Excelでテーブル化をするメリットのひとつに、テーブルの中の行や列を名前で指定できるというものがあります。この機能を「構造化参照」と呼びます。 「構造化参照」と聞くと、超難しそうに感じますが、構える必要はありません!, ちなみに、このページは、構造化参照を細かくではなく、ざっくり捉えるためのページとなっています。 星野さんの実績はC7番地ですから、[数値]欄に文字カーソルがある状態で、, C7番地をクリックすると、[@実績]と表示されました。 ちなみに、この一覧から「COUNTA」を選択する際、「COUNTA」の頭文字である「C」のところまで、一瞬でスクロールする技を使うと便利です。, 前のダイアログボックスで「COUNTA」を選択して[OK]ボタンをクリックすると、このようなダイアログボックスが表示されます。 まず、上記のExcel 2016では. 普段なら、1つのセルに数式を入力した後、残りのセルにはオートフィルで数式をコピーする必要がありますが、テーブル内に数式を設定した場合には、1つのセルに数式を入力するだけで、残りのセルにも自動的に数式を補充してくれます。, ここで、最初に数式を設定したB7番地を選択した状態で数式バーを見て、B7番地に設定した数式を確認してみましょう。, そして、同じ列にある、自動的に数式が補充された他のセルも同じように選択して、そのセルに設定された数式を、数式バーで確認してみます。 COUNTA関数を設定したC1番地を選択して数式バーを見ると、たった今設定した数式の内容を確認することができます。 の概要ビデオ: excel のテーブル を作成して書式を設定する excel テーブルのデータの合計行と列を追加または削除してテーブルのサイズを変更範囲またはテーブル内のデータをフィルター処理して、テーブルを範囲に変換するexcel テーブルの互換性の問題excel のテーブルを SharePointの数式の概要にエクスポートするExcel. [#集計]で、「集計行」を意味しますので、上の図の意味は、「テーブル1の「実績」の列にある集計と同じものを表示してね」という意味になります。, ちなみに[#集計]は、「集計行」を意味しますが、[#見出し]だと「見出し行」を意味します。, 今度はB7番地に、A7番地のフリガナが表示されるようにしてみます。 [実績]は必然的にC7からC13番地のことを指すので、このように構造化参照で指定されている場合は、絶対参照を設定する必要がありません。 数式バーの[入力]ボタンか、キーボードの[Enter]キーで数式を確定すると、, C2番地に、C14番地とまったく同じものが表示されるように設定できました! 表や範囲から行ごとに情報を検索する topへ エックス ルックアップ =xlookup(検索値,検索範囲,戻り範囲,[見つからない場合],[一致モード],[検索モード]). これが構造化参照。, 角括弧で囲んだ見出しの名前は、「その見出しがある列」を意味するので、[氏名]は「氏名の列」という意味になり、図の意味は「テーブル1の氏名の列」になります。 スタッフの人数を表示させたいC1番地を選択し、[関数の挿入]ボタンをクリックします。, 関数を指定するためのダイアログボックスが表示されるので、[関数の分類]で「すべて表示」を選択すると、すべての関数が[関数名]欄にABC順で表示されます。 かつ、2007で作ったマクロ入りのファイルを散布するのも問題がある気がするので、添付ファイルはありません。コード見て参考にして... Excelでよく使う(あるいは人によっては役にたつ)ショートカットを集めてみました。, JavaScriptで条件分岐する方法/if文、else、switch文、caseの使い方, ウェブページ作成言語として常に熱い需要を持つHTML関連のまとめページです。 勉強しながらちょっとずつ増やしていく所存です。, HTMLと合わせてぜひマスターしたい、CSS関連の記事のまとめとなります。プロパティの名称と使用用途を合わせて併記しています。 ちょっととっても数少ないですが、段々増える予定です。, HTML/CSSとセットでフロントエンドエンジニア三種の神器のひとつ、JavaScript系の記事まとめです。, イラストレーターと並んでエンジニア業界でも突出して人気の高い、Adobe社の画像編集・作成ソフト、Photoshop関連記事のまとめとなります。毎回変な絵を使ってますが、大体マウスでがんばって描いてます。. やはり、この列にはまったく同じ数式が入っていることが分かります!, 構造化参照で設定されたこの数式は、そもそもの意味が「この数式が入力されているのと同じ行にある「実績」が、全体の実績の中で、大きい方から数えて何位ですか」という意味になるので、「順位」欄のどのセルでも同じ数式でうまく動くわけです。, さてここで、表の構造の名前を使った数式になっているということの利点をもう1つ見ておきます。 「実績」欄の見出しの上端にマウスポインタを合わせ、マウスポインタが図のような黒い矢印に変わったらクリックすると、, 「実績」列のデータ部分のみを選択できます。 