好きな期間から選べ... https://sayomimiheya.info/wp-content/uploads/2019/09/3454.jpg. 「ブログの学校」では、ブログ×SNS運用のための講座を開講しています。 ※プレミアム会員は50000円まで, しかも、コンテンツの値段を随時変更できるので「限定20部までは100円」など、自分で決めて販売することも可能です。, 2019年12月中旬からは有料noteを購入後、24時間以内の申請で返金を受け付ける機能が追加されます。, 有料noteを販売するときに返金を受け付けるかどうかを設定できるようになり、返金申請がされた場合はnote運営側が審査と返金処理の対応をしてくれます。, 返金機能が導入されたあとも、有料noteを販売する場合は「自分が販売する内容と価格をよく考えて値段をつける」ことが大切です。, noteはTwitterでシェアしやすい作りになっているので、読んだ後に感想とリンクを直感的にパパっとつぶやくことができます。, Twitterで紹介されたnoteは、実際に読んだ人の口コミでどんどん広がっていくイメージに近いです。, フォロワーが多い人が書いたnoteは一瞬で多くの人に拡散されますし、フォロワーが少なくても読んでくれた人が拡散してくれることで、多くの人に広がっていきます。, 有料noteも、口コミや評判が高いものは買ってみよう(読んでみよう)と思ってもらいやすいんですね。, Twitterのフォロワーを増やすための攻略noteもぜひ参考にしてみてくださいね!, SNSのような密なコミュニケーションが苦手な人は、ブログで検索順位の上位を目指しながら人の役に立つ記事を書いていくのがいいと感じます。, 人のためになる記事といっても難しく考える必要はなく、あなたが実際に経験したことをまとめた体験談が誰かの役に立つこともあります。, そして、実体験からおすすめしたい商品があるときにはアフィリエイトで紹介することも可能です。, SNSで拡散しなくても、不特定多数の人が訪れてくれるブログを運営していくことで、長期的に収益を生むことも可能です。, https://sayomimiheya.info/freeblog-paidblog/, ですが、「SEOなんてよくわからない!」という方はnoteをブログのようにして記事を書いていくことができます。, noteに書いた記事は検索の上位に表示されやすいこともあるので、難しいことを考えずに始められるのがいいですね。, そして、自分が書いた記事やコンテンツをTwitterなどのSNSで拡散することで多くの人に見てもらうことができます。, また、有料で販売できるような情報(スキル)を持っている人はnoteでコンテンツを販売して収益化することも可能です。, noteの記事をブログにリンクさせることで、ブログからnoteへアクセスしてもらえる可能性を広げることができます。, noteにも関連するブログの記事をリンクさせておくと、note⇒ブログへアクセスしてもらうことができます。, ブログからnoteにアクセスしてくれた人は、ブログの内容に興味があって、最後まで読んでくれた人です。, このように、noteとブログを上手に併用することでそれぞれのいいところを生かしながら使い分けしていくことが可能になっています。, ブログとnoteに全く同じ内容(完全にコピー含む)を書いた場合、どちらか一方がコピーコンテンツとみなされる可能性があります。, noteを有料にすることも考えるのなら、販売する価値のある情報をnoteに書くことを意識したほうがいいと言えます。, あなたの発信内容や使用目的が、ブログかnoteどちらが向いているのか?マンツーマン講座にてアドバイスさせていただくことも可能です。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 登録したメールアドレスにnoteからメールが届くので、記載されているURLを確認して完了です!. 「そういえば30日連続更新のお知らせが来てたな〜」ってことで、noteの毎日更新を続けて1ヶ月が経ちました。実はこの間、以前から運営していたはてなブログでもまったく同じ記事をコピペして投稿していまして、今後どっちでブログを書き続けるか検討しておりました。, noteとはてなブログを毎日更新してみて、記事を書きやすいなと思ったのはnoteのほうでした。noteのエディタのほうがシンプルで使いやすく、見出しや引用のショートカットキーもある。, もちろん機能の数でははてなブログのほうが圧倒的に充実しているんですけども、シンプルに最小限に更新したいって考える私にとっては、noteが肌に合っていたのかも。, noteでは「スキ」機能を使って読者からのフィードバックを得られるんで、それも続ける理由になってましたね。, この記事もnoteとはてなブログで内容はまったく一緒ですが、アクセス数をチェックしてみると結構大きな違いがあるなってことがわかりました。, 1ヶ月間のアクセス数をGoogleアナリティクスで調べてみると、はてなブログのほうは約30PV。一方のnoteは100PVを上回っていました。少なくともnoteで投稿した記事のほうが3倍読まれているってことになります。, はてなブログではProプランに加入していますが、「そんなに読まれやすいんなら!」と、noteでもプレミアム会員に登録しようかと検討中です。, まだ1ヶ月様子をみてみただけで長期的にみたアクセス数の違いとか、収益性の違いとかは未検証ですけども、今からブログを始める媒体としておすすめするなら、やっぱりはてなブログよりnoteかなあと思います。