このほど、ACGスターターを持つクレアスクーピーの故障がありました。 ・価格43万2,000円, PCXのガソリン仕様車を基準とするならば、PCX150の方がパワフルで3万円ほど高い。そして、PCXハイブリッドはアシスト分の動力はあるものの、最高出力値そのものは控えめで、燃費も同等。ただし価格は9万円ほど高い。数値だけ見ると、ハイブリッドのメリットは薄い気もする。 2019年2月2日 19,010km スクーピー(AF55)のACGスターターを交換しました。 セルでエンジンがかからなくなりましたがシート下からカチっとリレーの音はします。 キックではエンジンがかかります。 バッテリーがヘタったのかと思いましたが1年前に純正の高いバッテリーに交換しています。 ・定地燃費54.6km/L アイドリングストップ機構のあるホンダのスクーターはセルモーターではなく、ACGスターターを採用しています。 ・価格37万3,680円, ●PCXハイブリッド Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト, ホンダから2018年9月に販売が開始されるPCXハイブリッドは、PCXをベースにACGスターターをアシスト動力として利用した量産二輪車初のハイブリッド車である。先にデビューした新型PCXとPCX150と合わせて3つのバリエーションが揃ったPCXだが、実際のところどれが買いなのか。実際の乗り味や性能比較も含めて考えてみたい。 ACGスターターは、アイドリングストップモードでの停車時からでも静かでスムーズな発進が可能です。 セルはセルモーターを使用しますが、リダクションギアーやワンウエイクラッチなどの機構を必要とする為、やや複雑で、操作時の作動音が大きい場合があります。 pcx(jf28)のespエンジン前後の違いを比較。ここでは、2010年3月30日 発売のホンダ pcx(ebj-jf28)と2012年5月10日 発売のホンダ pcx(ebj-jf28)のマイナーチェンジでエンジン「esp」に変わる前後のモデルの違いを比較しました。 「発電機」は、電気の流れを逆にすると「モーター」になります。これを利用して、バイクが使う電力を発電するACG(交流発電機)をそのまま始動用モーターとして使うため、シンプルな構造を持ちます。これによって静粛性が高く、スムーズな始動を行えるのが特徴です。 ・ acgスターターによるアシストは、スロットル操作にともなうアシスト開始から、約4秒間 ※5 作動。アシストはスロットル開度に合せたセッティングとし、pcxと同等の扱いやすさを維持しながら走行状況に応じた俊敏な加速を可能としています。 最近PCXの始動時にセルスターターの回り方が弱く、始動が困難になる場合が数回ありました。そこで今日はPCXのバッテリー電圧・充電電圧・リーク電流を調べてみる事にしました。(^・^)以前に購入したサーキットテスターKaise製「SK-6163」の出番です。 ・定地燃費52.9km/L pcxは普通のバイクと違ってセルスターターじゃないんですね。acgスターター?でしたっけ。 ラジエターの奥にジェネレーターというコイルが18個はいってる塊があるんです。 これに電圧をかけてエンジンかけてるんですね。 REPORT●ケニー佐川(SAGAWA Kentaro) PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke), PCXハイブリッドは新型PCXのエンジンや車体などのプラットフォームはそのままに、エンジン始動や発電を担うACGスターターに駆動アシスト機能を持たせたハイブリッドモデルである。簡単に言えば、電動アシストが付いたPCXである。, 当然だが見た目でスタンダードとの違いはほとんどなく、「HYBRID」のロゴを見なければそれとは分からないほど。深いブルーの専用カラーは都会の街並みにも映える上品な雰囲気がある。違うのは走りだ。エンジン音も静かだが、アクセルを開けた途端のダッシュ力が凄い。電動モーターは瞬間的に100%のトルクを出せるのが強みだ。馬力としてはたった1.9ps分のプラスだが、最大トルクでは33%の上乗せと聞けばそれも納得。加えて、クラッチがつながるまでの時間も短縮されている。つまり車体を押し出す力とそのレスポンスの両方が向上している。スタンダードのPCXと比べると、出足の力強さの違いは体感的にもハッキリ分かるレベルだ。加えてモーターアシストの立ち上がりが早いので、コーナリング中もリニアかつ安定してトラクションをかけ続けることができる。乗り味はよりスポーティと言っていい。, ちなみに電動アシストが作動するのはスタートから4秒間だ。スロットルを一度戻せば再びアシストが入るがそれも7000rpmまでと限定的。それが搭載されている48Vリチウムイオンバッテリーの性能との妥協点らしい。