また世界中誰とでも取引が出来るため、新しい送金手段として注目されています。. ","matches_n":"%d results are available, use up and down arrow keys to navigate. }); } jQuery('#pagetop').click(function () {

var localeData = translations.locale_data[ domain ] || translations.locale_data.messages; 仮想通貨の最新情報や稼げるコイン、ノウハウを無料公開!暗号通貨の仕組みや今後の価格予想、初心者でも稼げるおすすめの投資法、チャート分析、売買のタイミング、始め方がわかるブログ . return false; Copyright © 仮想通貨口コミ格付けチェック All rights Reserved. jQuery('a.fancybox-close').on('click',function(e){e.preventDefault();jQuery.fancybox.close()}); 仮想通貨NAGA(NGC)とは? var easy_fancybox_auto=function(){setTimeout(function(){jQuery('#fancybox-auto').trigger('click')},1000);}; jQuery("#pagetop").css('display', 'none').delay(500).fadeIn('fast'); 上場してすぐにLINEブロックチェーン事業の開始 良いスピード感だな シンプルにこれからが楽しみ, 違う方のLINKと間違えて買っちゃった人もいるらしいね!w自業自得だとは思うけど可哀想w, トークンエコノミーの中で使われるポイントのような感覚ですが、保有するだけでメリットがあるならラインユーザーが多く流れてきそうです, 日本で絶大な人気を誇るアプリ「LINE」が発行する仮想通貨として注目が集まっています。, 結論を先に申し上げると、個人的には今後LINKの価格が上がる可能性は十分あると感じています。, 8月6日からLINKが上場したBITMAXでキャンペーンを実施しているということを差し引いても、上昇トレンドは継続していきそうですね。, LINEの仮想通貨LINKは他の仮想通貨と比べ、流動性の面で劣っているという観点から、一人当たり100LNまでしか購入できません。※キャンペーンなどによって配布されたLINKは別, つまり、ここまでLINKが高騰している要因は一人が多くを購入しているというわけではなく、単純に購入している人数自体が増えているということ。, キャンペーンによる影響が大きいと考えられますので、キャンペーン終了後には下落する可能性もあります。, スプレッドとは買い値と売り値の差額のこと。取引所ではなく販売所形式の場合、買い値と売り値の差(スプレッド)があるのが一般的です。, その理由は販売所ではユーザー同士が取引を行うのではなく、販売所を相手にして売買を行い、手数料が安い代わりに買い値と売り値の差額が販売所の利益となるため。, BITMAXのメリット・デメリットや評判を紹介している記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください。, 実際にLINEトークンエコノミーの中でLINKを利用できるようになるのはまだ先の話です。, ただ、LINKが利用できるようになり、保有しているだけでメリットが生まれるようになれば多くの人が買ってくれることも予想できますね。, 今回BITMAXでLINKの購入金額に応じてLINKが無料で配布されているように、今後もキャンペーンが実施される可能性もあります。, 仮にキャンペーンの報酬目当てだとしても新しいユーザーを取り込み、LINKの価格上昇にも期待は持てますね。, そもそもLINEの仮想通貨LINKが目指す未来は「トークンエコノミーの実現」です。, 簡単にいうとLINKという独自の仮想通貨を使い、LINEの様々なサービスを利用できるようにすること。, メッセンジャーアプリとしてのLINEはすでに確固たる地位を築いており、将来性にも長けているでしょう。, そのユーザー数は8,000万人を超えると言われており、全人口の60%以上が利用していることになります。 【参照元:LINE公式サイト】, つまり、8,000万人を超える巨大なプラットフォームに対して、直接仮想通貨LINKをアプローチできるのです。, 実際LINEのアプリ内からBITMAXへ直接アクセスすることもできますし、広告が表示されることも。, LINEの巨大なプラットフォームを巻き込んでトークンエコノミーを実現できれば、より多くのLINEユーザーがLINKを保有するということも現実的になっていくでしょう。, LINKを保有するメリットについては、下記の記事で触れていますので興味があればご覧になってみてください。, LINE、ブロックチェーン基盤の事業化を開始──シンプルで使いやすいプラットフォームを目指す #coindeskjapan #LINE #LINE #ブロックチェーン https://t.co/ZdcQr6SfBz, — CoinDesk Japan (@CoinDeskjapan) August 26, 2020, 実際このLINEトークンエコノミー構想は数年前から発表されていましたので、ある程度の準備も整っていると予想できます。, まだ先は長いですが、LINEサービとの連携や実際にLINKが配布されるようになれば、さらに仮想通貨としてのLINKに注目も集まっていくでしょう。, 今のスピード感を考慮すると、2~3年後にはLINEトークンエコノミーはある程度形になっているかもしれませんね。, LINEの仮想通貨LINKが上場しているのは、BITFRONTとBITMAXの二つの取引所のみ。, 今後LINKが他の取引所へ上場する可能性について結論を言えば、ゼロではないが低いと言えそうです。, つまりはLINEのサービスの中に留めておいた方が、ユーザーとしても利用しやすいということですね。, それにLINEの方針としては、当初から仮想通貨LINKは価格上昇を目的としたものではありません。, 以上からも、LINKが他の取引所に上場する可能性はゼロではないが低いと言えるでしょう。. }) jQuery(function() { 2019年5月にローンチされたChainlinkは、ブロックチェーン上のスマートコントラクトの情報と実世界のオフチェーンのデータを接続するミドルウェアとなることを目的とした分散型オラクルネットワークである。ブロックチェー... パブリックブロックチェーンの相互運⽤性とスケーラビリティ問題を解決するブロックチェーン「PlasmNetwork(プラズムネットワーク)」を開発するStakeTechnologies(ステイクテクノロジーズ)株式会[&#... BinanceSmartChainがDeFiのためにChainlinkのオラクルとの統合を完了しました。BinanceSmartChainSuccessfullyIntegratedChainlink’s[…... 昨日のBTC相場は上値余地を探る展開。190万円割れでサポートされると、198万円と年初来高値を更新。1万9000ドル乗せにも成功し、史上最高値にあと500ドルという水準まで値を上げた。, 11月25日9時時点での暗号資産市場の相場概況をお届けします。上昇率のトップはVerge、下落率トップのはWavesでした。なお、過去7日間において、 Stellar が +126.19%と大きく上昇。, この最近、大きく注目を集めたのはリップル(XRP)の急騰です。 過去7日間の上昇率は120%超えており、時価総額は1兆円以上増加。テザー(USDT)の時価総額を抜き、およそ2兆9000億円となっています。, そもそもビットコインって何?という疑問から、暗号資産投資の始め方や専門用語の説明まで、分からないことを学べます。投資経験豊富なライターが最新ニュースの解説や相場の予想、やトレードの方法も解説!, 暗号資産取引所の登録は即日ですが、取引はすぐ開始できないって知っていますか?いざという時のために早めの口座開設がおすすめです!, 国内最多のレバレッジ銘柄数を誇るDMM Bitcoin!田口社長に業界動向や新サービスについて取材, 『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。, 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、株式会社マネーパートナーズソリューションズ、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。, ビットコインは、サトシ・ナカモトと言う人物によって考案された世界初の暗号資産です。