・Huawei Mate Xs
Galaxyの最新タブレット一覧です。製品スペック・特長をチェック!スマートフォンなら世界で選ばれているGalaxy。
左右に10個(計20個)のショートカットキー搭載で左右に1個(計2個)のタッチバーがあります。, XP-PENの液晶タブレット。11.6インチで約3万円。こちらも8192レベルの筆圧です。

【Wacom Cintiq 16詳細レビュー】視差も気にならない初心者でも使いやすい高性能な液タブ, Huion 液タブKamvas Pro 22 ペーパーライク ブルーライトカット 保護フィルム. 大きい画面で安さ重視な方向けです。, 2019年11月の新作。21.5インチで価格は約7.8万。 ・Samsung Galaxy S20 Artistシリーズで特に変わった点は画像サイズくらいですが、付属ペンがPA2からP05Rに代わっており、スムーズさが向上しているようです。, 22インチで約6万円(クーポン適応で約5.1万) 色域は88% NTSCから92% NTSCに向上しており、上位互換の液タブです。, 「HUION」の11.6インチ液タブ。お値段約2.8万(15%クーポンで約2.4万へ)。とても安いですね。 galaxy noteなどはワコムの技術が使われたペンで書けるスマホですが、有機ELなので液晶ではありません。 従って液タブでもありません。 も し有機ELで画面に直接描けるペンタブが欲しくなったら、 僕は一体何が欲しいというのですか。

・Samsung, Galaxy Note 10+ 以前まではWacomが独占していた液タブ業界ですが、近年は中国系や欧米等、多くの企業が参戦してきました。, それによる競争によって価格がより安価になってきたり、どのような機種にするかといった選択肢も増えてきたため、Wacomや他社製品の液タブをまとめて紹介していこうと思います。, 2020年1月16日に発売されたWacomの最新作! ・Samsung, Galaxy S10+ 色域はAdobe RGB92%カバーでアンチグレアガラス搭載。フルラミネート技術で視差を少なくしています。 ・Samsung, Galaxy Note 10 ・Samsung, Galaxy Note 10+ ・Samsung, Galaxy Note 8 ・Samsung, Galaxy Note 9 ・Samsung, Galaxy S10+ ・Samsung Galaxy S20 ・Samsung, Galaxy S8.

参考リンク:Dell Canvas: ペンおよびトーテム対応のインタラクティブなディスプレイ | Dell 日本, ※購入しました。

スペックに妥協しない方のためのプロ仕様です。, 主な違いはCPUがi5からi7、メモリが8GBから16GB、ストレージが128GBから512GB、OSがHome PremiumからProfessionalに変わり、スタンドも付属されています。, 2019年10月18日発売の15.6インチモデルのモバスタ。価格は約38万円です。, MobileStudio Pro13と比較すると、こちらの解像度は4KディスプレイUHD(3840×2160)でGPUも進化。また、メモリも一つ拡張可能です。, ここまではWacomの液タブを紹介してきましたが、ここからは「GAOMON」や「HUION」、「XP-Pen」といった中国系企業のものを取り上げていきます。, ここからの特徴はWacomと比較してとても安価なことです。昔は液タブといったらWacomしかほぼ選択肢がなく、13.3インチで約10万円くらいでした。

