¦ä¸Šéš…の位置をポイント単位で指定します。, テキスト ボックスの幅をポイント単位で指定します。, テキスト ボックスの高さをポイント単位で指定します。, msoTextOrientationHorizontalRotatedFarEast, 水平方向および東アジア言語のサポートを必要に応じて回転します。, 東アジア言語のサポートに必要な場合、垂直方向です。. vbaで図形をクリックしたときに「図形の名前」を取得するにはどのようにすればよいのでしょうか?今回は、クリックした図形の名前の取得方法について徹底的に説明していきます。図形の名前は2種類ある図形の名前と言っても、じつは、図形の名前は以下のよ © 1995 - Office TANAKA

今回はAutoFillメソッドで失敗するときの対処方法について徹底的に説明していきます。... BuiltinDocumentPropertiesプロパティを使えばエクセルブックのプロパティ(作成者やタイトル、更新日時など)を取得することができます。 Excel VBA 入門 › 値と式の設定 ... 事前にこのようなExcelファイルを用意しておきます。個人別の合計を集計してみましょう。 testcellvalue2.bas. Shape プロパティ (Excel) Shape.Line property (Excel) 05/14/2019; この記事の内容. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); VBAで図形をクリックしたときに「図形の名前」を取得するにはどのようにすればよいのでしょうか?, 先にみなさんが求めているであろう結論から言うと、VBAで図形の名前を指定してマクロを実行するときは、「処理の名前」を指定します。, 図形をクリックすると画面左上の名前ボックスには「楕円1」と表示されているにも関わらず、マクロで図形の名前を表示させると「Oval 1」と表示されます。, 図形を作ったときには 自動で名前が付けられますが、この名前は「表示の名前」と「処理の名前」が違うのです。, 名前がなぜか違うので混同しやすく、VBAで図形を扱う際に上手くできない原因の一つなのです。, 「処理の名前」の取得方法は、図形をクリック(選択)した状態で、以下のコードのマクロを実行します。, 「表示の名前」は、図形をクリックしたときにエクセル表の左上の「名前ボックス」に表示される名前です。, 「表示の名前」の取得方法は、取得したい図形に以下のコードのマクロを登録した後、対象の図形をクリックします。, 図形の名前には「処理の名前」と「表示の名前」の2種類がありますが、じつは、両者の名前を同じにすることができます。, それは、作成した図形に一つ一つに名前を付けることです。そうすると、表示の名前と 処理の名前が 同じになります。, 具体的には、エクセル上で図形をクリック(選択)して、左上の名前ボックスで任意の名前を手入力し、「Enter」キーを押すと、名前が変更され「処理の名前」と「表示の名前」が同じになります。, 名前の変更は、VBAでも変更することができます。以下のコードでは、図形の名前を「だえん1」に変更しています。, 図形の名前を変更しておけば、「処理の名前」と「表示の名前」が同じになり、VBAで図形の名前を指定するときに間違うことがなくなります。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? google_ad_client = "pub-8092962482169671"; VBAを作成していざ実行しようとすると、「コンパイルエラー:型が一致しません」のエラーが表示されるとへこみますよね。 「ExcelのTips」ではExcelを使用していた気付いたことを取り上げて行きます。, 今回はオートシェープ図形のサイズをVBAで取得して図形の書式サイズに表示される値にするための計算式について記載いたします。, なお計算式はあくまでも試行錯誤により導き出したもので裏付けはない事をお含み置きいただければ幸いです。, Excel 2016バージョン2010(ビルド 13328.20292)を使用しています。, ExcelのShapeオブジェクトには「オートシェープ、フリーフォーム、OLE オブジェクト、図などの描画オブジェクト」[1]が含まれています。, 従いまして「オートシェープ図形」以外に「図」のサイズも同様に計算する事ができます。, [1]–Microsoft Docs Shapeオブジェクト:https://docs.microsoft.com/ja-jp/office/vba/api/excel.shape, Shapeオブジェクトのプロパティ―は沢山ありますが、その中のHeightプロパティ―とWidthプロパティ―でオブジェクトの高さと幅の値を取得または設定することができます。, この両者のプロパティ―の値は「ポイント」単位であり、データ型は単精度浮動小数点型になります。[2], [2]–Microsoft Docs Height/widthプロパティ―:https://docs.microsoft.com/ja-jp/office/vba/api/excel.shape.height/https://docs.microsoft.com/ja-jp/office/vba/api/excel.shape.width, 上記参照リンクに設定されている用語集を見ると「1ポイントは1/72インチ」と書かれています。, 従って、プロパティ―で取得した値を図形の書式サイズに変換するためにやらなければならない事は下記2点になります。, 「1ポイントは1/72インチ」なのですが、「1インチは何cm」になるか?が問題です。, 下記サイトを見ると「インチからミリメートルへ変換する式」が掲載されていますが、1インチは1/0.03937ミリメートルになるようです。, そうなりますと「1ポイントをセンチメートルに変換するための式」はつぎのようになります。.