先日Lenovo E450のノートパソコンをお使いのお客様より不具合でパソコン修理の依頼をしていただきました。 故障内容ですが、Windows10にアップデートした後起動が思うようにしなくなり、最終的には電源を入れてもLenovoのロゴから進まなくなってしまったそうです。 電源を入れた際に、「lenovo」のロゴ画面が出た後、そのままいくら待っても画面が切り替わらない状況になっています。初めての起動ではなく、いくらか使用し正常にシャットダウンした後のことです。 この現象の解決策はあるのでしょうか。 Windows 8 / 8.1で電源を入れてもロゴが表示されなかったりロゴ画面で停止したりしてパソコンが起動できない場合の対処方法 2-5).メーカーロゴが表示されるが、その先に進まない。 パソコンの状況 パソコン(ノートパソコン・デスクトップパソコン)の電源スイッチを押すと電源ランプが点灯する。 2015年5月28日(現地時間)に、中国で行われた「Lenovo Tech World」で新しいロゴを発表 。Webサイト等のロゴも同日より反映された。 会社情報. "Lenovo to use only Moto branding for all future smartphones - Report". ‚©, Œo”N—ò‰»‚ÅŽg‚¦‚È‚­‚È‚é‚©‚àBƒoƒbƒNƒAƒbƒv•K{B, ƒ}ƒCƒNƒUSBƒP[ƒuƒ‹‚ÅŒq‚¢‚¾ƒXƒ}ƒz‚ð”FŽ¯‚µ‚Ü‚¹‚ñ, y‰Ž©ìzRyzen 7 3700X‚ÆRX 5700 XT‚É‚æ‚鎩ì, ƒTƒ‰ƒ_‚ª‚²‚¿‚»‚¤‚ɁI uŒƒƒEƒ}v‚Ƙb‘è‚̃hƒŒƒbƒVƒ“ƒO‚ðH‚̃vƒ‚ª”äŠr, PS5‚Ì”š‘¬ƒ[ƒh•”ü—íƒOƒ‰ƒtƒBƒbƒN‚ðŒ©‚æI PS4 Pro‚Æ”äŠrƒeƒXƒg, y“®‰æz‚ǂꂾ‚¯¬‚³‚¢H‚ǂꂾ‚¯‘å‚«‚¢H uiPhone 12 minivuiPhone 12 Pro Maxv, MediaPad M5 lite 8 Wi-Fiƒ‚ƒfƒ‹ 64GB JDN2-W09, iPad Pro 12.9ƒCƒ“ƒ` ‘æ4¢‘ã Wi-Fi 256GB 2020”Ntƒ‚ƒfƒ‹. 「NEC、レノボへ携帯事業売却を断念 多額損失のおそれ」朝日新聞2013年7月30日, 「レノボ、米沢事業場でのThinkPad生産の様子を公開」『Impress』2015.3.19, “Market share held by PC vendors in Asia Pacific* from 2009 to 2014”, https://www.statista.com/statistics/217341/pc-market-share-in-asia-pacific-since-2009-by-vendor/, “Lenovo set on leading in Africa PC market”, https://mg.co.za/article/2013-03-27-lenovo-set-on-leading-in-africa-pc-market, http://jp.wsj.com/public/page/0_0_WJPP_7000-353331.html, http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/607308.html, https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1089708.html, http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1061226/110800016/, http://j.people.com.cn/n3/2018/0626/c95952-9474883.html, http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPTYEA0S08520140130, “INTERNATIONAL BUSINESS; State Department Is Criticized For Purchasing Chinese PC's”, http://www.nytimes.com/2006/05/23/washington/23lenovo.html, “State Department Yields on PC's From China”, http://www.businessweek.com/stories/2006-04-19/lenovos-foreign-affairs, “Lenovo disgruntled by unfair treatment in the