フィンランド食品安全局(EVIRA)・・・成人で1日125mgを越えないことが望ましい 2.病院のpl顆粒は1日に4回まで飲めるが、市販のものは3回だけ 3.病院のものは2歳から服用できるが市販のものは15歳からしか服用できない とっても似ていますが実は病院のものと市販のもとではこのように少々違いがあります。 最近までpl顆粒の市販薬はなかったのですが、2017年8月21日に「パイロンpl顆粒」という名称で市販薬(otc薬・一般用医薬品)として発売されましたね。 pl配合顆粒と同じ成分の市販薬が発売!パイロンpl配合顆粒と処方薬の違いは? お酒(アルコール)との併用. ■仕事依頼もお気軽にどうぞ■, 【書籍】 風邪症状で病院を受診すると、PL配合顆粒(=PL顆粒)が処方されることがあります。風邪の総合感冒薬として、主に、発熱、頭痛、のどの痛み、鼻水・鼻づまりなどの症状に対して使用されます。 PL顆粒には、主に薬効を示す4つの成分が配合されています。 ・サリチルアミド・・・・・痛みを抑えたり、熱を下げる作用 ・アセトアミノフェン・・・・・痛みを抑えたり、熱を下げる作用 ・無水カフェイン・・・・・解熱鎮痛効 …

(function(){var cx='partner-pub-5867785238153154:7846995815';var gcse=document.createElement('script');gcse.type='text/javascript';gcse.async=true;gcse.src='https://cse.google.com/cse.js?cx='+cx;var s=document.getElementsByTagName('script')[0];s.parentNode.insertBefore(gcse,s);})(); 市販の風邪薬「パブロン」シリーズの有効成分・効果の違いを徹底的に比較し、「パブロン」の正しい選び方、注意すべき副作用などを紹介します。, 市販の風邪薬「ルルA」シリーズの有効成分・効果の違いを徹底的に比較し、「ルルA」の正しい選び方、注意すべき副作用などを紹介します。, 処方薬「ピーエイ配合錠」と同じ有効成分を配合した市販薬を紹介します。「ピーエイ配合錠」は処方薬「PL配合顆粒」と同じ有効成分を配合した総合感冒薬です。, 眠くなりにくい風邪薬「ストナデイタイム」の違いと選び方~抗ヒスタミン薬フリーの市販薬~. プロメタジンメチレンジサリチル酸(抗ヒスタミン薬) 54mg, ※1日3回で服用した場合の1日量 風邪の諸症状に効く処方薬「PL配合顆粒」と同じ成分の市販薬について薬剤師が徹底解説!市販薬「パイロンPL配合顆粒」の効果・成分・飲み方、処方薬との違いについてわかりやすく紹介します。, 風邪の諸症状で病院を受診したとき、「PL配合顆粒」が処方されたことがある方も多いのではないでしょうか。, 「PL配合顆粒」はさまざまな風邪症状に効果を発揮するため、処方されることも多くとても身近な薬です。, しかし、「PL配合顆粒」は処方薬であり、購入するためには病院を受診して医師の診断を受ける必要がある薬です。, 仕事が忙しくてなかなか病院にいけない、休日に急に具合が悪くなってしまったなど、いざという時に常備しておくと大変役立つ市販薬を紹介します!, のどの痛みや熱など風邪の諸症状に効果を発揮する処方薬「PL配合顆粒」と同じ成分を使用した市販薬です。, 溶けやすく飲みやすい白い顆粒で、1回分が1包になっているので持ち歩きにも適しています。, 処方薬と同じ成分を使用しているため同等の効果が期待でき、薬局やドラッグストア、インターネットなどで購入することが可能な大変便利な薬です。, かぜの諸症状(のどの痛み、発熱、鼻みず、鼻づまり、くしゃみ、 悪寒(発熱によるさむけ)、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和, 15歳以上の方は1回1包、1日3回できるかぎり食後30分以内に水またはぬるま湯で服用してください。, パイロンPL顆粒を服用したあとは、眠気がでるおそれがあります。薬を飲んだあとは車の運転や危険な機械の操作などは控えてください。