1 商談・会議時に役立つ議事録作成用アプリ. 3.2 議事録も作成できる高機能なノートアプリ「Evernote」「Dropbox paper」「Onenote」 3.3 エンジニア向けの開発会議で議事録が作成しやすいアプリ「Qiita:Team」 4 [参考]議事録作成ツールの紹介記事; 5 まとめ これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。. iPadを購入したら、色々と仕事で役に立てようと考えるがアプリが多すぎて、どのアプリを定番化させて使ったら良いのか迷ってしまうんですよね。 ※掲載されている価格は記事掲載時のものとなります。税込価格に関しては、消費税の税率により変動することがあります。, Copyright (c) Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 会議をする度に作成する議事録ですが、どのように作成し、全体に共有していますでしょうか。, 多くの方は、会議中にメモを取り、会議後にWordなどでまとめて社内に展開されているのではないかと思います。, しかし、クラウド上で会議中に議事録を完成させることで、リアルタイムで共有することが可能になり、作成に要する時間を削減することができます。, 議事録作成に限らず、普段の業務でも利用できるアプリもありますので、是非参考にしてみてください。, 議事録作成アプリを使えば、会議中に議事録の作成ができるだけでなく、そのままリアルタイムでの共有が可能です。, そのため会議後の作成に時間をかける必要もありませんし、その場で会議内容に関して認識合わせをすることもできます。, スマホからも確認できるようになるため、時間や場所に関係なく、いつでも議事録の確認ができます。, 今までは、会議中にメモを取り、終了後にWordなどでまとめることが多かったのではないかと思います。, しかし、議事録作成アプリを使うことで、会議中に簡単に作成することができ、終了までには完成させることが可能です。, しかし、この方法では、添付ファイルを開く手間などもあり、全員に見られることは少ないのではないでしょうか。, 議事録作成アプリを使えば、作成した議事録をすぐに共有することができ、いつでも簡単に閲覧できるため、確認漏れや見逃しを防ぐことができます。, しかし、メールで送りっぱなしの場合や、きちんと管理されていない場合には、どこに議事録があるのか探す手間が発生します。, しかし、議事録アプリを使うことで、クラウド上で管理されるため、必要な時に必要な議事録へのアクセスがすぐにできます。, 「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。, Stockを使うことで、議事録などのストック情報と、タスクを一緒に管理することが可能です。, 議事録等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます, 40ノートまでは無料で利用することができますが、有料プランにすると、ノートを無制限で利用することができるようになる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」なども利用できます。, 有料プランでも1人あたり月額400~500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。, オンラインで共同編集することができるので、会議中に全員が議事録を編集でき、効率的な作業を実現します。, 議事録専用のエディタを搭載していたり、余計な機能はついていないので、誰でも簡単に読みやすい議事録を作成することができます。, GIJIは議事録作成専用のツールなので、情報共有のためのツールとして応用することはできません。, 録音機能があるので、音声を振り返りながら議事録を作成することもでき、会議中のホワイトボードの写真などのファイルもアップロードできます。, パソコン・スマホ・タブレット全てのアプリがあるため、すぐに議事録を確認することができます。, Evernoteは文書作成以外にも様々な機能があり、シンプルなツールを求めている方には向いていないかもしれません。, 文字数をカウントする機能がないため、一回どこかに貼り付けてカウントする必要があります。, Dropbox Paperは、Dropboxユーザーであれば誰でも使うことができるドキュメント作成ツールで、Dropboxユーザーには嬉しいポイントがたくさんあります。, リンクを送ることで共有することができる上に、修正点や質問があればコメントすることもできるため、議事録作成に役立ちます。, 日時、参加者、議題などの議事録作成にひつよな要素がフォーマットとして用意されているため、チーム内で議事録で書かれている要素が違うということを防ぐことができます。