破損したパソコンにWindows7を再インストールする場合、Windows7のISOファイルが必要になります。Windows7のISOファイルは無料でダウンロードできますので... 格安SIMを利用している人のうち、色々ある中からLINEモバイルを選択して利用している人も少なくないでしょう。そのLINEモバイルで電話やネットワークが繋がらないという人向け... Windows10のファイルを別所へコピーすると「Thumbs.db」というファイルが見つかることがあります。作成した覚えがないため不安を感じた人もいると思います。この記事で... パソコンを利用時、NumLockが入ってしまう、逆に解除されてしまうことでキーボードで思ったような入力ができないことがあります。テンキーの入力を切り替えられるNumLockの... Chromeを利用している際、Webサイトに接続できる「ERR_CONNECTION_RESET」が表示されることがあります。この「ERR_CONNECTION_RESET」... タスクマネージャーの中のプロセスの一つに「dwm.exe」があります。この「dwm.exe」が原因でメモリ使用量が高くなり、Windowsの動作が重い/遅いこともありますが、... Windows10をアップグレードした際、「Windows.old」というフォルダが作成されます。この「Windows.old」とはどういうものなのか、削除してももない無いの... Google Playでアプリ課金などをしようとした際、「DF-DFERH-01」というエラー表示がされて先へ進めないことがあります。「DF-DFERH-01」のエラーとは何... Amazonでの支払いをクレジットカードにしている人もいると思いますが、セキュリティ上の問題など様々な理由でクレジットカードの情報を削除したい人も多いはず。この記事ではAma... Windowsの権限にはいくつかランクがあります。そのうちの1つに「TrustedInstaller」があり、この権限のものを変更することはできません。「TrustedIns... Word(ワード)のページが複数ある仲、一部のページを後から入れ替えたくなった事はありませんか。Word(ワード)でページの入れ替えを行う方法には皆さんご存知のもの、知らない... iPhone等を利用中「Apple ID サインインが要求されました」という通知が来ることがあります。この「Apple ID サインインが要求されました」の表示を見てヒヤッと... WindowsやMacなど、所持しているPCのパーツ交換時確認の必要があるマザーボード。そもそもマザーボードとは何なのか、という話も含め、PCのマザーボードを確認する方法とは... Windows10 PCでWi-Fi接続時に、トラブルシューティングツール実行後などに「有効なIP構成がありません」と表示されることがあります。「有効なIP構成がありません」... Windows10を利用している際、パソコンの動きが著しく遅くなる、メモリ不足のエラーが表示されるなどメモリ不足によってイライラすることも多くあります。Windows10のメ... WindowsでUSBメモリを入れた際「USBデバイスが認識されません」と表示されて認識しないときがあります。「USBデバイスが認識されません」と表示されてUSBメモリを認識... Google Chrome利用時に「ERR_CONNECTION_REFUSED」のエラーが表示されることがあります。この「ERR_CONNECTION_REFUSED」が表... Windowsパソコンでアプリケーションを立ち上げた際、「MSVCP140.dllがない」という文面のエラーが表示されることがあります。この場合に「MSVCP140.dll」... LINEのプロフィール画像を変更したいと思っていても、LINEを始めたばかりの人は変更方法を知らない人が多いでしょう。この記事ではそんな人のために、LINEのプロフィール画像... Androidスマホを充電中に「低速充電中」と表示されることがあります。この「低速充電中」表示がなぜ起きるのか、その解除方法はあるのか疑問に思っている人いるでしょう。この記事... iPhoneの自動ロック設定を変更できないときの原因と対処法!のページです。AppliWorld[アプリワールド]はLINE/Instagram/Facebook/Twitter/動画配信サービスを始めとするスマホアプリやiPhone/Androidスマホなどの各種デバイスの使い方・最新情報を紹介するメディアです。. この自動ロック機能は、iPhoneの使用モードやインストールしたアプリの影響によって、スリープまでの時間設定が変更できないケースが発生します。, まず、iPhoneを低電力モードを使っている場合です。低電力モードでは、バッテリー消費を抑えるためにバッテリー設定の自動ロックタイマーが30秒に固定され、変更ができません。, 「おやすみモード」とは、iPhoneへの通知や着信を知らせないようにするためのモードです。所定の時間を設定し、着信、通知をしないようにすることができます。