仕組み上、従来は割引のための証明書提示が必要な券種については購入できなかったが、同社がMV50型端末を遠隔監視操作可能な係員操作型端末を開発したことにより、オペレーターが割引証を確認することで発券が可能になった。, JRシステムの開発・運用の拠点。鉄道総合技術研究所(JR総研)の国立研究所に隣接している。JR中央線国立駅(北口)が最寄り駅。, センターの屋上には、2017年3月まで赤い大きな電波塔が建っていた。このアンテナはかつてマルスデータ通信網の一翼を担い、マイクロ波を送受信していた。その後、光ファイバーなどの普及により、その役目を終えたが、その後も携帯電話のアンテナとしての役割を果たしていた。, センター内部にはかつてマルスのホストコンピュータが置かれ、全国のJRグループの指定座席の情報が一元化されていたが、現在は大規模災害対策の一環として、別の場所にあるデータセンターに移されており、その監視業務を行うにとどまっている。, CYBER STATION(サイバーステーション)とはJRシステムが運営するインターネット・サービス・プロバイダ事業である。前身はパソコン通信の「PC-STN」。, CYBER STATIONスタート当初、「CYBER EXPRESS」(サイバー・エクスプレス)と呼ばれる専用ソフトウェアを用いたパソコン通信時代のサービス色が濃く、インターネット接続・閲覧は付属サービス的であった。また、ウェブブラウザは使えるが、電子メールクライアントは使えない(インターネット経由のメールはCYBER EXPRESSで読み出さなければならなかった)、ユーザー独自のウェブサイト(ホームページ)スペースがない代わりに、メンバーズスクウェアというウェブページをアップロードして公開する掲示板的サービスがあるなど、特殊色も強かった。, 2020年現在では、専用ソフトウェアは不要になり、独自メールアドレスが利用できるようになり、一般的な電子メールクライアントが使えるようになり、ユーザー独自のウェブサイトスペースも使えるようになるなど、一般的なインターネットサービスが標準となっている。, 指定席予約状況などが無料で確認できるJR CYBER STATION(ジェイアール・サイバーステーション)があるが、これはCYBER STATION紹介への役割もあった。, ユーザーのメールアドレスは、hogehoge@cyberstation.ne.jpではなく(独自メールアドレスが設定できなかった時代においては有効であったが、2020年現在はCYBER STATION事務局以外は使用できない)、hogehoge@hoge.jrnet.ne.jpとなっているのは、JRシステムがマルスの基幹通信ネットワーク(JR-NET)を運用しているためである。また、.jrnet.ne.jpの前のhoge(メールサーバ名)が東海道新幹線・山陽新幹線の列車名に由来するスリーレター(kdm、hkr、nzm、max)を用いている。, 大きな特色として、インターネットからJR全線の列車の指定席予約が行えるサービスがある。これはJRではPC-STN時代から長らくパソコン通信・インターネット上で列車予約が可能な唯一のサービスであり、プロバイダ加入時の大きな特典であった。, しかしその後JRグループ各社(JR東海の在来線を除く)がそれぞれ列車指定席予約サービスを始め、それらのサービスが, など優位性が存在するのに対し、CYBER STATIONでの予約は基本的に「プッシュホン予約」(2013年1月31日終了)を踏襲したサービスであるために、, といった弊害もある。当サービスは、全国どの窓口であっても受け取りが可能であり、全国のほぼすべての列車を予約可能であるため、その点においては旅客にかかる負担は少ない。, 朝日新聞 1986年12月09日夕刊「分割・民営化第1号 「鉄道通信会社」など国鉄出資の2社設立」, 朝日新聞 1987年03月05日朝刊「国鉄新会社の承継実施計画、「貨物」の債務は半分に」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=鉄道情報システム&oldid=79993668, クレジットカードが必須ではないサービスも、JR北海道管内列車限定の「JR北海道電話予約センター」、JR西日本・四国・九州管内列車限定の「5489サービス」(JR西日本)「JR九州電話予約センター」(JR九州)のそれぞれ限定的な電話予約サービスのみである。. 1987年 4月1日に、「マルス」をはじめとするコンピュータ システムの運用・管理業務を日本国 … Copyright © 2020 en-japan inc. All Rights Reserved. 株式会社JR東日本情報システムの評判・口コミ | 転職・採用情報ページです。株式会社JR東日本情報システムで働く社員や元社員が投稿した、給与・年収、勤務時間、休日・休暇、面接などの評判・口コミを61件掲載中。