Several hoods will fit like PH-S49 (50mm) and screw-in type metal and folding rubber hoods 時代がMFからAFへ、フィルムからデジタルへと変わるカメラ史の中でペンタックス最後のマニュアルフォーカスレンズとして生産されていたのが、この『SMC-A 50mm F1.2 』でした。, ペンタックスファンなら一度はその描写を試したいと思ったであろう本レンズ。最新のデジタル機・SONY α7II へアダプターを装着し、開放絞りでのスナップ撮影を試みました。, 柔らかな描写と深いボケ味。今でこそ開放からシャープなレンズが多くありますが、解像力では表現できない独特の世界観が本レンズの写真にはあります。, 本レンズはモノクロームとの相性も抜群です。絞り開放ではシビアなピント合わせが求められます。, 強い逆光を受け、柔らかいピントがさらにソフトになっています。この曖昧さがなんとも美しい一枚です。, とろけるようなボケの中にある柔らかなピントの山。このレンズは撮る者の写真表現を広げてくれる一本です。, 『PENTAX SMC-A 50mm F1.2 』の開放描写は実に美しいものでした。 K-1購入のキャンペーンで、Lightroom CC(+Photoshop CC)が一年間値引きというのに釣られました^^; 昨日に引き続きまして、SMC Pentax 50mm/F1.2での1本勝負のお写真です。, 今日は、幣ブログでは珍しく(笑)、少しこのレンズの描写力について見てみたいと思います。. pentax m 50mm f1.4 – 大口径レンズのボケに驚く。pentax機のハイパーマニュアルがとても便利! pentax m 50mm f1.7 – とろけるボケ。kマウントユーザーなら間違いなしのオールドレンズ。 smc pentax 50mm f1.4 – バヨネット化したkシリーズ、短命の大口径レンズ。 ±åº¦ãŒæ¥µç«¯ã«æµ…くなり、狙った位置へのピント合わせが非常に困難です。マクロでは体を動かしてピント位置を調整しますが、なかなか難しいです。同じカットを10枚以上写して、ピント位置が一番良いのを選ぶしかないと思っています。デジタルだから可能な方法です。三脚を使う手もありますけど、手持ちの撮影が大好きなので、使ってはいません。たまに一脚は使いますが。手持ちの場合は、F2で写すことが多くなりつつあります。多くをF1.2で撮り、保険としてF2でも写しておく、という感じの使い方も含めて。,  開放での柔らかさと、ぼけの大きさを利用して、細い葉っぱに星を描かせてみました。開放なので、葉っぱの先にピントを合わせるのが大変でした。何枚も写した中から、一番良い状態を選んでいます。正直、このレンズでなければ撮れない写真ではありませんね。, ←クリックで拡大 ペンタックスMXは3台持っていたのですが金策で1台は売ってしまいました。今でも2台あるはずですが、1台は見当たりませんね。今は一眼レフカメラなんて売っても大した金額にならないのでとって置こうと思います。Kマウントレンズが少ないので稼働率が低いのですが。それに、実際に使うには拙僧にはちょっと小さいんですよね。部屋で弄っている分には最高なのですが。なのでペンタックスKMを出してしまいます。 シュッピン株式会社. MZ系になるとさらに怪しいですね。アラーキーもBSでMZ-Sについて調子が悪いと言っていました。MZーSもいいなぁと思っていましたが、あの値段で信頼性が低いとなるとちょっと手を出せないですね, 次にコメントを投稿する時のために、このブラウザーに名前、メール、サイト URL を保存する。, 4年に渡りご愛顧いただいた「だいきちボンバーの銀塩写真ブログ」は「Daikichi Camera」となりました。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 77歳の切実』が放送されていたけど、アラーキーはPENTAX MZ-S を使ってましたね。. 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。