ただ,ペンの性能はApplePencilのほうが高いと思うので本格的な用途ならiPadProに軍配が上がるでしょう。, 付属のペンのボタンがうっかり陥没してしまったのですが,結構間違って押してしまうことが多かったので却って使い勝手がよくなりました。 オンライン通販のAmazon公式サイトなら、HUAWEI MediaPad T5 10 タブレット 10.1インチ Wi-Fiモデル RAM2GB/ROM16GB ブラック【日本正規代理店品】を パソコン・周辺機器ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。 の2つあれば基本的になんでもできます。, PDF Reader というアプリでは手書き入力と加工ができます。(ADOBE じゃないやつ)これは結構良さげ。, Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード iOS/Android/Mac/Windows に対応 ブラック, この点に関してはiPadProに軍配が上がります。かの純正キーボードは電源を本体から供給されるのでとても軽いのです。, ESR iPad 10.2 フィルム 第七世代 iPad Air3/Pro 10.5 フィルム通用[貼る枠付き] 自動吸着 高透明 9H 旭硝子, 2018/6/23に買ったので気づきがあれば随時更新していきますが今の所はこんなとこでしょうか。 - XODO とかなり好条件です。価格も5万円弱と同社のスマホの最上位機種P20よりも安いです。, 競合として,タブレット界隈では2018年春モデル(第6世代)iPadがおすすめとされています。, も相まって,5万強出せばペーパーレスの環境を構築できるというのが非常に研究者界隈で人気となっています。 ブログを報告する, Google ColaboratryでGPU(TPU)付の機械学習環境が使えるらしい, Neural Network Console by Sony のセットアップと動かしかた, MarkdownをAsciidocに変換するKramdocをDocker環境で動かす, Python/Librosaを使ってAmazonで売ってるキーボード静音化リング(O-ring)の効果を検証してみた。, Python2と3が共存しているときにpipに特定のパッケージをインストールさせる(ROS+Jupyter), Autohotkeyを用いてWindowsでUS配列キーボードをJIS配列設定で使えるようにする(US->JIS), 初期設定のいくつかに不満(なれていない人は最初のセットアップに少しもたつくかもしれない). iPadとの差別化点として, Mac製品同士は非常に連携が取りやすいためMacbook等を使っているならiPadを使うべきでしょう。, GooglePlayストアでアカウントを登録すれば,ChromeやDrive,Gmail等が同期されるため,Googleのサービスにどっぷり使っている人はAndroidの恩恵を受けやすいというのは手持ちのiPhoneと大きく異なる点です。, iPadでの最安構成はiPad32GB+Apple pencileで51000円強ですが,本製品は容量64GBでペンとケースがついて52000円くらいです。, それでいて基礎スペックは勝っている(はず)のでコスパは良好です。なお,MicroSDを256GBまで認識するので容量の心配はしなくて良いでしょう。, 旧モデル 【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDXCカード 64GB Class10 UHS-I対応 TS64GUSDU1PE (FFP), 入力方法ですが本タブレットはかなり手書きを推してきます。 - MetaMoji | 2019年8月30日に発売された10インチAndroidタブレット、HUAWEI MediaPad T5のレビューです。2020年6月時点ではYouTubeなどのGoogleサービスを使える最後のHUAWEIタブレットとなっています。2019年発売のHUAWEI MediaPad T5ではGoogleサービスを使える!HUAWEI MediaPad T5は、日本では2018年9月21日に発売された ossyaritoori.hatenablog.com, 以下は購入時に試行錯誤した結果です。 つけて最初にでるWifiの登録画面で手書きを要求してくるあたりとても自信のある機能のようで実際精度は結構高いです。 HUAWEI MediaPad T5 Androidタブレットは、滑らかで軽量なメタルボディ、美しい10.1インチフルHDディスプレイ、デュアルスピーカーシステム、強力なHUAWEI Kirin659オクタコア2.36GHzプロセッサーを備えています。 