そこで、数字が入力されているセルの個数を数えるCOUNT関数ではなく、文字も含めた、空白以外のセルの個数を数えるCOUNTA関数を使います。, それでは早速、COUNTA関数を設定していきましょう。 テーブル内のセルを使って数式を組むと、その数式は、普段とは違う「構造化参照」という形式の数式になります。今回は、この構造化参照をざっくり理解します!Excel・エクセルの技! Excelでテーブル化をするメリットのひとつに、テーブルの中の行や列を名前で指定できるというものがあります。この機能を「構造化参照」と呼びます。 そして、その前に「#(シャープ)」が付いた表現がありますが、これは更に場所を限定する表現。 Be Cool Usersマガジン--Word,Excel,PowerPointの技, 解説記事内の画像はExcel 2016のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。, テーブル内に数式を設定した場合には、1つのセルに数式を入力するだけで、残りのセルにも自動的に数式を補充してくれます。, [実績]欄が広くなろうが狭くなろうが[実績]の範囲を常に認識してくれるので数式を修正する必要がありません, Be Cool Usersマガジン--Word,Excel,PowerPointの技, データを追加しても、それを含めて改めてテーブル範囲として認識してくれるため、データを追加する度に数式を手直しする必要が無い. RANK関数の設定は、「この数字は、この中で、大きい方から数えて(何位ですか)」という設定になりますから、, 今回の設定では、「星野さんの実績は、全体の実績の中で、大きい方から数えて(何位ですか)」となるように設定していきます。, まずは「星野さんの実績は、全体の実績の中で、大きい方から数えて何位ですか」の、「星野さんの実績は」の部分から。 Excelでテーブル化をするメリットのひとつに、テーブルの中の行や列を名前で指定できるというものがあります。この機能を「構造化参照」と呼びます。, なぜこれが必要なのかというとVlookupに使うためです。Vlookup関数は式でいうと次のようなものなんですが、, 簡単に言えば参照する場所を決めておいて、検査値がAならB列のCという具合に、検査値に対応した文字列を返すための関数です。, =vlookup($A2,参照シート!A2:B6,2,FALSE)(A2の文字列をシート名「参照シート」のA2からB6の中で探して、完全一致でヒットした行の左から2番目の列にある文字を返す)と入力すると、今のところはちゃんとA列の職業が反映されています, 構造化参照というのは↑これを手動で直したくないから設定するものなので、拡張する可能性が全くなければする必要はないです。, =vlookup($A2,glist,2,FALSE)(A2の文章をテーブル「glist」の中で探して、完全一致でヒットした行の左から2番目の列にある文字を返す)とします, =vlookup($A2,glist,column(glist[職業]),FALSE)(A2の文章をテーブル「glist」の中で探して、完全一致でヒットした行の職業列にある文字を返す)とします, 拡張性を持ったリストになりました(本当はif文を入れて未入力時のエラー表示を消します), ExcelVBA(マクロ)でセルとセルの間の空白(隙間)を削除する方法/If文、IsEmpty関数の使い方, ExcelVBA(マクロ)で文字フォントを変更する方法/Font.Nameプロパティの使い方, ExcelVBA(マクロ):Internet Explorerで表示したページのタイトルを取得する方法/Documentプロパティの使い方, Excel(エクセル)で「セルの書式設定」を開く方法・ショートカット/Ctrl+1の使い方, ExcelVBA(マクロ)で変数を作る・宣言する方法/Dim、Static、Public、Option Explicitステートメントの使い方, Excel(エクセル)で指定した範囲内の整数以外の入力を禁止する方法/データの入力規則(整数)の使い方, ExcelVBA(マクロ):Webページの読み込みが全て完了してから次の処理を実行する方法/readyState・busyプロパティの使い方, Excel(エクセル)で出来合いのスタイルを適用して表の見た目を変える方法/「セルのスタイル」の使い方, やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ, 関数・演算子・メソッド・プロパティ名から探すExcel/VBA(マクロ)使い方・組み合わせ方まとめ, 入力したデータを昇順で並べ替えしてみると、漢字のデータが下のほうに固まってしまう……これをルビを読んで並べ替えできるようにするのが、並べ替えとフィルターの並べ替えオプションです。, 絶対値とは0からの距離のことで、3と-3はどちらも絶対値にすると3です。 なぜなら、数式を手入力するときも、マウスで設定するときも、構造化参照の表記はExcelさんが手助けしてくれますし、数式を入力した後も、「こういう意味の数式なんだな」と、ざっくり分かればそれで事足りるからです。 