, 作成したドキュメントは作成順に表示されるため、情報を見やすくるするためにはフォルダの整理が必要になります。, 無料プランでは2GBまでという制限があるので、ファイルが多くなったり長く使いたい場合には有料プランへのアップデートが必要です。, 最大の特徴は自由度の高さにあり、テキストを書くことはもちろん、手書きメモを作成したり、画像や音声を貼り付けることができます。, オンライン上で編集するので、リアルタイムで同期され保存を忘れてしまったとうことを防ぐことができます。また、共有も簡単なので会議中に複数人で編集することも可能です, ExcelやWordのファイルを貼ればすぐに開くことができるうえに、クラウドサービスの「OneDrive」にデータを保存することもできます。, タグを付けることができないため、すぐに開きたいという場合も検索する必要がありそうです。, スマホアプリを使用する際に起動パスワードがないため、セキュリティが気になる方には向いていません。, Markdown記法に対応しており、簡単に見栄えの良い議事録を作成することができます。Markdownに慣れていなくてもサポート機能があるため、安心です。, 議事録用のフォーマットを作成し、テンプレートして登録することができるため、記載される情報の統一ができます。, エンジニアの方に人気のあるツールのため、非エンジニアの方は使いこなすのが難しい場合もあります。, タグで分類することはできますが、フォルダ構成がないため、ドキュメントが多くなった際には、整理が難しいです。, また、普段の業務で使えるアプリにすることで、日常の情報共有にも役立ち、よりチーム全体の業務効率化に繋げることができます。, 是非、今回ご紹介させていただいたツールを参考にしていただき、会議の効率化を測っていただければと思います。, 議事録も作成できる高機能なノートアプリ「Evernote」「Dropbox paper」「Onenote」. iPad Proのマルチタスク機能を使って、片方にDocument 5を、もう片方にメモアプリなどを開いて、作業することも可能だ。 Document 5は、iPadを購入したら、とりあえずインストールしておきたい無料アプリだ。 自慢じゃ無いで[…], SEO・WEBマーケティングを生業としている管理者が、スマホや最新ガジェットを独自の視点で自由気ままに書き綴っています。2012年からはじめた本サイトもおかげさまで現在では多くの方に訪問していただいております。商品レビューなどをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。, ギークポストへのご訪問ありがとうございます。10万人以上が読んだ「殿堂入り記事」も是非ご覧ください。, iPadを持ったら絶対に入れるべき仕事を効率化させる7つのビジネスアプリを厳選してみた。, マジで買って良かった!「ケルヒャーFC3D」(フロアクリーナー)は間違いなく今年のベストバイ!, 格安SIMなど他社キャリアへMNPするのは本当に得なのか?どうするのが一番安いのかの考察, iPhoneを楽天モバイルUN-LIMIT(eSIM)でデュアルSIM化。最強の環境が出来上がりました!, myBridgeは無料、つながらない、手入力不要のズバリ「最強」名刺管理アプリ!こんなのを待ってました!, スケジューラーに直接書き込むタイプの手書きメモアプリ「Planner」は書き味バツグン!, 【2020年版】050plusの通話品質はビジネス上、運用可能かあらためて試した結果をレビューしてみる。, FTPアカウントのパスワードを忘れたらこの方法で確認ができる!(FFFTPユーザー限定), コピペもバッチリ!Logicoolの「FLOW」でWindowsとMacをひとつのマウスとキーボードで簡単操作!, 応答メッセージを自由に変更できる「スマート留守電」。SkypeなどのIP電話を利用している人に最適!, SynergyはMacやWindowsなど複数のPCを一つのマウスとキーボードで操作できるようにするスゴいヤツ!, いくつものiPad向け手書きメモアプリを利用してきた私が選ぶ、最強のノートアプリ「OneNote」!. 無断転載禁止, 「iPad Air(第4世代)」レビュー。iPad Proより速くて安い万能モデル, Androidタブレット代わりにはありかも! 日本エイサーの「Chromebook Spin 311」を試す, 10.8インチのAndroidタブレット。鬼コスパのファーウェイ「MatePad Pro」レビュー, 「Apple M1チップ」搭載のMacBook Air、MacBook Pro、Mac mini登場, 小さなiPhoneを求めるすべての人へ! 