step2-2: b = rとする。 X=int(input())
競技プログラミングを2020年4月に始めて、2か月半くらい経ちました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 競技プログラミング, アルゴリズム, ユークリッドの互除法, 最大公約数 2. step2-1: a = bとする。 キャッシュを活用する 4.

文字列と数値からなる2次元配列が与えられ、文字列を昇順にソートした上で、同じ文字列の項目内で数値を基準に降順にソートするとい... 問題:

ユークリッド互除法とは、2つの自然数の最大公約数を高速に求めるアルゴリズムである。RSA暗号の処理などに用いられる。 この記事ではユークリッド互除法の解説とpythonで実装したプログラムを紹介する。 スポンサーリンク. たったこれ... 問題:

完了する. NumPyを用いた簡単な高速化2節では1節のプログラムの高速化について考えます。Pythonにおいては繰り返し文(for文など)は遅いと言われることが多いので、NumPyを用いて1節で取り扱ったプログラムの高速化を試みてみます。, x = np.arange(100000000)+1print(np.sum(x)), 計算結果自体は1節の1〜1億までの和を計算した結果と同じですが、処理時間についてはtotalで849msと、1節の15分の1程度に抑えられていることがわかります。このようにちょっとした処理を書き換えるだけでも、高速化が可能になります。もう少し実験を行なってみます。, 上記はさらにもう1桁上げ、1〜10億までの結果を計算して比較した結果です。繰り返し文を用いた実装の方が時間はかかっていますが、NumPyの方もそれなりにかかっていることがわかります。, 確認するとNumPyの実装の方がsysにかかる時間が多いので、totalの比とuserの比に分けて計算してみた結果が上記です。NumPyはuserよりもsysに時間がかかりやすいことがある程度見て取れます。, このように単純な和を計算するプログラムでも様々な要素が絡んでくるので、色々と試しつつ内部処理なども含めて高速化を行なっていくのが良さそうです。今回はラフに確認を行えれば十分だったのでここまでとします。, 3. What is going on with this article?

gcd(a0, b0) = 1, このとき、gcd(a0 – qb0, b0) = 1 であれば、gcd(r, b) = d × 1 = gcd(a, b)となり、証明が完成する。, そこで、gcd(a0 – qb0, b0) ≠ 1と仮定し、これがあり得ないことを証明することで、gcd(a0 – qb0, b0) = 1を証明する。つまり背理法を活用するのだ。, 「gcd(a0 – qb0, b0) ≠ 1」ということは、a0 – qb0とb0が1より大きな公約数Cを持つことになる。そうなると、a0 – qb0はCの倍数となり、a0もCの倍数であるという事になる。, つまり、a0もb0もともにCの倍数であるから、「gcd(a0, b0) = 1」に反する。したがって、「gcd(a0 – qb0, b0) ≠ 1」という仮定は成立せず、gcd(a0 – qb0, b0) = 1であることがわかり、gcd(a, b) = gcd(r, b)であることを証明できる。, 入力:a,b(a>b),出力:gcd(a, b) ➡gcd(3042, 390) = gcd(312, 390), 390 ÷ 312 = 1 余り 78

コード例 ほぼ毎週末行われ... 問題:


x = np.arange(100000000)+1 print(np.sum(x))

p) の求め方 – けんちょんの競プロ精進記録 .

X=int(input()) 会社の音楽隊にも所属して、フルートを吹いたりしています。.

二項係数 (nCr) の計算方法 – izumo’s diary. コード例1

Simple. maisu_max=X//100

最大公約数:ユークリッドの互除法整数A,B間の最大公約数(Greatest Common Divisor : GCD)は「ユークリッドの互除法」で求めることができます。下記はpythonでの実装例です。a,b=map(int,input()



