CPUクーラーとは、パソコンのCPUを冷却するための装置です。トップフローやサイドフローといった空冷式や、冷却効果の高い水冷式などのタイプがあります。RGBLEDが搭載されていて光るタイプや、静音性の高い商品、AMDのCPUに対応した商品も販売されています。今回はCPUクーラーの選び方と、おすすめ商品を紹介します。, CPUクーラーは、CPUを冷却して、熱暴走を防ぐ装置です。CPU(プロセッサ、マイクロプロセッサ)とは、PCの頭脳にあたる中央処理装置のことで、IntelやAMDなどが主なメーカーです。CPUに負担がかかると温度が上がり、熱暴走をおこして、作業に不具合が生じることがあります。マザーボードなどにCPUクーラー設置することで、CPUから熱を外に逃がすことができます。, トップフロー型のCPUクーラーは、空冷式の1つで、送風によりCPUを冷却するタイプです。マザーボードに対して水平の位置になるように設置し、上部から送風します。そのため、CPUだけでなく、メモリ、グラフィックボード、チップセットなども一緒に冷却できるのが特徴です。背の低い商品は、スリムタイプのPCケースに取り付けることもできます。, サイドフロー型のCPUクーラーは、空冷式によってCPUを冷却するタイプです。マザーボードに対して垂直の位置に設置します。トップフロー型のように、CPU以外のパーツの冷却は難しいですが、フロントからリアへ自然な風の流れができるのが特徴です。高さがあるため、スリムタイプのPCケースに設置できない場合があり、また、取り付けに手間がかかりますが、メンテナンスしやすいのが魅力です。, 水冷型のCPUクーラーは、冷水を利用して冷却するタイプです。空冷式よりも冷却効果に優れており、静音性も高いです。負荷の大きい作業を行う方や、クリエイターの方、ハイスペックPCを利用している方などにおすすめです。ただし、機能的な分、価格が高めです。, CPUクーラーの冷却性能の高さは、ファンの風量を目安に確認しましょう。ファンの風量は、1分間に送ることができる気体の体積を示す「CFM」と呼ばれる記号と数字で表記されます。CFMの数値が大きいほど、冷却性能が高いことを示します。また、ファンの1分間あたりの回転数は「rpm」の記号で表記され、この数値が大きいほどCFM値も大きくなり、冷却性能が優れた商品になります。, CPUクーラーの稼働音が気になる方は、静音設計がされているタイプを選びましょう。ファンのノイズレベルは「dB/dBA(デシベル)」と呼ばれる記号で表記され、デシベルの数値が低いほど静音であることを示します。また、ファンの回転数が多いタイプは、ノイズレベルが高くなる傾向にあります。静音性を重視する場合は、PCでの作業内容と冷却性能とのバランスを考慮して、できるだけ回転数が少ないモデルを選ぶのがおすすめです。, 耐久性の高いCPUクーラーがほしい方は、平均故障間隔をチェックしましょう。平均故障間隔は「MTTF」の記号で表記されます。MTTFに付記されている時間の数字が大きいほど耐用年数が長く、長期間使えることを示します。また、空冷式と水冷式の平均故障間隔を比較すると、空冷式の方が長い傾向があります。, CPUクーラーは、マザーボードに取り付けて使用するため、対応しているソケットの形状を確認しましょう。非対応のソケットは取り付けが難しいため、注意が必要です。マザーボードに対応するソケットの種類は、IntelのCPUの場合は、「LGA775」、「LGA1156」、「LGA1151」、AMDの場合は、「SocketAM3+」、「SocketFM2」、「SocketFM2+」などの記号で表記されています。, CPUクーラーの取り付け方法には、バックプレート式、プッシュピン式、クリップレバー式などの種類があります。バックプレート式は、プレートを使用して、マザーボードの背面からネジで固定するタイプです。プッシュピン式およびクリップレバー式は、ピンまたはレバー式のクリップを使用して固定するタイプで、工具を使わずに取り付けられるメリットがあります。ただし、手軽に設置できる反面、バックプレート式に比べると安定性が低いです。, CPUクーラーを購入する際は、手持ちのPCケースのサイズをチェックして、設置できる商品を選びましょう。特に、スリムタイプのPCケースを使用している方は、高さ16cm以上のCPUクーラーでは設置できないことが多いため、注意が必要です。背が高いサイドフロー型CPUクーラーを設置したい場合も、PCケースに収まる高さかを事前に確認しておきましょう。, 「サイズ」は、CPUクーラーや冷却アクセサリーなどの製造、販売を手がける日本のメーカーです。CPUクーラーでは、空冷式の商品が多く、「虎徹」「白虎弐」「忍者」「手裏剣」などのユニークな名前の商品を販売しています。トップフロー型、サイドフロー型のどちらも扱っているため、用途に応じて商品を選べます。, 「NZXT」は、PCケース、マザーボード、CPUクーラーなどの製造、販売を手がける、アメリカのハードウエアメーカーです。NZXTのCPUクーラーは、水冷式が多いのが特徴です。冷却性能も高く、水冷式のCPUクーラーがほしい方におすすめです。