画面の縁の幅も小さくなり、スッキリした印象がありますね。物理的なボタンではなく、8個のタッチキーになっています。

フルラミネート技術採用でこちらも視差が少なくする工夫がされています。色域は72%(NTSC), ノングレア保護フィルムが貼られており、誤タッチ操作を防ぐ指ぬきグローブも付属。また、購入特典として3ヶ月間分のpixivプレミアムを無料で使えるようです。, こちらはArtistシリーズの13.3インチ版で約3.5万。(10%クーポンで3.15万) ・Samsung, Galaxy S8, しかしKamvas Pro13はAmazonの25%割引クーポンが誰でも使えます。, 描き味の面ではそれほど変わらないものの、色の表現範囲はWacom Cintiq16に軍配があがります。, ただしショートカットが設定できるファンクションキーがないため、キーボードでの操作、もしくは左手デバイスなどが必要になります。, もう少し予算があるなら圧倒的に人気の「Wacom Cintiq16」がおすすめです。, 品質面でも世界一のシェアを誇っているので、Wacom Cintiq16が一番おすすめです。, なるべく予算を抑えるなら、トータルで優秀なKamvas Pro16がおすすめです。, ペンの感知や筆圧を読み取る性能、また描画スピードの対応など、どれをとっても高品質です。, 実際にWacom Cintiq16を使ったレビュー記事もあるので、参考にご覧ください。, Wacomの次に人気のある、HUIONから販売されているKamvas Pro16。, ショートカットを多く使う人、ショートカットを使って作業効率を上げたい人におすすめのモデルです。, 22インチの液タブは横60cm前後、縦35cm前後とかなり大きいので、作業場所をきちんと確保する必要があります。, 20個のショートカットが設定でき、ほぼキーボード操作をしないで作業に集中できます。, などどれが一番欲しいのかを明確にすると、おのずとあなたに合った液タブが決まります。, 約10年間マンガを描いてきたテクニックを分かりやすく丁寧に解説しています。またマンガを描く上で参考となる書籍なども紹介しています。世界一のマンガテクニックサイトを目指し、マンガを描く全ての人に貢献していきます。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, マンガ制作経験10年。好きなジャンルは「少年マンガ」。マンガのスキルの中ではストーリー制作がもっとも得意。, 全てのマンガ描きさんを応援するため、約10年間で培ったマンガのテクニックを配信中!.

ペンの性能は筆圧8192レベルで傾き検知60°です。, こちらは先ほどのPD156 PRO 15.6インチと比較すると21.5インチになり、価格は約4.4万円になっています。 しかし安さで手が出しやすい中華液タブと呼ばれる、「Huion」「XP-Pen」も人気。, 現存するすべての製品を試したわけではないですが、各メーカーの液タブは一通り使っています。, 液タブは液晶画面が使われているので、サイズが大きくなるにつれ値段も上がっていきます。, 性能はサイズが大きい方が高くなる傾向がありますが、そこまで飛躍的に上がるわけではありません。, 仕事やプロの方なら大きい画面の方が描きやすく、ファンクションキーなどが多い16インチ~の液タブがおすすめです。, 決まったらサイズ別にの液タブメーカーの製品を比較していきますので、参考にしてくださいね。, ※ちなみにWacomでは20インチの液タブがないため、22インチにあわせて比較しています。, Wacomの性能は数値上では他の液タブに劣っていますが、実際に使うとそれほど違いを感じません。, そういう点ではWacomは安定のパフォーマンスを発揮してくれるので、品質面で優れています。, 筆圧を感知する機能(筆圧レベル)がWacomは他の2製品に比べ数値上おとっています。, PCで使うならショートカットなど操作性があるArtist Pro13.3がおすすめ。, Kamvas Pro13はAmazonの割引クーポンを使うと、3製品の中では最安値になります。, しかしこのクーポンは商品詳細画面で誰でも使うことができますが、いつ廃止になるかわかりません。, ショートカットが設定できるファンクションキーがないため、操作面で劣りはしますが別売りの左手デバイスを使えばカバーできます。, 【以下のAndroidに対応】

こちらはショートカットキーが周りにないため、その分スッキリしたUIですね。, Kamvas20(2019)のPro版。19.5インチで約6.9万(25%クーポン適応で約5.2万)。 レビュー記事:【レビュー】27インチの液タブ「Dell Canvas」の描き心地や機能について, iPadのようなタブレット端末を考えるのも一つの手段です。特にiPad Pro + Apple Pencilの描き心地は素晴らしいものになっております。, iPad Proは10.5インチと12.9インチがあり、私は12.9インチを所持しておりますがとても快適に描くことができおすすめです。, 個人的にはiPadの27インチとか出たら最高なんですが・・・痺れを切らしてDell Canvasを最近買いました。, Microsoftのタブレット端末を使うのも良いですね。最近だとSurface Goが出たので気になるところ。メモリ8GBのモデルで約7万円です。メモリ4GBの安いモデルは約5.3万ですが、絵を描くならたくさんレイヤーを重ねると重くなるので8GBが良いですね。

・Samsung, Galaxy Note 8

・Samsung, Galaxy Note 8 ・Samsung, Galaxy Note 10+ ・Samsung, Galaxy Note 10 ・Huawei, P30 ・Huawei, P20 Pro ・Huawei, Mate 30 Pro.

