こんにちは。ピンチです。 クライミングにハマると「もっと登れるようになりたい!」そう思うのが普通です! もっと登るためには多くの情報を知る事が近道となります。 最近はクライミングジムで先輩クライマーに直接教わる他にも、本や動画などから簡単に情報を得る事ができます。 Note 112 -  Trace and error information in the "dev_" files, dpmonで各ワークプロセスの状況を確認します。もし全てのワークプロセスをあるプログラムを長い時間で実行して、空DIAはなくて、ログオン不可の現象も発生発生可能です。, SAPGUIでシステムへ登録する時に、もしワークプロセスで毎回何かエラーで頻繁に再起動されてしまいますと、ログオン不可との現象は発生可能です。この点について、dpmonの結果より、ワークプロセスの再起動回数(Errコラム)を通じて、確認できます。, Workprocess Table (long)                    Tue Aug 27 03:44:02 2013, No  Type  Pid    Status  Cause  Start  Rstr  Err  Sem  Time  Program, --- ----- --------------------------------------- ---------------, 0  DIA   24702  Wait           yes    no     31    0     0, 1  DIA   24703  Wait           yes    no     99    0     0, 2  DIA   24704  Wait           yes    no    137    0     0, 3  DIA   24705  Wait           yes    no     26    0     0, 4  DIA   24706  Wait           yes    no    221    0     0, 5  DIA   24707  Wait           yes    no     26    0     0, 6  DIA   24708  Rest           yes    yes     0    0     0, 7  UPD   24709  Wait           yes    no      0    0     0, 8  BTC   24710  Wait           yes    no      2    0     0, 該当dev_w*トレースを確認してください。PID番号と時刻を合わせて、キーワードの「ThErrHandle」でdev_w*トレースを検索してください。「ThErrHandle」はエラーによるワークプロセスの再起動が発生した時にコールされたファンクションです。トレースに本ファンクションの前に通常エラーが表示されます。エラーを持ってSAPノートを検索してください。エラーの英語文字を持ってノート検索してください。), もし何かエラーが頻繁に大量にほぼ全てのdev*トレースに出力されていれば、エラー英語文字を持ってSAPノートを検索して、関連の問題を解決してみてください。, デシジョンツリーの各確認点により、必要情報は異なります。情報は必要です。詳細について、各確認点の「原因追究に必要な情報」をご確認ください。, 全ての確認点に対して、共通情報として、システム利用不可のページの「SAPサポートまでインシデントでお問い合わせ頂く場合の必要情報」で説明した情報を保存してください。, ※注意:システムの再起動して、本現象を復旧した前に、必ず関連の情報を保存してください。, ワークプロセスが埋まる、ワークプロセスの停止、インスタンス停止、ログオン不可、インスタンスダウン、ログオンできない、ログインできない、起動後ログオンできない、予期せぬ停止、起動停止、SAP未起動、起動していない、起動不可、起動失敗, lgtst pf=/usr/sap/JAN/SYS/profile/JAN_ASCS01_ls3253, C:\Program Files (x86)\SAP\FrontEnd\SAPgui>niping -c -H -S , C:\Program Files (x86)\SAP\FrontEnd\SAPgui>niping -c -H -S , Workprocess Table (long)                         Fri Aug 23 03:40:47 2013, Dispatcher Queue Statistics          Fri Aug 23 03:40:16 2013, Workprocess Table (long)                                      Fri Aug 23 04:03:10 2013, Workprocess Table (long)                Fri Aug 23 07:14:30 2013, Workprocess Table (long)                         Fri Aug 23 07:21:52 2013, {"serverDuration": 97, "requestCorrelationId": "848c0b121e58480b"}, に沿って、ディスパッチャーへシグナルUSR2を送信して、トレースレベルを増加します。