「iPhone 12 mini」レビュー, 【動画】どれだけ小さい?どれだけ大きい? 「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro Max」, KDDIが6万円台のMRスマートグラス「NrealLight」を12月1日から発売, 《2020年》おすすめWi-Fiルーター10機種、古いルーターを使い続けている人は必見!, 「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」キャリア版とSIMフリー版どちらがお得?, 曲がって小さくなる! 折りたたみOLED搭載の「ThinkPad X1 Fold」実機でチェック, カラフルで新デザインの「iPad Air」登場! トップボタンにTouch ID搭載, 子どものPCデビューはコレ!? モジュラー式Windowsタブレット「Kano PC」, アイコス、グロー、プルーム、パルズ を比較! 加熱式タバコの現状まとめ《2020年最新》, HP Slim Desktop S01-aF0103jp 価格.com限定 (Celeron/1TB HDD/8GB/DVD搭載/キーボード&マウス) ベーシック モデル, CPU:インテル Celeron Dual-Core J4005(Gemini Lake) メモリ容量:8GB ストレージ容量:HDD:1TB OS:Windows 10 Home 64bit, iPad Pro 9.7インチ Wi-Fi+Cellular 32GB SIMフリー, iPad Pro 9.7インチ Wi-Fi+Cellular 128GB SIMフリー, iPad Pro 9.7インチ Wi-Fi+Cellular 256GB SIMフリー. アップル「iPad Pro」は、ノートパソコン代わりに使えるタブレット端末の代表的なモデルだ。高性能なのはもちろん、「Apple Pencil」(別売)を使って手書き入力ができ、「Smart Keyboard」(別売)を使ったキー入力もできる。アプリを使えば、パソコンと同じようにマイクロソフトの「Office」やPDFファイルも扱える。新社会人の中には、タブレット端末をパソコン代わりに使おうと考えている人も少なくないだろう(なかにはスマートフォンで済ませてしまう人もいるかもしれないが……)。そんな人にとって、iPad Proはぴったりのモデルと言える。そこで今回は、新社会人やこれからiPad Proを仕事に活用しようと考えているビジネスパーソンのために、iPad Proにインストールしておきたい5つの定番アプリを紹介したい。, 発売から約1年が経過し、価格もこなれてきたiPad Proの9.7インチモデル。一番安価な32GBのWi-Fiモデルの価格.com最安価格は58,377円(2017年3月8日時点)。発売時より14,000円ほど安くなっている。新モデルの噂もあるが、値ごろ感が出てきた今が買い時かもしれない, 「Word」「Excel」「PowerPoint」といったマイクロソフトのOfficeは、仕事で使う超定番アプリだ。iPadには多くのOffice互換アプリがあるが、無料で使える本家の「Office for iPad」を使わない手はない。純正なので、パソコンのExcelで作成した複雑なグラフなども、崩れることなく表示できる互換性の高さが魅力だ。ただし、パソコン版とまったく同じではないので、その点は注意しておきたい。Excelはオートフィルやテーブル、関数まで使えるが、ピポットテーブルの新規追加やマクロの実行はできない。Wordは引用文献や文末脚注の追加と更新、それに文章校正などが利用できない。PowerPointでできないのはビデオやオーディオの追加や更新などだ。, Office for iPadは無料アプリだが、一部の機能は有料のプレミアム版を契約しないと利用できない。ファイルの閲覧・編集といった基本的なことは無料版でもこなせるので、まずは無料版を試して、必要に応じてプレミアム版にするかどうかを判断するといいだろう。, Office for iPadは、機動性を活かして、移動中や外出先で下書きを作成したり、作成済みの文書を修正したりといった使い方が適している。また、「iOS 9」以降に搭載されたマルチタスク機能(「Slide Over」と「Split View」)を使えば、PowerPointで作業しつつ、Excelで作成したグラフをコピーするといった作業も簡単に行える。さらに、iPad ProならSmart KeyboardとApple Pencilを使って、グラフにテキストを挿入したり、手書きで書いた矢印を自動でまっすぐにするといった加工や編集も瞬時に行える(下動画)。, パソコンで作成した手の込んだ図やグラムをほぼ正確に再現できるiPad用のExcel, Wordは無料版でも十分使える機能がそろっている。