, なお、服用始めてから1〜2日経過しても症状が変わらなかったり悪化する場合は、早めに医療機関を受診してください。, 処方薬のPL配合顆粒と市販薬のパイロンPL配合顆粒は、基本的に効能効果に大きな違いはありません。, 1日分の成分量で比較すると、市販薬より処方薬のほうが1.5〜2倍程度多くなっています。, 必ずしも、成分量が多ければ多いほど良いというわけではないので、自分の症状に合わせて薬を選択することが大切です。, 処方薬では、幼児用PL配合顆粒が2歳から服用が可能です。年齢によって服用量が異なるので、医師の指示を確認し正しく使用しましょう。また症状によっても増減があります。, パイロンPL顆粒には4つの有効成分は含まれており、さまざまな風邪の症状に効果を発揮します。, 解熱鎮痛効果のある「サリチルアミド」と「アセトアミノフェン」を配合し、熱や痛みを抑えます。, また、二つの成分は解熱鎮痛成分の中では胃腸に負担をかけにくい成分であり、穏やかに効果を発揮します。, 抗ヒスタミン作用や抗コリン作用を持つ「プロメタジンメチレンジサリチル酸塩」が、鼻水や鼻づまりなどのアレルギー症状をおさえます。, なかなか日中に病院にいけない方にとっては、薬局やインターネットで購入できる市販薬は大変役立つものです。市販薬のパイロンPL配合顆粒を購入するときに疑問や不安がある場合は、ドラッグストアなどで気軽に薬剤師や登録販売者に確認しましょう。, ◯掲載している医薬品の添付文書情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。, ◯適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:03-3506-9541)にご相談ください。, ◯より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。, ◯当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。, 掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。, 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。, 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。.
 アセトアミノフェン 150mg よくドラッグストアの店頭で、病院で処方されたpl配合顆粒の残りを持参して、「これと同じ成分のかぜ薬ってありませんか」とお求めになる方がたくさんいらっしゃいますよね。この記事ではpl配合顆粒と同成分の市販薬の効能効果と服用の注意点をご紹介します。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 2018/2/28 薬剤師として働く傍らで、健康・お薬のこと、薬局・薬剤師のことを知ってもらうための活動をしております。 毎年、みんなで選ぶ薬局アワードというイベントを開催しております。詳しくはホームページ欄のリンク先をご覧く... 妊婦(12週以内あるいは妊娠後期)又は妊娠している可能性のある婦人には,治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。[サリチル酸製剤(アスピリン等)では動物試験(ラット)で催奇形作用が,また,ヒトで,妊娠後期にアスピリンを投与された患者及びその新生児に出血異常があらわれたとの報告がある。], 妊娠後期の婦人へのアセトアミノフェンの投与により胎児に動脈管収縮を起こすことがある。, 妊娠後期のラットにアセトアミノフェンを投与した試験で,弱い胎児の動脈管収縮が報告されている。.  『PL配合顆粒』を1日3回で服用した場合(450mg)とほぼ同じ量で、少な過ぎるというわけではありません。, 「無水カフェイン」は鎮痛薬として、市販のかぜ薬や痛み止めによく使われている成分です。 ・セラピナ配合顆粒  「アセトアミノフェン」は「サリチルアミド」と相乗効果を発揮する4)ため、単独で使う場合よりも少なめに設定されています。, 「サリチルアミド」と併用する場合の成人の1日量は、例えば『エスタックACカプセル』では480mgに設定されています2)。  『PL配合顆粒』を1日3回で服用した場合(810mg)でも、少なくとも市販のかぜ薬よりは量が多く、高い効果が期待できることがわかります。, 解熱鎮痛薬の「アセトアミノフェン」も、市販のかぜ薬によく使われている成分です。 PL配合顆粒(医療用医薬品) 成人には1回1gを1日4回. 薬剤師会(兵庫県/大阪府/広島県/山口県) m3.com, 【講演】