- smc PENTAX-A 1:1.2 50㎜ smc PENTAX-A 1:1.4 50mm ... smc PENTAX-F FISH-EYE Zoom 17-28mmF3.5-4.5 ・ 135フォーマットでは、17㎜の時には対角線180度のれっきとした魚眼レンズでしたが、APS-Cフォーマットのデジタル一眼レフでは、樽型歪曲収差の大きい広角ズームという存在です。 広角系のズームですから、2 写真共有サイトphotohito(フォトヒト)では、pentax(ペンタックス)のレンズ a50mmf1.2 で撮影した写真(画像)・作例を一覧で見ることができます。 PENTAX LXをはじめ、カメラ機材、レンズ、アクセサリーと気持ちのいい写真の紹介, レンズ(PENTAX)|はなはなのブログ - ペンタックス カメラ レンズ 機材と写真 -5ページ目. 拙僧は殆ど絞り込んでしか使わないのですが、意図的に開放にした時にはしっかりした結像と固いボケが印象的でした。 と、考えたのでございます。 フィルムでは、勿体なくてこういう試写はなかなかできないのでございます^^; 拙僧は一時期Aiニッコール50mmF1.2をお借りしていたことがあります。 先日「Vivitar V3800NにSMC PENTAX-M 50mm F1.7を装着して写真を撮ってみた」という記事を書きましたが、今回は同じレンズをPENTAX K-70に装着して撮影した写真を載せていこうと思います。オールドレンズになりますが…マウントは同じなのでデジタル一眼レフでもばっちり使えるんです。 「マウントアダプターで撮影すること」の楽しさや奥深さを知っていただくための、マウントアダプター専門ページ, マウントアダプター:KIPON MountAdapter PENTAX Kレンズ/SONY Eボディ用, 今回マウントアダプターで使用したのは『PENTAX SMC-A 50mm F1.2 』。数あるペンタックスKマウントレンズの中で最も明るいレンズです。, 日本初の一眼レフを製造したペンタックス(旧・旭光学)はカメラ開発のパイオニアとして革新的な技術とアイデアを取り入れてきたメーカーです。 レンズ(レンジファインダー用)(17) 写真(233) 日記(40) レンズ(PENTAX)の記事(99件) smc PENTAX-A 50mm F1.2 Special - 通常バージョンと同じレベル? smc PENTAX-FA 50mm F1.4 - 現役の標準レンズ. 普通の比較評価であれば、ここでF4.0、F5.6、F8、F11と出てくると思うのですが・・・^^; 僅かな光でも滲みが出るのですが、それが独特の浮遊感を生んでくれるのかもしれませんね。, ただし、絞り開放でのビネットは盛大ですので、フレーミングや構図取りは考えなくてはいけませんね。, まあ、ビネット自体は、私の場合後からどんどん盛るくらいですので、無問題と考えておりますv^^, 40年以上前のレンズですが、最新の3600万画素で見ても、私にはまだまだ十分使えるレンズと感じました。, このレンズ、有効径は41.7㎜で、Pentax67の105㎜/F2.4(有効径43.8㎜)とタメを張るクラスです。, でも、立体感、臨場感というのがバケペンのそれからは少し欠けているように感じてしまいます。, 著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。 MZ-Sは違うのかなあ。, Rikkieさん、どうもです。 柔らかな写りは「描写が甘い」など表現される事もありますが、本レンズは「Loose」ではなく「Sweet」という印象を受けました。, 現在ペンタックスレンズをフルサイズデジタルで楽しむにはアダプターを使用するしか方法がありません。今回使用した『SONY α7II』はファインダーがEVFながら大変ピントの山が掴みやすいカメラです。レンズとの相性もよく、小柄なボディは町のスナップに最適でした。, アダプターの世界はレンズから入るか、ボディから入るか分かれる所ではありますが、この『PENTAX SMC-A 50mm F1.2 』はその双方にお勧めしたい銘レンズと思いました。, マップカメラは、デジタルカメラ・ミラーレスカメラや交換レンズの中古・新品販売、買取・下取を行うカメラ通販ショップ(ECサイト)です。