近年一部の人たちの間で話題となっている中華オーディオブランド「KZ」ですが、ついに僕も手を出してしまいました。, 最近だとKingGnuの白日のMVでボーカルの井口さんが使用していたことで取り上げられていましたね。, 今回僕が購入したのは「ZSN」というモデルで、KZのイヤホンの中では低価格帯の位置付け。, 安くて良い有線イヤホンを探している方、KZのZSNを買おうか悩んでいる方、是非ご覧ください。, 外箱には製品の概要についていろいろ記載が載っているようですが当然中国語なので読めません…, ちなみに僕が購入したのは「黒-緑」のカラーでしたが、他にも「銀-紫」「黒」がラインナップされているようです。, 他にも、有線イヤホンだとqdcのNeptuneが似たようなクリアな外観でこちらもオススメです。, 音の粒が一つずつ感じられるので、意識して聞けば全ての楽器や声の判別がきちんとつけられると思います。, ただ、音の圧が少し強く感じたので、連続で長時間使用していると聞き疲れを起こしてしまうかもしれません。, 安くて良い有線イヤホンを探している方、KZのZSNを買おうか悩んでいる方、破格で購入できるので本当にオススメです。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 理学部所属の現役大学生。「本気で考える暮らしとガジェット」をテーマにブログで情報発信中。趣味は写真を撮ること。大学では生命科学を専攻しています。, Amazon.co.jp: KZ ZSN 重低音 イヤホン 1BA+1DDを搭載 ハイブリッドイヤホン カナル型 高遮音性 イヤホン 高音質 中華イヤホン 2pin リケーブル 可能 ジュラルミンフェイスプレート搭載 3.5mm プラグ (銀‐紫・マイクなし): 家電・カメラ. これは... 現役大学生ブロガーのポーチの中身 | ガジェットポーチの中身紹介[2020年7月編], Mobvoi TicPods ANC | ANC搭載で1万円以下の完全ワイヤレスが新登場[PR], SOCLL スタイラスペン |「第一世代のApple Pencilは買わなくて良い?」サードパーティ製で十分!, 結局どっち? OneOdioのANC搭載ワイヤレスヘッドホン比較レビュー | OneOdio A9 vs A10, TaoTronics SoundLiberty94 | ついにTaoTronicsからもANC搭載で1万円を切る完全ワイレスが発売. こんにちは。今回も1BA+1DDイヤホンレビュー編第二章、6回目として先日発売されたKZ ZSNについてレビューをまとめたいと思います。今回はAliExpressのKZ Global Storeから購入しています。現在は(2018年11月4日)amazonでもおなじみのWTSUN Audio(Easy earphones)等でも取り扱いが始まっているようです。, KZ ZSN 重低音 イヤホン 1BA+1DDを搭載 ハイブリッドイヤホン カナル型 高遮音性 イヤホン 高音質 中華イヤホン 2pin リケーブル 可能 ジュラルミンフェイスプレート搭載 3.5mm プラグ (銀‐紫・マイクなし), KZ ZSNは中華イヤホンメーカーKZの新製品で先月の10月上旬にオーダーしています。この時KZ Global Store(@KEarphones)のTwitterにツイートされていましたが、みぃねこがオーダーした紫カラーのみ少し遅れて発送となっていて、なんとか10月末に届いています。そのためTwitterではそれよりも少し早く到着報告が挙がっていて、結構良さそうな評判を羨ましくもこのZSNの音質がどうなのか楽しみで仕方がありませんでした。, パッケージングは白箱を基調としたシンプルなもの。表はイヤホンのイラストが、裏にはスペックが記載され、いつものKZのパッケージングです。スペックはもちろん3,000円以下の低価格中華イヤホンのスタンダード、1BA+1DDのハイブリッドです。もちろんBAが高音域を、DDが中低音域を主に担当していてそれぞれの強さを併せ持ちます。