そんな時に、今回ご紹介した特徴が頭の隅っこにあると、テーブルがどんどん身近な機能になっていきます!, Officeの使いこなしテクニックをメールでお届け!メールマガジンポータルサイト「まぐまぐ」の殿堂入りメルマガです! シンプルな学習ソフトの作り方です。やや説明駆け足なので、Excel関数、VBAにある程度慣れている方向けです。 それではその「構造化参照」という形式の数式がどんなものなのか、見ていくことにしましょう!, 「構造化参照」うんぬんの前に、まずはA6からD13番地のテーブルに設定してあるテーブル名を確認してみます。 そして、「氏名」列に入力されているのは、数字ではなく文字。 今回はA7番地のフリガナを表示させたいわけですから、[参照]欄に文字カーソルがある状態で、, A7番地をクリックすると、指定したA7番地は、テーブル内のセルだったので、「A7」というセル番地ではなく、テーブルの構造で表現されます。, 「@」は、「この行の」という意味。 テーブルならではの選択方法のおかげで、範囲選択したかった場所を手っ取り早く選択することができました。 テーブルでは、こういうこともExcelさんが気を利かせて自動でやってくれるわけです。 データ部分のみなので、見出しは選択されていません。 もし、この順位付けした表がテーブルではなかった場合、, となり、どのセルに入る数式もC7からC13番地にある全体の実績の中で順位付けされるよう、絶対参照を設定する必要があります。, ですが、今回組んだ数式では全体の範囲を指定する箇所に[実績]と指定してあります。 このタブの[プロパティ]グループにある[テーブル名]で、このテーブルのテーブル名を確認できます。 Version:=6 DefaultVersion:=6. なんだか見慣れない表現の数式になっていますが、テーブル内のセルを使って数式を組み立てたので、テーブルの構造で表現された数式になっているんです!, もし数式で指定した範囲が、テーブルではない普通のセルだったら、このような数式になるはず。, でも、数式で指定した範囲が、テーブル内のセルだったので、テーブルの構造で表現された数式となり、どんな内容の数式なのかがパッと見で分かりやすくなっています!, お次はC2番地に、C14番地に集計されている実績の合計額が表示されるようにしてみます。, まずは合計額を表示させたいC2番地を選択し、C14番地とまったく同じものを表示させたいだけなので、「=(イコール)」を入力後、, C14番地をクリックします。 データ部分のみなので、見出しは選択されていません。 「@」は、「この数式が入力されているのと同じ行にある」という意味ですから、[@実績]は、「この数式が入力されているのと同じ行にある「実績」」ということになり、この行は星野さんに関する行ですから、必然的に星野さんの実績のことを意味することになります。, 1つ目の設定が終わったので、次の欄に文字カーソルを移します。 というわけで、[@氏名]は、「この数式が入力されているのと同じ行にある「氏名」」、つまり「この行の「氏名」欄」という意味になります。, 数式が入力されると同時に、残りのセルにも自動的に同様の数式が設定されました! 実は、テーブル内のセルを使って数式を組むと、その数式は、普段とは違う「構造化参照」という形式の数式になります。 ちなみに、この一覧から「PHONETIC」を選択する際、「PHONETIC」の頭文字である「P」のところまで、一瞬でスクロールする技を使うと便利です。, 前のダイアログボックスで「PHONETIC」を選択して[OK]ボタンをクリックすると、このようなダイアログボックスが表示されます。 ExcelVBA(マクロ):Internet Explorerでタグからテキストを取得する方法/getElementsByTagNameメソッドの使い方, ExcelVBA(マクロ)で印刷のページ設定をする方法/PageSetupオブジェクトの使い方, ExcelVBA(マクロ)で印刷する方法/PrintOut、PrintPreviewメソッドの使い方. 集計行を追加したので、Excelさんは気を利かせて、「実績」の合計を表示してくれています。, それでは、この「テーブル1」のデータを使って、様々な数式を設定してみることにしましょう!, まず、この「テーブル1」に入力されているスタッフの人数を求めてみます。 動的参照テーブル. 今回はPHONETIC関数を使いたいので、一覧から「PHONETIC」をクリックで選択し、[OK]ボタンを押します。 「テーブル1」内のセルならどれでもいいので、どれか1つのセルが選択されていることを確認し、, [テーブルツール]の[デザイン]タブ、[テーブルスタイルのオプション]グルーブの[集計行]にチェックを付けると、, 「テーブル1」に集計行を追加することができました! これも構造化参照の利点の1つです。, さて、ここでデータを追加してみましょう。 xlookup関数はlookup関数系の新しい関数で、vlookup関数やhlookup関数の後継となるものと思われます。 