, コルセアは、ゲーミングギアやPCコンポーネントなどの製造、販売を行うメーカーです。空冷式と水冷式の、それぞれのタイプで豊富な商品を販売しています。水冷式の商品は、シングルラジエーターのほか、デュアルやトリプルなどのタイプもあり、PCのパフォーマンスに応じた商品を選べます。, トップフロー型のCPUクーラーです。上部から風をあてるため、CPU以外の周辺のパーツも一緒に冷却できます。1分あたりの最大回転数が1万2,000rpmのファンが搭載されています。加えて静音性に優れているのが特徴です。クリップ式のリテンションが採用されており、手軽に装着できるメリットがあります。約12万時間使用できる長寿命タイプです。, ユニークなデザインのトップフロー型のCPUクーラーです。RGBLEDが搭載されており、PCのライトアップを楽しめるのが特徴です。付属のRGBコントローラーを使って、LEDのカラーやパターンをカスタマイズできます。IntelやAMDなど、様々なメーカーのCPUソケットに対応しています。, コンパクトなトップフロー型のCPUクーラーです。RGBLEDが搭載されており、マザーボードにセットし、ファンコネクタに接続すると、単色からレインボーカラーまで自動で変化しながら発光し、色彩豊かなライトアップを楽しめます。特定有害物質の使用制限に関するEUの指令のRoHSに対応しており、安心して使えるメリットがあります。, IntelのCPUソケットに対応している、トップフロー型のCPUクーラーです。対応しているソケットの形状はLGA1156、1155、1150、1151です。そのほかのCPUには対応していないため、購入の際は注意しましょう。稼働音は18.5~32.0dBA(デシベル)ほどと静かで、振動が少ないのが特徴です。, 新型スプリングスクリュー仕様のブリッジ式リテンションが採用されている、サイドフロー型のCPUクーラーです。取り付けが簡単な上、しっかり固定できるメリットがあります。取っ手付きのワイヤークリップが装備されていて、ファンの換装も簡単にできます。ヒートシンク設計により、ファンの回転数に応じて、適した冷却性能を発揮するのが特徴です。, 銅製のヒートパイプが4本装備された、サイドフロー型のCPUクーラーです。ヒートパイプとCPUとのダイレクトな接触により熱が効率よく吸収され、アルミ製のフィンから放熱される仕組みです。サイズがコンパクトなので、小型PCへの搭載にも適しています。IntelおよびAMDのCPUに対応しています。, IntelおよびAMDのCPUなどに対応しているサイドフロー型のCPUクーラーです。ハイドロリックベアリングが採用されており、稼働音が静かなのが特徴です。静音でありながら、装備されているファンブレードは、高いエアフローを発生させます。ファンクリップが搭載されていて、メンテナンスしやすいメリットがあります。, 風を利用して冷却するサイドフロー型のCPUクーラーです。ヒートパイプには銅を使用したU型デザインを採用しているため熱伝導率が高く、冷却効果が強力です。静音性にもすぐれています。ほとんどのソケットに装着でき、多くのPCケースとの互換性を確保できます。簡単に組み付けられる合理設計モデルで初心者にもおすすめです。, AMDおよびIntelの主流な各種CPUソケットに対応している、水冷型のCPUクーラーです。E字型マイクロ水路が採用されており、CPUの熱との接触面積が広く、効率よく放熱するのが特徴です。水冷ヘッドおよびファンにRGBLEDが搭載されていて、3種類のモードからライティング効果を選べます。静音設計なのも魅力です。, Intel製のCORE第10世代などのソケット形状である、LGA1200にも対応している水冷型のCPUクーラーです。動作時のノイズがおさえられ、音が静かなのが特徴です。ラジエーター1基、ファン2基が装備されています。加えて、RGBLEDが搭載されており、個別にライティング効果を設定できるので、カスタマイズが楽しめます。, 振動によるノイズを低減し、静音性に優れている水冷型のCPUクーラーです。ファンの回転を細かくコントロールし、負荷を軽減することにより静音を実現しています。小型のデュアルチャンバーヘッド、およびフッ素樹脂製のチューブが採用されており、耐久性が高いのも特徴です。IntelやAMDなどのCPUソケットに対応しています。, インフィニティミラーが搭載された、水冷型のCPUクーラーです。インフィニティミラーの内側にはRGBLEDの発光リングが装備されており、奥行きを感じさせるライティング効果が楽しめます。専用アプリ「CAM」に対応しており、ダウンロードすることで、インフィニティミラーの発光パターンや、水冷モーターのコントロールが可能です。, RGBLEDが搭載された水冷型のCPUクーラーです。ファンのフレーム部分にRGBLED12個が装備されています。専用ソフトウエアの「RiingPlusRGB」に対応しており、LEDの発光カラーを個別に設定したり、ライティングモードを切り替えたりすることに加えて、ファンのスピードをコントロールすることも可能です。IntelやAMDなどのCPUソケットに対応しています。, CPUグリスは、CPUとCPUクーラーの間に塗って、冷却効果を高めるアイテムです。