手書きができるApple Pencil対応のiPadは徐々に増えていますが、持ち運びのしやすさと操作性の良さから、私はiPad Proの11インチを … 日本では3月30日に発売された第5世代目となる「iPad mini」。その実力はいかに。, 突然だが、この3つがテック系記者である筆者が、モバイルPCに求める3大要素だ。そして、この3つはさまざまな働き方が求められる現代においては、記者に限らずビジネスパーソンなら誰しも重要視すべき要素だろう。, 先日、アップルから発売された第5世代「iPad mini」を購入した。筆者はもともと紙媒体の編集部にいたため「12.9インチ iPad Pro(第2世代)」などを使っていたが、さかのぼれば初代iPad miniも購入していた。つまり、個人所有するものとしては実に約6年ぶりのminiということになる。, 詳しいスペックは発表時にまとめた記事などを見て欲しいが、購入してから約4週間使ってみた感想としては「片手で持てるサイズとは思えない万能感・実用度がある」だ。, 狭額縁がウリの「iPad Pro」もカッコイイが、個人的にはこのように持ったとき指で画面が隠れないので額縁はあってもいい。, 標準の「Apple Books」でも、アマゾンの「Kindle」でも好きな電子書籍ストアのアプリを入れればいい(写真は夏目漱石著「坊っちゃん」)。, Macを持っていて、同じApple IDを登録しておけば、テザリングもMac側からオンにして接続できる。, iPad mini(第5世代)は「Assisted GPS」「GLONASS」「携帯電話ネットワーク」の3要素で位置を測定する。, レンズの明るさを示すF値は2.4。最新のiPhoneやiPad Proと比べると決して高性能とは言えない。, 写真左が第5世代iPad miniで撮影した写真、右が11インチiPad Proで撮影した写真。, iPad miniはminiシリーズでは唯一、アップルのARプラットフォーム「ARKit 2」に対応。本体が軽いので長い時間使っていても疲れにくい(写真は植物について学べる120円の「Plantale」アプリ)。, この使い方が満足にできるデバイスは、個人的には今まで「Galaxy Note」シリーズしかなかった(写真はEvernoteの無料手書きアプリ「Penultimate」)。, 裏を返せば、これが便利なシチュエーションもある。Apple Pencil(第1世代)は、付属している「Lightningアダプタ」を装着すればiPad本体がなくても充電できる。Apple Pencil(第2世代)ではiPad Pro本体がないと充電できない。, アップル純正のキーボードだとキーストローク(キーを押したときの深さ)が浅いと感じるときもあったが、汎用のBluetoothキーボードなら好みのキーストロークのものが選べる(遅延も気になるほどはない)。キーボード側の電池残量も気にしなくてはいけないのは、やや面倒だが。, このサイズ感で、高性能なデジタルペン、そしてそのペンを使うためのアプリがそろっているタブレットはなかなか存在しない。, 第5世代iPad miniの発表当初、第4世代までのiPad miniと見比べると外観はほとんど変わらず、ただ単にCPUを最新のものにしただけの「マイナーバージョンアップ感」が否めなかった。, しかし、使ってみて第5世代iPad miniは第4世代前までと比べて「道具」として万能さが増したように思える。, これまでのminiは、どちらかと言えばコンテンツを消費するためのデバイスだった。手頃なサイズ感でウェブや電子書籍、動画などを観るだけのものだ。, 一方で、第5世代iPad miniでは、Apple PencilやARKit 2に対応した。これによって「コンテンツ消費に最適」という特徴に加え、クリエイティブな作業や体験が可能になった。, 筆者が愛用するメモアプリ「Penultimate」は、ノート作成時に背景を選べる。7.9インチの画面にこのような背景が広がるとかなり「文房具的」な見た目と体験になる。, 今回のレビューで触れた機能は、どれも「iPad miniじゃないとできない」というものはない。カメラも処理性能も現行の「iPad Pro」シリーズの方が性能は上。より携帯性を重視するなら、iPhoneなどのスマートフォンでも快適に使える。, けれど、これらの機能を「8インチ前後の画面サイズ」で「使いたいアプリがそろっているデバイス」というものは、iPad mini以外はあまり存在しない。