多ドラやハイブリッドで重要なのは高音域と低音域のクロスオーバーがチューニングの技術の見せどころでもあり、難しさでもあります。このチューニング次第でKZ ZSNが「当り」か「外れ」という評価に繋がってくるといえます。ビルドクオリティですが、このKZ ZSNはKZ ZSTで感じたような各所の仕上りに雑なところを感じません。イヤホン背面の金属プレートのデザインには皆さん賛否あると思いますが、みぃねこは嫌いではないですね。なんとなく某アニメの初号機にも似ていますが、実は某イヤホンの(相変わらず)オマージュのようですね。そういう意味ではKZのオリジナルデザインだったBAが10基(方側5基)のイヤホンが(装着性も含め)微妙な評価だったことが記憶に新しく皮肉なものだなぁと思います。本体はZSTとほぼ同じ大きさでES4よりやや小さくRevoNext RX8よりやや大きいですが、重さはほぼ一緒です。あらためて画像で比較するとZSTと形状が似ていてその背面が樹脂で丸みを帯びているかフラットな金属プレートになっているかと、ステムが樹脂か金属かが大きな違いですね。この本体のすべてが樹脂のZSTと樹脂と金属のZSNの音質がどのような違いになっているのか。寧ろどのような進化しているのか非常に楽しみです。, 付属品はイヤーピースが本体装着済みの新型(?汎用?)シリコンM(恐らく)が1セット、いつものKZシリコンS、M、Lの3種、ケーブルです。みぃねこは付属品イヤーピースのいつものKZイヤピではないタイプを使用して耳へのフィット感が十分でした。この辺りは個人差やステムの角度等も関係していると思います。, 付属ケーブルは薄い茶色(銅線色)被膜の編込みタイプでシュア掛け用にチューブで癖付けがあり全体的にしなやかな4芯銅線タイプです。ZST等のゴムゴムとは大違いで、ZSA等の茶色の編込み線とも異なります。, 更に今回ZSN付属ケーブルではイヤホン側2ピンコネクタの形状が新しくなり、この付属ケーブルを他のKZイヤホンへ流用ができない様子。タッチノイズも少なく取り回しが良好ですのでこのまま使用することが可能ですし、他のKZへ流用できなくなったのは少し残念です。, そして今回は購入セラーから初回購入限定のサービスとしてZSN用純正オプションの4芯銀メッキケーブルが付いてきましたので、こちらとの音質傾向の比較も行いたいと思います。, それでは実際に聴いてみます。再生環境はiPhoneSE、直挿し。ソースは宇多田ヒカル/First Love、平井堅/瞳をとじて、倖田來未/Moon Cryingです。先ずは付属ケーブルを使用して箱出しで聴いてみた第一印象は「低音に締りがあって全体のバランスが良いな」でした。先着陣のツイート通りの印象で、高中低どこかを強調するこれまでのKZの音ではないです。(もちろんスマホ付属品とは大違いです。)音場はやや広めから広く(特に横に)音の分離感も良好です。ボーカルは普通からやや近め、曲によって近く感じ曲によってベースラインに少し影響を受けているような不自然な響きを感じる場合があります。低音は量感も十分で締りがありますが沈み込みは浅めに感じます。高音もキラキラ感がありますが刺さりは感じませんし低音にも負けているわけではありません。強いて言えば中低域寄りの傾向と云えます。次に純正オプションケーブルの銀メッキリケーブルに変更します。すると先ほどまでの付属の銅線4芯ケーブルを使っていた時と異なり中高域寄りの傾向を感じます。, 音場はやや広くなり分離感は変わりませんが、ボーカルが少しすっきりした印象で付属ケーブルで感じたベースラインの影響も感じません。低音は量感は変わらずほんの少し締りが増した印象があり沈み込みは浅めのままですが少しすっきりと感じます。高音はキラキラ感が増し伸びを感じましたが刺さりは感じませんし低音にも負けません。, この様にZSNは付属銅線ケーブルから純正オプション銀メッキケーブルへのリケーブルによって強いて言えば中低域寄りから中高域寄りの傾向の変化を感じることができましたが、元々の素性が高中低音域のどこかを強調せずに全域をバランス良くまとめているため、ケーブルの特性がそのまま傾向として現れたように感じます。