CPUグリスの選び方やおすすめ商品を紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。, CPUグリスは、熱くなったPCのCPUと、CPUを冷却するCPUクーラーの密着度を上げて、冷却効果を高くするアイテムです。シリコングリスやダイヤモンドグリス、セラミックグリス、シルバーグリス、メタルフリーグリス、カッパーグリスなど、たく…, MasterAir G100M 空冷CPUクーラー MAM-G1CN-924PC-R1, Hyper H412R サイドフロー型CPUファン RR-H412-20PK-R2, iCUE H100i RGB PRO XT 簡易水冷CPUクーラー CW-9060043-WW, MasterLiquid Lite 120 一体型水冷CPUクーラー MLW-D12M-A20PW-R1, Floe Riing RGB 240 TT Premium Edition CL-W157-PL12SW-A. d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))}) (window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink"); c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g, 出典:www.amazon.co.jp CPUクーラーを大きく分けると、 サイドフロー と トップフロー の2種類があるので、まずはそのどちらにするのかを検討しましょう。 そして、サイズ的にPCケースに収まるかどうかや、回転数やノイズレベルなどのスペックについても確認してください。 b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript CPUクーラーの選び方. ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; 1 静音性能重視の空冷cpuクーラーのラインナップと特徴. 在宅の作業が増える中で、パソコンへの負荷を気にしてcpuクーラーを濃運輸死闘している方も多いと思います。そこでこの記事ではおすすめのcpuクーラーや選び方を開設していきます。価格帯についても紹介していくので、cpuクーラーを購入しようとしている方はぜひ参考にしてみてください。 cpuクーラーとは、パソコンのcpuを冷却するための装置です。トップフローやサイドフローといった空冷式や、冷却効果の高い水冷式などのタイプがあります。rgbledが搭載されていて光るタイプや、静音性の高い商品、amdのcpuに対応した商品も販売されています。 c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g, (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; cpuクーラー(静かさ)満足度ランキング!購入後の「満足度」が高い製品を探すことができます。価格情報やスペック情報、クチコミやレビューなどの情報も掲載しています d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))}) d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))}) (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; 1.1 忍者 五 scnj-5000; 1.2 nh-u12s; 1.3 le grand macho rt; 1.4 h7 quad lumi; 2 静音性能重視の空冷cpuクーラーのスペック比較; 3 静音性能重視の空冷cpuクーラーのコスパが高いモデル (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; 各メーカーが販売している簡易水冷CPUクーラーのスペックをまとめて比較して、静音性能重視のモデルを紹介したいと思います。すべてのメーカーではありませんが、既に各メーカー毎の水冷CPUクーラーの情報をまとめていますので、各メーカーのラインナップや詳細なスペックについては以下の記事をご参照ください。, おすすめ簡易水冷CPUクーラースペック比較まとめ DEEPCOOL編 コスパからハイエンドまでおすすめ簡易水冷CPUクーラースペック比較まとめ NZXT編 コスパからハイエンドまでおすすめ簡易水冷CPUクーラースペック比較まとめ Corsair編 コスパからハイエンドまでおすすめ簡易水冷CPUクーラースペック比較まとめ Cooler Master編 コスパからハイエンドまでおすすめ簡易水冷CPUクーラースペック比較まとめ ENERMAX編 コスパからハイエンドまでおすすめ簡易水冷CPUクーラースペック比較まとめ Fractal Design編 コスパからハイエンドまで, デスクトップパソコンを使用していて、意外と気になるのがファンの音です。