Copyright © 2020 Adobe. Adobe Premiere Proをダウンロードしたので、使おうとしたらこんな表示が出ました。私が使ってるパソコンはスペックが低いので、ビデオドライバーがサポートされていませんでした。ちなみにPremiere Proを使う場合の必要システ Premiere Pro バージョン 13.0 以降では、最新バージョンの Intel グラフィックドライバーが必要です。安定性とパフォーマンスの問題を回避するには、Intel ドライバーバージョンをバージョン 27.20.100.8476 以降にする必要があります。 【トラブルシューティング】Premiere ProやAfter Effectsでプレビューに緑の横線が表示される問題について, 【トラブルシューティング】Lumetriカラーエフェクト使用時に映像にノイズが発生する問題について. Premiere Pro バージョン 13.0 にアップグレード後、ドライバーの問題が発生してドライバのアップグレードが必要になる場合があります。, Premiere Pro を使用する場合は、NVIDIA Studio ドライバー 451.77 以降にアップデートすることを強くおすすめします。, NVIDIA CUDA グラフィックアクセラレーションには CUDA 10.1 ドライバーが必要です。, CUDA はアドビのビデオアプリケーションを実行するための要件ではありませんが、CUDA グラフィックアクセラレーションを希望される場合は、Premiere Pro バージョン 13.0 およびそれ以降へのアップグレード前に、ご使用のシステムに NVIDIA の CUDA 10.1 ドライバーをインストールしておく必要があります。, Premiere Pro は最新の GeForce シリーズ GPU または Quadro シリーズカードで実行できます。, これらのドライバーは定期的にアップデートされるため、NVIDIA Web サイトで最新バージョンの GPU があることを確認してください。, CUDA ドライバーをインストールする前に、必ずデバイスドライバーをアップデートしてください。デバイスドライバーは以下からアップデートできます。, Microsoft と Apple の有効なサポート対象である Windows および macOS のバージョンは、アドビのサポート対象です。macOS については、通常これは最新の 3 つのバージョンを意味します。, 最新のリリースについてもこれは当てはまります。ただし、Apple の Metal グラフィックアクセラレーションのパフォーマンスメリットを実現するには、Premiere Pro 2019 年版を macOS 10.13(High Sierra)または最近発売された 10.14(Mojave)上で実行する必要があります。, OpenCL グラフィックアクセラレーションを使用して macOS 10.12 上で Premiere Pro を実行することは可能ですが、Metal の方がレンダリングの速度が 15~20% 速いため、最適なパフォーマンスを得るには Metal を推奨します。, Premiere Pro バージョン 13.0 以降では、最新バージョンの Intel グラフィックドライバーが必要です。安定性とパフォーマンスの問題を回避するには、Intel ドライバーバージョンをバージョン 27.20.100.8476 以降にする必要があります。お使いの Intel ドライバーを上記のバージョンにアップデートすることをおすすめします。, 100.8476 は、Intel ドライバーのバージョン番号の最後の 2 つの部分になります。完全なバージョン番号は 27.20.100.8476 のようになります。, ご使用の PC の製造元から互換性のあるドライバーを入手することをおすすめします。  互換性のあるバージョンが利用できない場合、Intel の汎用バージョンを利用できます。このバージョンは、https://downloadcenter.intel.com/ja/download/27988 から取得できます。, ドライバーが 100.6286 より古く、ご使用の PC の製造元が互換性のあるバージョンを提供していない場合は、Intel のサイトから 100.6286 より新しいバージョンをインストールしないことをおすすめします。  ドライバーバージョン 100.6444 は Windows DCH ドライバーで、古いドライバーに上書きできません。, アドビでは、作業を始める前にシステムをバックアップすることを強くおすすめします。  ドライバーのインストールで問題が発生した場合は、https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/support/articles/000005629/graphics.html を参照してください。, リーガルノーティス Copyright © 2020 Adobe. 神谷と申します。 件名に関して助言いただければと思います。 私はPremiere Pro CCを数年利用していますが、2020にアップデートされてから、Premiere Proを起動するとシステムの互換性レポートというウィンドウが表示され、「ビデオ NVIDIA GeForce GTX560ビデオドライバーはサポート対象外です」と …   |   プレミアプロを開くとシステムの相互性レポート、ビデオドライバーはサポート対象外と出てきます。 ドライバーインストールのところに行ったのですが認定ダウンロードが見つかりませんでした。 私の使用しているドライバーはGeForce MX150です。 どうしたらよいかご教示願います。 All rights reserved. 解決済み: 最近アップデートしてから赤い マークが出ました 見ると システムの互換性レポート ビデオ NVIDIA GeForce GTX1650 ビデオドライバーはサポート対象外です 認知の問題がある状態で継続すると、パフォーマンスの低下、不安定性、データの損失が発生する場合があります。 All rights reserved. プライバシーポリシー, 使い方についての質問やCreator同士の情報交換ができます。気軽に質問してみましょう。, Premiere Pro (バージョン 13.0 およびそれ以降) の 2018 年 10 月およびそれ以降のリリースの GPU および GPU ドライバーの要件について, Premiere Pro CC 13.0 または Premiere Rush CC 1.0 の緑色とピンク色の動画, https://www.nvidia.com/Download/index.aspx?lang=jp, https://www.nvidia.com/object/mac-driver-archive.html, https://downloadcenter.intel.com/ja/download/27988, https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/support/articles/000005629/graphics.html, Southeast Asia (Includes Indonesia, Malaysia, Philippines, Singapore, Thailand, and Vietnam) - English, الشرق الأوسط وشمال أفريقيا - اللغة العربية, Premiere Rush と Premiere Pro で読み込んだファイルまたは書き出したファイルに緑色、ピンク色、または紫色の線が表示される。このエラーの修正に関する詳細については、「, プレビューが表示されない、プレビューで文字化けが発生する、フレームがドロップする、再生速度が遅い/フレー異常などのパフォーマンスの問題が発生する。この記事では、CUDA、Intel、Apple Metal グラフィックを Premiere Pro の 2019 年版(13.0 以上)で使用する場合の要件について説明します。, macOS 10.13.6 (High Sierra の最新バージョン)が必要です。, NVIDIA ディスプレイドライバーバージョン 387.10.10.10.40.128。. 上記環境のノートPCにPremier Proをインストールしたところ、起動時に表題のエラー(ビデオドライバーはサポート対象外ですのエラー)が出てしまいます。, 案内されるNVIDIAのドライバインストールページから該当のstudioドライバーを検索してもヒットしません。, お試し版インストールしてから色々試し、お試し期間が終了してしまったため、現在一旦解約しております。