dカード、dカード GOLDの「限度額」「利用可能額」についてよくある質問をまとめました。残高の確認方法や、超えてしまった後に復活(リセット)するまでの時間。また引き上げや引き下げになどについても解説しています。ぜひご参考ください。 解決できなかった. dカードはドコモのクレジットカード。ポイントカードも電子マネーもこれ一枚で便利!dカードは年会費永年無料!dカード GOLDはdポイントがさらにたまりやすく、便利でおトクな特典もあります!オンラインで簡単にお申込みできます。 解決できたが分かりにくかった. 普段の利用額から考えても大きすぎる枠が設定されている場合には、ここで一度利用限度額を減らすことを考えてみよう。, 「なぜせっかくの限度額をわざわざ減らす必要があるの?」と思う方もいるかもしれない。, 無駄遣いを防ぐためにも役立つし、セキュリティの観点からも不必要な枠は減らしておいたほうが安全だ。, 当BENRISTAでは「クレジットカードの利用限度額の引き上げ方法」についても説明しているが、今回は逆に限度額を減らす方法についてまとめておきたい。, 最初に確認しておくと、ここで引き下げをしたほうがいいと言っている対象は、あくまでも「実際には使うことがない過剰な利用限度額」のことだ。, クレジットカードを継続的に利用しているとその実績が評価されて、年会費無料のクレジットカードでもいつのまにか100万円程度の利用限度額が設定されていることは多い。, クレジットカードの利用限度額が高めに設定されていると、人はついつい「自分には余裕がある」と勘違いし、必要以上に使ってしまったりしがちだ。衝動買いも起きやすい。, こうした無駄遣いを防ぐためにも、クレジットカードの利用限度額を適正にしておくことに意味はある。, 普段の使い方や現在の収入などを考えて、過剰になりすぎた利用限度額は引き下げることをおすすめする。, もしクレジットカードを紛失したり盗まれて不正に使用されても、カードの利用限度額を低めに設定しておけば被害は最小限にとどめることができる。, クレジットカードが不正使用されても、利用者に明らかな過失がなければ、クレジットカードに必ず付いている盗難保険が適用されるので心配ない。しかし、万が一のことも考えて必要と考える利用限度額内に設定しておけばさらに安心だ。「不要な利用限度額は百害あって一利なし」だ。, クレジットカードの裏面に記載されているクレジットカード会社の電話番号に電話をして、「利用限度額の引き下げをしたい」とオペレーターに伝えるだけでその場で応じてもらえる。, 現在の利用限度額よりも下げるわけだから、特別な審査なしで容易に変更してもらえるはずだ。, 一般には減額は10万円単位で行われ下限は10万円とされている。このあたりは交渉次第なので自分の希望を相談してみるといいだろう。, 「利用限度額の引き下げを依頼したらそのままにしておくように引き留められた」という話もあるが、実際にはそんなことはほとんどない。, 「セキュリティのために使わない枠は減らしておきたい」と説明すれば納得してもらえるはずだ。, 「それはわかってるんだけど、急な出費などが重なってクレジットカードの利用限度額が必要になる場合もあるかもしれない」「使わないけれど、とりあえず利用限度額は残しておいたほうが無難な気がする」と思う方もいるかもしれない。, たとえば、結婚式の祝儀や突然の葬儀、引越しなど、特別な出費が必要なときは誰にもあるだろう。, このような場合でもクレジットカードには利用限度額の一時的な引き上げの制度があるので安心してほしい。, 審査はあるが、基本枠の引き上げではなく一時的な引き上げなので比較的認めてもらいやすい。, 一時的な引き上げの方法などについては以下でくわしく説明している。こうしたことを知っておけば限度額引き下げへの迷いもなくなるので参考にしてほしい。, これから先、会社を辞めて独立したり、リストラに遭い金欠になる可能性がある方などは利用限度額を引き下げるのが得策でない場合もあるかもしれない。, 「現在複数のクレジットカードを持っているけどさらに新しいカードを作りたい」場合にも利用限度額の引き下げを検討してみよう。, クレジットカードを複数枚持っていることは、イコールで信用枠を目いっぱい使っていることになるためだ。, 例をあげると、「カードA」「カードB」「カードC」の3枚のクレジットカードを持っていて、それぞれ限度額が「100万円」「50万円」「30万円」だとする。