これまで低価格イヤホンではリケーブルを積極的にしないようにして純正のままそれぞれの音質を楽しんできたみぃねこにとってとても興味深い結果となりました。そして具体的に例えるなら、付属ケーブルではこれまでレビューしたZSAの低音のキレとES4のボーカルや中音域の良いとこ取り。強いて言えばRevoNext RX8のすっきりとした全域の表現を濃くした感じでしょうか。一方純正オプションケーブルはZSAの物足りなかったところを全域でブラッシュアップさせた様な感じです。簡潔にまとめるとKZ ZSNは高中低音域のどこかを強調せす全域をバランスよくまとまった音といえる仕上がりで、これまでのKZの音とは一線を画する仕上がりでドンシャリ好きのKZファンとの評価が分かれることになりそうです。そして、箱出しインプレッションの後、エージングとして鳴らしこみを実施し、再度聴きこんでみました。結果、それぞれのケーブルを使用した傾向はそのままに付属ケーブルでは低音の締りが増し、純正オプションケーブルでは高音の伸びを感じ、ますますZSNの完成度の高さを感じさせられました。ではKZ ZSNは当たりなの?外れなの?と問われたら、「当たり」なので「一軍で付属ケーブルで愛用するつもり」というのが個人的な評価です。それは付属ケーブルがZSNの特徴を表現するのに適していてメーカーのその意図を感じたからです。まあ、個人的に一番好きなバランスだったというのが本音かもしれません。そしてこのKZ ZSNは8芯銀メッキ銅ミックス線へのリケーブルが最もバランスの良い選択となりそうな気がしていますので、yyx4775やkbf4773を今度試してみようと思います。なお、付属ケーブルを好む理由としてはこれまでのレビュー同様に「松岡充/SURPRISE-DRIVE」を試した際にバスドラムのアタック音のキレはやや付属ケーブルの方が良好と感じました。総合的に判断といいつつも結局は個人の嗜好となりますよね。さて、KZ ZSNはこれまでのKZの音ではない「あのイヤホンとは違う」バランスの良い表現力のイヤホンであり、ドンシャリが兎に角好きという方は安定のKZ ZS4を。過度なドンシャリはちょっとという方に付属品も豪華なYinyoo Proを。両者は同じ傾向を持つイヤホンですが、それぞれの特徴は過去のレビューからも魅力的となると思います。また、どんな曲にも相性が良いバランスの良いイヤホンや、ボーカルを中心に聴きたい方には、これまでRevoNext RX8やKZ ES4をお勧めしていました。ですが、初めてKZのイヤホンを検討、購入される方を含めバランスの良いイヤホンは今回からはこのKZ ZSNをお勧めしたいと思います。まとめとして、3,000円以下で買える中華イヤホンの中で、現在はamazonで2,000円半ばで購入できますので、バランスの良い音がするイヤホンが欲しい方には、そのコスパの高さが非常に魅力的な選択肢となると思います。気になる方はぜひ検討してみてくださいね。, 以下、付属4芯銅線ケーブル(純正オプション4芯銀メッキケーブル)高音★★★☆(★4)中音★★★★(★3.5)低音★★★★(★3.5)音場★★★☆(★4)分離★★★お勧め度★★★★(ケーブル単体★3), あとがきとして、これで16個目の1BA+1DD中華イヤホンをレビューを終えました。流石に発売の古い商品はもう無いかなという気持ちと、そろそろ次のステップに向かって行きたい気持ちもありますので、少し休憩かなと考えています。ですが、今後も気になる商品や1BA+1DDイヤホンの新商品が出れば追加でチェックしていきますのでよろしくお願いいたします。沼にハマった者の戯言に最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。みぃねこ, いろいろなこと、主に趣味の備忘録として活用。自分が気になるモノについて自分が感じたことの記録です。商品提供もお受けしています。ご用命はtwiter DMへお願いします。, miineco106さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 中国KZのハイブリッド型イヤホン「KZ ZSN」をレビュー。