, All contents are reserved by Syuppin Co.,Ltd. The SMC Pentax-A 50mm F1.2 is the fastest A-series 50mm lens variant, featuring the largest aperture available in the K-mount. 鉄仮面・・・と聞きますと、「スカイライン 2000ターボ RS-X」辺りかな~?と思われたかもしれませんね^^; この虎は、あの越後の緑虎、ジョン・ディア―くんが看板を務めております、せき農場さんの倉庫の脇に止まっておりました。, イセキは、当時ポルシェのトラクターの輸入代理店をしていたようです。そのポルシェと技術提携を結んで1965年にライセンス製造販売開始されたようです。. 柔らかな描写と深いボケ味。今でこそ開放からシャープなレンズが多くありますが、解像力では表現できない独特の世界観が本レンズの写真にはあります。 なんたってMZシリーズは壊れるカメラですから。 まあ、40年以上前に製造開始されたオールドレンズですから、当然と言えば当然ですね^^; 逆に、K-1の3600万画素で見ても、中央部の解像感は絞り開放でも優秀と言えるかもしれません。, F2.8に絞りますと、F1.2に比較して解像感は劇的に変化ないですが、滲みがなくなるように感じました。周辺減光は、随分なくなりました。. BSではないのですが、アラーキーさんがMZ-Sを使っているのを見てびっくりしました。 標準のズームを使ってバシャバシャ撮っていたけど、スタジオのシーンではPENTAX 67だったし、以前はLX を使っているシーンもよく見たし、アラーキーのPENTAX率は高いな。, アラーキーと末井さんの「写真時代」(白夜書房)を見て、本を作る仕事は変わっていておもしろいなと思ったので、久しぶりにその二人を見て、編集者という仕事を意識した10代の頃を思い出して感慨深いものがありました。, そのあたりの時代については、飯沢耕太郎さんがまとめた「写真時代の時代!」という本が名著だ。, と、前置きが長くなったが、先日、PENTAX Z-20P と FA 35mm f2 を買ったのだが(オートフォーカスの一眼レフフィルムカメラもいいんじゃないか、という話)、その操作性や写りが非常によかったこともあり、機械式シャッターのPENTAX MX と 大口径レンズのSMC PENTAX 50mm f1.2 を購入したのだ。, PENTAX MX SMC-PENTAX 50mm f1.2 Cinestill50d, 逆光はどうかと試して見たが、さすがSMC(Super Multi Coated) 、非常に強そうだ。, f1.2の大口径レンズが欲しいなと思ってニコンやオリンパスと迷ったけど、ボケが柔らかく素直な感じがしたのでこのレンズにした。, f1.4 も f1.2 もそんなに変わらないだろ、と思っていたけど、ギリギリの明るさだと半段の差が意外と大きい。, というわけで、MX と 50mm f1.2 について見てきたが、ボディに関しては軽量・コンパクトながらファインダーが見やすく、さらにファインダー内の露出計を見ながらシャッターダイヤルの操作もしやすいので使いやすいカメラだ。, f1.2 との組み合わせでもピントの山がわかりやすく、開放でもピントが合っているのを見て嬉しかった(というのも、最近、NIKON FM10 に 50mm f1.4 を使った時、開放でピントを外していることが多く、ちょっと凹んでいたので…)。, また、MX に付いてきた SMC PENTAX-M 50mm f1.7 というレンズも、使ってみたらこれが結構いいレンズで驚いた。ちょっと広角や中望遠も攻めないといけないな、PENTAXもなかなか奥が深いな、と認識を改めているところだ。, どもども、だいきちボンバー殿。 「いつかはf1.2!」と思っていましたが、熟考の末、ペンタックスにしました。ボケが素直なのでポートレートによさそうですね。 While the standard version had a black barrel, it also came in a special-edition bundle with the LX 2000 with a barrel design resembling that of …