attrメソッドを使って各rect要素に属性値を設定、y属性(縦位置)はデータセットのインデックスを元に指定し、width属性(幅)はデータセットのval1の値を正規化して適用しています。, セレクションメソッドやenterメソッドの動作についてもっと詳しく知りたい方は以下を参照してください。 円弧 circ タイミング関数を例にして、その easeIn, easeOut と easeInOut のグラフを比べると、その効果ががはっきりと分かります。: ご覧の通り、アニメーションの前半のグラフは縮小された easeIn であり、後半は縮小された easeOut のグラフです。結果、アニメーションはそれぞれの効果ではじまり、そして終わります。, 要素を移動させる代わりに、他のことをすることもできます。必要なことは適切な draw を記述することです。, CSS では上手く扱えなかったり、厳密な制御が必要なアニメーションの場合、JavaScript が役立ちます。JavaScript アニメーションは requestAnimationFrame 経由で実装します。この組み込みのメソッドにより、ブラウザが再描画を準備するときに実行されるコールバック関数をセットアップすることができます。通常、それはすぐですが、正確な時間はブラウザに依存します。, また、これはページがバックグラウンドのときは再描画はまったく行いません。コールバックが実行されないからです。アニメーションは一時停止し、リソースも消費されません。これは素晴らしいことです。. また、width属性に指定していたコールバックとheight属性の値を入れ替えます。 この修正によって大きい値のデータほどscale関数を適用すると、小さい数値に正規化されて出力されます。, ・実行結果 yawatosho.hateblo.jp, Katharine_15さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog つまり、“通常の” タイミング関数を取り、“そのラッパーを返す” “変換” 関数 makeEaseOut を使用します。: すると、最初ではなくアニメーションの最後にバウンドするようになります。より自然にみえます。: 上のグラフでは 通常のバウンド は赤色、easeOut のバウンド は青色です。, アニメーションの最初と最後両方でこの効果を見せることもできます。このトランジションは “easeInOut” と呼ばれます。, “easeInOut” 変換は2つのグラフを1つにします: アニメーションの前半用の easeIn と、後半用の easeOut (easeIn の反転)です。. このままでは、目盛り要素を表示するスペースが無いのでまずマージンを設定します。, 目盛りを作成するには、まずd3.svg.axisメソッドを使ってaxisオブジェクト(yAxisCall)を生成します。

タスク バウンドするボールのアニメーション では、アニメーションするプロパティは1つだけでした。ここではもう1つ必要です。:elem.style.left. そこで、attrメソッドで適用しているrect要素のheight属性を「正規化したデータの値」から「ステージの高さ-正規化したデータの値」に変更します。, ついでなので、イベント実行時にグラフを動的に変化するようにしてみます。 ブログを報告する, "https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/Chart.js/2.2.1/Chart.js", 色の組み合わせ方を身につけよう: 棒グラフや円グラフなど、データをビジュアル化した際に効果的な配色 | コリス, Chart.js | Open source HTML5 Charts for your website, 凡例をクリックすると該当の項目が非表示になるので、項目間を比較するのにも便利です。, せっかくなので、コードを置いておきます。ご自由にカスタマイズしてお使いください。申し訳有りませんが、自己責任でお願いします。 (, 同じ要素の中の最後の項目の文末には","(カンマ)をつけません。きちんと動かないときは大体必要なカンマが抜けているか、必要でないカンマがついているかのどちらかということが多いです。. 高さ200px、幅300pxに指定しています。, データの値を正規化するscale関数を作成します。 この時間は performance.now() を呼び出すことでも得ることができます。, 通常 callback は CPU が過負荷状態になったり、ノートPCのバッテリーがほとんどなかったり、その他別の理由がある場合を除きすぐに実行されます。, 下のコードは requestAnimationFrame での最初の10回の実行時間を表示します。通常は 10-20ms です。, これで、requestAnimationFrame に基づいた、様々な状況に対応することのできるアニメーション関数を作成することができます。. 動的にグラフを変化させる.