, この状態で新しい「カードD」を申込めば「すでに180万円も利用できる状態なのに、この人にこれ以上利用枠を与えて大丈夫だろうか?」とカードDの会社側が考えるのは当然のことだ。, その結果、新しくカードDを作れなかったり、審査に通ってもカードDには利用限度額が10万円程度しか許可されていないかもしれない。, 新しくクレジットカードに申込む時には、あまり利用していない手持ちのクレジットカードは利用限度額の引き下げをして、信用枠を空けてから申込みをすると審査に有利になる場合がある。, 住宅ローンを組みたい方も同様に、クレジットカードの利用限度額やキャッシング枠の引き下げを行うと、若干ではあるが効果がある話も聞く。せめてローンを組む1ヶ月以上前の見直しをおすすめしたい。, 「自信がないな……」という方は、この機会に以下の記事もぜひ参考に読んでほしい。利用限度額について正しく知っておくと今後のクレジットカード活用に役立つはずだ。, 39歳以下・WEB入会限定の条件をクリアすればポイントの高還元率が最大の魅力。年会費無料のJCBカード。, ドコモ利用料金が10%還元! ドコモのdポイントがザクザク貯まるお得なdカード GOLD, JCBカードの基本となるクレジットカード。初めての方にもポイント重視の方にもおすすめできます。, 三井住友カードが発行する18歳~25歳のためのカード。ポイントがザクザク貯まるのがその特徴。, Suicaとクレジットカード、定期券が一体型になったカード。Suicaチャージがお得!, クレジットカードやキャッシング等の金融商品申込の際には必ず各公式サイトにて最新の年会費やポイント制度等の情報を確認の上、自己責任にて申込ください これから初めてクレジットカードを作るという方にぴったりのカードを紹介するカテゴリ。安心の大手クレジットカード発行のものを中心にまとめています。, すぐにクレジットカードが欲しい!という方におすすめのカードを紹介するカテゴリ。発行が早いカードの場合には数日以内に郵送されてくるものもあります。, 当サイトとしておすすめしたいクレジットカードをまとめたカテゴリ。どのカードを選んで良いのかわからない方は、おすすめから選んでみてください。, ゴールドカードやプラチナカードといった、高所得者向けのクレジットカードを紹介するカテゴリ。サービスや特典でクレジットカードを選びたい方に!, 海外での利用に強いクレジットカードをまとめたカテゴリ。海外旅行や海外出張などに行く場合には、これらのカードを1枚作っておくと安心できますよ。, 買い物でマイルが貯まるクレジットカードを紹介するカテゴリ。マイルで無料旅行に行きたい方は、このカテゴリのカードを作ってみてください。, 買い物でポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介するカテゴリ。とにかくポイントを貯めたい!という方におすすめのカードを取り揃えています。, 入会で商品券やポイントなどの特典がもらえるクレジットカードをまとめたカテゴリ。せっかくクレジットカードを申し込むなら特典も同時にもらってしまおう!, 当サイトがおすすめするVisaカードを徹底的に紹介するカテゴリ。日本国内での利用はもちろん、海外での利用にも強いVisaカードは節約のためにも必携です。, 年会費無料で持つことができるクレジットカードを集めたカテゴリ。クレジットカードを持つために1円も費用を払いたくない方におすすめです。, 大学生や専門学校生といった学生でも発行することができるクレジットカードを紹介するカテゴリ。学生はこのカテゴリからカードを選んでみてください。, 電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。, ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。, 携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。, 楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。, クレジットカードをこれから初めて入手しようと思っている方のための入門カテゴリ。クレジットカードに関する知識が全くないという方はこちらをまずご覧ください。, クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れをチャート形式で解説。これを読んで頂ければどのような流れでカードが届けられるのかがわかります。.