Oracle Data Provider for .NET開発者ガイド, ダウンロード %s char*型 文字列出力 %u unsigned  int, unsigned  short 型 1文字出力 グーグルアドセンスを記事中、記事周りに貼り付けています。, Tairaxさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 今回はif文についてです。 ODP.NET 10g あくまで個人的なメモ書きですので、多くの人にとっては役に立たないかも知れません。 日々職業プログラマとして、働く中で備忘録として残してきたメモ書きを備忘録として、ここに載せていきます。 | ただバインド変数を使用する場合は、プログラミング言語の実行環境からSQLを呼ぶ時に使用されるものです。 そいつが基礎学習してるのでしばらくは基礎を皆さんにご紹介していきます。 その時にファイル名から、そのファイルが存在するパスの一覧を作成したので、作成時の備忘録を記載しておきます。. このコラムのサンプル・アプリケーション SQLの基本は欲しいデータを取ってくることなので、都度条件が変わってしまうことも珍しくありません。そういった場合にこのバインド変数が役に立ちます。 後輩がいまだに基礎学習しているのでこの野郎と思ってます。。。 ver v1 varchar2(3); ver v2 varchar2(5); ver v3 number; — bind exec :v1 := ‘テスト’; exec :v2 := ‘バインド’; exec :v3 := 53784; SELECT カラム FROM TABLE_NAME WHERE TEST = :v1 AND BIND = :v2 AND CODE= :v3 ORDER BY CODE; 実際の現場でシステム開発業務に携わる上で、よく使用される用語について軽くまとめておきます。これらは新人として実際に現場に配属された際に、よく分からなかった単語のまとめになります。ナレッジとして活用して下さい。※IT用語として以外にもビジネ... こんにちは、桜です。 最近、業務でSQLを作成してバインド変数を扱う機会があったので、備忘録的に記しておきます。, バインド変数についてネットを調べてみると、動的にSQLを作成することができる手段、との記載を目にします。 日々仕事に追われながら働いていますが はじめにif文のコーディングに... こんにちは、桜有里です。 動的なSQLとはすなわち、状況によって値をコロコロと変えることができるSQLということです。 こんにちは桜有里です。 ※おことわり※ もし参考になる方がいら... %c char型 1文字出力 ちなみに、一般的にシェルを動かす時の構文は以下です。 先日、業務で棚卸しをしなければならない時がありました。 構文自体は至って単純です... [Windows10] 文字入力を切り換えると画面に「あ」や「A」と表示される時の対応策. Oracle Developer Tools for Visual Studio .NET, Direction プロパティにデフォルト値の Input が使用され、 Size プロパティが設定されないことに注意してください。 オブジェクトが入力パラメータなので、 Size プロパティを設定する必要はありません。データ・プロバイダは、値からサイズを決定できます。, リスト1のサンプル・アプリケーションを実行するには、.NETコンソール・アプリケーションを作成し、メソッドの本体としてリスト1のコードを使用する Main メソッドを作成します。 ODP.NET 10gアセンブリの参照をプロジェクトに追加し、コード・モジュールの上部に Oracle .DataAccess.Client 名前空間を設定する必要があります。 参照を追加するには、Microsoft Visual Studio .NET 2003メニュー・バーの「 プロジェクト 」→「 参照の追加 」を選択し、参照の追加 ダイアログ・ボックスの「 Oracle .DataAccess.dll 」を選択します。 名前空間を設定するには、コード・モジュールの上部に using Oracle.DataAccess.Client; を追加します。 出力は次のようになります。, このコラムでは、ODP.NET 10gと組み合わせて.NETアプリケーションの簡単なバインド変数を使用する方法を説明しました。 バインド変数のメリットを確認するために、バインド変数を使用したり削除したりして独自のアプリケーションをテストすることを推奨します。, Mark A. Williams (  mawilliams@cheshamdbs.com  )氏は、2004年にApressから発行された『  Pro .NET Oracle Programming 』の著者で、Oracle ACEおよびOracle Certified Professional DBAの資格をもっています。 また、Oracle on Windowsソリューションに取り組み、Oracle Technology NetworkのOracle Data Provider for .NETに関するフォーラムに貢献しています。, Oracle Developer Tools for Visual Studio .NET, 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。. こんにちは桜有里です。最近、業務でsqlを作成してバインド変数を扱う機会があったので、備忘録的に記しておきます。そもそもバインド変数ってなんだろう。バインド変数を使うと、動的にsqlを作れるよ!