年間の統計を出すにはまだちょっと早いですが、昨年作成した入館者数報告のポスターを、最近マイブームのChart.jsでWebサイトでも表示可能なグラフにしてみました。 お使いのブラウザはcanvasに対応していません。 var ctx = document.getElementById("myChart"); var m… この変更によって、各rect要素に設定される値が、x属性(横位置)はデータセットのインデックスを元に指定され、height属性(高さ)はデータセットのval1の値を正規化した値が適用されるようになります。, ・実行結果

こんにちは。年賀状の宛名を作成するため、フリーソフトの「はがき作家あてな」をダウンロードして使っているのですが、縦書きなのに、-(ハイフン)が横になってしまいます。字体をms明朝にするとハイフンは縦になるのですが、私は字体 横向きのグラフが表示されます。, y属性に指定していたコールバックとx属性の値を入れ替えます。 これは、ほとんどのアニメーションのセットアップに使えるヘルパー関数 animate です: もちろん、これを改善して様々なオプションを追加することができますが、JavaScript アニメーションは日常的に使用されるものではありません。これらはなにか興味深いことをする場合や非標準的なことをする際に利用されます。そのため、必要なときに必要な機能を追加するのがよいでしょう。, JavaScript アニメーションは、任意のタイミング関数を扱うことができます。ここでは多くの例を取り上げました。CSS とは異なり、JavaScript アニメーションはベジェ曲線に制限されません。, draw についても同様です。CSS プロパティだけでなく、何でもアニメーションにすることができます。, バウンドさせるには、position:relative をもつフィールド内のボールに対して、CSS プロパティ top と position:absolute を使うことで実現できます。, フィールドの下部の座標は field.clientHeight です。しかし、top プロパティはボール上部の座標のため、下端の位置は field.clientHeight - ball.clientHeight になります。, したがって、top を 0 から field.clientHeight - ball.clientHeight までアニメートします。, あとは、“バウンド” 効果を行うためにタイミング関数 bounce を easeOut モードで使います。, 前のタスク バウンドするボールのアニメーション の答えをソースとして使ってください。. D3 – セレクションの仕組み, ・実行結果

これでひとまず棒グラフ(縦)の完成です.

yAxisCallオブジェクトは出力する目盛りの値を読み込んでいるscale関数を元に生成しているので、scale関数を修正したことによって出力される目盛りも反転され下に行くほど少ない値が表示されるようになります。, 上記の実行結果をよく見るとグラフの値が実際のデータの値と反対になっていることに気付くと思います。

今回は、body要素上でクリックされたら、表示するグラフをval1からval2のグラフへと変化させてみます。, 正規化する対象をデータセットのval1からval2へと変更するため、スケールの適用範囲を「ゼロからval2の最大値」へと更新します。, さらに、目盛りの表記をval1に対するものからval2に合わせたものへ変更するのために、xAxisオブジェクトに再度yAxisCalオブジェクトを渡して更新します。, ・実行結果 shimizu の投稿をすべて表示, 群馬・東京間を行き来する出稼ぎContent Developerです。GIS(地理情報システム)・データビジュアライゼーション・オープンデータなどについて書いてます。.

ここまでのコードを実行した結果が以下です。
クリックイベント発生後の実行結果が以下です。 前回、attrメソッドを使って指定したクラス名を元にpaht要素とline要素にスタイルを適用します。, 先ずはscale関数のrange(出力範囲)を反転します。 ついでなので、イベント実行時にグラフを動的に変化するようにしてみます。 今回は、body要素上でクリックされたら、表示するグラフをval1からval2のグラフへと変化させてみます。 | グラフの内容がデータセットのval2の値を元にしたものに変更され、目盛りもそれに合わせた値に変更されています。, val1グラフからval2グラフへの変更の際にアニメーションされるようにコードを修正します。 今回作成したscale関数は「ゼロ〜データ(val1)の最大値」間の値を、「ゼロ〜ステージの高さ」までの値に変換します。, svg要素に対して架空のrect要素を選択し(この時点ではまだドキュメントにrect要素は存在しない)、データセットを束縛して足りないrect要素を追加します。 bounce 関数はそれと同じことをしますが、始まる順序は逆です。なお、このために必要な特別な係数はほとんどありません。: ここまでで様々なタイミング関数があります。これらは “easeIn” と呼ばれます。, アニメーションを逆の順序で表示する必要があることがあります。これは、“easeOut” 変換で行います。, “easeOut” モードでは、timing 関数はラッパー timingEaseOut の中に配置されます。.