学会(日本薬局学会/プライマリ・ケア連合学会/アプライド・セラピューティクス学会), 【監修・出演等】
 3) エスタックGT顆粒 添付文書 ※第2類医薬品 実は、処方薬と市販薬パイロンPL顆粒は、成分は同じですが、1包あたりの量や飲み方などに多少違いがあります。 お酒(アルコール)との併用. 大学(兵庫医療大学/第一薬科大学)  プロメタジンメチレンジサリチル酸塩 10.8mg, 処方薬PL顆粒とパイロンPL顆粒では、1回服用分、1包あたりの量に違いがありますが、含まれている成分量の比率や添加物は同じです。, 安全性が高いお薬とはいっても、その方の背景にある病気や症状を診断することなく服用するため、副作用症状など服用に注意を要します。漫然と市販薬を服用してしまうと思わぬ病気を見逃してしまう可能性もあります。そのため、市販薬では、服用回数や年齢などに制限があります。尚、処方薬においては、また2歳〜11歳の方に一般的に使用する幼児用PL配合顆粒というものがあります。2歳未満の小児への服用は禁忌(飲んではいけない)となっています。, かぜの諸症状(のどの痛み、発熱、鼻みず、鼻づまり、くしゃみ、悪寒(発熱によるさむけ)、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和, 言葉の表現は多少違いますが、効能効果としては、処方薬とパイロンPL顆粒では大きな違いはありません。, 参考までに、薬価としては、1g 6.4円とされています。ジェネリック医薬品も販売されており、その薬価は、1g 6.2円です。, パイロンPL顆粒は、1350円(参考価格)で販売されており、1箱あたり12包(4日分)となっています。, 一般的に処方薬の場合は、保険適用され、病院を受診・診断を受け、処方せんを必要とします。また、薬局においてもその他の費用負担がかかりますので、一概に処方薬と市販薬の価格を比較することはできません。, 古くから販売されているお薬なので、安全性は比較的高いお薬ですが、飲み合わせや副作用など注意すべきこともあります。, 抗コリン作用のある成分が含まれているため、緑内障の方、前立腺肥大の方では症状を悪化させる可能性があるため禁忌(飲んではいけない)となっており、注意が必要です。, また、アスピリン喘息の方など、他の風邪薬や解熱鎮痛薬を服用してぜんそくを起こしたことがある方も禁忌(飲んではいけない)、注意が必要です。, PL顆粒に含まれているアセトアミノフェンは、市販の風邪総合薬に含まれていることも多いですが、過剰に服用すると重篤な肝障害を起こしうるため、注意が必要です。また、PL顆粒に含まれるその他の成分(抗ヒスタミン剤など)も市販薬によく使用されていることから、成分の重複に注意が必要です。, 気になる症状が続く場合には、服用を中止し、早めに医療機関を受診するようにしましょう。, 注意事項についてこちらで記載することが全てではありませんので、必ず医師や薬剤師、又は、公的文書等で確認するようにしてください。, http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1180107D1131_1_09/, 処方薬においては、名称が異なるジェネリック医薬品が存在しています。顆粒だけでなく錠剤タイプのお薬もあります。, ・サラザック配合顆粒 特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。. ◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。, 京都薬科大学 大学院修了 風邪症状で病院に行き、PL顆粒が処方されたという方もいるのではないでしょうか?PL顆粒は風邪症状に対して処方されることが多いお薬です。

