・ドライバをアップデートしてみる アナログ機器特有のヴァイナルノイズや、レコードの音飛びを再現したり、リズムもジャストではなく、前後にヨレたようなビートアレンジをすることで、ヒューマナイズしています。 クラシックジャズやブルース音源からサンプリングされた音源を使用したり、アレンジに関してもジャズ感�

RANGEで微調整します。, フェイザーの仕組みは少し複雑なので、実際にパラメーターをイジってみて音の変化を耳で確認してみてください。SWEEP FREQ.を右に回すほど音が揺らぎ、FREQ. まずメインのタブです。 ・現在のレイテンシ RANGEで音の揺らぎの幅を決めるといった具合です。右上のMAX DEPTHを12時ぐらいにすると耳障りな揺らぎが抑えられるのでオススメです。よくわからない場合はプリセット設定のままでも問題ありません。, ビートメイクの秘儀、ハーフタイムエフェクトです。トラックの再生速度を半分にして、レコードをスロー再生したようにピッチも低くなります。ハーフスピードは多くのトラックに使用されており、とりあえずハーフスピードかければそれっぽくなるよ。という便利なエフェクトですが、扱い方が少し難しいので詳しくは別の記事でも紹介しています。効果は絶大なので、ぜひマスターしたいテクニックの一つです。, まずややこしいのが、ノートの打ち込みをハーフスピードエフェクトに合わせて、変化させなければいけないということです。先程このように打ち込んだノートを。, 慣れてしまえば簡単なのですが、初めは少し混乱します。ノートを打ち込んだら、FL Studio標準の「Gross Beat」を立ち上げて、右上のプリセット一覧から「Momentary」を選択後、左側のエフェクト一覧から「1/2 Speed」を選びます。, ハーフスピードが適応されると、かなりピッチが下がるので、ピアノロールで1~2オクターブ程ピッチを上げましょう。, あとはお好みに合わせてLo-Fi制作に必須のエフェクトである「RC-20」のようなプラグインでアナログノイズを加えてヴィンテージ加工すれば、更に雰囲気が出るのでオススメです。, 以上、Lo-Fi HipHopで使えるピアノサウンドの作り方【FL Studio】でした。, 【HipHop】ビートメイクに役立つプラグインエフェクト 5選ダークメロディーの作り方【Hiphop,Trap】. 画面上部には診断メッセージが表示されます。うちのシステムはドロップアウトなくリアルタイムにオーディオを処理できる、との診断のようです。, 下に5つ並んでいるメーターのようなものはレイテンシです。 3-4列目で件数から当たりを付けることができます。, 5列目は最大の実行時間です。普段はレイテンシが低いのに定期的に音飛びがする、などという場合はこの列で調べてみると良いと思います。 左上の再生ボタンのようなボタンを押すとレイテンシの観測が始まります。 楽曲制作を行っていく中で、どうしても増えていくのが音源トラックやエフェクトです。 これらが積み重なっていくことで、楽曲の再生に不具合が出たり、動作が重くなってしまうなどの症状が出る場合があります。 ここではバッファーサイズを調整してcpuの使用率を最適化していきます。 ・観測期間中最大の割り込みサービスルーチン(ISR)実行時間 Lo-Fi(ローファイ)とは低音質、劣化したサウンドのような意味合いがあり、そのような音楽自体をさす言葉でもあります。YouTubeやSpotifyのプレイリストでBeats to Relax/Study、Chilloutで調べると集中力を高めたり、リラックスの為のLo-Fiミュージックが多くヒットします。ChilledCowのような有名ストリームチャンネルだとリアルタイム視聴数で3~4万人を常に維持しており、Lo-Fiサウンドの需要の高さを表しています。, 最近の音源ソフトやサンプルは高音質のものがほとんどですが、意図的にノイズを付加したり、EQで加工したりしてヴィンテージっぽい、昔ながらのアナログサウンドに近づけることでLo-Fiを演出しています。アナログ機器特有のヴァイナルノイズや、レコードの音飛びを再現したり、リズムもジャストではなく、前後にヨレたようなビートアレンジをすることで、ヒューマナイズしています。, クラシックジャズやブルース音源からサンプリングされた音源を使用したり、アレンジに関してもジャズ感を演出するマイナーセブンスのような暗めのコードアレンジが多用されていて、ピアノ、ギター、サックスを使用した80~90年代の音楽アレンジが主流です。Lo-Fiの為のミックステクニックはいくつかありますが、今回はFL Studioの標準プラグインのみを使用して、Lo-Fiミュージックの中でも特に使用頻度の高いピアノを使った劣化加工について解説します。, まずはコードを作ります。Cマイナーダイアトニック進行「Ⅰm→Ⅱm♭5→♭Ⅲ→♭Ⅵ」のトライアドに7度の音を足した形です。, ダイアトニックコードとは?【作曲に役立つ音楽理論】コード進行の基礎、ケーデンス(カデンツ)について【作曲に役立つ音楽理論】, コードを作成したら、ランダマイズ機能を使ってヒューマナイズします。ピアノ打ち込みに関して詳しく知りたい方はこちらの記事を合わせてご覧ください。, FL Studio標準のピアノ音源ソフト「FL KEYS」を使用します。ピアノ音源ソフトの中では高音質の部類ではないのですが、Lo-Fiブームのおかげで再び注目されています。FL KEYSを立ち上げたら右上のプリセット一覧から「Dark Piano」を選択。, ・OVERDRIVE歪み量の調節、右に回すと音が歪みだすので、うっすら歪みを付加しましょう。・HARDNESSサウンドの硬質感の調整。右に回すとハイが出てエッジ感が増し、左に回すとハイが落ちて甘いサウンドになります。・DETUNEピッチをずらすことで特有の揺らぎを加えます。やり過ぎると不協和音になるのでほどほどに。, これだけでもかなりLo-Fi感が出ています。ここから更にエフェクトを足して、更に劣化させていきます。, EQを使って不要な低音のカットと、ローパスフィルターで高音をカットすることでレコード特有の音がこもった感じを演出できます。, 1~2kHz辺りを若干プッシュすることで、さらにラジオボイスのような独特の質感になります。, Phase(フェイザー)は音の位相を変えて、波形を干渉させることで独特の揺らぎを付加します。飛行機が頭上を通り過ぎたときの「シュワーーン」といった感じに近いです。今回はFruity Phaserを使用します。, 立ち上げたら、右上のPresetsから「Old Fashioned」を選択。SWEEP FREQ.とFREQ. 5列目は最大の実行時間です。普段はレイテンシが低いのに定期的に音飛びがする、などという場合はこの列で調べてみると良いと思います。 6列目がトータルの実行時間です。全体的にレイテンシが高い場合はこの列の情報が参考になりそうです。 ・特定のサービスに関連する場合はサービスを止めてみる, などなど、個別に試していくしかなさそうです。 この情報を参考に常駐アプリを停止したり、OSのサービスの実行を見直したりできます。, 左から3列目が割り込みサービスルーチンの件数、4列目が遅延プロシージャ呼び出しの件数です。 6列目がトータルの実行時間です。全体的にレイテンシが高い場合はこの列の情報が参考になりそうです。, プロセスの場合はメモリ使用量なんかですぐ分かったりするもんですが、ドライバが原因の場合原因究明は結構難しそうです。 あまりに件数が多くオーディオプロセスと同じプロセッサで何度も処理することになると音飛びの原因になりえます。

