例えば、 )m, moreが副詞のとき A ~more than B… で Bが…するよりさらにAは~する という意味になると思うのですが あるテキストの中に、下記の例文がありました。 を使って作文したいのですが、要点がよく分かりません。 の形が「基本の形」なんです。 そうすると先ほどの例を見てみると、この文は明らかにthan以下の部分が何か足りませんよね。 He is taller than I. といった文になることもあります。これは動詞を省略したために主格で文が終了したもので、口語ではほとんど用いられません。口語では、thanを接続詞ではなく前置詞として扱い、than … thanの後ろのHe can speakとwellを消し、 完成した文は以下のようになります。 He can speak English better than Japanese. (b)She got up as early as her mother this morning. http://eow.alc.co.jp/search?q=than+do と教科書にありました。ただ、辞書で「大きな」を (名) She is younger than I (am). 今回は形容詞の後置修飾をまとめてみたいと思います。後置修飾って何?たとえば次の例を見てください。通常、形容詞は名詞の前に置かれるのですね。 a large apple: 大きなりんご(形容詞largeが名 … 〈thanの後がSVにならない場合〉 than + S+V. 英文法の単元で「比較級」というものがあるのですが、この比較級は英語学習者の質問が絶えない単元です。, 例えばas~asの後ろやthanの後ろの形については比較級に関する質問のなかでも非常に「熱い」です。, 「先生、as~asやthanの後ろに代名詞を使う時、それが「主格」になったり「目的格」になったりするんですけど、なぜでしょうか?」, 正直この質問はほんとに多いです。たしかに比較級のas、thanの後ろの代名詞は「主格」で表現されたり「目的格」で表現したりしますね。例えば「彼は私より背が高い」ですが, そこで今回はこのasとthanの後ろの代名詞は「主格」で書くべきか「目的格」で書くべきかを徹底解説。, ぜひ、マスターしていただいて、決してたまたまこうなったわけではないことをよく理解していただければ幸いです。, まず、いきなりで申し訳ないのですが、as~asの後ろのasと、thanの品詞は何だか分かるでしょうか。まずここを理解しないと後ろの代名詞が「主格」になったり「目的格」になったりする理由がわかりません。, 比較級についてはこちらの記事も参考にしてくださいwww.makocho0828.net, この2つの品詞はなんと「接続詞」(前のasは副詞です)で意外と知らない方も多いのではないでしょうか。, 接続詞は後ろに主語(S)と動詞(V)、つまり「文」を置くのが基本ルールですよね。つまり, そうすると先ほどの例を見てみると、この文は明らかにthan以下の部分が何か足りませんよね。, 英語において「省略」というのはただ何となく【気分で】行われるわけではありません。もちろん「省略」にもしっかりとしたルールがあるんですよ。, 今回の例文はIが「主格」ですからこれが主語であることは分かるにしても、動詞以下がありません。それは前の文の動詞の箇所と同じだからなのです。, このように補ってみると、接続詞のthanを境にしてhe is tall(er)とI am tallという2つの文がくっついているのが分かります。, 先ほどの学習でthanの後ろがherではなくsheとなっている理由はもうお分かりかと思います。, もちろんsheは主格である動詞の「主語」になっているのですが、前の箇所にその動詞以下の部分がもう出ているために「省略」されているんです。, I like him better than she (likes him well), ところでいくらshe以下が「省略」されているのが分かると言っても、sheの後ろがピリオドで文を終了してしまうのは何か違和感がありませんか?, 見た目、主語の部分だけを書いて終わりですからね、なんか「首」から下を書いていない「絵」みたいに映るのは私だけでしょうか。, このニュアンスを防ぐために、主格の後ろに動詞(一般動詞なら代動詞)を残す場合があります。というよりこれが正式な書き方だったりします。, こうやって書くと動詞の後ろに何かが続く感じが出て、文の構造が理解しやすくなります。ですが現代英語ではこの( )に部分が省略されてしまうことが多いんですね。, ところがas / thanの後ろにくるのは「主格」ばかりじゃありません。「目的格」も置くことができるんです。例えば, いくらasの後ろが「主格」ではなく「目的格」だからと言って、as / thanが接続詞であるのは変えようのない事実です。したがってこの場合も「省略」されているのですが、その箇所が, 例 He loves her as much as (he loves) me. 電子辞書のno more A than Bの例文には前者、 例文なんかを見るのが早いと思います。(こんだけの数の中から見つけるのはなかなか大変ですが。) しかもtriviaもtrivialityも辞書をひいたら意味が全く同じのようです Tom got to the station earlier than his friends. 接続詞は後ろに 主語(S)と動詞(V) 、つまり 「文」 を置くのが基本ルールですよね。つまり. あなたもQ&Aで誰かの悩みに答えてみませんか?, not so much A as B / B rather than A の使い分けについて. so high voicesとかso high qualityという言い方は可能でしょうか? この例では先行詞が形容詞となり、これは例外として認められようが、Her services have been more valuable than was supposed.のような例では、先行詞の数とthanの次の動詞の数が一致せず、than (it) was supposedと接続詞のあとに古い非人称構文の名残りが現れているとせざるをえない。 本問は後者の … than は接続詞用法が多く、後には文章が来るのが基本形でしょうが、実際には文章をはしょった形で名詞、形容詞、動詞などを持って来ることがしばしばあります。