【風邪薬】市販薬「パイロンpl顆粒」と処方薬「pl顆粒」の違いを比較 . PL配合顆粒は医師の処⽅箋がないと購入できない処方薬ですが、2017年8月からは医療用と同じ成分の「パイロンPL顆粒 」が市販でも購入できるようになっています。, パイロンPLには錠と顆粒の2種類の風邪薬が販売されていますが有効成分は同じです。パイロンPL(錠・顆粒)は1回量2錠を食後30分以内に1日3回服用してください。, この記事では、パイロンPL顆粒の使用上の注意点や効き目の特徴などを紹介します(青色の目次をタップorクリックで目的の見出しに移動できます), よくかぜ薬と一緒に抗生物質を処方されるので勘違いされる方も多いですが、病院で処方してもらうPL配合顆粒にも抗生物質は配合されていません。, 抗生物質は、細菌には効果を発揮しますがウイルスには効きません。風邪症候群は細菌が原因のものもありますが、主に200種類以上存在するウイルスが原因とされています。, 風邪薬は症状を緩和するもので、ウイルスを追い出したり風邪の回復を早めるものではありません。市販のかぜ薬は抗生物質が入ってなくても、症状を緩和する効能効果は変わりません。, パイロンPL顆粒はせき・たんがつらい風邪には不向きです。せき・たんがつらい風邪にはパイロンPL錠ゴールドを選んでください。, パイロンPL錠ゴールドは、パイロンPL錠の成分はそのままにせき・たんに効くお薬をプラスした風邪薬です。, 関連記事パイロンPL錠ゴールドとパイロンPL錠の効き目の違い(クリックorタップで関連記事に移動), パイロンPL顆粒には、胃を荒らしにくいサリチルアミドとアセトアミノフェンの2種類の解熱鎮痛剤が配合されています。イブプロフェンに比べると鎮痛効果は穏やかですが、熱を下げる効果に優れます。, 2つの解熱鎮痛剤と無水カフェインとの相互作用で鎮痛効果が増強され、頭痛および風邪によるのどの痛みの緩和に効果を発揮します(非ピリン系のかぜ薬です), 鼻みず、鼻づまり、くしゃみをおさえるプロメタジンメチレンジサリチル酸塩は少し眠気の出やすい成分です。ただし、出ている症状をしっかり鎮め、症状を悪化させない2つの作用があります。, 妊娠中の方は、安易に市販のかぜ薬を服用せず、かかりつけのお医者さんの指示を仰いでください。, また、抗ヒスタミン成分は母乳に移行しやすい成分です。授乳中のお母さんがパイロンPL顆粒を服用すると母乳を通じて赤ちゃんに熱性痙攣誘発のリスクが高まります。, パイロンPL顆粒に配合されているサリチルアミド(解熱鎮痛剤)は、インフルエンザや水痘(水疱瘡 みずぼうそう)に感染、またはその疑いがあるお子さんに使用した場合。, ライ症候群と呼ばれる急性脳症、肝臓の脂肪浸潤を引き起こし、生命にもかかわる病気との関連性が報告されています。, また、パイロンPL顆粒には無⽔カフェインが含まれており、カフェインは15歳以下のお子さんの成長の妨げになるので使わないでください。, 例えば、エスエス製薬の「エスタック総合感冒」は、ノンコデイン・ノンカフェイン・アセトアミノフェン配合の5歳から使えるかぜ薬です。, エスタック総合感冒は、卵由来の原材料を使っていないので卵アレルギーのお子さんにも使用できます。, パイロンPL顆粒には鼻みず、鼻づまり、くしゃみをおさえる抗ヒスタミン成分(プロメタジンメチレンジサリチル酸塩)が配合されています。, 例えば、緑内障の患者さんが市販薬を服用すると、眼圧上昇による失明のリスクが高まります。前立腺肥大の場合は、排尿困難や、ひどい場合は尿が全くでなくなる尿閉になる場合があります。, 心臓病の場合は、心機能を亢進させ、心臓に無理な負担をかけることに繋がるリスクが高まりますので、パイロンPL顆粒の服用は避けてください。. 4 pl顆粒の病院と市販の違い; 5 新しいパイロンpl; 6 市販のパイロンpl顆粒がおすすめな人; 7 パイロンpl顆粒の注意点.

15歳以上:1回0.8gを1日3回 ダイヤモンド・ドラッグストア