセルの範囲です。書式設定されているセルも含みます。, シートを指定するには Worksheets の引数にシート名またはインデックスを指定します。, Sheet1 を指定するにはWorksheets("Sheet1")またはWorksheets(1)を入力します。, Sheet1 に Rows を入力すると、自身のシートの行になります。自身を表すMe.が省略されています。, 標準モジュールに Rows を入力すると、アクティブなシートの行になります。アクティブシートを表すActiveSheet.が省略されています。, エラー 91 オブジェクト変数または With ブロック変数が設定されていません。, エラー 438 オブジェクトは、このプロパティまたはメソッドをサポートしていません。, エラー 450 引数の数が一致していません。または不正なプロパティを指定しています。, エラー 定数、固定長文字列、配列、ユーザー定義型および Declare ステートメントは、オブジェクト モジュールのパブリック メンバーとしては使用できません。, エラー オブジェクト モジュール内では、パブリック ユーザー定義型は定義できません。, エラー プライベート オブジェクト モジュールを、パブリック オブジェクト モジュール内で、パブリック プロシージャの引数または戻り値、パブリック データ メンバー、またはパブリックのユーザー定義型のフィールドとして、使用することはできません。. Excel VBAにおいて、指定した文字を検索するためにはFindメソッドを使用します。, 下記の例は、Columns(1)でA列を指定し、Find(“テスト”)でA列から「テスト」という文字列を検索し、.Rowで文字列が存在する行数を取得し、取得した行数を変数rに代入してメッセージボックスに表示させるサンプルになります。, r = Columns(1).Find(“テスト”).Row ‘A列からテストの文字列を探して、文字列が存在する行数を取得し、変数rに代入, 下記の例は、Rows(1)で1行目を指定し、Find(“テスト”)で1行目から「テスト」という文字列を検索し、.Columnで文字列が存在する列数を取得し、取得した行数を変数cに代入してメッセージボックスに表示させるサンプルになります。, c = Rows(1).Find(“テスト”).Column ‘1行目からテストの文字列を探して、文字列が存在する列数を取得し、変数cに代入, Excel VBAExcel VBAとは?VBE(Excel VBA)シート操作(Excel VBA)ステートメント(Excel VBA)ダウンロード(Excel VBA)ピボットテーブル(Excel VBA)ファイル操作(Excel VBA)フォルダ操作(Excel VBA)メッセージボックス(Excel VBA)ユーザー定義関数(Excel VBA)処理速度(Excel VBA)列、行(Excel VBA)変数(Excel VBA)定数(Excel VBA)情報取得(Excel VBA)文字列操作(Excel VBA)条件付き書式(Excel VBA)条件分岐(Excel VBA)演算子(Excel VBA)画像処理(Excel VBA)繰り返し処理(Excel VBA)置換(Excel VBA)関数(Excel VBA), 【Excel VBA】指定した名前のシートが存在していた場合削除する(For Eachステートメント). 最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門 2.RangeとCellsの使い方|VBA入門 3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門 4.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門 5.マクロって何?VBAって何?|VBA入門 6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門 7. エクセルシートの見栄えを整えていると項目ごとに空白を入れたいっていうケースがあると思います。そこで今回はvbaを使って「項目ごとに空白行を挿入する」プログラムを作っていきます。職場など複数人で作業する場合、エクセルの集計機能などを使うより便利だからです。 excelで5行おきに空白セルを挿入 セルデータが10000件以上あります。5行おきに空白セルを挿入したいのですが簡単に出来る方法を教えて頂けますでしょうか。 作業列を使います。1例えば、データの列の … Excelの作業をVBAで自動化するなら、セルのクリアもしたいところですよね。 ・プログラミングを勉強して転職したい、副業したい・未経験でもプログラミングができるようになれるかな... 今回は、・文字列を特定の位置から切り出したい・ファイル名の一部を抽出したいといった悩みを解決していきます。VBAのプログラムを拡大させていくと、ファイル名から一部文... 今回は、・VBAでフィルターをかけたい・自動的にフィルターをかけれるようにしたいといった悩みを解決していきます。Excelの作業をVBAで自動化する際、フィルターも... 今回は・VBAを使ってファイルを開きたい・他ファイルからデータをコピーするプログラムを作りたいといった悩みを解決していきます。VBAでExcelマクロを作るなら、他... 【VBA】Excelマクロで文字列を置換する方法(スペースの除去や大文字小文字の変換). 今回は、・VBAで文字を置換したい・スペースを削除したい・大文字小文字を入れ替えたいといった悩みを解決していきます。VBAでExcelを自動処理する際に、文字が統一... ・VBAで条件ごとにプログラムを分岐させる方法を知りたい・VBAの基礎文法を知りたい 今回は・文字列の中に特定の文字があるか判別したい・特定の文字を含むセルだけ処理を行いたいといった悩みを解決していきます。VBAでExcelの処理をしていると、ある文字の中に特定の文字が含まれているか判別したくなります。例えば、・ファイル名に プログラミングでの条件分岐といえばif文です。 報告用資料や集計ファイルでは不要な行ができたりしますよね。 プログラムを書いていると、引数が多すぎて1行が長くなることがありますよね。 今回は・文字列の中に特定の文字があるか判別したい・特定の文字を含むセルだけ処理を行いたいといった悩みを解決していきます。VBAでExcelの処理をしていると、ある文字の中に特定の文字が含まれているか判別したくなります。例えば、・ファイル名に 条件を設定して、条件を満たすならAの処理、満たさないならBの処理をす... 今回は、 懸垂できないことが最近の悩み, 【VBA】プログラミング未経験からExcelマクロが書けるようになる勉強方法を解説, 【VBA】プログラミング未経験からExcelマクロを独学した自分が思う勉強に必要な素質, 【ミニマルライフ】ポップインアラジンのリアルな使用感や注意点を伝える(メリットデメリット). エクセルマクロVBAでは、行を選択したり削除したりすることが多いです。 このとき使えるのがRowsです。これを自在に使えるとマクロの幅がグッと広がります。 そこで、マクロVBAで覚えておきたいROWSの使い方について、事例を使って解説をしていきます。 そんな行を自動でパッと消せると便利... この機能とif文を使えば「特定の文字が含まれているか」という条件分岐が実装できます。, InStr() > 0と条件を設定することで、もし含まれるなら条件を満たすことになりますね。. ・ファイル名を入力するだけで、該当するファイルを開きたい・たくさんのファイルが入っているフォルダから欲しいファイルを探すのがめんどくさい q 特定の条件の時に行を挿入したい. ①コードを書く... 今回は、