, http://service.sap.com/sap/support/notes/112|ノート112]]へご参照お願します, https://service.sap.com/sap/support/notes/1047180, 112 -  Trace and error information in the "dev_" files, コマンドlgestのトレースはdev_lgに保存されます。コマンドlgestのアウトプットとトレースを基づいて、関連のエラーを解決してください。, 注意:確認点③と同じく、Nipingテストでエラーが報告された場合、御社のネットワークチームに問題解決を依頼してください。, Workフォルダにあるdev_dispトレース(ディスパッチャートレース)に関連のエラーがあるかご確認ください。, 明確なエラーがなければ、原因追究に必要な情報を保存して、インスタンスを再起動してください。, ノート112に沿って、ディスパッチャーへシグナルUSR1を送信して、トレースレベルを復旧します。, 実行されたプログラムの視点より、なぜ長い時間がかかったかを確認します。(パフォーマンス問題の場合、該当アプリケーションのコンポーネントまでお問い合わせ下さい。), BASIS視点より、何かエラーはあるかを確認します(SM21Syslogとdev_w,dev_dispトレース)。, ある間隔(例えば10秒)で、関連のワークプロセスのC-Stackを数回取得します。, あるワークプロセスの各C-Stackを比較して、ワークプロセスはハングしたかどうかを判断できます。. 最近はクライミングジムで先輩クライマーに直接教わる他にも、本や動画などから簡単に情報を得る事ができます。, しかしクライミングを本や動画から、また直接教わる場合でもそのクライマーの体型などは一切考慮されておらず一方的な事が多いです。, そのクライマーの登り方を教えているだけで、教わっているクライマーに合わせた登り方を教えている訳ではありません。, そのためそれが合うクライマーもいれば、全く合わずに何を言っているんだろう?と思うクライマーもいると思います。, 「クライミング持論!」では、今回から数回に分けてクライマータイプ別の登り方!というテーマで語ってみたいと思います。, 高身長・瘦せ型の体型を活かした登り方ですが、やはり長いリーチを活かした登り方が良いでしょう!, 高身長・瘦せ体型のクライマーは、ホールドを飛ばしたりしてムーブを壊してでもできるだけ遠くのホールドを取ってゴールを目指す登り方がベストです。, 高身長ではあるが瘦せ型のため比較的に体重が軽く、脱力ができていれば持久力にも有利になるでしょう。, 基本的にスタティックで慎重な登り方ですが、核心などここぞという時には思い切ってランジ・ダブルダイノなどでクリアしていく登り方がおすすめです。, 高身長クライマーはそもそもそんなに思いっきりのランジ・ダブルダイノをする機会がないので、できないクライマー多いです。ちょっとで届いちゃうから。, 形的には軽く飛んでるんですが、体全体を使ったランジをしている高身長クライマーはあまりいません。ほとんどのランジ・ダブルダイノ課題の場合が「立ち上がる+α」くらい。, 高身長クライマーがランジ・ダブルダイノ等を覚えると普通のクライマーからすると信じられないほどの距離を飛ぶことができるようになります!, 常に使える状況がある訳ではないですが、使いどころによりきっと役立つ場面が出てくると思います。, しかし高身長でも瘦せ型のため筋肉が関節の動きを邪魔しにくく、大変ですが柔らかくさえすれば大きな武器になると思います。, ALINCO(アルインコ) 開脚ストレッチャー レッグストレッチャー ストレッチ運動 開脚運動 柔軟体操 バレエ練習 EXG100, なので普通よりも体に近いところで保持をしなければならないのですが、これって結構ツラい事なんです。, 両手で簡単に出来るようであれば、片手でもできるようにしておくとなお良いと思います。, Metolius(メトリウス) ロックリングス 3D ME14007 ブラック/ホワイトスウィル, そもそも普通のクライマーよりも高身長ですので、他のクライマーの登り方はあてになりません。, なので同じくらいの身長のクライマーから教わったり、ムーブを真似したりするのがよいでしょう。. 伝票タイプのカスタマイズは、sap導入前に実施しておく必要があります。 この設定を行わないと、 sapで会計伝票を登録することができません 。 トランザクションコード:oba7. SAPGUIでログオン不可現象 現象. 「システム利用不可に関する問題」ページのデシジョンツリーに沿って、本ページの現象と合うかをご確認ください。, SAPLogonパッドに該当システムのエントリを右クリック、プロパティの画面に入ってください。下記のように、「Message Server」と「Group/Server」が設定された場合は、ログオン・グループを利用していると判断できます。, まず、OSレベルで、メッセージサーバのプロセスはあるかどうかを確認します。 メッセージサーバーのホストにログオンして、下記のコマンドを実行してください。 下記の出力結果では、ASCS01のスタンドアロンのメッセージサーバーが起動されているとのことです。, メッセージサーバは起動した場合、下記のlgtstコマンドで、ログオン・グループの情報は取得できるかどうかを確認して下さい。 注意点:メッセージサーバと同じホストで、lgtstを実行してください。コマンドlgtstの詳細について、下記のノートへご参照お願します。, 64015 - Description of test program lgtst, 確認点②で問題がなければ、コマンドnipingで、SAPGUIとメッセージサーバとのネットワーク接続を確認します。 一般的にメッセージサーバのポートは「36xx」 xxはインスタンス番号となります。 *注意:下記のようにNipingコマンドはSAPguiのディレクトリで実行する必要が御座います。