GanRiver 活動量計 スマートブレスレット Bluetooth搭載 腕時計型 心拍計 歩数計 ウェアラブル スマートウォッチ 電話 Line SMS Facebook Twitter通知 消費カロリー 距離測定 睡眠検測 目覚まし時計 座りがち注意 腕を傾けると自動点灯 日本語説明書APP iphone&Android対応 交換用ベルト付属, 私が欲しい、歩数計機能・心拍数の測定・睡眠のチェックの機能があり、3000円台と価格も優しいのが購入の決め手です。, 歩数記録、心拍数、睡眠監視の他に、カロリー消費記録、運動時間記録などにも対応しています。, 他にも、Line、メッセージ通知、通信通知、SMS通知、Facebook、Twitter、Instagram、Viber、Skype、Kakao Talk、Vkontakte通知などにも対応しています。, こんなところで引っかかる方はいないのか、途中検索しましたが、ネットでは解決しませんでした^^;, スマートフォンのBluetooth機能がオンであることを確認し、スマートフォンとGanRiverスマートブレスレットを50cm以内にすると「ペアリング」します。, スマートフォンのOSがAndroid 4.4以上もしくはiOS 7.0以上であることが条件です。, 画面をタップすると、歩数記録モードに切り替え、画面を長押し、次のメニューに入り、歩数、カロリー消費、運動距離と運動時間が見えます。, 防水仕様なので、お風呂も入れるようですが、私は少し抵抗があるのでお風呂の時だけは外しています。, 使って1ヶ月、今のところ大満足です。 https://twitter.com/LIB_blog_reader, 何度も確認しましたが歩数計の感度調整が出来ない為にそれなりの物を購入しなければいけなくなり現在それを探して居ます。スライドで調整ができて欲しかった。, {{#message}}{{{message}}}{{/message}}{{^message}}送信は失敗しました。 サーバーから「{{status_text}}」というレスポンスがありました(コード: {{status_code}})。 このフォーム処理機能の開発者に連絡して、このメッセージを改善してください。 詳細を読む{{/message}}, {{#message}}{{{message}}}{{/message}}{{^message}}送信は成功したようです。 サーバーのレスポンスが OK でも、送信が処理されていない場合があります。 このフォーム処理機能の開発者に連絡して、このメッセージを改善してください。 詳細を読む{{/message}}, 本とヒップホップが好きな普通のビジネスパーソンです。このブログでは興味があるものや個人的に推したい情報を紹介しています。. 今回購入したスマートブレスレットはGanRiverの下記商品となります。 そして、このスマートブレスレットではどんなことが出来るのかを下記にまとめてみました。 私がGanRiverのスマートブレスレットを購入しようと思った決め手は、「音楽のリモート操作」が可能なところです。 スマートブレスレット上から音楽の再生や一時停止、スキップ戻るなどが使えると、ランニング中でも気軽に音楽の操作もできますしスマートフォンを取り出して、無駄に呼吸を乱す必要が無いと感じました。 意外と音楽のリ … ただし、メールの通知機能はありません。, サイズ:40mm*21mm*11mm 私が今回購入したGanRiverスマートブレスレットの使い方と感想を中心にお伝えします。 まず、説明書にあるバーコードを読み取ります。, 次にBluetoothをONにして、デバイスを探します。探せたらペアリング成功です。 何回か腹筋をやりましたが、記録の反応はイマイチでした。上手く反応されません。 対応デバイス:Android 4.3以上、iOS7.0以上、Bluetooth 4.0以上. 【GanRiver(ガンリバー)】のスマートブレスレットを解説します!どんな会社なのか、中国製で心配になるポイントも紹介しています。GanRiverのスマートウォッチ/スマートブレスレットの特徴を理解したうえで、購入しましょう。 自分が必要な機能を選択できるのもおすすめです。, 実際に「腹筋」のデータを計測してみました。 LINE通知ができないのは少し残念。, しっかり防水もされているので、手を洗う時や、お風呂に入る時でも今のところ使用できています。, 睡眠の状態を知れるのが嬉しい 楽天市場⇒【送料無料】GAN RIVER最近版 日本語対応 スマートブレスレット 心拍計 …, その結果、最安値は楽天の下記リンク先のショップでした。 スマートフォンのBluetooth機能がオンであることを確認し、スマートフォンとGanRiverスマートブレスレットを50cm以内にすると「ペアリング」します。 スマートフォンのOSがAndroid 4.4以上もしくはiOS 7.0以上であることが条件です。 最近では座りっぱなしは健康に悪影響を与えることも指摘されています。地味な機能ではありますが便利です。