, 自己満足で書くにしろ、ブログで稼ぐことを目指すにしろ、やっぱり更新を続けないことには意味がありませんからね。その意味では、シンプルなエディタで初心者でも記事を書きやすく、かつスキ機能でリアクションがもらえるnoteのほうが、続けやすいと感じます。, そんなわけで、はてなブログとnoteどっちを使おうかなって考えているなら、参考にしてみてください〜。, はてなブログ「記事を書く」画面は、Markdown記法にすると抜群に書きやすくなるぞ. noteとブログはどちらも「文章を書いて記録を残す(文字で伝える)」サービスです。, サービスの利用は無料で利用することができます。※利用費用とは別にサーバー代が必要なサービスもあります。, 自分が書いた文章を公開して情報を発信したいときに、noteやブログを使っていくイメージですね。, noteは自分の書いた(画像や動画なども含む)コンテンツを有料設定することができます。, noteと連携しているECプラットフォーム(note for shopping)の商品URLを埋め込むと、note上で店舗名、商品名、価格、商品画像がカード形式で埋め込まれる機能です。, ショップオーナーやクリエイターがnoteで商品やその開発背景を紹介する際などにご利用いただけます。, noteは「自分の販売している商品を紹介する」ための制度が整っているということなんですね。, そのため、アフィリエイトとして連携できるパートナーもクリエイターのショッピングサイトがメインとなっています。, 文字の色を変えたり、マーカーを引いて文章を目立たせたり、ブログ全体の見た目や色も自分の好きなように変更することができます。, そしてアフィリエイトやGoogleアドセンスの広告を貼って収益を得ることができるのも特徴的ですね。※はてなブログは有料アカウントのみ, WordPressのブログの場合、独自ドメインをとったりサーバーを契約して利用することになります。, サーバーの設定などで苦戦してしまい、ブログを始めるまでにかなり時間がかかってしまう人も多いんです。, WordPressのサービス自体は無料で使うことができるのですが、サーバー代やドメイン代が必要。, ですが、noteはブログではなく「文書・イラスト・動画」などの作品を投稿して作者とユーザーをつなぐサービス。, 100円~10000円まで自由に価格設定できる! アンバサダープログラムのアンバサダーも担当中。 アメーバブログは一番有名な無料ブログ。 noteでブログを書くのを再開してから、はや2ヶ月になろうかとしてますが、「#noteでよかったこと」という企画があるようなので、直近の体験を投稿しておこうと思います。 それはタイトルに書いた、どうもnoteに書くと、普通のブログサービスより明らかに記事が読まれる気がする。 書籍「顧客視点の企業戦略」「アルファブロガー」を書かせて頂きました。, はじめまして、タックンと申します。徳力さんのこの記事、noteの素晴らしさが伝わり、とても、勉強になりました。, 良質な読み物には賞味期限がないのですね。ましてやnoteには書き手が沢山いるのでレベル差を抜きにして、産みの苦しさを知っている人が多いからかと愚考いたします。, 自分の場合はシミルボンとAmazonレビューのほうが読まれている印象があります、といっても「5ch利用者の末尾IDからわかる事」という記事だけは多くの人に読まれていますけど. さて、ではブログを書いていろんなところで掲載しよう、ということで、複数のブログに同じ文章を掲載しようという発想にもなりそうですが、その場合、seo上は「重複コンテンツ」に注意する必要があります。 そこで、「重複コンテンツとは何か? キーワードは「アウトプットファースト」です。, noteプロデューサー/ブロガー。 アメーバブログの始め方は? noteとブログで同じ記事を書いてもいい? 「ブログとnoteを並行してやりたい」という場合に、同じ内容を両方ともに掲載したいと思う方も多いでしょう。 これはあまりオススメしません。 「note書いてみたいけど書き方がわからない」「有料で販売したいけど売れるかな?」とお悩みのnote初心者に向けて!書き方次第で売れるコツを詳しく解説します。この記事を読むだけでnoteの書き方が丸わかり!... アフィリエイト大手のA8ネットのアフィリエイトリンクを貼ろうとしたらエラーメッセージが出た!, TwitterやSNSのようにサクッとつぶやくような記事を書いている人が多い印象!, ブログの色をかわいくしたり、文字を装飾しながら文章を書いていくのは、とても楽しい!, 有料で販売できるような情報(スキル)を持っている人はnoteでコンテンツを販売して収益化することも可能です。, noteと同じくらいサクッと書けるアメブロの始め方もまとめているので参考にしてみてくださいね!. noteでブログを書くのを再開してから、はや2ヶ月になろうかとしてますが、「#noteでよかったこと」という企画があるようなので、直近の体験を投稿しておこうと思います。, それはタイトルに書いた、どうもnoteに書くと、普通のブログサービスより明らかに記事が読まれる気がする。という話です。, noteにブログを移転するにあたり、私が最初の頃淡々と続けていたのが、LINEブログからの記事移転です。まぁ、わざわざ記事移転しなくてもネット上にあれば検索できるでしょ、という意見はあると思いますが。