, "connect to server o.k." 本ぺージは、SAPGUIでのログオン不可の現象を対象現象としています。 「システム利用不可に関する問題」ページのデシジョンツリーに沿って、本ページの現象と合うかをご確認ください。 デシジョンツリー(Decision Tree) が返された場合、メッセージサーバーへの接続が正常にできているとの意味です。 本結果ではなく、他のエラーが返された場合、御社のネットワークチームにネットワーク接続をチェックして頂くようにご依頼ください。, Note 500235 - Network Diagnosis with NIPING, nipingコマンドの結果より、御社ネットワークチームにネットワーク問題の解決を依頼してください。 *注意:お客様の内部ネットワーク環境、OS、中間設置などが深く関わっていますので、こちらのネットワーク問題はSAPサポートの対応範囲を超えております。, 下記のコマンドで、OSレベルで、ディスパッチャーとワークプロセスのプロセスはあるかどうかを確認できます。起動している場合で、複数のdwプロセスはあります。, 下記のコマンドnipingで、SAPGUIと該当インスタンスへのネットワーク接続を確認します。 一般的にディスパッチャーのポートは「32xx xxはインスタンス番号」です。 コマンドnipingの詳細について、本ページの確認点③へご参照くささい。, nipingコマンドの結果より、ネットワーク問題を解決します。 確認点③をご参照ください。, 下記の二つのdpmonコマンドで確認できます。空DIAワークプロセスとディスパッチャーの状態を確認できます。, dpmon pf= -> l  work-process-admin-table (long)dpmon pf= -> d  dispatcher queue statisticsは該当インスタンスプロファイル(フルパスを入れてください。)となります。, 下記のように、インスタンスに空DIAワークプロセスがあると示しています。(Wait状態のDIAワークプロセスはあります。), 注意:空DIAワークプロセスがあれば、一般的にログオン可能ですが、ディスパッチャーよりユーザ・リクエストをワークプロセスに割り当てない場合、空DIAワークプロセスがあっても、ログオンできません。よりまして、空DIAワークプロセスがあっても、ログオン不可の場合、下記のようにディスパッチャーの状態も確認してください。, ここで、DIAキューにnowコラムに多くのリクエスト数(484)が表示されていますので、一般的にディスパッチャーよりリクエストをワークプロセスに割り当てないと判断できます。, 確認点の⑥のdpmonコマンドをご参照ください。 dpmon pf= -> l  work-process-admin-table (long), 多くのDIAは特定なプログラムで占有されて、全てのDIAワークプロセスはRun状態になって、空きDIAはなくなった場合、ログオン出来ない現象は発生可能です。ある特定のユーザー、プログラムで全てのDIA占有の場合、該当プログラムの実行条件などを再チェックします。該当プログラムにご質問がある場合、関連のアプリケーションチームにお問い合わせ下さい。, 注意:多くのDIAは特定なプログラムで占有されてログオン不可の問題について、BC-CST*エリアでの対応範囲ではありません。特定のプログラムによる高負荷の場合、該当プログラムのアプリケーションコンポーネントまでお問い合わせください。特定のプログラムではなく、単なる全てのDIAは占有されまして、処理のスピードは遅くって、システム全体のパフォーマンス問題になれば、パフォーマンスチーム(SV-BO*のコンポーネント)までお問い合わせください。, 下記のように全てのワークプロセスはデータベースからのレスポンスを長時間待っているため、ワークプロセスはブロックされます。この場合、ログオン不可現象は発生可能です。dpmon pf= -> l  work-process-admin-table (long), データベースをチェックします。注意:データベース問題ですので、ご質問などがある場合、コンポーネントのBC-DB*までお問い合わせ下さい。, 下記のように全てのワークプロセスはEnqueueの結果を待っている場合、ログオン不可現象は発生可能です。, まず、下記のコマンドを通じて、Enqueueの稼動状況を確認します。もしEnqueueは起動していなければ、Enqueueを起動してください。, ps -ef | grep enjanadm 2124 2108 0 Aug21 ? ここで、会社コードに対応する行を見つけます。eval(ez_write_tag([[728,90],'newsaperp_com-box-3','ezslot_2',135,'0','0'])); 現在の会計年度と現在の会計期間を入力し、前期間への転記を許可する(バックポスト)またはインジケータ:期間変更後のバックポスト処理を禁止する2つのオプションのいずれかを選択します。これは矛盾しているため両方を選択することはできません, エラー番号M3150を解決するには、画像内の完全なガイドを参照してください。会社コードは存在しないか、S4 SAP HANAシステムに完全に維持されていません。, SAP MMで見積RFQのリクエストを作成するときなど、国に割り当てられていない発行会社コードまたは計算手順メッセージ番号FF703を取得するとき、問題を解決してドキュメント作成を進めるために確認するいくつかの手順があります:, あなたの受信トレイに直接配信素晴らしいアップデートを入手してください。以下にあなたのEメールアドレスをタイプして購読をクリックしてください。