Pythonの標準GUIプログラミングライブラリであるTkinterはmatplotlibとも連携可能です。ここでは簡単な波形を使い、Tkinterでmatplotlibを使う1つの事例を紹介します。 import matplotlib.pyplot as plt import numpy as np data = np.random.randn(1000) 上記のコードを実行し、プロット用のデータを用意した後、別のセルでプロットを実行する。 fig = plt.figure() ax = fig.add_subplot(1, 1, 1) ax.plot(data.cumsum(), 'k-') 軸の目盛を変更する rcParams ["ytick.direction"] = "in" #y軸の目盛線を内向きへ plt. matplotlib.datesを使用して時系列のグラフを描く際の軸目盛(ticks)と目盛ラベル(ticklabels)の設定を行う方法です。 グラフ作成ソフトのSMA4をよく使用していましたが,最近はJupyter notebookとMatplotlibを使用してグラフを描いています.便利で良いのですが,デフォルトのままだとだいぶ見た目が異なります.そこで見た目を調整する方法を忘れないように記録しておきます., 以下を参考にさせていただきました. What is going on with this article? rcParams ["xtick.minor.visible"] = True #x軸補助目盛りの追加 plt. import matplotlib.pyplot as plt plt. By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. you can read useful information later efficiently. matplotlibのグラフにおける目盛りの設定方法について説明する。 ... ax.xaxis.set_major_locator(plt.NullLocator())でx軸目盛が非表示となる。それに伴って、目盛ラベルも非 … 自分用メモ: matplotlibを使ったグラフの調整. ax.xaxis.set_major_locator(plt.NullLocator())でx軸目盛が非表示となる。それに伴って、目盛ラベルも非表示となる。ax.xaxis.set_major_formatter(plt.NullFormatter())で目盛ラベルだけを非表示にすることもできる。, MultipleLocator(20)で20ごとに目盛が設定される。set_minor_locatorにも適用できる。, ax.xaxis.set_major_locator(ticker.FixedLocator(majors))のように、目盛をリストで直接指定することもできる。, LinerLocatorでは目盛りの数を直接指定する。軸の最小から最大の範囲で均等に目盛をつけることができる。, AutoLocatorで、ax.xaxis.set_minor_locator(ticker.AutoMinorLocator())のようにすることで、デフォルトで非表示のminor目盛を表示できる。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, ticks_and_spines example code: tick-locators.py — Matplotlib 2.0.2 documentation, Pythonデータサイエンスハンドブック ―Jupyter、NumPy、pandas、Matplotlib、scikit-learnを使ったデータ分析、機械学習 | Jake VanderPlas, 菊池 彰 |本 | 通販 | Amazon. Help us understand the problem. 3Dplotの面(pane)とその枠線の色を変更して表示. HDF5の読み込みは次回にまわします。ごめんね。 今回は、個人的にむっちゃ苦労したお話について、メモ。 目的は、 Scientific notationの指数を10^{n}にする Scientific notationの指数の文字をでかくする です。 まずは状況設定 import numpy as np import matplotlib.pyplot as plt x … [matplotlib 3D] 58. rcParams ["xtick.direction"] = "in" #x軸の目盛線を内向きへ plt. まずは軸のカスタマイズをおこなうための準備として、ランダムウォークをプロットした図を用意しよう。, 上記のコードを実行し、プロット用のデータを用意した後、別のセルでプロットを実行する。, x軸にラベルを設定する場合は、set_xticklabelsメソッドを組み合わせて使うと良い。, メソッドを少し解説すると、set_xticksでデータ範囲のどこに目盛を入れるかを設定し、set_xticklabelsで目盛の値をラベルとして設定している。, また、rotationオプションでラベルを30度回転させ、fontsizeオプションで文字サイズを設定している。, これまでX軸の設定方法について紹介してきたが、Y軸の場合はメソッド名の「x」を「y」に変更するだけで同様の設定が可能だ。, 複数の折れ線グラフをプロットした図などで、それぞれのデータを識別するために必要なのが凡例の表示だ。, 凡例を表示する場合は、各データのプロットを追加する際にlabelオプションを指定する方法が簡単だ。, 次に各データをプロットし、legendメソッドでlabelに指定した凡例を生成する。, 特にこだわらない場合は「best」を指定しておけば良い。「best」は最も邪魔にならない位置を自動的に選んでくれる。, 15歳で熊本から単身大阪へ渡り、囲碁棋士になるための修行を積む。学歴は中卒だ。その後、紆余曲折ありプログラミングを学び職とする。 現在プログラミングや統計、機械学習の勉強に合わせ、双子の育児に奮闘中。. Why not register and get more from Qiita? Copyright © 2018-2020 サボテンパイソン All Rights Reserved. rcParams ["font.family"] = "Times New Roman" #全体のフォントを設定 plt.