言い換えれば、電動モーターが得意とする低中速域とガソリンエンジンが得意な高回転域の双方のメリットを組み合わせたシステムと言っていいだろう。それでいて乗り味はとても自然で、電気とガソリンの切り替わり感などは皆無だ。また、PCXハイブリッドにはパワーモードが搭載されている。通常の「D」モードとより強力なアシスト力を発揮する「S」モード、そしてアイドルストップを解除する「アイドリング」の計3モードがある。Dモードでも十分強力だが、ハイブリッドらしい加速感を味わいたいならやはり「S」モードがおすすめ。ただし、電池の消費も明らかに早くなるが。, 今回のハイブリッドも含めて現在PCXには3つのバリエーションが存在するが、その違いを一度整理したい。スペックで単純に比較すると下の通りとなる。, ●PCX(エンジン仕様車) ホンダから2018年9月に販売が開始されるpcxハイブリッドは、pcxをベースにacgスターターをアシスト動力として利用した量産二輪車初のハイブリッド車である。先にデビューした新型pcxとpcx150と合わせて3つのバリエーションが揃ったpcxだが、実際のところどれが買いなのか。 ステムを採用し、さらなる走りの楽しさを追求した 原付二種スクーター「PCX HYBRID」を発売. ステーターコイルの不具合が原因でした。 バイクのpcxのバッテリーは乗っていれば電気を消耗するためいつかは交換しなければなりません。しかしpcxのバッテリーは純正の価格と非純正の価格で差異が生じたりします。今回はそんなバッテリーの交換方法や充電方法、互換性のあるおすすめバッテリーytz7sなど紹介! キックではエンジンが始動しますが、セルで始動ができません。 静かに始動するacgスターター式アイドリングストップ 頻繁にエンジンをかけたり、止めたりすることになる 街中でも快適に使っていただくために、 Hondaは125ccクラス初※の「ACGスターター式アイドリングストップシステム」を開発し、「PCX」に搭載しました。 最近PCXの始動時にセルスターターの回り方が弱く、始動が困難になる場合が数回ありました。そこで今日はPCXのバッテリー電圧・充電電圧・リーク電流を調べてみる事にしました。(^・^)以前に購入したサーキットテスター Kaise製「SK-6163」の出番です。(~_~)まずはバッテリー電圧の測定。サーキットテスターの赤い端子をバッテリー+側、黒い端子を-側へ接続します。メインスイッチをOFFの状態で電圧を測定。マニュアルの規定値は13.0~13.2Vあれば良好で12.4V以下の場合は充電不足となります。12.87Vではちょっと電圧不足ですね。実はこの2~3日オプティメイトで充電を行い、今朝PCXを使用してその後は未充電にて5時間ほど経過した状態でした。バッテリーに黄色信号です。(^_^;)続いて充電電圧とリーク電流の測定。まずは充電電圧から。サーキットテスターの赤い端子をバッテリー+側へ接続、黒い端子を-側へ接続します。エンジンを始動して回転数を5,000rpmに安定させます。こういう時にタコメーターがあると便利ですね。(^_^)vエンジン回転数5,000rpmの時の充電電圧を測定します。14.16Vでした。マニュアルでは、「測定したバッテリー単体の電圧<測定した充電電圧<15.5V/5,000rpm時」となっています。バッテリー電圧はちょっと低めの12.87Vでしたが、規定値の13.0~13.2Vよりも大きい14.16Vでしたので充電系統は問題ないでしょう。電圧が異常に低い場合はジェネレーター(発電機)の不良が疑われますが、電圧が異常に高い時はレギュレター(電圧制御器)の不良が疑われます。充電電圧が低いとバッテリー上がりを起こしますし、電圧が高いと過充電となりバッテリーを損傷してしまいます。ちなみに充電容量不足であればACジェネレーターのステーターを交換するようでしょうし、レギュレターはエンジンコントロールユニット内に組み込まれているようなので、レギュレター機能不良という事になるとエンジンコントロールユニットを交換するようかと思われます。最後にリーク電流の測定。バッテリーの-側アース線を取り外してからサーキットテスターの赤い端子をバッテリーの-端子側へ、黒い端子は取り外したアース線へ接続します。メインスイッチはもちろんOFFの状態にしておきます。これで電気の流れていればサーキットテスターに電流値が表示されるはずです。結果は0.08mA。マニュアルでは「0.1mA以下」となっていますので問題は無さそうです。電流は全く「0」というワケにはいかないのですが、私のPCXの場合はタコメーター・FIコントローラー等で「常時電源」を引いている関係で多少は電流も多めに流れているかと思いました。あまり多い電流が流れているとバッテリーが上がりやすくなってしまいますので要注意ですから特に問題が無くて良かったです。(^^ゞ結論として、これらの結果から考えるにバッテリーの性能低下が一番濃厚ですね。