私は自分のメモとしてブログを書いてる関係上、ブログ内検索で過去記事をよく検索するので、同じブログに記事をまとめておきたいんですよね。, で、順次、過去の講演メモをnoteにコピペしてたんですが。なんか不思議なことに、LINEブログに投稿した時よりnoteにコピペしたものの方が記事が読まれてる感じがあるんですよね。, 次男との鉄道旅をまとめた子鉄旅のシリーズとか、誰か読んでくれればいいけど誰も読まないだろうなぁ、と思ってたら。noteに移転してしばらくしてプレイライフさんがインタビューしてくれましたし。, 講演メモとかニュースメモも、明らかにnoteに移転してから、過去記事がツイートされたりシェアされる頻度が上がった気がしてます。, この記事、昨年のワールドマーケティングサミットのメモなんですよね。今年の記事ですら無いんですよ。それがnoteに記事コピペして投稿したら、3連休の間にあれよあれよとツイートやシェアされまして、この結果に。はてなブックマーク1000超えとか、もう15年以上ブログ書いてますが初めてです。過去の記事はせいぜい500程度が限度でした。, で、この記事は、去年LINEブログに投稿したやつもそれなりに読まれたんですけど、それでもこんな感じ。, 10倍以上の差がつきました。この時は、私も書いたばかりなので、ツイッターやFacebookに何度か投稿してるわけです。, それが今回は、投稿後に自動ツイートが飛んでるだけ。メモをコピペしただけなので、ほとんど読まれるための努力をしませんでした。でも、これだけ差が付いちゃったんですよね。, もちろんタイミングとか、運とか色んな要素が絡んでるんだとは思うんですが。何となく理由がありそうな気がするので、何で1年以上後にコピペで投稿したnoteの方がこれだけ読まれたのか、個人的な視点で違いを書き出してみました。, ■note編集部がおすすめにピックしてくれた最初のスタートダッシュで明らかに違うのがこれです。noteって、他のブログサービスと違って、編集部がタグから記事を読んでくれてるっぽいんですよね。この記事も、早々に編集部がマーケティング記事まとめに入れてくれたので、それが間違いなくスタートダッシュに繋がってます。, ただ、過去に他にもオススメに入れてもらった記事はありますが、そこまでオススメに入れば記事がバズるわけではありませんでした。, ■noteのデザインの方がツイートやシェアされやすい?LINEブログの去年の記事と、noteの今年の記事は、見てもらえばわかりますが、書き出しこそちょっぴり違えど、中身は全く同じです。コピペですからね。, 要素として違うのは、ヘッダーデザインぐらいだと思いますが、実はここが大きな違いを産んでる可能性があるわけです。, 先週、タイムリーにnoteの運営会社であるピースオブケイクの社長である加藤さんに、私が主催しているメディアミートアップというイベントで、いろいろお話をお聞きできたんですが、その時にnoteは誰にでも使ってもらえるように、相当デザインをシンプルにすることにこだわっているという話をされてました。, ■noteユーザーの方が書き手に優しい気がするこれは私の勝手な思い込みですが。noteがクリエイターのプラットフォームとして運営されてきた結果、noteユーザーの人たちは他のサービスに比べると書き手に優しい気がします。やはりLINEブログに限らずブログサービスは日記として使ってる人の方が多いので、ブログ記事をコンテンツとして読むというよりはSNS的な日常コミュニケーションの延長の印象が強いんだと思うんですよね。, それがnoteだと私のような長文になりがちなブログ記事でも、結構ちゃんと読んでいただけてる気がしてます。滞在時間とか比較できないので、思い込みかもしれませんが。, おまけに今回驚いたのは、私の記事に100円単位の投げ銭をしていただいた方が複数いたこと。, 正直、私のブログ記事にお金払ってくれる人とかいないと思っていたので、サポートのところにもお金ではなくシェアをお願いします的なコメントを書いてあるんですが。, これを読んででも、私の記事に金銭的サポートをすると判断された方が複数おられたわけで。, 記事を読んで価値があったと思ったら、サポートとしてお金を払う、と決めてる人がnoteには増えて来てるんだな、というのを痛感した出来事でした。, ということで、私自身はブログを書く場所は、どこでも良いから自分の好きな場所で書けばいいじゃない、というスタンスの人間ですが。これから日記ではないブログを始めるのであれば、noteを選択肢に入れてみるのが良いんじゃないかな、と感じてしまう今日この頃です。, 「ブログをお金儲けのために始めるのは、スジが悪すぎる」などという煽り記事を書きましたが、じゃあ何のために書くの?という質問が多そうなので、私なりの主にビジネスパーソン向けのSNSやブログ、noteの活用法をまとめてみたいと思います。 noteとブログの違いって一体なんだろう?と悩んでいる人に向けて詳しく違いを説明している記事です。これからnoteをどうやって活用しようか考えている方にも参考になる内容になっています。 市川海老蔵さんなど芸能人が使われていることでも人気ですね... 「ブログの学校」へようこそ! 「そういえば30日連続更新のお知らせが来てたな〜」ってことで、noteの毎日更新を続けて1ヶ月が経ちました。実はこの間、以前から運営していたはてなブログでもまったく同じ記事をコピペして投稿していまして、今後どっちでブログを書き続けるか検討しておりました。 ビジネスパーソンや企業の、ブログやソーシャルメディア活用の可能性を日々試行錯誤してます。