, 可能な限りシンプルで新しいエンタープライズリソースプランニングソリューション、ガイド、および説明ウェブマスター特集ニュースレター. 7 イラレ9.0のアートボード上で、文字を右から左に入力する方法が分かりません 8 基本的な質問です。JW-CADのWin版での文字入力ができません。 9 イラストレーターwin版V.9で丸の中の文字と丸を一体化させたい 10 イラストレーター 文字入力について 現在の会計年度と現在の会計期間を入力し、前期間への転記を許可する(バックポスト)またはインジケータ:期間変更後のバックポスト処理を禁止する2つのオプションのいずれかを選択します。これは矛盾しているため両方を選択することはできません . 統制勘定として設定された科目は、科目を指定しての直接転記ができなくなり、補助元帳経由での転記しかできません。こうすることによって、補助元帳上の金額と総勘定元帳上の金額が必ず一致することを担保しています。 Note 33873 -  What do the semaphores mean? エラーM3150が発生した場合、たとえばトランザクションMM01での品目登録時などに会社コードが存在しないか、または完全に更新されていません。根本的な原因は、会計期間が設定されていないことです。, または、ロジスティクス 一般>品目マスタ>基本設定>在庫管理の会社コード更新で、SPROを実行します. 伝票タイプのカスタマイズはトランザクションコード:oba7から行います。 00:00:39 en.sapJAN_ASCS01 pf=/usr/sap/JAN/SYS/profile/JAN_ASCS01_ls3253, 次は下記のコマンドで、DummyRequestは送信できるかどうかを確認してください。, ensmon pf=/usr/sap/JAN/SYS/profile/JAN_ASCS01_ls3253 1Try to connect to host ls3253 service sapdp01, Dummy request executed successfully with rc=0, DummyRequestは成功した場合、nipingコマンドでアプリケーションサーバとEnqueueサーバのネットワーク接続を確認します。, DummyRequestも失敗した場合、Enqueueのトレース(dev_enq*)を確認します。関連情報をSAPノート1047180 - Troubleshooting for  the standalong enqueue serverをご確認ください。https://service.sap.com/sap/support/notes/1047180, 下記のように、Semコラムは6と表示されているため、セマフォ6のデッドロックが発生していると考えられます。, No  Type  Pid       Status  Start  Err  Sem  Time   Program   Cl   User        Action, ---------------------------------------------------------------------------------------, 0  DIA   19726552  Run     yes     0    6   1153             000  SAPSYS      Roll Out, 1  DIA   4063654   New     yes     0    6      0, 2  DIA   4129076   Run     yes     0    6    981             000  SAPSYS      Roll Out, 3  DIA   9044440   New     yes     0    6   1196   SAPLSEXV  710  CMBC_TANGSY, 4  DIA   20054302  New     yes     0    6      0, 5  DIA   13041886  Run     yes     0    6    921             000  SAPSYS      Roll Out, 6  DIA   19070988  Run     yes     0    6   1190             000  SAPSYS      Roll Out, 7  DIA   10092564  New     yes     0    6   1100             710  SM_PSM      Roll In, 8  DIA   11468908  New     yes     0    6      0, 9  DIA   10813702  New     yes     0    6   1120             710  CMBC_TANGSY Roll In, 下記の手順でご対応ください該当semaphoreを待っているワークプロセスのPIDを判明します。該当semaphoreを待っているワークプロセスのC-Stackを取得します。ノート112に取得方法をご参照下さい。dpmonの結果を保存します。Workフォルダに置いた全ての開発者トレースを保存します。該当semaphoreを待っているワークプロセスを強制終了して、復旧できるかどうかを確認します。復旧できない場合、情報情報を保存してインスタンスを再起動してください。, 対策で説明した情報を保存します。下記のノートもご参照ください。(Semaphoreページに詳細をご確認ください。), Note 2027885  - External semaphore monitoring.