Windows 10搭載で128GB容量、8GBメモリ、コアi5のCPU搭載。重量は約 1,252 gでSurface Goの2倍以上ですね。, 通常は画面を立ててPCのように扱い、イラストを描くときは画面を傾けて28インチの大画面液晶に思う存分描くことができます。, PC+液晶タブレットだと机上がごちゃごちゃしてしまいますが、こちらはオールインワンで大画面液タブを味わうことが可能。, こちらは「Surface Dial」という画面に貼り付けてクルクル回すことのできる円形の左手デバイスがあります。, ・Microsoft Surface Studio | 超高性能デスクトップを、あなたのスタジオに。, 思い切って27インチの大画面液タブ「Dell Canvas」を購入しました。[…], iPadアプリについに「CLIP STUDIO」が登場しました!早速自分のiPad Pro(2017年モデル)で試してみたので使用感をレビューします。[…], 私が所有している液晶タブレットにモニターアームを付けてみたので、使いやすさや揺れなどの使用感をレビューしたいと思います。 目次 1. ・Huawei, Mate 20 Pro

ショートカットキーが左右に10個(計20個)と、左右の真ん中にホイールリングが1個(計2個)です。色域は88%(NTSC)カバー。 ・Samsung, Galaxy Note 10

Artist 12 Proとの違いは画面サイズと色域が72%(NTSC)→88%(NTSC)に向上していることです。, XP-Penの15.6インチで約4.5万(20%クーポンで3.6万) 液タブ化したい人はこっちもどうぞ(ちゃんとできるとは言ってない) nichijou-love.hatenadiary.jp 主な日本で購入できる筆圧感知に対応している Android の タブレット や スマホ など(2018/2 現在) 522gで持ち運び可能で、この端末一台でお絵描きできます。 ※画像はイメージです。 ※製品の画像・仕様につきましては、予告なく変更する場合がございます。, 本ウェブサイトは、Microsoft Internet Explorer11 以降ならびに Google Chrome, Mozilla Firefox の最新版に最適化されております。, ※製品の画像・仕様につきましては、予告なく変更する場合がございます。, Galaxy Z Flip | Z Flip 5G アクセサリー, Galaxy Note20 Ultra 5G アクセサリー.

解像度は1920 x 1080でIPSパネル搭載(アンチグレアフィルムはすでに貼られている状態)。色域は88%(NTSC)でフルラミネーション加工技術というものを搭載し、視差を少なくしています。 ・Huawei, Mate 30 Pro 液タブを使っている方は大体「紙のような描き心地になるフィルム」のようなものを別で購入し、ご自分で貼っている方が多いと思います。 ... Galaxy Note 10/10+/Galaxy Note 9/Galaxy Note 8/Galaxy S10/S10+/Galaxy S9/S9+/Galaxy S8/S8+/Galaxy Tab S4/Galaxy Tab S5e/Galaxy Tab S6. © 2020 TeraStorys All rights reserved. ・Samsung, Galaxy Note 9 使用した機種 使[…], お店に「Surface Studio」が置いてあったので触ってきました。 Microsoft Surface Studio | あなたのデスクを、スタ[…], 一部のAndroid端末のスマートフォンに接続して使うことができる機能もあります。, 【Amazon.co.jp限定】 ワコム 液晶ペンタブレット 液タブ Wacom One 13, 【Amazon.co.jp限定】ワコム 液タブ Wacom Cintiq Pro 13, 【Amazon.co.jp限定】ワコム 液タブ Wacom Cintiq Pro 16, 【Amazon.co.jp限定】ワコム 液タブ Wacom Cintiq 16 FHD, 【Amazon.co.jp限定】ワコム 液タブ Wacom Cintiq 22 FHD, 【Amazon.co.jp限定】ワコム液タブ23.6型 Wacom Cintiq Pro 24, 【Amazon.co.jp限定】ワコム 液タブ 31.5型 Wacom Cintiq Pro 32, ワコム 液晶ペンタブレット 27型QHD液晶 Cintiq 27QHD touch, 【Amazon.co.jp 限定】Wacom Mobile Studio Pro 13 (2019年モデル), 【Amazon.co.jp限定】Wacom MobileStudio Pro 13 i7 512GB, 【Amazon.co.jp 限定】Wacom MobileStudio Pro 16 (2019年モデル), Dell Canvas: ペンおよびトーテム対応のインタラクティブなディスプレイ | Dell 日本, Microsoft Surface Studio | 超高性能デスクトップを、あなたのスタジオに。, 【レビュー】Logicoolの高級薄型キーボード「G913 TKL」の良い点、悪い点, 最大解像度:4K(3840 x 2160) → フルHD(1920 x 1080), 接続方法:USB Type-CまたはWacom Link Plus → 3 in 1 ケーブル.