エン ライトハウスは、株式会社JR東日本情報システムへの転職・就職活動をサポートします!, 株式会社JR東日本情報システムの「働き方(勤務時間・休日休暇・制度)」を見る(4件), 個人情報の取り扱いについて利用規約ガイドラインヘルプ・お問い合わせサイトマップエンジャパン 会社概要. 掲載している情報は、あくまでもユーザーの在籍当時の体験に基づく主観的なご意見・ご感想です。LightHouseが企業の価値を客観的に評価しているものではありません。, LightHouseでは、企業の透明性を高め、求職者にとって参考となる情報を共有できるよう努力しておりますが、掲載内容の正確性、最新性など、あらゆる点に関して当社が内容を保証できるものではございません。詳細は 運営ポリシー をご確認ください。, 女性の働きやすさ:・時短勤務はできるし、育休もとれる。育休をとった女性が非難されるような状況は当然ない。その点では社員の意識は教育されている。・フレックス勤務であるため、子どもの送り迎えのために、朝早くきたり夕方早く帰ったりとある程度の自由はある。・中高年世代は男性のほうが多いが、役職についている女性も多くいるため、性別によって昇進しづらいということはないと思われる。また、新入社員は男女比6:4ぐらいであり、女性の比率も増えてきている。, 働きがい:【女性の働きやすさ】産休、育休の制度は整っており出産しても働きやすい環境である。まわりにもママで働く人はたくさんいる。, 仕事内容:・主に上流工程(要件定義、基本設計)を手掛けている会社柄、若いうちからシステム設計に携われる。・人材不足であり、どのプロジェクトもシステムを開発するための頭数を揃えられずにいるが、その分、個人の裁量は大きい。・これまでは親会社が欲しいシステムを開発するというスタンスだったが、最近は弊社主導でシステムを起案し、親会社に向けて提案する例もでてきた。また、自ら提案すればそのための予算を取得し、PoCを行うこともできる。, オフィス環境:・お昼休みになると電気を消す習慣があり、自席でご飯を一人で食べる人も多いためか、雰囲気も暗い。・エアコンの調整がききづらく、とても暑いときやとても寒いときと両極端なため、仕事がしやすいとはいえない。・駅から徒歩10分程度で若干の不便を感じる。また、大学生が多い地域でもあるため、騒がしく、かつ汚い。・休憩スペースはあるが、会議スペースとして使われることもよくあり、自由に休憩できるスペースとはいえない。・オフィス内は人がいっぱいで、一人一人の空間は狭い。少しでもゆったり座ると、通路を人が通れなくなる。, オフィス環境:・新しいビルであるため、基本的にきれい。エレベーター・通路・トイレ等、全体的に良い。・清掃・ゴミ回収は定期的に行われるためきれい。(おそらくビル側で雇っている。)・ビルの1階にコンビニがあり、また、オフィスキオスクも各階で導入しているため、仕事中にお腹がすいても不便はない。・水やコーヒー等が自由に飲める。・業務で必要なもの(ボールペン、ノート、クリアファイル)は自由に使用できるため、手ぶらでもよい。, 勤務時間・休日休暇:私がいた頃は朝7時半くらいから、夜終電前まで働くといったことはザラであったが、今では繁忙期以外、ほとんど残業がないらしい。有給もかなり自由に取れる。取らないと怒られるくらいであった。組合が機能していることも大きい。, 【en Lighthouse】は、就職・転職を希望するすべてのみなさまにご活用いただける、日本最大級の口コミ・評判プラットフォーム。会社に関する正確かつ質の高い情報を収集し、, BPOソリューションサービスの法人営業(コールセンター運用の提案をお任せします!), 総合職(エリア限定社員)★未経験歓迎!転勤ナシ!各種充実の福利厚生!平均年間休日138日!, セキュリティスタッフ ◎平均月収29万円 ◎プライベートで遊びに出かけるほど、スタッフ同士が仲良し!, エン・ジャパンが総力を挙げて取り組む、人材採用・活躍支援プロジェクトの紹介ページ。, 日本最大級の転職・求人情報サイト。エンの社員が100%独自取材した転職・求人情報満載!, エンジニア向けWebメディア『エンジニアHub』から派生したエンジニア専門求人サイト。, 「エン転職」、「エン派遣」等、エンの求人を、職種・雇用形態・年収など様々な条件で検索!, 年間5,000万ユーザーが利用。会社の口コミや年収・残業時間などが、すべて無料で閲覧出来ます。, 日本No.1のインターン掲載数!大学生向け長期実践型の有給インターンシップ求人サイト。