, 各種通知機能は、まさに通知するだけの機能。スマートブレスレットで返信することはできません。 また100g程度と非常に軽いので、長時間付けていてもあまり違和感は感じませんでした。, バッテリーも思っていたより持ちます。私は週に1~2回程度の充電回数で済んでいます。 無動き検知は一定時間座ったままにしていると振動して知らせてくれる機能。 機能面と使い勝手の良さでおすすめしたいアイテムです。 本体がUSBポートに直接充電できるようになっています。, 充電器が不要なタイプなので、充電器を忘れて充電できないという心配はありません。 「Ganriver」の基本スペック、機能性と使い方、アプリとの連携、使用したレビューをご紹介していきます。, スマートブレスレットの中でもかなり人気で評価の高いアイテムです。 基本情報、機能性、アプリ連携、レビュー情報は伝えることができたと思います。, 好評通りのスペックで、購入して満足でした。 が、このアプリが思いのほかスマホのバッテリー消費を早めます。ただ、Androidアプリ版であれば設定を直せばこれを防ぐことができます。, スマホアプリ9SPORT(8SPORT)の安全な使い方│インストールしたまま使わずにこの設定を変えよう, 今までGanRiverの良いところ、悪いところを紹介してきました。 電話だけでなくLINE、TwitterといったSNSにも対応していますのでそこそこ使えます。, スマートブレスレットに興味がある。でもいきなり高い商品を買うのは不安。 【人気】:環境に優しいTPU素材でできており、非常に肌触りがよくスタイリッシュな外観です。スポーツ用としてだけでなく、ファッションとして装飾用ブレスレットとしてもお使いいただけます。 翻訳ツールはポケトークとイリーが代表的ですが、この記事では、「ポケトーク... 手軽に360度撮影できるということで、PANOCLIP(パノクリップ)が話題ですね。 「ここのところ睡眠時間が少ないから、今日は早めに帰って多めに寝よう」 安価なスマートウォッチが、いろんなメーカーから発売されていますね。 腕時計タイプなら、そのまま付けておけるのがいいです。, 心拍数も測れるので、ダイエット目的でウォーキングされている方にもオススメです。 双方向じゃなくて一方向の翻訳のみですが、実用性が高く、かなり高評価されているみたいです。 早速GanRiverのスマートブレスレットを開封していきたいと思います。スマートブレスレットが入った箱は結構コンパクト。 商品名などは特に書かれておらず、Yamay 私も気になったので、調べてみました。 各メーカーが色々なモデルのスマートウォッチを発売しています。それぞれのスマートウォッチの特徴と、ネット上で公開されている取扱説明書へのリンクを紹介します。取扱説明書を失くしてしまった場合や、ケータイとスマートウォッチの同期が失敗する時の対処法も解説します。 「スマートブレスレット」とAmazonで検索すると売上上位に出てくる商品です。, 以前からスマートブレスレットに興味があったので、さっそくものは試しと購入してみました。, 「そもそもスマートブレスレットって使えるの?」 「今日はほとんど歩いていないから帰ったら運動するか」 ペアリングが成功すると、時計合わせもできました。自動的に日本の時間に合わせてくれます。, アプリのホーム画面では、当日の「歩数」、「消費カロリー」、「距離」のデータが表示されます。, 設定画面では通知機能などを調整できます。 睡眠の質など詳細を教えてくれていただけに残念です。」, 「アプリが酷い。ペアリングしても切れるし何度も同期し直さなければならない所が面倒臭いです。」, また、デザインについては、シンプルで邪魔にならないという声も多いですが、 ・無動き検知(座りすぎアラーム) 格安スマートウォッチ・スマートブレスレットが、ネットショップで人気を博しています。見た目の高級感と性能の良さで話題のSemiroスマートウォッチにスポットを当てました。Semiroの使い方や口コミ、充電できないというトラブルの対処法まで詳しくご紹介します。 実際に使ってみると良さが分かると思います。, 他にもスマートブレスレットの購入レビューをご紹介しているので、ぜひ参考にして下さい。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. といったように、積極的に体調をコントロールする意識が生まれました。, また、見た目がチープすぎないのも良いところ。 まず、本体から両側のベルトを取り外します。, ベルトは無くさず保管し、本体だけを使って充電します。 読み取り可能な最大心拍数:220BPM ディスプレイ:0.96インチOLED バッテリー:リチウム電池(90mAh) 「価格は安いけどGanRiverって知らないメーカーだしちゃんと使えるかが心配…。」, 主に体調管理(特に睡眠の計測)を目的としてGanRiverを購入しました。 まれに寝ている間ずっとレム睡眠(=深い眠り)になっていることもありました。, しかし、私の場合は睡眠時間の計測が主な目的。