は、単語の区切り文字として使用できます。たとえば、DeptSales、Sales_Tax、第1四半期などです。, テーブル名を一意にする 名前を重複させることはできません。 Excel では、名前で大文字と小文字が区別されません。したがって、「SALES」という名前が既に存在していて、同じブックに「Sales」という名前を入力しようとすると、一意の名前を選ぶように求めるメッセージが表示されます。, オブジェクト識別子を使用する 表、ピボットテーブル、グラフを混在させることを計画している場合は、オブジェクトの種類に名前を付けることをお勧めします。例: sales テーブルの場合は tbl_Sales、売上ピボットテーブルの場合は pt_Sales、売上グラフの場合は chrt_Sales、売上ピボットグラフの場合は ptchrt_Sales を選びます。これにより、名前マネージャーで、すべての名前が順序付きリストに保持されます。, 数式で構造化参照を手動で入力または変更することもできますが、構造化参照構文を理解するのに役立ちます。次の数式の例を見てみましょう。, =SUM(DeptSales[[#Totals],[Sales Amount]],DeptSales[[#Data],[Commission Amount]]), テーブル名:   DeptSalesは、カスタムテーブル名です。ヘッダーまたは集計行を含まないテーブルデータを参照します。テーブル1などの既定の名前を使用することも、カスタム名を使用するように変更することもできます。, 列指定子:   [売上額]と[手数料の金額] は、列の名前を使用しています。列見出しまたは集計行を使わずに、列のデータを参照します。示されているように、必ず指定子を角かっこで囲みます。, 項目指定子:   [#Totals]と[#Data]は、テーブルの特定の部分 (集計行など) を参照する特別な項目指定子です。, テーブル指定子:   [[#Totals],[Sales Amount]] や [[#Data],[Commission Amount]] は、構造化参照の外側の部分を示すテーブル指定子です。 テーブル名の後に外部参照が続き、外部参照を角かっこで囲みます。, 構造化参照:   (DeptSales [[#Totals]、[売上金額] ]、 DeptSales [[#Data]、[コミッション金額] ] は、テーブル名で始まり、列指定子で終わる文字列によって表される、構造化された参照です。, 指定子の周囲にかっこを使用する   すべてのテーブル、列、および特殊項目指定子を、一致する角かっこ ([]) で囲む必要があります。他の指定子を含む指定子には、他の指定子の内側の一致するかっこを囲むために、外側に一致するかっこが必要です。例: = DeptSales [[営業担当者]: [地域] ], すべての列見出しが文字列    ただし、構造化参照で使う場合、引用符は不要です。 2014 または 2014/1/1 など、数字や日付もテキスト文字列と見なされます。 列見出しを含む式は使えません。 たとえば、式 DeptSalesFYSummary[[2014]:[2012]] は機能しません。, 特殊文字を含む列見出しは角かっこで囲む   特殊文字がある場合、列見出し全体を角かっこで囲む必要があります。つまり、列指定子の場合は、2 重の角かっこが必要になります。例: =DeptSalesFYSummary[[Total $ Amount]], 列見出しでは一部の特殊文字にエスケープ文字を使う    一部の文字には特別な意味があるため、エスケープ文字として単一引用符 (') を使う必要があります。 例: =DeptSalesFYSummary['#OfItems], 構造化参照を読みやすくするために空白文字を使う   空白文字を使って、構造化参照を読みやすくすることができます。例: =DeptSales[ [Sales Person]:[Region] ] または =DeptSales[[#Headers], [#Data], [% Commission]], セル範囲をさらに柔軟に指定するために、次の参照演算子を使って列指定子を組み合わせることができます。, =DeptSales[Sales Amount],DeptSales[Commission Amount], =DeptSales[[Sales Person]:[Sales Amount]] DeptSales[[Region]:[% Commission]], 合計行のみなど、テーブルの特定の部分を参照するには、構造化参照で次の特殊項目指定子を使います。, 数式と同じ行のセルのみ。 これらの指定子は、他の特殊項目指定子と組み合わせることはできません。 参照に対して強制的に暗黙の論理積演算を行う場合、または暗黙の論理積演算の結果を使わず、ある列の単一の値を参照する場合に使います。, Excel では、1 つ以上の行データが含まれたテーブルの #This Row 指定子は省略形の @ 指定子に自動的に変更されます。 