今回はAdobe Premiere Proで使用できる『LUT』と『Look』の違いについて解説をしていきたいと思います。 *『LUT』と『Look』の違いと注意点、正しい使い方について解説した動画はこ ちら⬇︎⬇︎.

LUTとは!? (注意を払って木の上のコアラを探してみて). SONYのS-Log、CanonのC-LogなどLOG撮影が普及しており、Adobe Premiere Proなどのノンリニア編集アプリを使用して本格的な色補正を行いたいと考えている方も多いと思います。, 以前、キュリオシーンではデフォルトで入っていないLUTをインストールする方法を紹介しましたが、基本補正の部分にあるLUTの他にもクリエイティブの項目にもLookが存在するということはご存知だったでしょうか?, 基本補正とクリエイティブの2つにそれぞれ違うLUTを設定する項目があるので、大変紛らわしいと感じてしまいますが、それぞれちゃんとした役割があるのです。, オンラインでLUTを探していると、無料から有料まで様々なLUTが存在しています。しかし、サンプル画像や動画に憧れて実際に適用してみたら、印象が全く違うなんて言うことはありませんでしたか?, いくつか理由が出てきますが、主に考えられるミスはLOGに合ったLUTが適用されていないか、クリエイティブLookのみに適用されているため。LUTとLookは両方とも「.cube」や「b」の拡張子を持つLUTですが、同じファイル形式でも役割はそれぞれ違っています。, LOG撮影されたフッテージはどれもグレー色のフラットな映像になっていると思います。, そんなフラットカラーな映像のコントラスト等を調整して、撮影時の見た目に戻してから本格的な色補正を適用させる事は出来ますが、フッテージの一つ一つ修正していくと時間がかなり掛かってしまいますよね。そこで基本補正のLUTが役に立つのです。, 基本補正の項目では撮影されたカメラのメーカーに合わせたLUTを適用させることが出来ます。もしSony A7SiiのS-Log 2で撮影されたものであれば、Sony LUT、PanasonicであればV-LogのLUTなどメーカーのウェブサイトに用意されているので、そこからダウンローしてPremeiere Proにインストールすることが出来ます。, 基本補正のLUTのインストールについては、以前紹介した「デフォルトで入っていないLUTをインストールする方法」にて詳しく紹介しています。, クリエイティブ項目にあるLookは基本補正にてフッテージがフラットなカラーではない状態で、適用させるプリセットの項目です。Instagramにあるフィルターをイメージすると良いでしょう。, Premiere Proには既にいくつかLookが用意されていますが、人によっては物足りなく感じると思うので、多くの場合はオンラインで入手可能な有料または無料のLUTをダウンロードしている人がほとんどです。, 上記を踏まえて、これら2つのLUTの違いをざっくりと説明すると、基本補正LUTはフラットの映像を色補正をしやすくするように通常の色にさせるもの。そしてクリエイティブLookのLUTはInstagramのようなフィルターを適用させるものになります。, 試しにオンラインで見つけられる無料のLUTをダウンロードしてインストールしてみましょう。英語になりますが、ハイクオリティのロイヤリティフリー音源を販売しているpremiumbeat.comのブログにあったLUTをダウンロードします。, macOSの場合はアプリケーションフォルダーからAdobe Premiere Proを選択、右クリックして「パッケージの内容を表示」をクリックします。, LUTフォルダーの中には「Creative」、「Legacy」、「Technical」というフォルダーがありますが、CreativeではLook用のLUT、Technicalには基本補正のLUTを入れることになるので、先程ダウンロードしたLUTはCreativeフォルダーの中にペーストするようにしましょう。, Windowsの場合は「C:// Program Files / Adobe/ Adobe Premiere Pro CC」内にあるので、上記と同じように操作します。