おやすみモードが機能している時も、自動ロックのタイマー設定ができないケースがあります。, 自動ロックは、iPhoneを一定時間でスリープ状態にしてセキュリティーを確保するという目的があります。スリープモードに移行するタイマー設定は「なし」にもできますが、これは手動操作でスリープモードにするのを忘れた時に閲覧されるリスクがあります。 この場合、元通り自動ロックのタイマーを変更できるようにするには、バッテリー設定で低電力モードの解除が必要です。, 自動ロックのタイマー変更できない原因が、低電力モードによるものかどうかは、iPhone画面右上のバッテリー表示を確認すればわかります。通常「白色」の電池マークが「黄色」になっている場合、低電力モードです。, iPhoneのホーム画面から設定アプリを開き、設定アプリ画面を下へスクロールして、「バッテリー」をタップします。, バッテリー設定画面が開くので、「低電力モード」をタップして「オフ(白)」に変更します。, 以上で低電力モードが解除され、自動ロックのタイマー設定が変更可能になります。なお、自動ロックのタイマーを30秒以外に変更して低電力モードを使用することはできません。, おやすみモードの使用中も、同様に自動ロックの設定が変更できないケースがあります。この場合も、低電力モードと同様、おやすみモードを解除すれば解消されます。, 「おやすみモード」の解除は次の手順で行います。ホーム画面から「設定アプリ」をタップし、「おやすみモード」をタップします。, おやすみモードメニューが開くので、「おやすみモード」と「時間指定」をタップして「オフ(白)」に切り替えます。, 以上でおやすみモードの解除され、自動ロックが元通りに設定可能になります。時間設定も合わせてオフにしておくことを忘れないようにしましょう。, 基本的にはiPhoneのモードを通常モードに戻せば、自動ロックは元通り使用できますが、その他にも何らかの原因で設定変更できないケースがあります。 おやすみモードを解除する; アプリをアンインストールする; iOSを最新状態にアップデートする; iPhoneの自動ロックに関する注意点. ここでは、前述の方法を試しても、設定変更ができないケースと、その対処法をご紹介します。いろいろな方法を試しても改善されない場合の方法として、iPhone様々な動作不良に対して有効と考えられる手順も合わせてご紹介します。, iPhoneにインストールしたアプリの影響で、自動ロックのタイマー設定に「なし」を選択できなくなるケースです。Microsoft ExchangeをiPhoneにダウンロード、アカウント作成をすると、自動ロックのタイマー設定に「なし」を選択できなくなります。 iPhoneの音声が勝手にスキップ、音飛びする不具合はiOS11.3やiOS11.3.1でも報告されているので、不具合が改善されないままiOS11.4アップデートがリリースされたことになりそうです。 デバイスの「日付と時刻」の設定を使って、時間帯の変更や夏時間への切り替えを自動調整できます。デバイスで日付、時刻、時間帯が間違って表示される場合や、夏時間への自動切り替えがうまくいかない場合の対処法をご案内します。 iPhoneの電源を落とし、しばらくしてから再起動すると、自動ロック設定が元通りになっている場合がありますので、原因がわからない場合は試してみましょう。, 同様にiPhoneの動作不良を解消する一般的な方法の一つです。次の手順ですべての設定をリセットしてみましょう。「設定アプリ」から「一般」をタップし、メニューの中から、「リセット」をタップします。, 以上、低電力モード、おやすみモードといったiPhoneの仕様によるものから、その他考えられる原因と対処法をご紹介しました。iPhoneの仕様を理解して、自動ロック機能を有効に活用しましょう。. Super Retinaディスプレイを利用するにあたってAppleは“静止画像を最大輝度で長時間表示し続けることは避けてください”と案内しているとおり、同じ映像を長時間表示しないことも … 特定のアプリをiPhoneにインストールした際、そのアプリのセキュリティー仕様の影響で、自動ロックのタイマーを「なし」に設定できなくなる場合があります。, 低電力モードでiPhoneを使用している場合は、の自動ロックのタイマーを30秒から変更することができません。設定変更画面では上の画像にように「自動ロック」の項目がグレー文字表示になり、タップしても操作が効かない状態になります。 どうしても自動ロックタイマーを「なし」で設定したい場合は、アプリをアンインストールし、アプリ仕様の影響を無効化しましょう。, 過去に「iOS11へのバージョンアップに伴い、自動ロック設定変更ができなくなった」という不具合が報告されています。 こちらの設定も、iPhoneの「設定」→「画面表示と明るさ」→「自動ロック」で秒数を変えることが可能です。自動ロックまでの時間を短くすると、画面焼け予防になるというメリット以外にも、バッテリー持ちが良くなるというメリットもあります。 対策は自動ロックとインターネット共有設定の変更. この記事では、iPhoneで自動ロックの設定を変更できない場合の原因と対処法をご紹介します。