1 / クリップ technology. 投稿 2018/04/19 10:22 0. 『Insert文でカラム名を省略して一行挿入する』を参照してください。, 一回のINSERT文で複数行を一度に挿入する. 0, 【募集】 into ~ values の記述は通常のinsert文と同じ書き方になります。. teratailを一緒に作りたいエンジニア, 寝起きで適当に回答しただけなんだけど、+2も貰ってしまって果たしてよかったのであろうか…。, なんか解決済みになってしまっていますが、本当に解決したのかは疑問ですね。この質問者さん、投げっぱなしで実際に解決したかどうかコメント書かれないので。, '鈴木 一郎) ← ここ、一郎さんの終わり、閉じてない http://neos21.hatenablog.com/entry/2016/06/09/000000, 2018/04/19 11:57 編集, そもそも、insert文では追加するカラムに属性などは指定できません。 ここのサイトが参考になるかと。 Powered by WordPress with Lightning Theme & VK All in One Expansion Unit by Vektor,Inc. INSERT-SELECTでレコードを登録するときに、ある列だけ固定値を登録することができます。 次のサンプルでは、3つ目の項目に’test’という固定値を登録しています。 INSERT INTO tab1 SELECT col1,col2,'test' FROM tab2; 4.NULL値を登録する方法 同じテーブルに複数行のデータを登録することも可能です。 INSERT ALL INTO tab1(col1,col2,col3)VALUES('001','test',NULL) INTO tab1(col1,col2,col3)VALUES('002','test',null) SELECT * FROM dual; 現在の日付をDATE型でINSERTする方法. VALUES > あなたがどのアドバイスを元に、どのように解決できたのかをお礼とともに伝えましょう。, 私の回答より適切な回答がついていますので、そちらをベストアンサーにしてください。「INSERT ALLを用いれば複数の行を挿入することができました」とご自身で書かれていますが、私の回答には「INSERT ALL」については一言も触れられていません。解決した内容とベストアンサーに選んだ回答に齟齬があっては後から見たときに何の資産にもなりません。, OracleならINSERT ALLでしょうか。 (カッコが閉じられているか、カンマが足りているかなど), 基本的過ぎて見落としがちですが、エラーは敵ではなくダメな箇所を教えてくれる親切な味方なので素直に従いましょう。, postgresでデータのrestore時にsqlファイルにtimestamp型の変数を渡したい, 回答 0, PostgreSQLでdate型とtime型でテーブルを作成した時の挿入文について, 回答 『Insert文でカラム名を指定して一行挿入する』か をFor文で必要な分ループさせて変数に追加格納し、最後にSELECT * FROM DUALを追加します。, 通常のInsert文については、 Cursorの c.getString()をしたいのですが、where(mov)がfalseになりま... 回答 Copyright (c) 小技プログラミング.com All Rights Reserved. このページでは、ORACLEデータベースで、表にデータを追加・登録するSQL、INSERT文について紹介します。, INSERT文の基本構文に加えて、たくさんのサンプルを掲載していますのでぜひ参考にしてください。, SQLとは何か?どんな種類があるか基礎的な内容については↓で詳しく解説していますので参考にしてください。>>【初心者向け】SQLとは?基礎から分かりやすく解説, さらに、INSERT文は表に存在する全ての列名を記述する書き方や列名を省略する書き方、列の値を省略する書き方があります。, 基本構文に習って、テーブル名の後ろに、全てのカラム名を列挙します。列挙したカラムのデータ型と順番に合わせて、VALUESに値をセットします。, INSERT文では、登録時に必要なテーブルのカラムがVALUESにセットされている場合に限って、列名を省略できます。, サンプルでは、テーブル名の後ろの列名を省略しています。VALUESには、tab1の全てのカラムに対する値がセットされているので列名を書かなくても問題ありません。, 列の値を省略できるのは、NULLを許容できるカラムのみです。省略した列には、NULL値が登録されます。, 例えば、tab1にcol1,col2,col33というカラムがあるとします。このとき、col1は主キー、col2はNOTNULL制約、col3はNULL許容のカラムの場合、col3だけが省略可能です。, あるテーブルからレコードをSELECTした結果を別のテーブルへINSERTする方法です。, ◆テーブル定義(カラム)が同じ場合 取得元のテーブルと登録先のテーブルのテーブルの定義が同じ場合は、テーブル名の後ろのカラム名を省略し、SELECT句に*で登録が出来ます。, このようなINSERT-SELECTを行う方法は他にも多数あります。詳しくは「【SQL】INSERT-SELECTの使い方:サンプル多数あり」で解説していますので参考にしてください。, あるテーブルからレコードをSELECTして、別のテーブルへINSERTする際、条件に一致するレコードだけを登録することが出来ます。, 次のSQLでは、WHERE句に条件し、COL3列の値が’001’と一致するレコードだけをINSERTで登録しています。, この他にも、EXISTSを使って別の表に存在するデータだけをチェックして登録する方法もあります。詳しくは「【SQL】INSERT文にWHERE条件を付ける方法」で解説していますので参考にしてください。, WHERE句の条件を指定して、条件に一致しないレコードだけを登録することが出来ます。, 次のSQLでは、WHERE句に「col3 != ‘001’」と「col4 is not null」という条件を指定しています。, COL1列の値が001でない、かつCOL4の列の値がNULL値でないレコードだけを登録しています。, この他にもNOT EXISTSを使う方法もあります。詳しくは「【SQL】レコードが存在しない場合だけINSERTする方法」で解説していますのでぜひ参考にしてください。, ◆複数のテーブルを結合した結果をINSERTする場合 サンプルでは、tab2とtab3をINNER JOINで結合してSELECTした結果をINSERTしています。, INSERT文のVALUESでNULLキーワードを指定することで、NULL値を登録することが出来ます。