MediaPad T5 Wi-Fiモデル AGS2-W09 HUAWEI 最安価格(税込): ¥17,443 (前週比: +684円↑ ) 7日前の最安価格との対比 発売日:2018年 9月21日 クチコミ掲示板 > パソコン > タブレットPC > HUAWEI > MediaPad T5 Wi-Fiモデル AGS2-W09 超P祭で強烈!ワイモバイル「OPPO Reno3 A」がMNP一括10,800円で合計最大11,555円相当還元可能って... ん、マジ?ワイモバイルで「OPPO Reno3 A」が機種変更で一括19,440円【公式オンラインストア】, 日本限定クーポン!「POCO F2 Pro」、「POCO X3」などがお安いクーポンが登場【Banggood】, 日本発売もくるーーー!「Amazfit GTR 2」/「Amazfit GTS 2」がグローバル発表!, 5分で設定完了!SIMフリースマホでドコモ回線(SPモード)を利用する方法 | XiaomiやOPPOのスマートフォン, HUAWEI MediaPad M5 8 8.4インチ SIMフリー タブレットLTEモデル 32GB RAM4GB/ROM32GB 【日本正規代理店品】, サイズ/重量:125.22(W)×206.4(D)×7.4(H) mm / 320g. 「HUAWEI MediaPad M5」は、8.4インチというサイズに2K(2560 x 1600/359 PPI)という、高精細で発色の良いIPSディスプレイを詰め込んでいます。 中国のファーウェイは「HUAWEI MediaPad M6 8.4」情報をまとめています。SoCに「Kirin 980」を搭載するなど、Androidタブレットではかなり貴重なハイスペックな仕上がりです。価格は1999元(約3.1万円)~と非常に手頃。日本でも発売を期待したいモデルです。 デフォルトの文字認識性能が高いため,手書き系アプリと相性が良いです。 HUAWEI MediaPad M5 liteは、約10.1インチ(1920x1200画素)のIPSディスプレイをもち、OSはAndroid 8.0で同社独自のEmotion UI 8.0を搭載。CPUはHUAWEI Kirin 659 オクタコア (4x2.36GHz+4x1.7GHz)で、メモリが3GBでストレージが32GBのモデル(Wi-Fi/LTE)と、メモリが4GBでストレージが64GB(Wi-Fi)の2つのモデルがあります。 カメラはメインカメラが約800万画素 、インカメラが約800万画素。バッテリー容量は … ねんがんのタブレットをてにいれたぞ! テッテレー [asin:B07CRYPM44:detail] ということでレビューします。 カタログスペック等に関して 競合となるiPadのスペック iPad vs MediaPad Pro 使用感 良かった点 不満な点 注意点 アプリ 追加で買いたい物品集 現時点でのまとめ カタ… タブレットにおいてフリック入力はやや持ちづらい面があるので音声入力は想像以上に便利です。私も家などでは基本的に声で入力します。早いので。, 総じてiOSとAndroidの違いが際立っていて端末間の差異は小さいように思います。 Impress Corporation. - Adobe PDF Reader このページに関するお問合せはこちらから. 以前poco x3未発送で連絡した者ですが、やすスマさんは届きましたでしょうか? - OneNote All rights reserved. 私は未だに発送さ... 先行発売した Poco X3 に酷似した内容の端末、個人的にデザインは Mi 10t Lite が良... Wi-Fiモデルの「HUAWEI MediaPad M6 8.4」の64GB ROMモデルが309.99ドル, これバランスええわ!Xiaomi「Mi 10 Lite 5G」レビュー!有機EL搭載のミドルスペックSIMフリースマホ, 機種変更したい!楽天モバイル「AQUOS sense4 lite」を機種のみで購入する方法, これいいよね!楽天モバイルが「AQUOS sense4 lite」を2020年11月12日に発売!価格は税込32800円. 2019年8月30日に発売された10インチAndroidタブレット、HUAWEI MediaPad T5のレビューです。2020年6月時点ではYouTubeなどのGoogleサービスを使える最後のHUAWEIタブレットとなっています。2019年発売のHUAWEI MediaPad T5ではGoogleサービスを使える!HUAWEI MediaPad T5は、日本では2018年9月21日に発売された ‚é‚ƃƒ‚ƒŠ[‚ðÅ‘å256GB‚Ü‚ÅŠg’£‰Â”\B—˜—pŽžŠÔ‚ðŠÇ—‚Å‚«‚éƒLƒbƒYƒ‚[ƒh‚𓋍ڂµ‚Ä‚¢‚éB. HUAWEI SuperCharge Wireless Charger (最大27W)※, 自然の美しさからインスピレーションを得た「ミストブルー」は、ユニークな外観を有し、透明感あふれる青を基調としたデザイン。