, assauseさんが張ってくださったリンクからドライバーをアップデートしても「システムの互換性レポート」が出る場合は、「既知の問題を続行」をクリックして継続使用することは出来ますが、レンダリングや書き出しに問題が生じる可能性があります。, この場合は、Premiere Pro CC2020の導入はお持ちのPCでは無理だと考えたほうが良いかもしれません。, Premiere Pro CC2020をそんなにストレスなく動作させるためには、PCの仕様が「必要システム構成」(下記リンク)を軽く満足するくらいの性能が必要です。特に、CPU、RAM、GPU、VRAM、ハードディスク空き容量等を良く確認されたら良いと思います。, https://helpx.adobe.com/jp/premiere-pro/system-requirements.html, https://www.nvidia.co.jp/Download/index.aspx?lang=jp, また、Strudioドライバーではなく、Game Readyの場合も試してみてください。, 2020リリース時の話ですが、MX150環境にGame Readyドライバーを導入した場合はサポート対象外の警告は解消したことは確認しています。, なおGet StartedからPremiere Pro コミュニティに移動しました。, 体験談も添えていただいたことも、心の支えになりました。心より感謝御礼申し上げます。, 私のノートPCですが、「AdobeCCユーザー向け」にのシステム構成で購入しました。, 自動提案では、入力時に可能な一致が提案されるので検索結果を素早く絞り込むことができます。, Premier Pro2020起動時に、ビデオドライバーはサポート対象外ですのエラー, 他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。, Premiere Pro CC2020の導入はお持ちのPCでは無理だと考えたほうが良いかもしれません。, /t5/premiere-pro%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0/premier-pro2020%E8%B5%B7%E5%8B%95%E6%99%82%E3%81%AB-%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%AF%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E5%AF%BE%E8%B1%A1%E5%A4%96%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%BC/td-p/11070026, /t5/premiere-pro%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0/premier-pro2020%E8%B5%B7%E5%8B%95%E6%99%82%E3%81%AB-%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%AF%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E5%AF%BE%E8%B1%A1%E5%A4%96%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%BC/m-p/11070247#M150, /t5/premiere-pro%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0/premier-pro2020%E8%B5%B7%E5%8B%95%E6%99%82%E3%81%AB-%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%AF%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E5%AF%BE%E8%B1%A1%E5%A4%96%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%BC/m-p/11072295#M194, /t5/premiere-pro%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0/premier-pro2020%E8%B5%B7%E5%8B%95%E6%99%82%E3%81%AB-%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%AF%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E5%AF%BE%E8%B1%A1%E5%A4%96%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%BC/m-p/11070497#M190, /t5/premiere-pro%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0/premier-pro2020%E8%B5%B7%E5%8B%95%E6%99%82%E3%81%AB-%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%AF%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E5%AF%BE%E8%B1%A1%E5%A4%96%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%BC/m-p/11072304#M198. プレミアプロを開くとシステムの相互性レポート、ビデオドライバーはサポート対象外と出てきます。, ドライバーインストールのところに行ったのですが認定ダウンロードが見つかりませんでした。, 下上図の「修正中」をクリックして進めたら、下下図で「・・認証されたダウンロードは見つかりませんでした。」と表示が出たのでしょうか。, その場合は、上上図の赤文字の「既知の問題を続行」をクリックして進めてみてください。, 上上図の下の方に記載がある通り、パフォーマンスの低下等何らかの問題が出るかもしれません。, それから、レンダラーは「Mercury Playback Engine - ソフトウェア処理」に設定してください。, この「システムの互換性レポート」は2019年4月から導入されました。Premiere Pro起動時に実行され、システムの各種ドライバーが古い場合は最新状態で使用するよう促されます。, 従って、ドライバーが古い等の場合、「システムの互換性レポート」は、Premiere Pro起動時に毎回表示されるかも知れません(試すことができませんので推定です)。, また、Premiere Pro CC2018(v12.1.2)で使用すれば、「システムの互換性レポート」は表示されないかもしれません。, 自動提案では、入力時に可能な一致が提案されるので検索結果を素早く絞り込むことができます。, 他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。, /t5/premiere-pro%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0/%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%AF%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E5%AF%BE%E8%B1%A1%E5%A4%96%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/td-p/10821922, /t5/premiere-pro%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0/%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%AF%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E5%AF%BE%E8%B1%A1%E5%A4%96%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/m-p/10821971#M1057.