こんな事もあろうかと既にヤフオクで新品のバッテリーを落札しておきました。o(〃^▽^〃)oバッテリーはGSユアサ製「YTZ7S」というタイプのもの。これはVTR250も同じバッテリーを搭載しておりますので、もし原因がバッテリーでなかったとしても決して無駄にはなりませんからネ。(。´_`)ノPCXの走行距離数は3年2ヶ月で5,316km。経過年数の割には走行距離が少ないのでしょうネェ~・・・(#^.^#)ネットで事前に調べてみましたが「出掛け先で一度エンジンを停止してしまうと全くエンジンが掛からなくなった。」という事例が何件かあるようですが、それ以外は多くのトラブルは発生してはいないようでした。納車直後から「アイドリングストップ機構」は使用してませんが、年数的にもバッテリー不良となれば仕方ないでしょう!(~_~)来週にでも新品バッテリーに交換してみて、また点検してみたいと思います。(^・^). 通常エンジンを始動するには、キック又はセルを使います。 5 点 Great Chicago Fire ƒVƒJƒS‘å‰ÎA‚»‚ÌŒã‚̃VƒJƒSI, Ž™“¶Žè“–‚́A‚¢‚­‚‚܂Ŏx‹‹‚³‚ê‚é‚́H‚Ü‚½‹àŠz‚́H, Apex LegendsAƒG[ƒyƒbƒNƒXƒŒƒWƒFƒ“ƒY‚Ƃ́H, ƒm[ƒŠƒc ‹‹“’ŠíƒŠƒ‚ƒRƒ“‚Ì888E88ƒGƒ‰[ƒR[ƒh, ‚Í‚¶‚Ü‚è‚̉ԉ΁@7/24º“‡Žs“à‚ʼnԉ΂ð‘Å‚¿‚ ‚°—\’è, ‚Í‚¶‚Ü‚è‚̉ԉ΁@7/24”Žs“à‚ʼnԉ΂ð‘Å‚¿‚ ‚°—\’è, ‚Í‚¶‚Ü‚è‚̉ԉ΁@7/24Š‘òŽs“à‚ʼnԉ΂ð‘Å‚¿‚ ‚°—\’è, ‚Í‚¶‚Ü‚è‚̉ԉ΁@7/24‘Š–ÍŒ´Žs’†‰›‹æ‚ʼnԉ΂ð‘Å‚¿‚ ‚°—\’è, “Œ‹žƒƒKƒCƒ‹ƒ~ƒl[ƒVƒ‡ƒ“@TOKYO MEGA ILLUMINATION, Œb”äŽõƒK[ƒfƒ“ƒvƒŒƒCƒX ƒEƒBƒ“ƒ^[ƒCƒ‹ƒ~ƒl[ƒVƒ‡ƒ“ 2019, ƒMƒ“ƒU ƒVƒbƒNƒX ƒK[ƒfƒ“ ƒCƒ‹ƒ~ƒl[ƒVƒ‡ƒ“@GINZA SIX, ‘æ31‰ñ‚È‚É‚í—„ì‰Ô‰Î‘å‰ï @2019”N“ú’öŒˆ’è.  一方でデメリットもある。それはシート下スペースの後ろ半分がリチウムイオンバッテリーで占められていることだ。従来どおり前部にはフルフェイスヘルメットが丸ごと納まるが、雨具や小物などが入れられる便利なスペースが消滅してしまったのは仕方ないとは言え残念だ。ホンダ開発者にも聞いたが、バッテリー搭載スペースも検討を重ねた末の苦しい判断だったようだ。最終的にはグローバルモデルであることを考慮し、洪水の多い場所でも安心できるようリチウムイオンバッテリーを耐水仕様とした上で、シート下後部の高い場所に収められた。, さて、多くのユーザーが気になるのは「自分にとって最適なPCXはどのモデルなのか」ということだろう。  燃費についてもホンダは今回、あまり追いかけていない。PCXハイブリッドは加速やスロットルレスポンスなど“走りの楽しさ”に注力したモデルだからだ。元々リッター50km以上も走るわけで、その上パワフルになって燃費が少しでもアップすれば十分だと思う。ちなみにリチウムイオンバッテリーの残量がゼロになったとしても、通常どおりガソリンエンジンのみで走行可能。これもハイブリッドならではのメリットだろう。 ホンダから2018年9月に販売が開始されるpcxハイブリッドは、pcxをベースにacgスターターをアシスト動力として利用した量産二輪車初のハイブリッド車である。先にデビューした新型pcxとpcx150と合わせて3つのバリエーションが揃ったpcxだが、実際のところどれが買いなのか。 ・定地燃費55.0km/L 交換工賃は約¥10,000-(税別)  ただ、重要なのはスペックには表れない感性の部分だ。前述のとおり、電動モーターのメリットはトルクの立ち上がりの早さによる出足の俊敏さにある。試乗してみて感覚的には初期の加速フィールではPCXはもちろんPCX150をも上回ると感じた。ただし、回転上昇とともに電動アシストは減るためトップスピードではPCX150が優るかも。ホンダ開発者の話でも、ゼロヨン加速ではPCX150に分があるらしい。しかしながら、このクラスの真骨頂は混雑した都市部での機動性である。やはり出足の俊敏さは大きなメリットであり魅力なのだ。 ‡–°—p‚¤‚Ç‚ñ,l‹C”š”­I‰‰ñ¶ŽY•ª‚Í‘¦“úŠ®”„? ・最高出力12ps(エンジン)+1.9ps(モーター) 調べていくと、acgスターターに問題がありました。 ステーターコイルの不具合が原因でした。 部品代は¥19,200-(税別) 交換工賃は約¥10,000-(税別) 機能的には良いacgスターターですが、故障した際の修理代は高額になってしまいます。