ピュアで清々しい外観は、新鮮で新しい視点を提供します。洗練されたスタイリッシュなメタルボディと、高度なサンドブラスト加工、優雅に湾曲したエッジなど細部へのこだわりで、質の高いタブレットライフが楽しめます。, HUAWEI MediaPad T5は、洗練されたデザインのタブレット。 シックなメタルボディは薄くて軽く(約465g)、持ち運びたくなる。, HUAWEI MediaPad T5には、細部まで鮮やかに表現する高解像度10.1インチディスプレイ(1920x1200 解像度)を搭載。 16:10のアスペクト比は、映画や動画の視聴、ウェブサイトの閲覧が快適です。, デュアルスピーカーは、好きな音楽を存分に楽しめる高品質なオーディオを生み出す。 HUAWEI 独自の音響技術Histenは、360°の臨場感あふれるサウンド体験を提供。, 最大動作周波数が2.36GHz※のオクタコアプロセッサは、消費電力を抑えながら優れた性能を発揮。 microSD™カードを使用すると、メモリサイズを最大256 GBまで簡単に拡張が可能。, Android™ 8.0 をベースにしたEMUI 8.0は、よりスムーズでインテリジェントで直感的なユーザーエクスペリエンスのために設計。 アプリの起動が速く、スムーズに動作。, ブルーライトカットモードは、眼に有害とされるブルーライトを軽減し、より安全にやさしく読書などをサポート。, キッズモードは、アクセス設定をパーソナライズすることで、お子様が使用するアプリやタブレットの利用時間を簡単に管理。, ファーウェイサポートへようこそ、お客様の個人情報は厳重に管理しお客様サポートの目的にのみ利用します。個人情報保護方針の確認はこちら, このサイトでは、Cookieが使用されています。[承諾]をタップするか、サイトの使用を続けることで、その使用を承諾したことになります。, * 国、地域によりご利用いただけない機能があります。 商品の写真と表示されているコンテンツは、参考のために提供されています。 実際の商品の機能や仕様 (外観、色、サイズを含むもしくはそれらに限定しない)、表示されているコンテンツ(背景、UI、アイコンを含むもしくはそれらに限定しない)は異なる場合があります。. たとえば,, こんなかんじに書けます。物理ボタンの配置的に書きながらスクリーンショットが非常に難しい。, PDFの管理と加工は Copyright ©2016Impress Corporation. もちろん修理の対応も迅速です。(連絡だけして放置したマン), 必携アプリについては別記事を参照ください。 All rights reserved. 2019年8月30日に発売された10インチAndroidタブレット、HUAWEI MediaPad T5のレビューです。, 2020年6月時点ではYouTubeなどのGoogleサービスを使える最後のHUAWEIタブレットとなっています。, HUAWEI MediaPad T5は、日本では2018年9月21日に発売された画面サイズ10インチのAndroidタブレットです。, ですがおよそ1年後の2019年8月30日、同一名称のHUAWEI MediaPad T5が発売されました。, いずれのHUAWEI MediaPad T5でも、Google PlayにアクセスしてAndroidアプリをインストールできます。, つまり、Androidタブレットに欠かせない動画サービスであるYouTube、Netflix、Huluなどを簡単に使えます。, (上の写真のMediaPad T5にはカバー付きケースを取り付けています。以下の写真も同様です), 2018年と2019年のHUAWEI MediaPad T5の違いは、ストレージ容量とSIMカード対応の有無です。, 今回レビューするのは、2019年8月に発売されたHUAWEI MediaPad T5です。, 2018年版と違いLTE非対応ですが、私個人としてはLTE・SIMカードに対応したタブレットを屋外で使ったことは一度もないので、Wi-Fiのみで十分だと思います。, ROMが16GBから32GBに、RAMが2GBから3GBに増量されたことで、ストレスなく使えるAndroidタブレットとなりました。, ところで、世界的に報道されている通り、アメリカ政府が「HUAWEI製品には安全保障上のリスクがある」と表明したことで(本当かよ?)、HUAWEIのスマートフォン・タブレットにはGoogle Mobile Services(GMS)を搭載できないことになってしまいました。, ただし、GMSを搭載できないHUAWEI製品は2019年5月17日以降に発売されたもののみですから、2018年9月21日発売のMediaPad T5はYouTubeなどのGoogleサービスを使うことができます。