Amazon.co.jpでは2,000円台、海外通販サイトなら2,000円を切る低価格のイヤホンです。1BA+1Dのハイブリッド型でこれだけの安さというのもすごいのですが、KZブラ TaoTronicsから7月に登場したインナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホン「SoundLiberty 92」の後継機にあたる「SoundLiberty 88」。 ZSNは安いけれど低音強化のZSN Proに比べてバランスも良く、20~40000Hz再生だったりするので 完全に高級機キラー。 イヤホンレビューサイトの RTHING.comでも KZ ZSNが2019年秋のベスト 激安イヤホンに選ばれています。 音源テスト 中価格帯なのに機能性はスタンダード以上の高コスパ Sound... 今回はTaoTronicsから7月に登場したインナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホン「SoundLiberty 92」を紹介します。 破格の中華イヤホン 2千円台でこのクオリティは凄すぎる | kz zsn レビュー . と思いますよね。 この記事ではかちおが実際に使ってみて本当にオススメできるガジェット5つを厳選してご紹介します。. こんにちは。今回も1BA+1DDイヤホンレビュー編第二章、6回目として先日発売されたKZ ZSNについてレビューをまとめたいと思います。今回はAliExpressのKZ Global Storeから購入しています。現在は(2018年11月4日)amazonでもおなじみのWTSUN Audio(Easy earphone… 前作と比べてどの程度進化したのか、実際に使ってみた印象などを交えな... こんにちは、今回は先日公開したこの記事に引き続きTaoTronicsの完全ワイヤレスについてのレビューしていきたいと思います。 実際に使ってみて感じた使用感と製品の仕様について紹介していきたいと思います。 ブログを報告する, 音場はやや広くなり分離感は変わりませんが、ボーカルが少しすっきりした印象で付属ケーブルで感じた, 低音は量感は変わらずほんの少し締りが増した印象があり沈み込みは浅めのままですが少しすっきりと感じます。. SoundLiberty 79の製品仕様... 以前僕のブログで紹介したデスクライトの記事に登場したTaoTronicsですが、4000円台でクオリティの高い完全ワイヤレスイヤホンが購入できることをご存知でしょうか。 kz zsn ヘッドセットハイブリッド技術1ba + 1dd hifiベースイヤホンヘッドホンスポーツ雑音キャンセルヘッドフォン (マイクなし, グリーン) 【kz zsn レビュー】良かった点 ・低価格とは思えないほど音質が良い. 2020.07.15. | 2020.10.28. earpodsと聞き比べると圧倒的にkz zsnの方が音が良い。 どうも、Ankerが大好き!かちおです。アンカー製品って本当に安くて良いものが多いと思うんですが、本当に革命的な商品がこの「Anker PowerCore Fusion 5000」です。ACアダプターとモバイルバッテリーが一体となっている... HPが誇るハイエンドノートPCの『HP Spectre x360 15』長いこと使用することを見越して、奮発。 定価229,800円だったけどいい買い物したと思ってたよ。ついこの間まではね・・・・・, どうも、かちおです。 現在メインで使用しているイヤホンは白日イヤホンことKZ AS06です。 物凄く良い音で気に入ってはいるのですが、長時間付けてると耳が痛くなることが判明。 付属のイヤーピースが自分の体質に合っていないのかと思い、 評判の良い「AZLA SednaEarfit Light」を購入してみました。, 耳にかける部分が良い感じにフィットしていて、頭をどんなに振っても外れることがありません。