30代プロダクトマネージャー。プリズナートレーニング、読んだ本の感想など。ツイッターは@KovaPlus, 整数A,B間の最大公約数(Greatest Common Divisor : GCD)は「ユークリッドの互除法」で求めることができます。下記はpythonでの実装例です。, A,B間の最小公倍数(Least Common Multiple : LCM)は最大公約数(GCD)を使って下記のように求めることができます。, AとBをかけて、AとBの最大公約数で割れば求めることができます。Pythonでの実装例は下記のとおりです。. ➡gcd(312, 390) = gcd(312, 78), 312 ÷ 78 = 4 余り 0 ➡ gcd(74646, 68172) = 78, 最終的に78で割ったときに余りが0となったので、gcd(74646, 68172)=78と求められる。, 素因数分解を行う方法に比べると、「公約数で割る」という行為がないのでかなり早い。「公約数を推測して当てはめる」という行為は、コンピュータにとってハードルが高い。, ユークリッド互除法は機械的な処理なので、コンピュータにやらせる分にはとても相性がいい。大きな数になっても、大したステップ数にならないのもメリット。, 上のほうで計算した「gcd(74646,68172)= 78」を求めることができた。動きがわかりやすいようにprint文を加えてみると、, 3432

0

問題: 最大公約数はユークリッドの互除法というアルゴリズムで求めると高速ですが、Pythonならgcd関数を叩けば内部でやってくれます。 キャンセル. パフォーマンス測定に関して1節ではパフォーマンス測定に関して取り扱います。Jupyterでは「%%time」を用いるとある程度簡単に処理にかかった時間の計測ができるので、当シリーズでは一旦「%%time」を用いるものとし、以下簡単にご紹介します。, 上記ではtotalが87µsとなっており、ほぼ一瞬で終了していることがわかります。あまり軽い処理だとパフォーマンス測定には適していないので、以下、繰り返し文を用いて少し処理の負荷を大きくしてみます。, a = 0for i in range(10000):    idx = i+1    a += idx, 上記ではtotalが1.86msとなっており、最初のプログラムより若干時間がかかっていることがわかります。以下、ループの数を増やしてもう少し実験してみます。, 上記は、ループ回数をそれぞれ10万、500万、1億にして実験してみた結果です。徐々に時間がかかるようになり、ループが1億だと10秒以上かかる結果となりました。このように「%%time」を用いることで、Jupyter上で簡単に計測を行うことができるので、しばらくはこちらを用いてパフォーマンス測定を行なっていくものとします。, 2. 以前のバージョン(3.5より前)ではmathモジュールではなくfractionsモジュールにgcd()関数があるので注意。fractionsをインポートして、fractions.gcd()とする必要がある。. 標準入力で、目標... 問題: ブログを報告する, パフォーマンス測定とNumPyを用いた簡単な高速化|Pythonにおける処理高速化をラフに考える #1, ALBERT④(Experimental Results&Discussion)|言語処理へのDee…, 【入門者向け】NumPy③(NumPyの数学関数とIndexの指定)|Python入門 #13, 【入門者向け】NumPy②(配列の生成とNumPyの簡単な演算)|Python入門 #12, 【入門者向け】NumPy①(概要と最低限知っておくと便利な機能)|Python入門 #11, 【入門者向け】Pythonの基礎文法③ 制御構文(if、for)|Python入門 #4, 周辺正規分布(Marginal Gaussian distributions)|改めて理解する多次元正規分布 #3, 条件付き正規分布(Conditional Gaussian distributions)|改めて理解する多次元正規分布 #2, マハラノビス距離(Mahalanobis distance)と多次元正規分布|改めて理解する多次元正規分布 #1, 変分推論の概要と簡単な実装例|Python実装で理解する変分推論(VariationalInference) #5.



サトゥー. 390 2019/09/28 02:58 .



p)、逆元 (a^-1 mod. 問題集.

2重のfor文で全探索して条件を満たすものを見つければOKです。 312

print... 問題: アルゴリズムとデータ構造を工夫する 3. 78 今回フィボナッチ数列を求めるのに再起を使っていますが、そもそも再起を除去すればもっと高速になりますね...。, 皆様のQuality of Python Lifeが素晴らしいものになりますように。, なお、私がこれまでPythonを学ぶにあたっては、上記以外の素敵な記事や書籍にお世話になっています。ここで紹介しきれないことを大変申し訳なく思っています。素晴らしい情報を公開・出版してくださり、ありがとうございます。その素晴らしい情報が、これからPythonを学ぶ方々の役に立つと信じています。, 株式会社日立製作所の横浜事業所で、データベース(HiRDB/HADB)を開発する部署の隣で、自社データベースを活用するサービス・ソリューションを作っています。

1-2.