US”, http://english.people.com.cn/200605/25/eng20060525_268554.html, “Spy agencies ban Lenovo PCs on security concerns”, http://www.afr.com/p/technology/spy_agencies_ban_lenovo_pcs_on_security_HVgcKTHp4bIA4ulCPqC7SL, “MI6 and MI5 'refuse to use Lenovo computers' over claims Chinese company makes them vulnerable to hacking”, http://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/mi6-and-mi5-refuse-to-use-lenovo-computers-over-claims-chinese-company-makes-them-vulnerable-to-hacking-8737072.html, “Media articles in The Australian Financial Review, 27 and 29 July 2013”, http://news.defence.gov.au/2013/07/30/media-articles-in-the-australian-financial-review-27-and-29-july-2013/, “Diplomatic denial: Lenovo ‘five eyes’ ban exists”, http://www.afr.com/p/technology/diplomatic_denial_lenovo_five_eyes_4YW4afN5EgiMLLnPL0Fq0M, “Lenovo幹部が「中国ではバックドアを仕込んでるけど他の国ではやってない」ことを示唆”, https://gigazine.net/news/20180920-lenovo-backdoor-in-china/, Lenovo製PCに入っている極悪アドウェア「Superfish」はどれだけヤバイのか?, 会社概要/NECパーソナルコンピュータ株式会社 |About Us NECレノボ・ジャパングループについて | NECレノボ・ジャパングループ 新卒採用情報, http://www.lenovo.com/news/jp/ja/2015/03/0302.shtml, http://www.lenovo.com/news/jp/ja/2015/09/0901.shtml, http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ01HXZ_R00C16A7TJC000/, https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL02HOT_S7A101C1000000/, “どうなる富士通の法人向けPC――、“競合”NECと同じLenovo傘下での差別化ポイントは?”, https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/special/1090007.html, “NEC PCとレノボ、社長交代--新社長にAMD出身のデビット・ベネット氏、留目氏は退任”, “レノボ・ジャパン新社長デビット・ベネット氏が会見。2020年までにレノボ製品の95%を1日で修理と宣言”, https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1133934.html, http://ascii.jp/elem/000/001/126/1126215/, 「オートメーション化は不可能」――NEC米沢事業場のものづくりを支える職人の手 (1/2), ビジネスノートPC市場に、コストパフォーマンスに優れた新ブランドが誕生 テレワーク利用にも最適な「ThinkBook 13s」発表, 【CES 2012レポート】【Intel基調講演】Lenovoが世界初のIA+Androidスマートフォンを発売~MotorolaもIAベースのスマートフォンを長期に渡り開発/出荷, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=レノボ&oldid=80307030, パーソナルコンピュータ及び周辺機器の製造、販売ならびにそれに付帯する一切の事業、サーバー、ワークステーション, パーソナルコンピュータ及び周辺機器の製造、販売ならびにそれに付帯する事業、サーバー、ワークステーション, 同じくNECパーソナルコンピュータの事業所であり、2016年からレノボ製PC ・タブレットの修理サポート拠点となっている, YOGA - モバイルノート、発売当初はマルチモードモバイルノート(2in1)に付けられていたが、2019年現在は軽量モバイルノートにも付けられている。