, ここまでは前回紹介したLUTのインストール方法と同じですが、クリエイティブLook用のLUTをインストールする場合は必ず「Creative」のフォルダーに格納するようにしてください。, Premiere Proを既に開いている場合は再起動することでLUTのプリセットが反映されるようになります。, 本来LUTを使用する色補正は調整レイヤーを使うのが一般的ですが、本格的な色補正についてはまた別の機会にて紹介したいと思うので、今回はクリップにLUTを適用させる場合の簡単なチュートリアルを紹介します。, Premiere ProのタイムラインにあるフッテージはSony A7Sii、S-Log 2で撮影されてたもの。ご覧の通りフラットな映像になっているのがわかります。, 基本補正の項目でSonyが提供しているLUT、「From_SLog2SGumut_To_SLog2-709_」を適用させると、先程までグレーでフラットだったフッテージに色が付きました。こちらのLUTはデフォルトでは入っていないので、インストールする場合は下の記事を参考にすると良いでしょう。, 色がついてもコントラストの調整が必要になってくるので、基本補正の「コントラスト」または「RGBカーブ」の項目に移り、コントラストの調整をします。筆者はコントラストを高くして被写体をくっきりさせるのが好きなので、この様な設定にしていますがここは好みで変えていくと良いでしょう。, 最後は「クリエイティブ」項目にあるLookの設定を行います。先程ダウンロードしたLUTの中から筆者は「PB_Stillwater」を設定しました。, ドロップダウンから直接選択するか、プレビュー画面から色を確認しダブルクリックして適用させることが出来ます。, 今回行った基本的な流れとして、フッテージにLumetriカラーのエフェクトを適用後、基本補正のLUTにてカメラに合ったLUTを追加し、カーブまたはコントラストの項目にてコントラストを変更、そして最後はクリエイティブの項目で好きなLookを追加するワークフローになります。, ここまでに掛かった時間は3分程度。特に複雑な作業を行わずに見た目の良い色を付け足すことが出来るので、上手いことLUTとLookを使えるようになるとベストです。, さらに色々な設定を付け加えたいという方はLumetriカラーにある他の項目をいじってみると良いでしょう。下のスクリーンショットは上の補正に加えて、カラーホイールとビネット、彩度などの調整をし、よりフィルムルックを実現しています。, LOGで撮影された素材はないけれど、LUTをいじってみたい!という方は下のダウンロードリンクからこちらのチュートリアルで使用したフッテージを用意していますので、ダウンロードしてみてくださいね!, 次回はPremiere Proにおける、LUTを使用した色補正のワークフローを詳しく紹介したいと思います!, このチュートリアルで使用した素材やプロジェクトファイルは全て下記ボタンからダウンロード可能です。個人プロジェクトはもちろんのこと、商用利用も無料なのでカスタマイズしてプロジェクトに追加してみてください。(コンテンツの使用について詳しく見る), こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細, キュリオシーンではより多くの方に映像制作のチュートリアルを届けたいと思い、無料で提供しています。, もし記事が役に立ったり、コンテンツに価値を感じていただければ、たったコーヒー1杯分の支援でも大きな励みになるので、ご支援いただけると嬉しいです!, サイトのコンテンツを楽しんでいただけましたか?キュリオシーンに投げ銭したい!という方は下のボタンからサポート出来ます。, Curiosceneは映像制作に興味を持つ多くの方々にぜひ利用して頂きたいと考えており、クリエイティブ・コモンズライセンス(CC-BY 4.0)のもと個人の利用はもちろんのこと、商用利用もこちらのページに記載されてあるポリシーを守って頂ければ自由に利用することが出来ます。

