vCenter Server、ESXiのライセンス有効期限切れの動作影響について調べてみました。まずは公式の情報から。 ライセンスと評価期間の有効期限切れ [Datacenter Site A] を展開します。 3. ESXi5.5などで、USB3.0が有効にできない、使えない場合の対処法です。 Copyright© 2015/06/19 ネストするとも言いますが、ESXi上でE, vSphere5.1や5.5など、ESXiへのパッチ適用方法です。 [vc-l-01a] を展開します。 2. 俺の技術メモ , tmpフォルダが一杯だと,ESXiを再起動しても,幾つかのサービスが起動できない場合があります。 そのような場合には,管理サービスをすべて再起動するのが良いでしょう。SSHログインして,以下のコマンドを実行します。 For Enabling ESXi Shell or SSH, see Using ESXi Shell in ESXi 5.x and 6.x (2004746). http://pubs.vmware.com/vsphere-55/topic/com.vmware.vsphere.security.doc/GUID-832A2618-6B11-4A28-9672... 初期構築後に購入したストレージを利用してゲストOSのディスク容量の拡張はできますか?. 原因 Auto-suggest helps you quickly narrow down your search results by suggesting possible matches as you type. 該当ホストの、/var/log のファイルを確認しても、エラー発生時間帯に更新されているファイルはありません。, 詳しく調べると...別のホストで起動するとどうなるだろう?と考えて、仮想マシンを別ホストに移行しようとすると、, vCenter のログも探すのですが、このエラーを確認する方法にたどり着けません。, ESXi のエラーログですが、/var/log のファイルは実はほとんどシンボリックリンクなのでタイムスタンプが更新されません。, ※実際に cat, grep 等でファイルの内容を確認するとログが追記されているはずです。, ~ # vmware -vVMware ESXi 5.5.0 build-1439689~ # ls -lt /var/log | head -20total 212-rw-r--r--   1 root   root         0 Jan 16 04:55 esxcli.log-rw-r--r--   1 root   root     19778 Jan 11 02:49 configRP.logdrwxr-xr-x   1 root   root       512 Jan 11 02:26 vmware-rw-------   1 root   root     16045 Jan 11 02:25 smbios.bindrwxr-xr-x   1 root   root       512 Dec 22 21:40 ipmi-rw-rw-rw-   1 root   root     36063 Dec 22 21:40 boot.gzlrwxrwxrwx   1 root   root        21 Dec 22 21:40 Xorg.log -> /scratch/log/Xorg.loglrwxrwxrwx   1 root   root        21 Dec 22 21:40 auth.log -> /scratch/log/auth.loglrwxrwxrwx   1 root   root        22 Dec 22 21:40 clomd.log -> /scratch/log/clomd.loglrwxrwxrwx   1 root   root        25 Dec 22 21:40 dhclient.log -> /scratch/log/dhclient.loglrwxrwxrwx   1 root   root        26 Dec 22 21:40 esxupdate.log -> /scratch/log/esxupdate.loglrwxrwxrwx   1 root   root        20 Dec 22 21:40 fdm.log -> /scratch/log/fdm.loglrwxrwxrwx   1 root   root        28 Dec 22 21:40 hostd-probe.log -> /scratch/log/hostd-probe.loglrwxrwxrwx   1 root   root        22 Dec 22 21:40 hostd.log -> /scratch/log/hostd.loglrwxrwxrwx   1 root   root        33 Dec 22 21:40 hostprofiletrace.log -> /scratch/log/hostprofiletrace.loglrwxrwxrwx   1 root   root        21 Dec 22 21:40 lacp.log -> /scratch/log/lacp.loglrwxrwxrwx   1 root   root        22 Dec 22 21:40 osfsd.log -> /scratch/log/osfsd.loglrwxrwxrwx   1 root   root        27 Dec 22 21:40 rhttpproxy.log -> /scratch/log/rhttpproxy.loglrwxrwxrwx   1 root   root        29 Dec 22 21:40 sdrsinjector.log -> /scratch/log/sdrsinjector.log, そして、リンク先のディレクトリ /scratch/log の中を見るとタイムスタンプが更新されている様子がわかります。, ESXi のログは、エラー等がなくても定常的に出力し続けるものがいくつかあるので、, ~ # ls -lt /scratch/log | headtotal 29198-rwx------   1 root   root   9110796 Jan 17 02:55 hostd.log-rw-------   1 root   root     13717 Jan 17 02:55 vmkernel.log-rw-------   1 root   root   1062528 Jan 17 02:55 vpxa.log-rw-------   1 root   root    173886 Jan 17 02:55 hostd-probe.log-rw-------   1 root   root    627574 Jan 17 02:55 rhttpproxy.log-rw-------   1 root   root     12039 Jan 17 02:55 shell.log-rw-------   1 root   root    921062 Jan 17 02:55 syslog.log-rw-------   1 root   root    401676 Jan 17 02:52 fdm.log-rw-------   1 root   root     11595 Jan 17 02:44 auth.log, また、ESXi では /var/log よりも /var/run/log(実際は上記ディレクトリへのリンク)を見ることが多いと思います。, ~ # ls -l /var/run/loglrwxrwxrwx   1 root   root        12 Dec 22 21:40 /var/run/log -> /scratch/log, 今回のような場合は、まずは下記のあたりを調査してみてはいかがでしょうか。※ちなみに デフォルトで自動ローテーションされるファイルなので、しばらくすると消えてしまいます。/var/run/log/vpxa.log/var/run/log/hostd.log/var/run/log/vmkernel.log, 他にも、データストアの VM名のフォルダの直下にあるvmware.log からも何かわかるかもしれません。, /var/run/log/{vpxa.log,hostd.log,vmkernel.log}, vmware.log を tail -f にて確認してのですが、起動エラーが発生しても, 1.vim-cmd vmsvc/power.on コマンドや、vSphere Clientによる直接接続による起動では、警告が表示されるものの, 2.前回の書き込みで、はっきり記載しておりませんでしたが、vCenter経由だと相変わらず駄目です。, 以下はvCenterWEBクライアントの画面ですが、「イベント」には特にエラーは表示されず、, vim-cmd やESXi 直接接続で VM が起動できていてvCenter から エージェント(vpxa)経由だとダメみたいなので、可能であれば、エラー解消のために下記を試してみると良いかもしれません。.