, NULL値をセットできるカラムは、キー項目でないカラム、NOTNULL制約がないカラムだけです。, 次のSQLでは、VALUESでNULLキーワードを指定することで、COL3列の値にNULLを登録しています。NULLキーワードは小文字でnullと記述しても構いません。, この他にも列の省略やCASE式の判定結果でNULLを登録することもできます。詳しくは「【SQL】INSERT文でNULL値を登録する方法」で解説していますのでぜひ参考にしてください。, 列の値の変換や固定値を登録する方法については、各ページで紹介しておりますのでぜひ参考にしてください。, 列の値を空白や0埋めする方法>>【SQL】INSERTで列の値を空白埋めや0埋めする方法, マルチテーブルインサートという書き方をすると、一度に複数のテーブルにデータをINSERTすることが出来ます。, ◆マルチテーブルインサート:例1 INSERT ALLと記述し、その後に、INTO~と記述していきます。, ◆マルチテーブルインサート:例2 同じテーブルに複数行のデータを登録することも可能です。, varchar型のデータを登録するときは、”(シングルクォーテーション)で囲みます。, 例えば、testと言う文字を登録したい場合には、’test’と囲んでVALUESに記述します。, INSERT文で同じ値や同じデータを登録する方法や出来る条件や出来ない条件について、別のページで解説していますので参考にしてください。>>【SQL】同じ値や同じデータのINSERTはできる?, INSERT文を実行したときのエラーの内容などは別のページにて紹介していますのでぜひ参考にしてください。, ・登録対象が0件のとき>>【SQL】INSERTしたレコードが0件でもエラーにならない, ・値の個数が不足しているとき>>【SQL】INSERTで「値の個数が不足しています」の対処法, INSERT文はトランザクションをコミット(commit)する前であればロールバックで取り消しをすることが出来ます。, 詳しくは「【SQL】INSERT文を取り消しする方法」で解説していますのでぜひ参考にしてください。, ある表から選択したデータが存在しない場合はINSERT、データが存在する場合はUPDATEする方法は、INSERT文ではありません。, INSERT文を大量に自動作成する方法はいくつかあります。詳しくは「【SQL】INSERT文を自動作成する方法:サンプルあり」で解説していますのでぜひ参考にしてください。, INSERT文の他にも、SELECT文やUPDATE文、DELETE文といったSQLがあり、データの検索や更新、削除を行うことが出来ます。, 具体的な書き方や使い方については、↓で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。 ・データの検索:【SQL】SELECT文の書き方:サンプル多数あり ・データの更新:【SQL】UPDATE文の書き方:サンプル多数あり ・データの削除:【SQL】DELETE文の書き方:サンプル多数あり. 多分説明の為にそのような記述にされているのだと思いますが、念のため。 エラーについては、他の方と同様ですけど、文字型についてはシングルクオート(')で囲って下さい。, SQL文が正しいか確認する 3 / クリップ 前提・実現したいこと1回ずつINSERT文でデータを挿入するのではなく、1回のINSERT文で複数のデータを挿入できるようにしたいです。 発生している問題・エラーメッセージSQLエラー: ORA-00917: カンマがありません。 該当のソースコードINSERT 2 / クリップ ステム日付など)にアクセスする際や、関数などで利用されます。, 複数行を挿入する時は、まずINSERT ALLを変数に格納して、 列数不定のDataTableの全行を1度のINSERT文で実行したい。その際、SQL文はパラメータ化したいことが目的です。 現在の仕様は、事前に該当するテーブルをすべて削除します。 その後、1つのINSERT文で、DataTable内の全行をINSERTしています。 (カラム名1,カラム名2,…) 複数行のレコードを挿入するinsert文は、insert into ~ valuesまでを1度だけ記述し、values句の値の指定部分をカンマで区切って記述するだけでした。 ですので、今まで1レコードずつ挿入するINSERT文を記述していた方でも、簡単に覚えることができます。 INTO ãƒ†ãƒ¼ãƒ–ル名 (公式は分かり辛いので他のサイトで紹介) ポイントは最後の行の『 select * from dual 』の部分です。 from dual はテーブル指定の事ですが、実際にdualというテーブルをユーザが定義している訳ではありません。. 現在の日付をDATE型で登録したい場合には、sysdateを使います。 ・編集 2018/04/19 10:37, 1回ずつINSERT文でデータを挿入するのではなく、1回のINSERT文で複数のデータを挿入できるようにしたいです。, teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。, 評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。, 上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。, 2018/04/19 11:00 編集, どのように解決されたのでしょうか?本当に解決したのでしょうか? https://teratail.com/help/question-tips#questionTips4-2 ,(0002,', https://teratail.com/help/question-tips#questionTips4-2, http://neos21.hatenablog.com/entry/2016/06/09/000000, ORACLE逆引きノート:[ORAエラー] ORA-00917: カンマがありません。. ('値1','値2',…) Insert文でカラム名を指定して一行挿入する, Insert文でカラム名を省略して一行挿入する. 複数行insertについても同じように省略可能です。 sql> insert all 2 into test_table values (1, 'いるか') 3 into test_table values (2, 'うさぎ') 4 into test_table values (3, 'ぺんぎん') 5 select * from dual; 3行が作成されました。 1000行ずつコミット->約4秒; bulk insert->約1秒; 50000行を追加するだけで顕著な差が現れました。 さらに多くのレコードを追加する場合はより大きな差が開いてしまうため、大量のデータをDBに格納する際は工夫してみてくださいね!