LUTを正しく理解しているだろうか?多くの人と話して、LUTの意味が間違って理解されていることが結構多いように思う。, LUT、即ち“Look Up Table”は、RGB入力を別のRGB出力に変換する、簡単な仕掛けだ。, LUTはしばしばあるカラースペースから別のカラースペースへの変換に用いられている。LUTはまた、カラーグレーディングにおいて“ルック(Look)”という言葉で表現されているカラースペースの調整にも用いられる。また、カスタムLUTは好みのルックでプレビューしたり、現場でのカメラモニター用に直接グレーディングするのに用いられる。, LUTには1次元LUTと3次元LUTがある。1次元LUTは単一チャンネルに対応するのに対し、3次元LUTは3つのカラーチャンネルが組み合わされた立方体のようなマトリックスだ。, カラースペースは色を数値化したもので、ディスプレイや撮影機材などの色表現領域を明記する手段として使われている。またそれは映像処理におけるインダストリースタンダードでもある。, 我々が通常“カラースペース”と言っているのは、パントンカラーチャートのような色見本的なものではなく、絶対的なカラースペースに基づいた特有のカラーモデルやマッピングである。, 基準となる絶対的カラースペースは、各個のカラーモデルやマッピングが“ガマット(Gamut:色域)”と呼ばれるフットプリントを持つのに対し、可視色の全てを包含している。ガマットが広ければ広いほど、可視色領域内の更に多くの色がそのカラースペースに含まれるということになる。, 即ち、あるカラースペースから別のカラースペースに数値を変更ことで映像データを変換される訳だが、ここにLUTが使われているのだ。. 2回に渡ってLuminar3 とLuminar 4の特徴を紹介してきましたが、当記事ではイメージプリセットLUT(Look Up Table)についてご紹介します。, なお、当記事はOverview的な話ではなくピンポイントの機能にクローズアップした話です(万人向けというより個人的趣向が強い)。, それでは本題に入っていきましょう。※なお、当記事では作例の画像を解像度高めで掲載しています。そのため、PCやタブレット端末からお読みになることを奨励します。, Luminarの特徴はAI系の機能が優れていることです。しかし、私が個人的に魅力を感じているのは何と言っても豊富なプリセットが予め用意されていることなんです。, プリセットには大きく分けて2種類あります。一つは、70種類にも及ぶLuminar Looks(詳細はLuminar3の記事で説明)。もう一つは、LUT(Look Up Table)です。, Color Styles LUTには4つのカテゴリに41種類のLUT (Look Up Table) が用意されています。, LUTとはLook Up tableの略です。入力されたデータ(RAW画像)に対して、予め用意されたデータを参照(Look Up)する対応表(Table)と理解しておけば良いと思います。, Color Styles LUTを例えるなら・FUJIFILMのフィルムシミュレーション ・ペンタクスのカスタムイメージ が拡張したようなイメージです。, シネマティック・トーニングのLUTを割り当てると、映画風の雰囲気になります。そこで作例では映画に出てきそうな場所を使って、各LUT(量を70)を割り当ててみましょう。, シネマティック・トーニングのLUTはすべてカリフォリニア州の都市名がついています。どんな都市なのか?を想像しながらLUTを使ってみると面白いですよ。, ベーカーズフィールド(Bakersfield)はカリフォルニア州の中南部カーン郡にある内陸の都市です。, ロングビーチ(Long Beach)はカリフォルニア州の太平洋に面している都市です。, ロサンゼルス(Los Angels)はご存知の通り、カリフォルニア州で一番人口が多い大都市です。, パームスプリングス(Palm Springs)はカリフォルニア州リバーサイド郡にある都市です。, サンディエゴ(San Diego)はカリフォルニア州の中ではロサンゼルスに次いで人口が多い都市です。, サンタバーバラ(Santa Barbara)はスペイン風の町並み有した海に面した都市です。, クリエイティブLUTを割り当てると、まるでフィルムで撮影したような雰囲気になります。, LUT ”1960”を適用すると彩度とコントラストが浅くなります。昔のカラー写真っぽい雰囲気が醸し出されますね。