(形) Losing weight is easier said than done. 誰かの疑問に誰かが答えることでQ&Aが出来上がり、後で見に来たたくさんの人の悩みの解決に役立てられています。 また、これが複数や数えられない名詞になるとどうなりますか? 例えば数えられる名詞だと than before は あなたも誰かを助けることができる こういう人の性質(形容詞)同士の比較であれば than +形容詞 No less than one million people visited the museum last month. それについても教えて頂きたいです, お世話になっております。 than it was usual あるいは than is usual の省略とか,無理に説明することも可能でしょうが, 例文2も同様に “ less than ” を形容詞として捉えると、単にその直後の名詞 “6 hours” を修飾しているだけです。 単なる “6 hours” ではなく、より詳しい説明(~未満)を “6 hours” に加えるために“ less than ”を加えていると考えることができます。 厳密に言えば、“ more than ” と “ less than 比較級の表現では、thanがよく用いられます。文章表現では、このthanを接続詞として扱い、thanの後には主格+動詞が続くのが正式な文章です。しかし、この場合の動詞は、すでにthanの前の文で出てきている動詞であるため、一般動詞ならdoで代用されますし、動詞自体が省略されることもあります。そのため、than I. He can speak English better than me. (彼女は今朝お母さんと同じくらい早く起きました) not so much A as BのA,B のところに名詞や節や句はよくみかけるのですが、形容詞も入るのでしょうか?progressiveの辞書では    となっているので、ハハ~「ハ形容詞」だなと分かる。(不安⇒不安だ) よろしくお願いします。, あなたを助けてくれる人がここにいる thanは日本人からすると前置詞のように受け取ってしまいますが、実際は接続詞(andなんかと同じ扱い)なので、必ずしも名詞や名詞句でなくてもいい・・・ということらしいです。(これはなるほどと思いました。), She is more pretty than beautiful. He came earlier than usual.   もし無いとすると、「名詞+~」ではない、最初からスロプタ型の形容詞と言うものがあり 「B というよりも A」において,A, B が形容詞でもいい,というのであって, また,(2)very beautiful flowers のvery beautifulも2語以上なのに名詞の前におくのは副詞が形容詞の前についているからだと聞きましたが,これもどうなのでしょう?, thanの後に文章そのものや、いきなり動詞が来るなんてことも度々ありますよ。 普通の比較構文とは違います。, than は文法では説明できない表現があります。   例文がそれなのか? 「彼は彼女のことも、私のことも同じくらい愛している」, つまりas / thanの後ろは「主格」「目的格」の代名詞の両方来ることが可能なんです。, He is tallはSVCの第2文型。したがってtallの後ろにherなどは絶対につながらないんです。, これは口語文(話し言葉)の表現で起こる例外と言われていて、実は口語ではas / than以下に代名詞が来たとき、本来なら「主格」で残さなければいけないところを「目的格」に変えて表現するという厄介な現象があるんです。, ですから口語ではthan I (主格)という表現は使わずに、もっぱらthan me(目的格)で表現することになります。, これはこれは、文法的には誤りであるけれど、口語だから通用しているという解釈もあるようですが、thanを前置詞と考えるという解釈もあるようです。, さて今回はいかがだったでしょうか。as / thanの後ろは「主格」だけでなく「目的格」の使い方もあるということはしっかり覚えておいてくださいね。, 無料レポートタイトル 「なぜ英文法学習が必要なのか?英文法を再びやり直すとき、あなたが必ず知っていなければならないマインド」. (彼は君ほど上手には英語は話せない) as~as と 比較級than の後の代名詞は「主格」か「目的格」かどっちが正しいのか, 比較級の強調表現much / far / a lot / even / stillの違いとは?徹底的に使い分けてみた!【やさしく語る英文法29】, The 比較級, the 比較級はかなり深い?応用を含めて完全に理解しよう!【やさしく語る英文法】, no 比較級 thanとnot 比較級 thanの違いとは?分かりにくい英語表現を徹底的にまとめてみた!, 「クジラ構文」とはいったい何?no more A than B とno less A than Bの訳し方に悩まない方法はこれだ. (名) She is younger than I (am). -er,-est型の形容詞が入るとき This constraction noise is more than an inconvenience. どちらが正しいのか分かりません government officialなどもそうだと思うのですが、どういう時にこのように名詞を形容詞のように使うことができるのですか。何かルールがあるのでしょうか。 とありました.解説を見ると「full of~」が2語以上の形容詞句なので,boxの後ろから修飾する.とありました. A more than Bでmoreが形容詞の時、 Bよりさらに多くA という意味を表しますか? http://eow.alc.co.jp/search?q=than&pg=35 (1) 辞書で「スロプタ」を調べると「名詞について形容詞を作る・・」とある。 形容詞はAに原級のまま入るのですか? といったのように 文法書Forestの記述には後者が載っていて 連体詞でしょうか?形容詞でしょうか? than usual もそうです。 形容詞の中で、superior(まさった)、inferior(劣った)、senior(年上の)、junior(年下の)、major(大きい方の)、minor(小さい方の)、prior(前の)のように-orで終わるラテン語系の比較級は、そのあとにthanではなくtoを用います。