, 米商務省がHuaweiに事実上の「禁輸措置」 スマホやタブレットへの影響は? (1/2) - ITmedia Mobile, このページでレビューするHUAWEI MediaPad T5は2019年8月30日発売の32GBモデルですが、同一名称のモデルが禁輸措置発動前の2018年に発売されていたため、制裁対象とはなっていません。, HUAWEIは2020年6月2日にもタブレット「MatePad」シリーズを発売しましたが、MatePadにはGMSが含まれておらず、通常の手順ではYouTubeなどGoogleアプリを使うことができません。, HUAWEI MediaPad T5と、同じく10インチのAndroidタブレットであるMediaPad M5 lite、そしてAmazonのFire HD 10を比較します。, Androidタブレットは、「音楽と動画を大画面で楽しむ」という用途に向いています。, これらの3機種で異なるのは、まず「Google Mobile Services(GMS)を使えるか否か」です。, Amazon Fire HDはGoogle Playにアクセスできず、Androidアプリを使えません(特殊な方法を使えばGoogle Playへのアクセスも可能です)。, といってもHUAWEIのように制裁を受けているわけではなく、Amazon独自のアプリストアを使う必要があるからです。, 一方でHUAWEIのMediaPad T5とMediaPad M5 liteはいずれも2018年発売でGMSを使えるため、YouTubeやGmailなども簡単に使用可能です。, そのため、コストパフォーマンスだけならばFire HD 10が優れていますが、日常的にYouTubeを使うならMediaPad T5かMediaPad M5 liteのほうが良いでしょう。, 続いてMediaPad T5とMediaPad M5 liteを比較すると、全体的にMediaPad M5 liteのほうが優れています。, MediaPad M5 liteは指紋認証、急速充電、4スピーカー、USB Type-C、タッチペンに対応していますが、MediaPad T5は非対応です。, 言い換えれば、これらの機能が必要なければ、スペックがほぼ同じMediaPad T5でも満足できると思います。, MediaPad T5本体、microUSBケーブルとACアダプタ、説明書、SIMピンが入っています(Wi-FiモデルなのでMicroSD用ピンです)。, HUAWEI MediaPad T5を実際に3ヶ月ほど使用してみたレビューですが、画質は満足できるものの、音質はちょっと残念なレベルといったところです。, 何度も繰り返し述べていますが、MediaPad T5は制裁前に発売されたため、Google Playでアプリをインストールできます。, そのため、YouTubeはもちろんNetflixやHuluも問題なく視聴可能です。, 画面サイズは10.1インチ、解像度は1920 x 1200ピクセルですから、Blu-rayと同等の画質で動画を再生可能です。, 一方で本体スピーカーの音質はあまり良くなく、AMラジオ以上、FMラジオ未満といったところです。, 以前、当ブログではHUAWEI MediaPad M5 liteもレビューしましたが、そちらはタブレットとしては非常に高音質でした。, HUAWEI MediaPad M5 liteレビュー T5および無印M5との違いは?, 優秀なMediaPad M5 liteと比べると、はっきり言ってMediaPad T5は残念な音質です。, ただ、高音質の音楽は楽しめませんが、テレビ番組を見る程度なら音質はそんなに気にならないですし、イヤホンを接続した場合は音質の悪さを意識することがありません。, さらに、HUAWEI MediaPad T5は指紋認証にも対応していないのが残念なところです。, しかし、タブレットで指紋認証が必要なアプリを使うことはあまりないので、不便に感じることはありません。, また、HUAWEI MediaPad T5はUSB Type-Cに対応しておらず、MicroUSB対応のACアダプターで充電する必要があります。, 最近はUSB Type-C対応のスマートフォンが増えてきたのでMicroUSB対応アダプターも別に用意しなければならないのは面倒ですが、それ以外に困ることはありません。, ですが、バッテリー容量が5100 mAhしかなく、20%から80%まで充電するだけで3時間ほどかかるのはちょっと困ったところです。, ちょっと短いですが、HUAWEI MediaPad T5のレビューを行ってきました。, なぜならば、Google Playでアプリをインストールできる10インチのAndroidタブレットが他にほとんどないからです。, 2019年6月以降に発売されたHUAWEIタブレットは(MediaPad T5のように型番を変えなかったものは除き)GMSを使えませんから、選択肢にするのは難しいでしょう。, それに対してAmazonのFire HDシリーズは「コスパ最強」ですが、Google Playが使えず、頻繁に広告が表示されるというデメリットがあります。