, IDEATAB - コンシューマ向け。Android搭載の「YOGA TABLET」「IDEATAB A」シリーズ、Windows搭載の「Miix」シリーズがある。, ThinkPad タブレット - ビジネス向け。初代モデルのThinkPad TabletのみAndroidで、以後は全モデルWindows搭載。. PCハードウェアに詳しくなるまとめTOPへ ノートPCの起動時に,メーカーのロゴが表示されたまま固まって,Windowsを起動できない場合の対処法。原因は,キーボードやUSB機器など外部の機器かもしれない。また,BIOSの設定変更のせいで起動できなくなったら,CMOSクリアする方法もある。 "Lenovo Moves Smartphone Efforts to Motorola". Lenovo yoga tablet2-830Lを1年ほど前に購入したのですが、電源を入れると画面はつき、最初のロゴは表示されるものの、それ以上は進まなくなりました。 ネットなどで検索して、 音量+-&電源ボタンで中国語と英語オンリーの「ファームアップモード」 本店所在地 :香港(IR拠点) レノボ(英:Lenovo Corporation、日本漢字:聯想集団、簡体字:联想集团、繁体字:聯想集團、ピン音:Liánxiǎng Jítuán)は、香港に本店を置き[2][3]、モリスビル(アメリカ合衆国ノースカロライナ州)・北京・日本にオペレーションセンターを置くパーソナルコンピュータ (PC) メーカー[2]。中華人民共和国ではスマートフォンメーカーとしても認知されていた[4] が、2015年8月にレノボは携帯電話部門をモトローラに統合を表明し[5]、2016年11月には携帯電話端末をモトローラのブランドに一本化を発表した[6]。, 1984年に、中華人民共和国の研究機関で国務院直属事業単位である中国科学院の計算機研究所員11名が、20万人民元を基にして設立した。, 当時の名称は中国科学院計算所新技術発展公司で、外国ブランドの販売から出発した。1988年6月に香港聯想電脳公司を設立し、1989年11月に香港聯想集団公司に改称して香港で独自ブランドを発売した。同年に北京聯想計算機集団公司が成立し、1990年に中国内でも独自ブランドの販売に踏み切った。1994年に香港聯想集団公司は香港株式市場に上場し、1997年にレノボブランドが中国内のパソコン売上トップを記録、2000年のビジネスウィーク誌は聯想集団を世界IT企業100社中、8位にランクした。, 聯想集団は長らく「Legend」(レジェンド)というブランドを使用していたが、2003年、国外事業の強化に伴い、商標紛争が生じるおそれのあるこの名称を廃し「Lenovo」(レノボ)を採用した。2004年4月1日に英語社名も「Legend」から「Lenovo」に改めた。「Lenovo」は混成語で「le」は「Legend」から、「novo」は「新しい」を表すラテン語の「nova」から採られた。, 2004年のレノボによるIBM社のPC部門の買収により、株式の42.3%をレジェンドホールディングスという持株会社が保有しており、同持株会社の筆頭株主(65%)は中国政府機関の中国科学院である。中国政府は間接的にレノボの27.56%を保有しており、筆頭株主である[7]。IBMは第2位の株主(議決権を有しない優先株)である。買収により、同社のPCの世界市場シェアは、単純計算でデル、ヒューレット・パッカードに次ぐ3位となった。レノボとIBMのPC部門の合併の後、本社は北京から米国ニューヨーク州パーチェスに移転した。2006年3月に、IBMのPC部門の本部があったノースカロライナ州モーリスビル(ローリー近郊)に本社を移転した。2008年北京オリンピックではトップスポンサーとして聖火リレーのトーチをデザインした。2011年に日本電気(NEC)のPC部門とドイツの大手PCメーカーメディオンを買収、アジア太平洋市場ではシェア1位をとり続け[8]、中東アフリカ・ヨーロッパ・世界市場でもシェア2位となり[9][10]、2013年からは世界シェア1位のPCベンダーとなり[11]、2017年には富士通のPC部門を買収[12][13]、日本市場では1995年のNEC以来となる4割超のシェアを得た[14]。2018年にTOP500でスーパーコンピュータのシェア世界1位のベンダーとなった[15]。, 2004年12月、ITバブルで力をつけたレノボはIBMからPC部門を12億5千万ドルで買収することを発表した。