利用しています。, 左が変換前、右が変換後を想定したレコードです。 5. 基本的な正規表現; 文字 説明 正規表現の例 マッチする例. By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. ()で閉じない場合、最初の結合子(||)の前までを右辺と判断するようだ。 *が一致されると、括弧内の部分正規表現は3つの文字全てに一致し、bcに対して(a*)*が一致されると、全体のREと括弧内の正規表現は空文字列に一致します。, もし大文字小文字を区別しない一致が指定されると、アルファベット文字の大文字小文字の区別がまったくなくなったのと同じ効果を与えます。ブラケット式の外側にアルファベットの大文字小文字が混ざった通常の文字が出てきた場合、例えば、xが[xX]となるように大文字小文字ともにブラケット式に実質的に転換されます。ブラケット式の中に現れた時は、(例えば)[x]が[xX]となり、また[^x]が[^xX]となるように、全ての大文字小文字それぞれの対がブラケット式に追加されます。, 改行を区別するマッチが指定されると、.と^を使用するブラケット式は(REが明示的に調整されていたとしてもマッチが改行をまたがらないようにするために)改行文字に一致しなくなります。また、^と$はそれぞれ改行直後と直前の空文字列に一致し、さらに、それぞれ文字列の先頭と末尾に一致します。しかし、AREエスケープの\Aと\Zは、継続して、文字列の先頭と末尾のみに一致します。, 部分的に改行を区別するマッチが指定されると、.とブラケット式は改行を区別する一致を行うようになりますが、^と$は変更されません。, 部分的に改行を区別する逆マッチが指定されると、^と$は改行を区別する一致を行うようになりますが、.とブラケット式は変更されません。これはあまり有用ではありません。対称性のために提供されています。, 本実装ではREの長さに関する制限はありません。しかし、移植性を高めたいプログラムでは、256バイトを超えるREを使用すべきではありません。POSIX互換の実装ではそうしたREでは混乱する可能性があります。, AREの機能のうち、POSIX EREと実質的な非互換性があるのは、\がブラケット式の内側で特殊な意味を失わないという点のみです。他の全てのARE機能は、POSIX EREでは不正、未定義、未指定な効果となる構文を使用しています。決定子の***構文などはBREおよびEREのPOSIX構文にはありません。, 多くのARE式はPerlから拝借したものです。しかし、いくつかは整理され、Perlの拡張のいくつかは存在しません。注意すべき非互換性には、\b、\B、改行の取り扱いに関する特殊な措置の欠落、改行を区別する一致に影響する点について補足したブラケット式の追加、括弧と先行検索制約内の後方参照についての制限、最長/最短(最初に一致するではなく)マッチのセマンティックがあります。, PostgreSQLリリース7.4より前で認知された、AREとERE構文間で大きな非互換が2つあります。, AREでは、\の後に英数字が続くものはエスケープもしくはエラーとなります。以前のリリースでは、これは単に、英数字を記述する他の方法でした。これは、大きな問題にはならないはずです。以前のリリースではこうした並びを記述する理由がないからです。, AREでは、\は[]内でも特別な文字です。したがって、ブラケット式では\を\\と記述しなければなりません。, BREはEREといくつかの面において異なります。BREにおいては、 flagsパラメータは、関数の動作を変更するゼロもしくは複数の単一文字フラグを含むオプションのテキスト文字列です。regexp_split_to_tableは表9-19で記載されているフラグをサポートします。, regexp_split_to_array関数は、regexp_split_to_arrayがその結果をtext配列で返すことを除いて、regexp_split_to_tableと同じ動作をします。regexp_split_to_array(string, pattern たまたま仕事で必要になったので使ってみました。, 要は https://www.postgresql.jp/document/9.5/html/functions-matching.html, idが'A0100001'、'C9910001'はTRUE、'a0100001'、'C9911001'、'D0100001'はFALSEの判定となる。, LIKE演算子とは異なり、右辺全体を()で閉じる必要がある。 replacementは\nを含むことができます。 Powered by WordPress. var text = "'abc','de',f"; var result = text.replace(/'.*? シ…, ---------------------------+----------------------, ---------------------------+--------------------, ------------------------+------------------------, http://www.postgresql.jp/document/pg837doc/html/functions-matching.html#FUNCTIONS-POSIX-REGEXP. この程度なら問題なし!, いきなり更新するのではなく、 Valid XHTML 正規表現で置換を行う「regexp_replace」を うまい具合に前スペースが削除されているのがわかります。 これにより、事実上エスケープ機構が働かなくなります。つまり、パターン内のアンダースコアおよびパーセント記号の特別な意味を解除することはできなくなります。, 現在のロケールに従って大文字小文字を区別しない一致を行うのであれば、LIKEの代わりにILIKEキーワードを使うことができます。これは標準SQLではなく、PostgreSQLの拡張です。, ~~演算子はLIKE式と等価で、~~*はILIKEに対応します。またNOT LIKEおよびNOT ILIKEを表す!~~および!~~*演算子があります。これら全ての演算子はPostgreSQL固有のものです。, SIMILAR TO演算子は、そのパターンが与えられた文字列に一致するかどうかにより、真もしくは偽を返します。これは、標準SQLの正規表現定義を使用してパターンを解釈するという点以外は、LIKEに類似しています。SQLの正規表現は、LIKE表記と一般的な正規表現の表記とを混ぜ合わせたようなものになっています。, LIKEと同様、SIMILAR TO演算子は、そのパターンが文字列全体に一致した場合のみ処理を行います。これは、パターンが文字列の一部分であっても一致する、一般的な正規表現の動作とは異なっています。また、LIKEと同様、SIMILAR TOでは、%および_を、それぞれ任意の文字列および任意の単一文字を意味するワイルドカード文字として使用します(これらは、POSIX正規表現での.