バインド変数についてネットを調べてみると、動的 DBから直接コマンド叩いて情報を引っ張ってくるような場合には、基本使用しません。. こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。 この記事では、SQL Serverであいまい検索ができるLIKE演算子について解説します。, この記事では、Microsoft SQL Server2017を使っています。 インストールの仕方は、下の記事をご参考ください。, LIKE演算子とは、とある列が指定したパターンにあっているかどうかを判定して、パターンにあっているものを抽出することができます。, LIKE (Transact-SQL) 適用対象: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure Synapse Analytics (SQL DW) yesParallel Data Warehouse 指定された文字列が指定されたパターンと一致するかどうかを判断します。パターンは、標準の文字とワイルドカード文字を含むことができます。 パターン検索時に、標準の文字は文字列に指定された文字と正確に一致する必要があります。, LIKE (Transact-SQL) - SQL Server | Microsoft Docsから引用させて頂きました, 検索するパターンにはワイルドカードを使うことができます。LIKE演算子では、以下のワイルドカードを使うことが出来ます。, ワイルドカードの%(パーセント)は、0文字以上で構成される任意の文字列のパターンを指定することができます。 【name】の最後が【中】のデータを取得するように指定します。, ワイルドカードの_(アンダースコア)は、任意の 1 文字で構成される文字列のパターンを指定することができます。 【job】の文字列が【○学生】のデータを取得するように指定します。, ワイルドカードの[ ]は、指定した範囲で構成される文字列のパターンを指定することができます。 【id】の文字列が【a00固定で1から3】のデータを取得するように指定します。, 【id】の文字構成が【a00固定で1から3】であるデータを取得することができました!, ワイルドカードの[^]は、指定した範囲にない文字で構成される文字列のパターンを指定することができます。 【id】の文字列が【a00固定で1から3】ではないデータを取得するように指定します。, 【id】の文字構成が【a00固定で1から3】ではないデータを取得することができました!, あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*) ではでは~(・ω・)ノシ, 他にもSQL Serverについて記事を書いています。 良ければこちらもご参考ください。, 【SQL Server】昇順、降順のソートができるORDER BYについて解説します, 今までブログで書いたSQL Serverの解説記事のまとめは、こちらをご参考ください。, 私についてやこのブログについては、↑の名前リンクからご覧ください。 LIKE (Transact-SQL) - SQL Server | Microsoft Docsから引用させて頂きました. ブログを報告する, LIKE (Transact-SQL) - SQL Server | Microsoft Docs, 【ポケ森】ハッピーホームアカデミーのノーマルレッスンステップ7攻略に必要な家具のまとめ, 【あつ森】DIYできて、リメイクもできるハロウィンシリーズ家具とカラーパターンのまとめ, 指定した範囲 ([a-f]) またはセット ([abcdef]) 内にある任意の 1 文字です。, 指定した範囲 ([^a-f]) またはセット ([^abcdef]) 内にない任意の 1 文字です。. しかしLIKEを使用して検索を行う場合には注意が必要です。 以下の場合エラーとなります。 String searchWord = "ア": String sql = "SELECT * FROM prefecture WHERE kana LIKE '?%'; ps = con.prepareStatement(sql); ps.setString(1, searchWord); rs = ps.executeQuery(); バインド変数およびODP.NETを使用して、.NETアプリケーションのパフォーマンスを改善します。, .NETアプリケーションで、Oracleデータベースからデータにアクセスする方法はたくさんあります。 機能とパフォーマンスの観点から、Oracle Data Provider for .NET(ODP.NET)が.NETアプリケーションとOracle Databaseをつなぐ最適な選択肢となります。, この新しいコラムでは、ODP.NET 10gの主要な機能による.NETアプリケーションのメリットを中心に説明します。 最初のトピックは、ODP.NET 10gと組み合わせたバインド変数の使用方法です。, ODP.NET 10gアプリケーションを正しく実行および拡張するためのもっとも簡単で最適な方法は、バインド変数を正しく使用することです。 バインド変数によって多くのタイプのアプリケーションのパフォーマンスが向上しますが、ここではODP.NET 10gによるバインド変数の使用について説明します。, バインド変数は、SQL文中のプレースホルダです。 たとえば、Oracle Databaseに付属している HR サンプル・スキーマを使用すると、バインド変数を使用しない通常の SELECT 文は次のようになります。