画面サイズは10インチで、解像度は1800×1200。 ・Huawei P40 筆圧は8192レベル。ショートカットボタンが4つあり、1つタッチバー搭載。左利き設定あり。, HUIONのKamvasシリーズ。Kamvas Pro12との違いはサイズと価格で13.3インチ型の約3.2万(クーポンで2.6万へ)。, 15.6インチで約3.3万。1つのタッチバーと6個のショートカットキーあり。 ・Huawei, P20 Pro

ビリティヘルプへスキップ. 13.3型で約4万円の初心者向けエントリーモデルです。Wacom製かつ13.3型の液タブが4万円とは、時代が変わったなと感じます。, スペックとしては、フルHD(1920×1080)、筆圧4096レベル、色域のNTSCカバー率72%、タッチ機能なしとなっています。, 従来のモデルでは筆圧8192レベルが主流になりましたが、数年前までは筆圧2048段階が主流だったので、筆圧4096レベルは個人的に気にならないところです。, 「Wacom One 13」のペンにはテールスイッチ(上端にあるボタン)はありませんが、サイドボタンで消しゴムなどの割当が可能。, その他特典として、ペイントソフトの「CLIP STUDIO PAINT PRO」が6ヶ月使用できるライセンスや、デジタルノートアプリ「Bamboo Paper」のプロパック版が使えるライセンス付属。, また、PCに接続する代わりに、一部のAndroid端末のスマートフォンに接続して使うことができる機能もあります。, 重量は1kgと従来の液晶タブレットよりも軽いので、スマートフォンとの持ち込みで外出時にも使うことができそうです。, 中国系企業の価格に対抗したエントリーモデルでありながらも、スペック的には申し分ないので13.3インチ辺りを検討している方には一番良い選択肢ではないかと思います。, 2019年7月25日に発売された13.3インチの比較的新しいモデル。従来のモデルに比べスリムな設計となり、筆圧が2048→8192の4倍かつ、RGBカバー率が向上。, 価格は約8万円。私はペンタブからこの製品の古いモデルを購入したことがありますが、ペンタブの時は大きい画面で描くことができたので、いきなり画面が小さくなった感は否めないです。, 今までペンタブレットで20インチ以上のモニターを使って絵を描いていた人は個人的にはもう少し大きいサイズがおすすめです。, 最新作の「Cintiq 16 FHD」と比べると、画面サイズが小さいのにこちらのほうが価格が高いです。タッチ機能があるかないかの差なので、大画面が良い方は後述の「Cintiq 16 FHD」や「Cintiq 22 FHD」を検討するのが良いと思います。, 少し前までWacomだと13インチの次に大きいのは22インチという状況だったので、様々な大きさをサポートしてくれるのはありがたいです。, こちらは解像度4K(3840×2160)対応です。HDMI接続の場合のみ2Kの解像度となるようです。, 2019年1月発売の新しめのモデル。「Cintiq Pro 16」と同じ大きさでありながら約6.6万と10万ほど値下げされており、Wacomとしては破格の値段となりました。, ショートカットキーを使ったり、高い解像度の必要性がないような、趣味で利用する方にはとてもマッチしたモデルだと思います。, 2019年7月25日発売の新しめのモデル。Cintiq 22HDの後継機で、21.5型サイズの大画面でありながら約10.8万とだいぶ手の届く価格域になりました。, 従来モデルのスペックとの違いは、筆圧レベルが2048→8192に進化し、色彩カバー率がAdobe RGB 72% → sRGB 96%になっているところです。, こちらはタッチ機能がなく、最大解像度は4KではなくフルHDとなっているため、後述の「Cintiq Pro 24」と比べると廉価版でコスパの高いエントリーモデルとなっています。, 23.6型の大きいサイズ。USB Type-CやHDMI、Display Portで4Kに対応。, 名の通り、プロのイラストレーターが使うような本格サイズでお値段は約26万円。タッチ機能ありだと約31万円です。, タッチ機能があると誤作動が気になりそうであるため、個人的にはタッチ機能なしでショートカットキーや左手デバイスを活用するのが良いと思います。, 2018年11月に発売された新型。世に出回っている液タブの中で一番大きな31.5型サイズです。, 27インチの古いCintiqシリーズで一番大きいモデルは2,560×1,440の解像度となっております。お値段はタッチ機能ありで約23万円。, すでにWindows10のOSが搭載されており、PC不要でお絵かき可能なモデル。13.3インチモデルで価格は約21万円。, 2019年12月12日に発売された新作で、値段は従来モデルとほぼ変わりませんが、スペックが改良されています。, Wacom Mobile StudioはPCが必要ないこともあり、持ってない方や一つの個体だけで作業したい方にはおすすめのシリーズです。, MobileStudio Pro 13のスペックが向上したバージョン。2020年1月30日発売の新モデルで、価格は約31万と、10万円ほど高価になっています。 Pro版は左右に8個(計16個)のショートカットキーと、左右に1個(計2個)のタッチバーがあります。物理キーが欲しい方向けです。, 21.5インチで約10万円。Kamvasシリーズの一番大きいサイズです。