iPhoneのモード設定に伴うケースから、それ以外に考えられる自動ロック設定が変更できない原因と対処方法を、具体的な手順をあわせてわかりやすくご紹介します。 うならどっち?, SIMフリーを徹底解説!2020å¹´11月のおすすめSIMフリースマホ. お使いのiOSバージョンを確認し、iOS11であればこの可能性が考えられます。対処法は、iOSを最新バージョンにアップデートすることです。, ストレージ容量がいっぱいの場合、動作が正常に行われない可能性があります。次の手順でストレージの空き容量を確認し、必要に応じて削除してください。「設定アプリ」から「一般」をタップします。, 一般メニューの中から、「iPhoneストレージ」をタップすると、ストレージの使用量が確認できます。, ストレージ容量がいっぱいの場合、不要なデータを削除するなどして、空き容量を確保しましょう。, iPhoneの動作不良の原因として、何らかのアプリが影響している可能性があります。iPhoneにもともとインストールされている標準アプリ以外を一旦削除してみましょう。, 再起動は、iPhoneにかかわらず、電子機器の動作不良時の対処法として一般的な方法です。また、iPhoneの自動ロック機能に関わらず、再起動は有効な場合があります。 設定 → 画面表示と明るさ → 自動ロック で、自動ロックの時間を何度か切り替える。 音量(大)ボタン → 音量(小)ボタン の順に素早く押し、続けて 電源/スリープボタン をAppleのロゴが表示されるまで … この記事では、iPhoneで自動ロックの設定を変更できない場合の原因と対処法をご紹介します。iPhoneのモード設定に伴うケースから、それ以外に考えられる自動ロック設定が変更できない原因と対処方法を、具体的な手順をあわせてわかりやすくご紹介します。, 自動ロック機能とは、iOS9以降に搭載されたiPhoneの機能で、一定時間操作をしなかった時にiPhoneを自動でスリープ状態にするものです。ロックされるまでのタイマーは、最短30秒、以降1分から~5分までの1分間隔で、自分の好きな長さに設定できます。 iPhoneのバッテリーの電池持ちが悪いと感じることはありませんか?実はどれくらいの残高があ... iPhoneにはメールや着信が届いても振動や音などが出ないようにする「おやすみモード」という... モデルやOSのバージョンによって電源のoffにする方法が違うiPhone。強制的に電源をof... みなさんはiPhone(アイフォン)の液晶画面が割れたときはショックですよね。みなさんはiP... みなさんはiPhoneを使っていますでしょうか。iPhoneのバッテリー交換はどこで交換する... 皆さんカメラを向けるだけ・もしくは写真をとるためで翻訳できる翻訳アプリがあるのをご存知ですか... iPhoneをデータを移行する場合によく使用されるのが、パソコンを使ってバックアップを作成し... iPhoneの使用モードやインストールしたアプリの影響によって、スリープまでの時間設定が変更できないケースが発生, おやすみモードが機能している時も、自動ロックのタイマー設定ができないケースがあります, アプリのセキュリティー仕様の影響で、自動ロックのタイマーを「なし」に設定できなくなる場合, 低電力モードでiPhoneを使用している場合は、の自動ロックのタイマーを30秒から変更することができません, 自動ロックのタイマーを変更できるようにするには、バッテリー設定で低電力モードの解除が必要, Microsoft ExchangeをiPhoneにダウンロード、アカウント作成をすると、自動ロックのタイマー設定に「なし」を選択できなくなります, iPhoneの電源を落とし、しばらくしてから再起動すると、自動ロック設定が元通りになっている場合があります. 方法1:自動ロックがオンになっているかどうか、または自動ロックが「なし」に設定されているかどうかを確認します。 次に、「設定」>「画面表示と明るさ」>「自動ロック」に進み、時間を設定します。 iPhoneでは数分間操作がないときに自動的にスリープ状態になる『自動ロック』機能が備わっています。バッテリーを長持ちさせるためには大変便利な機能なのですが、自動ロックされるまでの時間があまりにも短いと、逆に煩わしく感じるユーザーもいると思います。 低電力モードでは時間が変更できない; 解除するなら限られたシーンで利用する 自動ロックを短くする. iPhoneの自動ロックができない場合の対処法. iPhoneで急いでメッセージを送らなきゃいけないのに、「あれ?文字入力がおかしい!」と困ってしまった経験はありませんか? 送りたいメッセージがあるのに、おかしい文字入力のせいでメッセージの送信を邪魔されてしまうとイライラしてしまいますよね。 「設定」→「画面表示と明るさ」→「自動ロック」へ。 ロック中になるまでの時間を30秒~なしまで選択できます。 最短の30秒にしておけば、すぐロック状態になるので、通話後に急いでスマホをバッグにしまったとしても誤作動を防ぎやすくなるでしょう。