静かなパソコンを作成するには必須の静音性能が高いCPUクーラーです。そこで静音性能重視の水冷CPUクーラーを紹介します。, 一番安いモデルは「H60(2018)」です。約7千円とかなりお手頃な値段ですね。ただ120mmサイズのラジエータと120mmファンを1基搭載しているモデルですので、他の大型ラジエータや複数ファンを搭載しているモデルと比べると、冷却能力は劣ると思います。ファンの回転数は最低回転数が600rpmと3モデルの中では2番目に多いです。最大回転数は1,700rpmと2番目に多いです。ファンの最大風量は57.2 CFMと1番少ないです。, 次に安いモデルは「MasterLiquid ML360R RGB」です。360mmサイズのラジエータと120mmファンを3基搭載しています。ファンの回転数は最低回転数が600rpmと3モデルの中では1番多いです。最大回転数は2,000rpmと1番多いです。ファンの最大風量は66.7 CFMと2番目に多いです。, 一番高いモデルは「LIQTECH II Universal ELC-LTTO280-TBP」です。280mmサイズのラジエータと140mmファンを2基搭載しています。ファンの回転数は最低回転数は500rpmと3モデルの中では1番少ない。最大回転数は1,500rpmと1番少ない。ファンの最大風量は80.71 CFMと1番多いです。, 一番安いモデルは「H60(2018)」です。Corsair H60-2018- 水冷CPUクーラー [Intel/AMD両対応] FN1190 CW-9060036-WW 価格:¥7,440, 3モデルの中では、唯一360mmサイズのラジエータと3基の120mmファンを搭載している「MasterLiquid ML360R RGB」が一番冷却性能が高いと思います。Cooler Master MasterLiquid ML360R RGB 水冷一体型 CPUクーラー [Intel/AMD両対応] FN1254 MLX-D36M-A20PC-R1 価格:¥15,636, ファンノイズの最大数値で考えると、最大数値が25 dBAという「LIQTECH II Universal ELC-LTTO280-TBP」が3モデルの中では一番静音能力が高いと思います。ENERMAX アドレッサブル型RGB LED水冷CPUクーラー LIQTECH II 280mm ELC-LTTO280-TBP ユニバーサルブラケット 価格:¥16,200, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, おすすめ簡易水冷CPUクーラースペック比較まとめ DEEPCOOL編 コスパからハイエンドまで, おすすめ簡易水冷CPUクーラースペック比較まとめ NZXT編 コスパからハイエンドまで, おすすめ簡易水冷CPUクーラースペック比較まとめ Corsair編 コスパからハイエンドまで, おすすめ簡易水冷CPUクーラースペック比較まとめ Cooler Master編 コスパからハイエンドまで, おすすめ簡易水冷CPUクーラースペック比較まとめ ENERMAX編 コスパからハイエンドまで, おすすめ簡易水冷CPUクーラースペック比較まとめ Fractal Design編 コスパからハイエンドまで, https://www.ask-corp.jp/products/corsair/cpu-cooler/h60-2018.html, https://apac.coolermaster.com/jp/cooling/cpu-liquid-cooler/masterliquid-ml360r-rgb/, http://www.enermaxjapan.com/cpu-cooler/Liquid/ELC-LTTO280-TBP.html, Corsair H60-2018- 水冷CPUクーラー [Intel/AMD両対応] FN1190 CW-9060036-WW 価格:¥7,440, Cooler Master MasterLiquid ML360R RGB 水冷一体型 CPUクーラー [Intel/AMD両対応] FN1254 MLX-D36M-A20PC-R1 価格:¥15,636, ENERMAX アドレッサブル型RGB LED水冷CPUクーラー LIQTECH II 280mm ELC-LTTO280-TBP ユニバーサルブラケット 価格:¥16,200, AMDがZen 3採用のデスクトップPC向けCPU「Ryzen 5000」シリーズを発表!, IntelがデスクトップPC向け第10世代Intel Coreプロセッサに新モデル「Core i9-10850K」等を追加!, be quiet!が高性能エアフロー&ARGB搭載PCケース「Pure Base 500DX」を発売!, おすすめATX対応PCケース スペック比較まとめ JONSBO&SAMA&サイズ&FSP編, おすすめATX対応PCケース スペック比較まとめ ENERMAX&DEEPCOOL&COUGAR&Phanteks編, デスクトップPC向け第9世代Intel Coreプロセッサまとめ(Coffee Lake Refresh-S).