しかも、本体の価格も4万5800円(税別、64GB・Wi-Fiモデル)〜7万7800円(税別、256GB・Wi-Fi + Cellularモデル)と、アップル製品の中では買いやすい部類だ。, 軽量、だけど少し画面が大きめのモバイルデバイスが欲しい。手書きもカメラもコンテンツの閲覧も1台で済ませたい。第5世代iPad miniそんな要望にピッタリと合うデバイスだと言える。, 注:この記事では、Business Insider Japan編集部がお勧めの製品を紹介しています。リンクを経由してアマゾンで製品を購入すると、編集部とアマゾンとのアフィリエイト契約により、編集部が一定割合の利益を得ます。, ミヨシ MCO マルチペアリング対応折りたたみBluetoothキ-ボ-ド TOR-BT03, 発売開始の「iPhone 12 mini」がProとの“差”をほぼ感じない3つの理由…日常性能は十分高い, 韓国「辛ラーメン」は「カップヌードル」「マルちゃん」を駆逐するのか。コロナ禍で見えてきた世界市場の行く先, FOXニュースへの復讐? トランプ大統領、ホワイトハウスを去った後はデジタルメディアを立ち上げか, 障害者福祉の実力者が10年超にわたりセクハラ・性暴力。 レイプ未遂や暴言に女性職員ら提訴, 【月曜朝に延期】野口さんも搭乗、イーロン・マスクの「民間宇宙船」が世界の期待を集める理由…そのあまりに苦闘の道のり, iPhone 12 Pro Maxを「画面、大きすぎ?」と感じるのは理由がある…カメラ性能、サイズにみるメリットとデメリット【実機レビュー】, “第2のTikTok”はどれか。世界で過熱する「短尺動画アプリ」最新事情を深掘り…YouTube新機能からトリラーまで, 「ありがとう」からはじめる組織改善。ポジティブ・フィードバックでカルチャーを変える, 伝統的な男女"らしさ"の「区別をあいまいに」あるジュエリー会社のジェンダーフルイドな取り組み, 東大合格を目指すAI「東ロボくん」主導者が持つ危機感とは——現代人は「読解力」が足りない, アクセンチュアが考える「コンサルタントに必要な能力」──全ての本部にデジタル人材を再配置した理由, Copyright © 2020 Mediagene Inc. All rights reserved. 1 iPad miniで手書きメモをとること【後編】 1.1 実際に使っているiPadアプリ. 新型iPad mini(第5世代)はApple Pencilに対応した事も話題になりました。片手で持てるiPad miniを使い、イラストを描いたり、PDFファイルに手書きメモを残したい。そんな使い方をイメージする方も多いのでは? しかし…Apple Pencilは11,664円(税込)と微妙に高いんですよね。 Registration on or use of this site constitutes acceptance of our. 1.1.1 iPad miniとの相性は; 1.1.2 Penultimate専用ペンもある; 1.2 デジタルで書くことのメリット. 前世代の「iPad mini 4」が発売されたのが約3年半前。価格.comの売れ筋ランキングを見ると、発売から1年以上が経過しても常に20位前後で推移しており、一定の人気をキープしていることがわかる。都内で電車に乗れば、iPad miniで小説や漫画を読んでいる人をときどき見かけるし、スマホ代わりに乗り換え案内をチェックしている人や調べ物をしている人もいる。 人気の理由は、なんと言ってもサイズ感だろう。画面サイズを見 … 手書きメモアプリを使う前にApplePencilを同期しておきましょう。 iPadのBluetoothをオンにして、Lightning USBコネクタに差し込めば即座に接続できます。 そしてアプリを立ちあげてから、罫線や方眼紙を背景に設定しておきましょう。 初期状態では無地なので罫線があるとメモをとりやすいです。背景は消しゴム機能で消えないので安心して使えます。 ここまでの準備を済ませておけば、アプリを立ち上げた際にすぐ書き込める … 基本的過ぎる内容ですが、まずはiPadの手書き手帳化に必要なものをご紹介します!もう環境は整ってるよ〜という方は飛ばしてくださいね。 Apple Pencil対応のiPad. 第5世代iPad miniの発表当初、第4世代までのiPad miniと見比べると外観はほとんど変わらず、ただ単にCPUを最新のものにしただけの「マイナーバージョンアップ感」が否めなかった。 しかし、使ってみて第5世代iPad miniは第4世代前までと比べて「道具」として万能さが増したように思える。 …