しばらく放置して結果を見た上で、どれにどんな対策をするかを考えます。 これらは十分に速い速度(Latencymonの説明を見ると100マイクロ秒以内)に実行できていれば問題ないらしいのですが、実行に時間がかかる場合や ・録音時はデバイスの使用をやめてみる, OSの設定だった場合は ・該当しそうな設定を変更(有効/無効の切り替えなど) , Home EditionとProfessional Editionがあり、Home Editionはフリーソフトです。 上から よくある原因としては何らかのソフトが定期的にオーディオインターフェイスのレイテンシを増加させているという現象が考えられるのですが、 ・観測期間中最大の遅延プロシージャ呼び出し(DPC)実行時間 ・観測期間中最大のレイテンシ ・観測期間中最大のハードページフォールト回復時間

人気おすすめVSTプラグインソフト5選【DTM初心者】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の大手プラグインサイト「Plugin Bou ... 最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ... はじめてのギターエフェクター【最初に買うべきはコレ!】 ↑今回の内容の音声配信です。エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音 ... 【Trap】トラップビートの作り方!簡単な5つのステップ【HipHop】 これからビートメイクを始める方に向けて、簡単なトラップビート制作の流れをご紹介します。数ある音楽ジャンルの中でも、非常にシンプ ... 【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ... Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved. となります。, プロセスがずらっと並んでいますが、左から3列目にあるハードページフォールトの回数でソートをすると、ハードページフォールトの回数が多いプロセスがわかります。 インストール時は画像を取得しませんでしたが、インストール先の指定やスタートメニュー作成の有無など一般的な内容なので困らないと思います。, インストールして実行してみるとこんな感じです。

どうもこの ”どのプログラム(プロセス)がレイテンシを増加させているか” の調べ方が良くわかりませんでした。, ネットで調べてみたら、Native Instrumentsのナレッジベースにちょうど良さそうなソフトが紹介されていました。, Latencymonというソフトです。

ドライバ名称でうまいこと原因のデバイスかOSの設定を突き止めて、, 特定のデバイスのドライバだった場合は うちのシステムも問題なしのお墨付きは頂きましたが、もうちょっと頑張れないかこの機会に見直ししてみたいと思います。.