イメージを埋め込んだWordをiPadで開くと、文字送りがズレることもあるが許容できる範囲だ, PowerPointは、ゼロから作るのではなく、パソコンで作成したファイルを出先で見せるのが主要な使い方になるだろう。細かな文字修正などはできる, ビジネスシーンでは、会議の議事録、上司からの指示、取引先との打ち合わせ内容などメモを取る機会が多い。ペンと手帳、ペンと紙のノート、ノートパソコン、スマートフォンなどメモを取る道具は人それぞれだが、iPad ProとApple Pencilも強力なコンビだ。Apple Pencilは、追従性が高く、細い線も思い通りに引ける。iPad Proに直接差して15秒ほど充電すれば、約30分利用できるのも便利だ。, 文字がきれいなら別だが、手書きの字が汚いと、後から読み返しにくく、共有もしにくいという欠点もある。それを解消してくれるのが「GoodNotes」(960円)というメモアプリ。手書きの文字を瞬時にテキスト化してくれるのがポイントで、その精度も非常に高い。テキスト化したものは、「メモ」アプリに保存したり、メールで送ったりできる。テキスト化しておけば、後から確認するのも簡単だし、編集も共有もしやすい。メモアプリとしての機能も充実している。まず、文字入力用の専用パネルを備えており、1マスに1文字をきれいに収めたいといった几帳面な方にもピッタリ。カメラで撮影した写真やオンラインストレージ内の画像などイメージも追加できる。イメージの拡大・縮小に加え、トリミングも可能だ。, 文字入力用の専用パネルを使って、1マスに1文字をきれいに収められる。四角形や三角形などもきれいに作成できる, テキストに変換される。変換精度が非常に高く、文字の大小に関係なく正しくテキスト化できる, iPad Proにはファイルを管理するという概念がないため、複数のファイルをフォルダーにまとめて管理するパソコンライクな使い方はできない。パソコンのようにファイル管理をしたい場合はファイル管理アプリを使おう。「App Store」にはたくさんのファイル管理アプリがあるが、無料でありながら使い勝手がいいと人気なのが「Document 5」だ。PDFや写真、動画、音楽、Officeなど対応ファイルが多く、これさえあればほとんどのファイルを閲覧できる。メニューは画面左にまとめられており、新規フォルダーの作成、ファイルのコピー、移動などが可能。ファイルの一覧性が高く、検索もできるので、ファイルが増えても扱いやすい。複数のオンラインストレージに対応しており、パソコンとのデータのやりとりにも困らない。, Windowsパソコンでよく利用されるZIPファイルの圧縮・解凍にも対応。メールに添付されたZIPファイルもDocument 5があれば中身を確認できる。iPad Proのマルチタスク機能を使って、片方にDocument 5を、もう片方にメモアプリなどを開いて、作業することも可能だ。Document 5は、iPadを購入したら、とりあえずインストールしておきたい無料アプリだ。, 「Notability」はロングセラーの定番メモアプリ。前述のGoodNotesと同様、多機能なメモアプリだが、一番の特徴はメモと同時に録音ができること。録音したものを再生すると、手書きやキーボードで入力したメモもシンクロして再現されるので、音と文字の2つでメモを振り返ることが可能。筆者のようなインタビューや発表会を取材する記者やライターにとっては、なくてはならないアプリの1つだ。もちろん、記者やライター以外でも、正確な議事録を残しておきたい人などにもNotabilityは便利なアプリと言えるだろう。, 録音した音声とメモを書いた部分がシンクロして再生される。再生速度も調整可能。価格は1,200円, iPad Pro上でPDFファイルを頻繁に利用する人には、少々値の張るアプリだが、「PDF Expert 5」(1,200円)をオススメしたい。PDFファイルに手書きの文字を書き込んだり、マーカーを付けたりできる、編集者やライターから絶大な支持を受けているアプリだ。Apple Pencilをサポートするのはもちろん、リストプロテクションが強力で誤操作がほとんどないのが魅力(右利き、左利きを設定する必要あり)。細かな文字も書きやすく、ハイライトを付けて、テキストでメモを取ることも可能。「DropBox」や「Google Drive」などオンラインストレージとの連携機能も備えている。万人向けではないが、PDFファイルを扱う業種の人にとっては便利すぎるアプリだ。, パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。, ※情報の取り扱いには十分に注意し、確認した上で掲載しておりますが、その正確性、妥当性、適法性、目的適合性等いかなる保証もいたしません。