左右に8個(計16個)のボタンを配置しております。, 古い機種なので、ペンは充電式でフルラミネート技術のような視差を少なくする性能はないようです。色域は82%カバー。

・Huawei, P30 Pro12、Pro13はスタンド付属ですが、こちらはスタンドは付属されておりません。, 19.5インチで約5.6万(30%クーポン適応で約3.9万)とコスパが良いです。

Surface Penは別売り(約1万)で筆圧は4096段階で傾き検知あり。, タブレット端末で画面は小さめですがOSはWindowのため、CLIP STUDIOやSAIなどが使用できるのは良いところ。, こちらはSurfaceの13.5インチバージョンで約11万。 XP-Pen製品の大きいサイズで高機能が良い方向け。, ここからはWacomや中国系企業以外の液タブやタブレット端末の紹介です。 DellからはWacomより価格を抑えた本格仕様の27インチ液タブが登場しており、AppleやMicrosoftからは「iPad」や「Surface」といった繋げるPCを必要としないタブレット端末があります。, こういった製品も描く目的やスタイルによっては選択肢として考慮してみると良いですね。, 現状27インチの液タブでWacom以外のものはこちらのDell Canvasのみ。RGBカバー率100%は他の液タブにない特徴。, WacomのCintiq 27QHDと比べるとこちらのほうが視差が少なく、価格も安いです。, タッチ機能と合わせて使えれば良いですが、私の場合は他の左手デバイスを買って操作しそうです。, 27インチの液タブで、なおかつ20万円以下で抑えたい方におすすめしたい製品。

最近はWacomの特許が切れてきたためか、中国系企業の液タブが増え、全体的に値段が下がり、消費者にとっては嬉しい状態に。, 最近は中国系液タブでも視差が少なくなる(画面と筆のズレが少なくなる)フルラミネーション加工技術が施されているため、どんどん品質に差がなくなってきているように思えます。, 長年培ってきた品質をもとにWacomを選ぶか、徐々に差を埋めていると感じられるコスパ最強のWacom以外の液タブを選ぶかですね。, GAOMONの15.6インチの中華製液タブ。お値段は約4万円。ワコムと比べるとこの大きさでこの価格は安いですね。, サイドに9個のショートカットキーやOSDキー(最後に用いたキーを使えるボタン)、ラウンドキーがあります。

Copyright©2020 SAMSUNG All Rights Reserved.