, LUT ”1990”を適用すると少し青味がかり、浅めの彩度を保ちつつもコントラストが高い雰囲気になります。, LUT ”Beijing”を適用すると実際の目で見た雰囲気に近い絵が再現されます。, LUT ”Candlelight”を適用すると、コントラストが高くなりつつも暗部が強めに表現され、締まりのある絵になります。, LUT ”Color Puch Cold”を適用すると、青味がかった絵になります。, LUT ”Color Punch Hot”を適用すると全体的に黄色がかった雰囲気になります。, LUT ”Genius”・・・”ジェノバ”を適用すると実際の目で見た雰囲気に近くなります。LUT ”Beijing”との違いは少し黄色系の色が強いことでしょうか。, LUT ”Red Trace”では彩度を落とし、全体的に赤みがかった雰囲気になります。, LUT ”Tritone”を適用すると彩度を残しつつも、鮮やかさをより除いた雰囲気になります。, LUT ”Wooden”を適用すると温もりのある雰囲気になりますね。この作例では街を使っていますが、お店の中や晩秋の森の中で使うといいと思います。, ポートレート・トーニングのLUTを割り当てると、インスタ映えしそうな雰囲気になります。ここでは象徴的な被写体を使って各LUT(量を70)を割り当ててみましょう。, Portrait TorningのLUT名はギリシャ神話の女神の名前がついてます。面白いですよね。是非、これから紹介するLUTを人物を被写体とした絵に適用したらどんな感じになるのかを想像してみてくださいね。, 先のアテーナーの流れからもLUT ”Maria(マリア)”はおそらく聖母マリアのことなのかな?と。, LUT ”Rosa(ローザ)”はカトリック教会の聖人、ペルー・リマの聖ローザのことでしょうかね。, LUT ”Venus(ヴィーナス)”はローマ神話に出てくる愛と美を象徴する女神です。Panasonicのミラーレス一眼カメラ、LUMIXシリーズの画像処理エンジンにもヴィーナスという名称が使われています。, クロスプロセスのLUTを割り当てると、昔どこかで見たような遠い記憶なんだけど何か身近に感じる雰囲気になります。ここでは何の変哲もない風景を使って各LUT(量を60)を割り当てるとどんな雰囲気になるのか見てみましょう。, 撮影場所:インド・ラダック地方(スピトク)撮影レンズ:XF10-24mmF4 R OIS, クロスプロセスのLUTにはシネマティック・トーニング同様にアメリカの都市名がついてます。覚えやすいですね。, オークランド(Oalkland)はサンフランスコ湾に面したカリフォルニア州にある湾岸都市です。, シカゴ(Chicago)はミシガン湖畔にあるイリノイ州の最大都市です。五大湖工業地帯の中心としても有名ですね。, ダラス(Dallas)はテキサス州を代表する都市です。この写真のレーと同様に内陸部に位置しております。, ジュネーブ(Geneva)はスイス西部のレマン湖の南西岸に位置する都市です。多数の国際機関の事務局や本部が置かれています。, ロンドン(London)と言えば英国の首都を思い浮かべるのではないでしょうか。実はアメリカのケンタッキー州、それからカナダのオンタリオ州にも同じスペルでLondonという地名があります。, メンフィス(Memphis)はテネシー州西部にあるミシシッピ川に面した同州の最大都市です。ブルース発祥の池と言われています。, いかがでしたでしょうか。このようにLuminar 4ではLUTを適用することで映画のワンシーン、フィルムで撮った様な雰囲気を作れるんです。, 着てみたい服を選んで着てみる、合わなければ他の服を選んでみる、気に入ったら着続けてみる、Color styles LUTはそんなことを実現するプリセットだと思います。, あなたも是非、手にとってみてください。※なお、Lumiar 3とLumiar 4を同時購入した場合、「プロモーションコードを入力」に 「drasworld」 を入力すると割引が適用されます。. 詳しくはこちら, [Premiere Pro] デフォルトで入っていないLUTをインストールする方法. 「forward」は「前、前方」という意味なので、「look forward」の部分だけを直訳すれば「前方を見る」ですよね?