, 回答者:男性 / テクニカルサポート業務 / 現職(回答時) / 中途入社 / 在籍3年未満 / 正社員, 回答者:女性 / 販売・サービス系(ファッション、フード、小売 他) / 現職(回答時) / 正社員, 回答者:女性 / 警備員 / 退職済み(2020年) / 新卒入社 / 在籍3~5年 / 正社員, 回答者:男性 / マネージャー / 現職(回答時) / 中途入社 / 在籍11~15年 / 正社員, 回答者:女性 / 企画・事務・管理系(経営企画、広報、人事、事務 他) / 現職(回答時) / 正社員, 回答者:男性 / 警備 / 現職(回答時) / 新卒入社 / 在籍3年未満 / 正社員 / 警備部 / なし, 回答者:男性 / 総務 / 現職(回答時) / 中途入社 / 在籍21年以上 / 正社員, 回答者:男性 / 倉庫管理 / 現職(回答時) / 中途入社 / 在籍3~5年 / 正社員 / ロジセンター / 担当, 回答者:男性 / 企画・事務・管理系(経営企画、広報、人事、事務 他) / 現職(回答時) / 正社員, 回答者:男性 / 運輸・物流・設備系(ドライバー、警備、清掃 他) / 現職(回答時) / 正社員. 株式会社 jr 東日本情報システム(旧:株式会社 ジェイアール東日本情報システム)資本出資: 2005年(平成17年) 9月: 資本金2,000万円に増資: 2007年(平成19年) 3月: iso9001取得: 2010年(平成22年) 2月 : 社名を株式会社 甲武システムに変更 jr東日本情報システム様 デスクトップ仮想化環境のイメージ . jr東日本では、 社会人採用(プロフェッショナル採用) をしています。 応募に必要な最終学歴は 高卒以上、年齢は37歳まで エントリーできるとあって、とても人気の転職先です。. ステム、ネットワークの提案・開発・運用などを行っている。. 株式会社JR東日本情報システムの口コミを掲載中。「福利厚生:賃貸住宅に住んでいる場合、住宅手当が月7万円支給される。オフィス環境:とても綺麗なオフィスです。会議室が少なく、使いたいときに使用できないこともありま…」などの口コミ満載。 ) は、日本の情報通信事業者。 通称はJRシステム、英語略称はJR Systems。コーポレートカラーはえんじ色。. 鉄道情報システム株式会社(てつどうじょうほうシステム、英: Railway Information Systems Co.,Ltd. 駅や電車内で、社会人採用のポスターを見たことがある人も多いでしょう。 鉄道情報システム株式会社(てつどうじょうほうシステム、英: Railway Information Systems Co.,Ltd.)[4]は、日本の情報通信事業者。通称はJRシステム、英語略称はJR Systems。コーポレートカラーはえんじ色。, 1987年4月1日に、「マルス」をはじめとするコンピュータシステムの運用・管理業務を日本国有鉄道(国鉄)から承継し、JRグループ企業となった。本社は東京都渋谷区(JR東日本本社ビル内)。, 国鉄情報システム部、中央情報システム管理センター、東京システム開発工事局、同国立システム工事所、旅客局中央販売センター、鉄道管理局のうちA局にランクされる局の情報区の全部または一部を母体として、1986年(昭和61年)12月9日に鉄道通信会社とともに設立され、1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化により、国鉄の12承継法人のひとつとしてマルスなどのコンピュータシステム運用管理事業を継承した。JR旅客6社およびJR貨物より一足早い(国鉄の分割民営化は1987年4月1日)1986年12月9日に会社が設立されたのは、国鉄からの引き継ぎに事前の手続きが必要だったためである。正式名称が発表されるまでは「システム会社」と仮称されていた。発足当初の社員は280人、引き継ぎ資産の簿価は170億円だった[5]。なお、国鉄から民間借入金としての170億円の債務を継承した[6]。継承当初はJR貨物のコンテナ管理を行う「エポックス」、車扱貨物の管理を行う「フォックス」も扱っていた。, マルスをはじめとした情報通信を扱うため、届出電気通信事業者(旧一般第二種電気通信事業者)となっている。, 株主は、JRグループの鉄道事業7社(東日本旅客鉄道、東海旅客鉄道、西日本旅客鉄道、北海道旅客鉄道、四国旅客鉄道、九州旅客鉄道、日本貨物鉄道)である。そのため、取締役をはじめとした役員についても各社出身の非常勤役員が在籍する。, 東京都渋谷区の本社を始め、札幌市・仙台市・東京都千代田区・名古屋市・大阪市・高松市・福岡市に支社・営業所を設けているが、国分寺市にある国立事業所(中央システムセンター)の規模が最も大きく、社員の過半数もそこに在籍する。, JRシステムはコンピュータシステムの開発・運用・管理することが主たる業務である。また、鉄道に限らず、トラックなどの運輸・物流業など顧客対象となる業界は多岐にわたっている。, 係員操作型端末と比較して、発券可能な券種は限られている。また、設定をカスタマイズすることで、設置会社や地域によって発券する券種を変えることもできる。 導入後の成果 デスクトップ仮想化によるワークスタイル変革で2年間で約25%のペーパーレス化を実現.