ただし、行が 1 行しかないテーブルの場合、Excel では #This Row 指定子が変換されないため、行を追加すると、予期しない計算結果が生まれる可能性があります。 このような計算の問題を避けるには、構造化参照の数式を入力する前に、複数の行をテーブルに入力してください。, 集計列を作成する場合、一般に構造化参照を使って数式を作成します。この構造化参照は、非修飾でも、完全修飾でも使えます。たとえば、Commission Amount という集計列を作成して手数料の金額を計算する場合、次の数式を使えます。, =DeptSales[Sales Amount]*DeptSales[% Commission], 一般的な規則: 集計列を作成する際など、テーブル内で使う場合は非修飾の構造化参照を使うことができますが、テーブル外で使う場合は完全修飾の構造化参照を使う必要があります。, =DeptSales[[#All],[Sales Amount]:[% Commission]], =DeptSales[[#Data],[% Commission]:[Commission Amount]], =DeptSales[[#Headers],[Region]:[Commission Amount]], =DeptSales[[#Totals],[Sales Amount]:[Commission Amount]], =DeptSales[[#Headers],[#Data],[% Commission]], =DeptSales[[#This Row], [Commission Amount]], 現在の行と手数料金額列の交点にあるセル。ヘッダーまたは集計行と同じ行で使用すると、 #VALUE!エラーが返されます。, 複数の行データが含まれたテーブルで、この構造化参照 (#This Row) を長い形式で入力すると、Excel では省略形 (@) に自動的に変換されます。 どちらも動作は同じです。, 数式オートコンプリートを使用する    構造化参照を入力する際に正しい構文を確実に使うためには、数式オートコンプリートを使うととても便利です。詳しくは、「数式オートコンプリートを使用する」をご覧ください。, 半選択でテーブルの構造化参照を生成するかどうかを決定する   既定では、数式を作成するときに、テーブル内のセル範囲をクリックすると、そのセルが選択され、数式内のセル範囲ではなく、自動的に構造化参照が入ります。この半選択の動作により、構造化参照をより簡単に入力できます。この動作を有効または無効にするには、[ファイル> のオプション] の [数式でテーブル名を使用する] チェックボックスをオンまたはオフにします。 > の数式 > の操作, ブックを他のブックの Excel テーブルに外部リンクと共に使用   するブックに他のブックの excel テーブルへの外部リンクが含まれている場合は、リンク元のブックが excel で開かれている必要があります先のブックを最初に開いて#REF!エラーが表示された場合は、元のブックを開くと解決されます。最初にソースブックを開くと、エラーコードは表示されません。, 範囲からテーブル、テーブルから範囲へ変換する    テーブルを範囲に変換すると、すべてのセル参照は同等の A1 スタイルの絶対参照に変更されます。一方、範囲をテーブルに変換しても、この範囲のセル参照は同等の構造化参照に自動では変更されません。, 列見出しをオフ   にするテーブルの列見出しをオンまたはオフに切り替えるには、[テーブルデザイン] タブの [>ヘッダー行] を使用します。テーブルの列見出しをオフにすると、列名を使用する構造化参照は影響を受けず、数式で使用することができます。テーブルの見出しを直接参照する構造化参照 (例: = DeptSales [[#Headers]、[% 歩合]])) は、 #REFになります。, テーブルに列と行を追加または削除する   テーブルのデータ範囲は変更されることが多いため、構造化参照のセル参照は自動的に調整されます。たとえば、数式でテーブル名を使用してテーブル内のすべてのデータセルをカウントし、データの行を追加すると、セル参照が自動的に調整されます。, テーブル名または列名を変更する   テーブル名や列名を変更すると、ブック内で使用されているすべての構造化参照で、テーブルや列見出しの部分が自動的に変更されます。, 構造化参照を移動、コピー、オートフィルする    構造化参照を使う数式をコピーまたは移動すると、すべての構造化参照は同じままになります。, 注: 構造化参照をコピーすることと、構造化参照のオートフィルを実行することは、同じではありません。数式をコピーすると、すべての構造化参照は同じままになりますが、数式のオートフィルを実行すると、完全修飾された構造化参照によって、列指定子は次の表にある連続したデータのように調整されます。, Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。, excel のテーブル