, ブラウンの電動歯ブラシを購入したら効果抜群だった件【Braun Oral-B レビュー】, 「BenQ EW2780U」レビュー | 画質がとても綺麗で魅力的な4Kモニター!. こちらの後継機... 今日はスマートウォッチで有名なウェアラブルメーカーMobvoiから先日新登場した完全ワイヤレスイヤホン「TicPods ANC」について、使ってみた感想など話していきたいと思います。 普段はAirPodsもしくはEarPodsを使っているのですが、もう少しイヤホンで遊んでみたくなりました。安価なイヤホンを調べていくと、どうやらKZというメーカーが出している中国製のイヤホンが人気の様子。中華イヤホン入門にピッタリと多くの人が太鼓判を押している「KZ ZSN」が気になったので早速ポチってみました。, こんな感じで台紙にささっている状態。イヤーピースに若干ゴミがついてて汚いのが気になる。ようやく中国らしさが垣間見えたか。, 同梱物・イヤホン本体(Mサイズイヤーピース付き)・ケーブル・説明書・イヤーピース大・中・小各1セット, EarPodsと聞き比べると圧倒的にKZ ZSNの方が音が良い。AirPodsと聞き比べても遜色ないというかむしろZSNの方が良い音がする気がする。この価格で、この音質はヤバすぎるでしょ。ダイナミックドライバー搭載というだけあって、低音はかなりしっかり出ているので、安いイヤホンによくあるシャカシャカした感じは全くない。ドンシャリ系といわれるイヤホンではあるが、中音域や高音もしっかりでているので、非常に音が鮮明で聞きやすい。, フェイスプレートもアルミ製ということで高級感があります。少し暗めの落ち着いた色合いで、なおかつメタリック。ほんとカッコいい。, 透けたグリーンの色合い、個人的にはかなり気に入っています。ステム部分もゴールドの色合い。緑と金って相性良いですよね。高級感が漂っております。2,000円なのに。, 装着したところこんな感じ。耳にかける部分が良い感じにフィットしていて、頭をどんなに振っても外れることがありません。, 何が良いって、値段ですよ。2,000円でこのルックス、この音質は反則レベル。このイヤホンの存在を知らない人は多いと思いますが、音楽を楽しみたい人には本当にオススメしたい。, いや、ほんとに不満がない。この値段で文句を付けられるところがない。2,000円で買えるイヤホンとしては文句なしに質の良いイヤホンだと思います。, 本記事は「【コスパ最強】KZ ZSN レビュー 2000円なのに音質良すぎ&かっこよすぎる中華イヤホン」について書いてきました。安くて質に良いイヤホンをお探しの方に超オススメのイヤホンです。今までiPhoneに付属していたearpodsしか使ってこなかったという人にもぜひオススメしたい。これからイヤホンの沼にハマってしまいそうで怖い・・・ではまた、かちおでしたー。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 当ブログ『かちおテック』運営 / 主にガジェット、スマホ、PC、家電などを解説 / 特に PS4、Nintendo Switch、Androidスマホ、洋画、音楽、ワインが好き / 3児の父, 今まで24インチのモニターを二つ所持してデュアルモニターで使用していたのですが、もう少し大きいモニターが欲しくなってきました。 憧れたウルトラワイドディスプレイの購入を検討していたのですが、以前から気になっていた「BenQ EX2780Q」がAmazonアウトレットで格安で販売されているのを見つけてしまったので、即ポチってしまいました。, スマートフォンを購入するとき、皆さんはどこで購入しますか? おそらく、大手の携帯会社かMVNO会社で購入する方が多いかと思います。 あまり選択肢になかったかもしれませんが、実はAmazonでもSIMフリーの格安スマホを購入できるんです。 そこで、今回はAmazonで購入できる本当に安くて使える格安スマホをご紹介します!, どーも、最近Amazonだけでなく中国から直買い(Aliexpress)にはまってるかちおです。 ネット上にたくさんの商品であふれている中で、本当にいいものを手に入れたい!