IBMはこの取引により、コモディティ化し利益の出にくいPC事業を切り離し、企業向けのサーバー、ソフトウェア、サービス事業に注力した経営に転換していくと予測された。レノボはこの取引を「強強連合」と銘打った。「IBM」及び製品ブランドである「ThinkPad」などの商標を5年間維持するとした。このことから同社の目的が世界市場に打って出るためのブランド力の獲得にあったとも分析された。, この「IBM」ロゴは2006年10月頃より徐々に外された。従来はThinkPadの天板とパームレストにあったIBMのロゴは、一般向け販売モデルでは存続したが、大規模導入をする特定企業向けカスタマイズモデルに関しては、IBMロゴではなく、ThinkPadロゴが入るようになった。2008年以降の製品(ThinkPad X300以降)より、一般向けも「IBM」ロゴは外れて「Lenovo ThinkPad」となった。, レノボに移管されてから発表されたThinkPad Zシリーズより、ワイド液晶、Windowsキーの搭載など、従来のThinkPadに無かったものが取り入れられた。2009年現在では、ワイド液晶と、Windowsキーは多くのThinkPadに採用されている。, パソコン事業で統合しているNECから携帯電話事業の買収も持ちかけられたものの、2013年7月29日に特許や海外資産のみに興味を示していたレノボ側が断ったことで破談した[17]。2014年4月14日、レノボはNECから3800件の中核的な携帯電話関連特許を買収した[18]。, 2014年1月30日、Googleから、同社の携帯電話端末部門であるモトローラ・モビリティを29億1000万USドルで買収することを発表、アメリカ合衆国内の携帯電話事業にも参入することとなり、Googleが今後もモトローラのモバイル特許の大半を所有するものの、買収によりレノボも2000件以上の特許資産を取得することとなった[19]。, 2015年8月にレノボは携帯電話部門をモトローラに統合することを表明し[5]、2016年11月には携帯電話端末をモトローラのブランドに一本化することを発表した[6]。, 2006年、中国政府の影響力(資本上の支配権)のおよぶ企業であることから、米中経済安全保障検討委員会(U.S.-China Economic and Security Review Commission)は、安全保障上の理由からレノボのPCを米国政府機関が使用することに懸念を表明した[20][21][22][23][24]。, 2013年7月27日付のオーストラリアン・ファイナンシャル・レヴュー(AFR)は、レノボの製品にバックドアが仕込まれているとして、オーストラリアや米国、英国、カナダ、ニュージーランドの5カ国(いずれもファイブアイズと呼ばれるUKUSA協定締結国)の情報機関が使用を禁止していると報じ[25][26]、オーストラリア国防省は、この報道内容を否定した[27][28]。しかし、2018年9月にレノボが開催したイベントで質問者に対してレノボのCTOが中国国内向け製品にバックドアを仕込んでいることを示唆したことが話題となった[29]。, 2014年頃、Lenovoの公式掲示板(Lenovoコミュニティ)のユーザーの指摘でLenovoのPCにプリインストールされている「VisualDiscovery」というSuperfish社製のソフトウェアがアドウェアであると指摘され話題になる[30]。さらにこのソフトウェアが通信に勝手に割り込むことや、外部からの攻撃の火種になる可能性があることが判明[31]。, 2015年5月28日(現地時間)に、中国で行われた「Lenovo Tech World」で新しいロゴを発表[32]。Webサイト等のロゴも同日より反映された。, レノボ・ジャパン合同会社(Lenovo Japan LLC)は、レノボの日本法人である。レノボによるIBMのPC事業買収に伴い、日本法人として発足。日本においては、「レノボ」「Lenovo」「聯想集団」「聯想グループ」などと表記される。日本IBMが協賛していた碁聖戦も引き継いでいる。, 2011年7月1日にレノボが51%、NECが49%を出資する合弁会社「Lenovo NEC Holdings B.V.」(NECレノボ・ジャパングループ[35])が発足し、その100%子会社としてレノボ・ジャパンと、NECのパソコン事業を担うNECパーソナルコンピュータの両社が入る事業統合を実施した[36]。レノボとNECのブランドは継続使用。, この事業統合は2011年1月の発表当初は対等と報じられていたが、統合から5年後にレノボ側が合弁会社の全株式取得権を日本電気の同意があれば行使できることが明らかにされた[37]。, 2012年11月5日、「ThinkPad」20周年を記念して、中国において生産されているThinkPadの一部を、山形県米沢市にあるNECパーソナルコンピュータ米沢事業場で生産することを発表した[38]。