, ほかにはLenovoやNECも日本でAndroidタブレットを販売していますが、いずれも「価格が高い割には性能が低い」というのが正直な感想です。, 一方でHUAWEI MediaPad T5(2019年版)は実売価格が約2万円で、Android OSのバージョンも2017年リリースの8.0ですから、決して古くはありません(Android 8.0以降なら、大して機能は変わりません)。, 指紋認証がない、充電端子がMicroUSB、スピーカーの音質が良くないというデメリットはありますが、それ以外に欠点もなく、無駄な機能がないシンプルなタブレットであるとも考えられます。, 正直言って、毎日使うスマートフォンでこのスペックだとストレスを感じますが、動画視聴に1日1時間程度しか使わないタブレットですから、そういったデメリットもあまり感じません。, 代替品となる商品も今のところ発売されないので、壊れるまで5年くらいは使い続けたいタブレットだと思いますね。, 2019年までは、日本では「AndroidタブレットのメーカーといえばHUAWEI」という状況でした。, しかし、制裁によってHUAWEI製品がGMSを使えなくなったことで、HUAWEIのタブレットを選ぶ理由がほとんどなくなってしまいました。, 詳しいデータは出しませんが、性能が良くてタッチペンなどにも対応しているタブレットといえばiPadですね。, では、iOS(iPad)ではなくAndroidタブレットといえば? ……というと、HUAWEIを除くとほとんど選択肢がないのが現実です。, 一応、LenovoとNECが日本でもAndroidタブレットを販売していますが、はっきり言ってスペックの割には高いんじゃないかと思います。, Fire HDは前述のようにGoogle Playを使えずAmazon独自のアプリストアを使うため、YouTubeなどのアプリをインストールできません。, SamsungやXiaomiなどもAndroidタブレットを製造していますが、日本では販売されていないのが残念なところです。, つまり日本ではiPad以外のタブレットがほとんど選択肢とならない状態になってしまったのです。, ですから、今回取り上げたMediaPad T5のようにGoogle Playに対応したHUAWEIタブレットを壊れるまで使わざるを得なくなります。, それではさすがに壊れた後に困るので、アメリカ政府がHUAWEIへの制裁を解除してGMSを使えるようになるか、SamsungやXiaomiのAndroidタブレットが日本市場に参入することに期待したいですね。, 当ブログでは基本的に「スマートフォン・タブレットは安い中古を買いましょう」とお伝えしています。, ところがこのHUAWEI MediaPad T5の場合、発売から1年以上経ってもほとんど値下がりしないという状況なんですね。, やはり、「Google Playを使える最後のHUAWEI製Androidタブレット」というところが大きいんでしょうか。, 下の画像をクリックすると、楽天市場のHUAWEI MediaPad T5販売ページに移動します。, ふみびとIoTは、動画や音楽といったエンターテインメントを楽しむ方法をIoTにより簡単・格安で楽しむ方法を提案する、文人(ふみびと…風雅な人)のための個人ブログです。, 広告配信と個人情報の収集に関するお知らせです。詳細は プライバシーポリシー のページをご覧下さい。, 申し訳ありませんが、原則としてコメント欄への返信は行っておりません(例外的に管理者がコメントした場合、名前欄が赤くなります)。返信が必要な場合、 Email: admin@fumibi.to にご連絡ください。, エディ橋本…1985年、奈良県奈良市富雄(奈良公園から西に約10km)生まれ。極端な個人主義者かつインドア派。, MediaPad T5を2020年にレビュー Google使える最後の10インチHUAWEIタブレット?, 2019年発売のHUAWEI MediaPad T5ではGoogleサービスを使える!, MediaPad T5と10インチのMediaPad M5 liteおよびFire HD 10を比較, MFi認証のRAMPOW製品を保証に登録して壊れた製品を無料交換する方法 (637), OPPOとXiaomiも制裁対象の危険性? HUAWEIに続きアメリカ政府が規制か (572), MediaPad T5を2020年にレビュー Google使える最後の10インチHUAWEIタブレット? (176), OPPO A5 2020レビュー ColorOS問題とXiaomi Redmi Note 9Sとの比較 (162), 2019年版…Wi-Fiのみ。ROM 32 GB, RAM 3 GB。色はミストブルーとブラック, 2018年版…Wi-FiモデルとLTE対応モデルの2種類。ROM 16 GB, RAM 2 GB色はブラックのみ.