この精度の甘さは及第点といったところです。, また、スマートブレスレットで計測したデータはスマホアプリで確認する必要がある。 (ほぼ最低限の機能しか使っていないからかもしれませんが), ・機能のほとんどは使わない ・電話着信通知・メッセージ通知 Yamayというメーカーが開発しているようだ. 「2か月も経たないうちに充電できなくなりました。 ・歩数計 凸凹の形をしているのですが、何とも言えない締まりがあります。, 付属品の説明書はちゃんと日本語対応しています。 有効範囲:10mまで 歩数「4687歩」という記録がでした。iPhoneのヘルスケアとほぼ同じ数値だったので、歩数計はかなり精度があると思います。, 次に、心拍数も計測しました。 人気スマートブレスレット「Ganriver」が気になっていたので購入しました。 機能面と使い勝手の良さでおすすめしたいアイテムです。 「Ganriver」の基本スペック、機能性と使い方、アプリとの連携、使用したレビューをご紹介していきます。 ただ一方で反対に若干の不安も感じました。, これらのについてはAmazonレビューでも意見が極端にわかれており、実態がわかりにくいところでした。. この記事では、『XD-Z4800』と『XD-Z4900』『XD-G4800』の違いやレビュー、価格情報などをご紹介しますね。... ほぼリアルタイムでの翻訳って、”未来!”という感じがしてワクワクしますよね。 無動通知もできます。, 防水なので、汗を気にせず使えます。 Huaweiのウェアラブルスマートウォッチ「Huawei Band4」。 常に新シリーズも出ていてお理、口コミも良かったので購入してみました。 Proとの機能の比較、アプリや機能などの購入レビューを写 ... 「スマートブレスレットってアプリと連携するみたいだけど、スマホがない時に使えるの?」 と疑問の方へ。 結論を言うと、使えます! ただ、使える機能は限られるので、どんな機能が使えるのかをご紹介していきま ... 普段スマートブレスレットで歩数計や消費カロリーの計測、SNS通知などの機能を使っていますが、血圧の測定機能がありません。 今回は、血圧測定ができるスマートブレスレットを厳選してまとめました。 SWマニ ... 今回、スマートウォッチ「Yamay」を購入したのでご紹介します。 とにかく見やすくて操作しやすい。 実際に購入して使った様子を写真や動画で紹介してますので参考にしてください。 Yamayの機能  ▼が ... 「Apple Watchを購入したいけど、高くて購入できない。」、「でも、安くて同じような機能のスマートブレスレットを使いたい」、「同じようなのが多くてどれを選べばいいかわからない」という方へ。 全て ... Amazonでベストセラーになっているスマートブレスレット「ANEKEN」を購入しました。ベルトの締め付けとデバイスタッチの反応も良く、紹介したくなりました。「ANEKEN」の基本スペック、機能性、評判、使用した感想、アプリとの連携をご紹介します。スマートブレスレ... スマートブレスレットで人気の「itdeal」を購入しました。血圧測定ができるなど、期待以上にスペックが高かったため、とても気に入りました。「itdeal」のスペック、機能、使い方、購入した感想などをご紹介します。スマートブレスレット「itdeal」とは「itdeal」は... 【レビュー】スマートブレスレット“Justcool”を購入!アプリ連動も試して見た!. 「とても使いやすくて、この値段なのに出来過ぎ!と思っていましたが、一ヶ月でラインと着信の通知ができなくなりました。」, や 1 GanRiver スマートブレスレットの外観について; 2 GanRiver スマートブレスレットで出来ること; 3 使い方や充電方法は? 4 GanRiver スマートブレスレットの残念なところ. 今回レビューするのは、GanRiverさんのスマートブレスレット『SW-321』です。 それでは早速レビューを書いていきたいと思います。 外観チェック. 腕時計タイプの歩数計 GanRiverスマートブレスレットを購入しました。, 私が今回購入したのはこれです。 ですが、睡眠計や歩数計、無動き検知といった機能は体調管理に大いに役立ってくれます。, スマートブレスレットでの体調管理を継続できそうであれば、 音が出ないので家族よりも早く起きる、という人にもおすすめです。, また仕事中の大半をパソコンの前で過ごす人も多いのではないでしょうか。 ・アラーム機能 ここでは良かったところ、悪かったところ、実際に使える機能について解説します。, ・日々の体調管理に役立つ ・シンプルなデザインかつ軽いので腕に付けていても違和感がない でも、「ANDROIDにも対応してるの?」と思われた方も多いと思います。 対応デバイス:Android 4.3以上、iOS7.0以上、Bluetooth 4.0以上, 『GanRiver スマートブレスレット』には、「心拍数などが多めに表示される」「すごく明るい場所だと見えにくい」という意見もあります。.