年間の統計を出すにはまだちょっと早いですが、昨年作成した入館者数報告のポスターを、最近マイブームのChart.jsでWebサイトでも表示可能なグラフにしてみました。, 慣れている方は、簡単に使えると思いますが、自分がさわっていて、つまりやすそうだなと思ったところを記しておきます。, yawatosho.hateblo.jp

JavaScript アニメーションは CSS ではできないことを扱うことができます。, 例えば、ベジェ曲線とは異なるタイミング関数を用いて複雑な経路に沿って移動したり、canvas 上でのアニメーションなどです。, HTML/CSS の観点からは、アニメーションはスタイルプロパティの段階的な変更です。例えば、style.left を 0px から 100px に変更すると、要素が移動します。, そして、もしそれを setInterval の中で増加させるとき、毎秒 50 回の小さな変更を加えることによって、その変化はなめらかに見えます。これは映画館と同じ原理です。: 毎秒 24 以上のフレームがあれば十分に滑らかに見えます。, もしそれらを別々に実行し、それぞれが個別に setInterval(..., 20) を持っていると、ブラウザは 20ms 間隔よりもっと頻繁に再描画をする必要があります。, 各 setInterval は 20ms 毎に一回トリガしますが、独立しているので 20ms の中に複数の独立した実行があることになります。, これらの複数の独立した再描画は、ブラウザの再描画を簡単にし、CPUの負荷を減らしてよりなめらかに見せるためにグループ化すべきです。, 心に留めておくべきことがもう一つあります。CPUが過負荷になっている場合や、その他再描画をあまりしなくて良い場合があります(ブラウザタブが非表示になっているようなとき)。そのため、本当は20ms毎に実行すべきではありません。, しかし、それを JavaScript ではどうやってしるのでしょう? 関数 requestAnimationFrame を提供する標準の アニメーションタイミング があります。この関数は、これらすべての問題及び、その他多くのことに対応しています。, これは、ブラウザがアニメーションをしたい最も近い時間に callback 関数を実行するようスケジューリングします。, もし callback の中で要素を変更すると、他の requestAnimationFrame コールバックや CSS アニメーションと一緒にグループ化されます。これにより、配置の再計算と再描画がそれぞれではなく1回でまとめて行われます。, callback は1つの引数を取ります – ページロードの開始からの経過時間のマイクロ秒です。 JavaScript アニメーションは、任意のタイミング関数を扱うことができます。 ここでは多くの例を取り上げました。 CSS とは異なり、JavaScript アニメーションはベジェ曲線に制限されません。 水平座標は別の法則(“バウンド” ではなく、徐々にボールを右にシフトする)で変化します。, 時間関数として linear も使えますが、makeEaseOut(quad) などの方がはるかによく見えます。, 私たちはこのオープンソースプロジェクトを世界中の人々に提供したいと考えています。このチュートリアルの内容をあなたが知っている言語に. transitionメソッドを間に挟むだけなので簡単です。, とある会社の社内SE。サーバ管理したり、自動組版のスクリプト組んだり、サイト作ったりして生きてます。駆け出しMacユーザー。デザイン&JS勉強中 グラフが上から下へ向かって表示されるようになりました。, 後ほどグラフの向きを反転(下から上へ向かって表示)させますが、その前に次は目盛り軸を作成します。, 今回は目盛りをグラフの左側に表示します。 アニメーションの場合、特定の x の値で使用します。これは x = 1.5 の例です: ボールを落としたと想像してください。それは落ちて後何度か跳ね返ってから停止します。.
このsvgタグが今回グラフが表示されるステージとなります。

コードを修正して実行した結果が以下となります。 昨年末、ブログレイアウトのリニューアルのために去年書いた記事を見直していたのですが、よくよく考えてみると棒グラフとか折れ線グラフとかD3を使った基本的なグラフの作成方法について記事を書いたことが無かったな、ということに気付いたので改めてD3についておさらいしていくことに決めました。, まずは、body要素のなかにsvg要素を設置します。

サイト内検索を設置したのですが、テキストBOXの縦幅が変更できず困っています。横幅は、
その後、svg要素にg要素(グループ要素)を一つ追加し、callメソッドに作成したyAxisCallオブジェクトを渡します。, 表示されている目盛りをスタイルシートを使用して見た目を変更します。