, このように、文の WHERE 句に 'UK' リテラル・テキストが指定されました。 一か所の簡単な変更をおこない、この文にバインド変数を使用できます。, バインド変数バージョンの文では、 'UK' リテラル・テキストを :country_id プレースホルダに置き換えました。 バインド変数識別子は、単一のコロン(":")で開始されます。これが、バインド変数をSQL文で記述する方法です。, バインド変数の使用を示す SELECT 文を使用していますが、 UPDATE 、 INSERT 、および DELETE 文でもバインド変数を使用できます。 同じ countries 表の UPDATE 文でバインド変数を使用する例を以下に示します。, Oracle Database 10gがOracle Database 10gがSQL文を受け取った場合、共有プール(メモリ領域)をチェックして、文がすでに存在しメモリに格納されているかどうかを確認します。 文がメモリに存在し、Oracle Database 10gがその文を再利用できる場合、データベースは文を解析および最適化するタスクをスキップできます。 バインド変数を使用すると、SQL文がメモリに格納される可能性が大幅に高まります。これによって、そのSQL文を必要とする次の操作で迅速にそのSQL文を使用できます。, 文が共有プールに存在しない場合、データベースで文を解析し、最適化する必要があります。これによって、パフォーマンスが低下する可能性があります。 文の解析および最適化には、CPUサイクルが使用されます。CPUサイクルが増えるほど、処理が遅くなります。 また、解析および最適化では、ラッチと呼ばれるメカニズムを通じて共有プールのさまざまな部分をロックします。 一度に単一のプロセスのみがラッチを使用できるので、共有プールのラッチが増えるとデータベースの競合が発生します。, 単一ユーザー・システムでは、発生するラッチと文の解析および最適化にかかる時間が重要ではない場合があります。 ただし、ユーザーがシステムに追加されたり、アプリケーションの追加のコピーが実行される場合、これらのイベントがすぐに増える可能性があります。場合によっては、システムが使用できなくなります。, ODP.NET 10gプログラムでバインド変数を使用するには、 OracleParameter クラスを使用して.NETコードで各バインド変数を表します。 OracleParameterCollection クラスは、名前が示すとおり、各文の OracleCommand オブジェクトに関連づけられた OracleParameter オブジェクトを含むコレクション・クラスです。 OracleCommand クラスは、SQL文をデータベースに渡し、結果をアプリケーションに返します。, ODP.NET 10gでは、バインド変数の2つのモード(位置によるバインド(デフォルト)と名前によるバインド)を使用できます。 OracleCommand ブール型プロパティの BindByName (デフォルトはfalse)でモードを設定します。 位置によるバインドのモードを使用する場合、SQL文に示されている順序でパラメータを OracleParameterCollection コレクションに追加する必要があります。 Add メソッドと Parameters プロパティを使用して、コマンド・オブジェクトのコレクションにパラメータを追加します。 名前によるバインドのモードを使用する場合、任意の順序でパラメータをコレクションに追加できますが、パラメータ・オブジェクトの ParameterName プロパティをSQL文のバインド変数識別子と同じ値に設定する必要があります。, バインディング・モード(位置または名前)に加えて、各パラメータ・オブジェクトにいくつかのほかのプロパティを設定します。, バインド変数は、出力、入力、または入力/出力パラメータとして使用できます。 Direction プロパティを使用して、各パラメータの適切な方向を示します。 Direction プロパティのデフォルト値は、 Inputです。 OracleDbType プロパティを使用して、パラメータが数値、日付、 VARCHAR2 などであるかどうかを示します。 VARCHAR2 データ型などの可変長のデータ型を使用する場合、 Size プロパティを使用してパラメータに格納されるデータの最大サイズを示します。 Value プロパティは、文の実行前(入力パラメータの場合)、文の実行後(出力パラメータの場合)、または文の実行前後(入力/出力パラメータの場合)のパラメータ値を格納します。, リスト1の Main メソッドは、これらの概念を統合して、 SELECT 文のバインド変数を使用します。 Main メソッドの主要な部分を以下に示します。, パラメータ・オブジェクトの OracleDbType および Value プロパティを設定します。, ODP.NETの詳細の確認 バインド変数識別子は、単一のコロン(":")で開始されます。これが、バインド変数をsql文で記述する方法です。 バインド変数の使用を示す select 文を使用していますが、 update 、 insert 、および delete 文でもバインド変数を使用できます。 sh %d int, short型 符号なし10進数整数出力 LIKE演算子は、以下のように使います。 SELECT 列1 ,列2 ,列3 FROM テーブル WHERE 列1 LIKE '検索するパターン' 検索するパターンには ワイルドカード を使うことができます。 %o int, short型 8進数... シェルをバックグラウンドで動作させたい時の、シェルの起動(キック)方法を載せておきます。