以前のバージョンの Horizon 7 では、簡単に使える View への PowerShell インターフェイスとして View PowerCLI を使用でき、 View コンポーネントに対する各種管理タスクの実行のために View PowerCLI コマンドレットを使用できます。 以下コマンドを入力することで、モジュールがインポートされ、PowerCLIのコマンドレットが利用できるようになる。 PS C:\> Import-Module VMware.PowerCLI 警告: Please consider joining the VMware Customer Experience Improvement Program, so you can help us make PowerCLI a ・PowerCLI のダウンロード VMware PowerCLI で Horizon PowerCLI モジュールを設定し、Horizon PowerCLI コマンドレットで接続サーバとの接続を制御できます。接続サーバに接続した後は、Horizon API を呼び出す PowerShell スクリプトを作成できます。, PowerShell ギャラリーから VMware PowerCLI をインストールします。VMware PowerCLI をインストールするには、Windows PowerShell プロンプトで次のコマンドを実行します。, このコマンドを実行すると、すべての VMware PowerCLI モジュールが Windows PowerShell にインストールされます。VMware.VimAutomation.HorizonView モジュールは、Horizon PowerCLI モジュールです。, VMware PowerCLI は、https://code.vmware.com/web/dp/tool/vmware-powercli からダウンロードしてインストールすることもできます。, VMware PowerCLI のインストール方法については、https://code.vmware.com/web/dp/tool/vmware-powercli にある『VMware PowerCLI ユーザー ガイド』を参照してください。, 次のコマンドを使用して、Windows PowerShell セッションに VMware.VimAutomation.HorizonView をインポートします。, VMware.VimAutomation.HorizonView に含まれている Connect-HVServer と Disconnect-HVServer コマンドレットを使用すると、接続サーバに接続したり、接続サーバから切断できます。, Connect-HVServer コマンドレットを使用して接続サーバの Horizon API サービスに接続した後、Horizon API を呼び出す PowerShell スクリプトを実行できます。Horizon API の詳細については、https://code.vmware.com/apis/405/view にある『View API リファレンス』を参照してください。, Horizon PowerCLI モジュールのサンプル スクリプトは、https://github.com/vmware/PowerCLI-Example-Scripts の [モジュール] セクションで VMware.Hv.Helper モジュールとして提供されています。, サンプル スクリプトをそのまま使用するか、自動化の要件に合わせて変更します。サンプル スクリプトとは別に、必要に応じて Horizon API を呼び出す新しいスクリプトを開発することもできます。Horizon PowerCLI サンプル スクリプトの実行を参照してください。, https://code.vmware.com/web/dp/tool/vmware-powercli, https://github.com/vmware/PowerCLI-Example-Scripts. There is an unknown word starting at index 0.” の種類の例外がスローされていました。, 環境に多数のレプリケーション グループがある場合のエラーとして、”Exceeded the maximum number of elements in batch that the VASA provider can support.” をスローしていました。, パワーオフ状態の仮想マシンの Cross vCenter vMotion において、指定されたポート グループにネットワーク アダプターを正しく接続できず、切断された状態となる場合がありました。, 複数の受信者がいる電子メールアラーム アクションを作成した際、UI に正しく表示されませんでした。, New-HardDisk を実行している場合、SCSI コントローラーごとのハードディスクの最大数は、仮想マシンのハードウェア バージョンではなく、ESXi サーバーのバージョンによって誤って決定されていました、, Set-HCXMobilityGroupMigration を使用する場合、複数のパラメーターを同時に編集することはできませんでした。, Set-HCXMobilityGroupMigration を実行している場合、モビリティ グループに対して連続した更新操作を実行できませんでした。, vCloud Director オブジェクトで UpdateServerData() メソッドを呼び出すと、リソースが見つかりませんという種類のエラー メッセージが表示される場合がありました。, VMware PowerCLI Blog – PowerCLI is the best tool for automating management and configuration of VMware vSphere – VMware Blogs. すでに、PowerCLIが導入済みの場合は、次のコマンドレットでバージョンアップできるようです。 (私の方では未検証です) Update-Module -Name VMware.PowerCLI. ここまで分かってしまえば、後はドキュメントのオブジェクト仕様を見ながら操作できると思います , このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 信頼されていないリポジトリからモジュールをインストールしようとしています。このリポジトリを信頼する場合は、, 'C:\Program Files\PackageManagement\ProviderAssemblies', 'C:\Users\Administrator\AppData\Local\PackageManagement\ProviderAssemblies', 'Install-PackageProvider -Name NuGet -MinimumVersion 2.8.5.201 -Force', # クエリの作成・実行(サーバ側にクエリ情報が作成される・一定期間過ぎたら削除される). はじめまして、 以下の環境で、Get-Poolコマンドを使用しようとしたのですが、 エラーメッセージを表示して、利用できませんでした。 このコマンドは、以下の環境では利用できないのでしょうか? 利用できる環境は、どのような環境でしょうか? 以下は、Connection Serverに登録してあるvCenterからVMの一覧を取得してVM名を表示するだけのものです。, と言う風になっています。 PowerCLIとはWindows向けのVMware コマンドラインツール群。 ... 、View7.0.3以降は、クライアント端末から操作できるPowerCLIの追加モジュールとしてHorizon PowerCLI ... 2017.11.11 2018.12.23. The MobilityGroupMigration parameter has been added to the New-HCXMigration cmdlet enabling you to create a client side HCXMigration object which can be provided as an input to the New-HCXMobilityGroup cmdlet. 今朝、私が最初に見たメールは、私の仲間の Alan Renouf からのも のでした。 Alan は、API、SDK、CLI、および Automation Frameworks (Alan 昇進おめでとう)の製品ラインマネージャーです。 このリリースでは多くの改良点があり、多くの賛辞は PowerCLI チームに送られなければなりません。 vSAN の観点からも、この PowerCLI の改良は素晴らしいものです。 補足 PowerCLI  のこれらの新機能を活用するために vSAN 6.5 にアップグレードする必要はありません。 このバージョンの PowerCLI は、vSAN 6.2 および 6.0 でも動作します。, Alan 曰く、 「今回のリリースでは、PowerCLI ストレージモジュールに大きな焦点が当てられています。 vSAN、仮想ボリューム(VVols)、および仮想ディスクの処理に関して多くの機能が追加されています。 vSAN コマンドレットは、vSAN クラスタのライフサイクル全体に焦点を当てた12個以上のコマンドレットに強化されています。 新しい PowerCLI を用いて、テストの実行や vSAN HCL データベースの更新だけではなく、vSAN クラスタ作成プロセス全体を自動化することができます」 vSAN コマンドレットの一覧を次に示します。, この記事中で私は vSAN 固有の項目だけを強調していますが、Alan が言及するように、VMDK の管理や、Storage Policy Based Management(SPBM) や VVols の新しいコマンドレットなど、他のストレージ領域でも機能が強化されています。 VMware PowerCLI 6.5 Release 1 での変更点の詳細については、(新機能、改善点、bug fix、セキュリティ強化点、廃止予定の機能など) VMware PowerCLI Change Log を参照してください。 特定の機能の詳細内容については、「VMware PowerCLI 6.5 Release 1 User’s Guide」 を参照してください。 特定のコマンドレットの詳細内容については、「VMware PowerCLI 6.5 Release 1 Cmdlet Reference」を参照してください。 ここから PowerCLI 6.5 Release 1 を見つけることが出来ます。 すぐに入手ください! 原文:PowerCLI 6.5 Release 1 and vSAN http://cormachogan.com/2016/11/18/powercli-6-5-release-1-vsan/ vSAN Cormac Blog 日本語版 Index http://blogs.vmware.com/vmware-japan/2016/03/vsan-index.html VMware Storage and Availability Business Unit の シニアスタッフエンジニア Cormac Horgan の個人ブログを翻訳したものになります。vSAN の機能に関しては弊社マニュアル 、KB をご確認ください。また本記事は vSAN 6.2 ベースに記載しております。予めご了承ください。, Alan は、API、SDK、CLI、および Automation Frameworks (Alan 昇進おめでとう)の製品ラインマネージャーです。, VMware PowerCLI 6.5 Release 1 User’s Guide, VMware PowerCLI 6.5 Release 1 Cmdlet Reference, http://cormachogan.com/2016/11/18/powercli-6-5-release-1-vsan/, http://blogs.vmware.com/vmware-japan/2016/03/vsan-index.html, VMware Virtual SAN ( VSAN )関連 Blog 目次 - Japan Cloud Infrastructure Blog - VMware Blogs, Virtualizing Business Critical Applications. $query.queryEntityType には検索対象を指定します。 . 名前空間のライフサイクルとポリシーを管理するためのコマンドレットを提供する新しい VMware.VimAutomation.WorkloadManagement モジュール : Get/New/Set/Remove-WMNamespaceStoragePolicy. このオブジェクトのプロパティには、検索対象や検索条件を設定することができます。 インベントリから削除しているだけで、データストア上にファイルは残ります。, 上記の例では、「datastore」という名前のデータストアにある「WinVM」フォルダに格納されている「WinVM.vmx」というvmxファイルから、「172.16.10.250」のIPアドレスを持つESXホストのインベントリに仮想マシンを登録しています。, ・テンプレートから128台の仮想マシンをクローンする(仮想マシン名vm-1〜vm-128), ・「VMware Tools のインストール」状態(CDマウント)のままになっている仮想マシンを一覧化, kt_hiroさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog Service にはView API経由で設定を追加・変更・削除・情報の取得をするメソッドが入っています。, 使える Service はドキュメントの Service Types を確認してください。, ソース例だと、Connection Serverに登録してあるvCenterからVM一覧を取得しています。, VM一覧を取得するために実行しているメソッドは VirtualMachine.VirtualMachine_List です。 Trust Authority vCenter Server システムのライフサイクル管理用の新しいコマンドレットを VMware.VimAutomation.Security モジュールに追加しました : Add/Get/Remove-TrustAuthorityKeyProviderServer, Add/Get/Set/Remove-TrustAuthorityKeyProviderServerCertificate, Get/New/Set/Remove-TrustAuthorityKeyProvider, Get/New/Set/Export-TrustAuthorityKeyProviderClientCertificate, Get/New/Remove-TrustAuthorityTpm2CACertificate, Get/New/Remove-TrustAuthorityTpm2EndorsementKey, Get/New/Remove-TrustAuthorityVMHostBaseImage, Get-TrustAuthorityKeyProviderClientCertificateCSR, Get-TrustAuthorityTpm2AttestationSettings, New-TrustAuthorityKeyProviderClientCertificateCSR, Set-TrustAuthorityTpm2AttestationSettings. 2020/04/03 (現地時間) に VMware PowerCLI 12.0.0 がリリースされた旨のアナウンスがありました。, VMware PowerCLI 12.0.0 の変更点やユーザーガイドなどについては、以下 VMware サイトにリンクが纏められています。, VMware PowerCLI 11.5.0 のインストールについては、PowerShell Gallery 経由から可能となっています。, なお、Hyper-V の機能がインストールされている環境の場合、以下のエラーメッセージ (コマンドレットが重複する) が表示されるため、注意が必要です。, 以下のコマンドを実行することで、インストールされた PowerCLI 12.0.0 のモジュールをすべて削除することが可能です。, 当サイトに記載している内容は、個人的に調査・検証した結果をまとめたものとなり、所属する会社・団体の正式な回答・見解ではありません。, 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。, 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、情報が古くなっていることがあります。, 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。, https://blogs.vmware.com/PowerCLI/2020/04/new-release-powercli-12.html, This Windows PowerShell module contains VMware.PowerCLI, AZ-103 の後継試験となる AZ-104 (Microsoft Azure Administrator (beta)) が提供開始になりました, MCP の新しいデータ試験 DP-300 および DA-100 がリリースされました, Microsoft MVP for Microsoft Azure (Jul 2018 – Jun 2021), Cloud and Datacenter Management (Jan 2012 – Jun 2019), Azure File Sync エージェント v11.1.0 (November 2020, v11.1.0) が公開されました, Microsoft Azure Storage Explorer v1.16.0 がリリースされました, Configuration Manager Technical Preview version 2010.2 が公開されました, Update Rollup 10 for System Center 2016 が公開されました.