本当にありがとうございました!, いえ、現在の最新モデルではデスクトップ版もモバイル版もマルチスレッド性能はRyzenの方が高いはずですが…(書き間違いかな) 10875Hが8コア16スレッドなのに対し、10750Hは6コア12スレッドのため、8コア16スレッドの10875Hの方がマルチスレッド性能が高いです。その分がスコア差として出ているという感じです。 ソフトとの相性が気になるというのはよく言われる点ですが、正直実際各自の環境で試してみないとわからない部分です。ただ、基本的に少し専門的なソフトとか処理を行う際に問題となる部分なので、質問者様の用途なら問題になることは多分ない…と思います。CPUが破損するというのは基本的に気にする必要はないです。温度が高くなるとクロックが自動で下がるという仕組みが基本的に全CPUに備わっているはずなので、オーバークロックや電力制限を解除する等、自身で何かいじらない限りは大丈夫です。Ryzenについて不安があるようですが、メーカーのAMDは暫くIntelに後れを取っていた時期はあるものの、昔からずっとあるCPUの大手メーカーです。簡単に壊れるような杜撰な造りにはなっていません。, >価格も5千円ほど安くなりましたが性能上はRyzen5の方が上にも関わらず安いのはブランドの違い? SR2PA, 開発コード名: 現時点でいうのであれば、ベンチマーク上は最新のCore iシリーズよりもRyzen 4000シリーズの方がCPU性能も内蔵GPU性能も上です。単純なコスパは明らかにRyzen 4000シリーズの方が良いです。ただし、adobe系のソフトはCore iシリーズの方が相性が良いとか言われたりもするので、そこは好みだと思います。, モバイル性を意識した端末で標準で16GB搭載となると基本的に上位機種となることも踏まえて、あえて細かく指定して言わせて貰うと… 私は内部設計や製造コストの詳細までは知りませんし、価格に関してはCPUだけの問題でなくPCメーカー側の問題もあると思うので何とも言えないですが、プロセスルールという基本設計がRyzen 4000シリーズの方が7nmで有利です(Core i5-1035G1は10nm)。Intelはプロセスルールという面についてはRyzenに明らかに後れを取っていて、プロセスルールで有利に立てたから今のRyzenの台頭があると言っても過言ではないです。プロセスルールの微細化は実現が難しい点を除いたら基本的にメリットしかないような部分なはずなので、ここが負けている点はかなり痛くて「Intel大丈夫か?」的な感じのことは割と最近よく言われています。, >・パスマークがi5が7827に対してRyzen5は11120とかなり大きくなっています。実使用で体感するほどの違いになりますでしょうか。 Windowsは現行の10が最終モデルになると言われていたはずで、次期OSの登場の予定は今のところ無かったと思います。次期OSという形ではなく10でアップデートを重ねていく形になると思います。 Intel Celeron N4000 - CPU、比較、CPU VS、プロセッサの比較、プロセッサを比較する、プロセッサ一覧表、AMD、Intel、プロセッサ、CPU、ベンチマーク、Cinebench R20、Cinebench R15、Geekbench 5、PassMark CPU マーク Celeron 4205Uのベンチマーク結果. なので、もうちょっと快適に使えるものがいいなーとは思いますが、重いファイルはノートでの編集を諦めるしかないかなとも思っています。(デスクトップで処理する前提で), いろんなソフトを使うからCoreよりRyzenの方がいいのかも?と思っていましたが、GPUが重要ならやっぱりCoreの方がいいんでしょうか? 現在では起動しインターネットを閲覧可能になるだけでも15分以上要しており毎日残念な気持ちで使用しております。, 現在検討しているものは、同メーカー Inspiron 14 5000  i5 1035G1 8GB 256SSDを検討しております。, 貴殿のPASSマークを確認しますと現在のものは2058、検討しているものは7827とずいぶん向上しているように思えます。 PCRECOMMEND 2020. 挙げられた用途では、Core i7-1065G7にしたところで差は感じる場面はほぼないくらいには過剰だと思います。該当機種の1065G7モデルの最大の魅力はグラフィック性能が少し強化されている点なので、そこを活かせないならコア数とスレッド数が同じ1035G1と使用感はあまり変わらないと思います。 【モバイル版】Ryzen 4000シリーズ搭載のおすすめPCまとめ【2020年8月版】, また、やや手間は掛かりますが安さを追求するなら、メモリの空きスロットがある「Ryzen 5 4500U」搭載機を購入して自分でメモリを増設するという手もあります。コスパ的には一番良いし費用も少なく済むと思います。 ・現在検討している仕様で快適な操作できますでしょうか。  当方の使用では過剰でしょうか。(もちろん性能が良いほうがいいのはわかっておりますが費用対効果という意味で) CPU性能比較表 | 最新から定番のCPUまで簡単に比較 更新日:2020年11月9日. すみませんが、よろしくお願いいたします。, まずCPUについてですが、複数のソフト(重めのものも含む)を同時に利用するのが主っぽいので、CPUのコア数(スレッド数)は多い方が良いと思います。 また、Illustratorがメモリ容量を結構食うソフトだった印象で、システム要件でも推奨は16GB以上となっていますから、出来れば16GB以上が良いと思います。 経験上PCに一番負担がかかるのは、できあがった図面をtiff化する時のような気がします。 お忙しい中まことに恐縮ですがアドバイスあれば何卒よろしくお願いします。, >現在検討している仕様で快適な操作できますでしょうか。 Ryzenだと同じくらいのベンチマークのCoreに比べて画像の処理性能は落ちるんでしょうか?(ものによるとは思いますが), 上を見ればキリがないんで、10MBくらいまでのイラストレーターファイルを前述の使い方で処理できるくらいの(最低限これぐらいはあった方がいいという)スペックと、これくらいあれば理想的(60MB も処理できる)というスペックを教えていただけるとありがたいです。, ちなみに、必要なら買わなきゃいけないんで予算は決めてないんですが(同じスペックなら安い方がよく、同じ値段なら高スペックがいい・・・)、外部GPUというのは今まで付けてなかったんで、付けなくてもいいかなという気はしています。(が、どうなんでしょう・・・、付けるとサクサクになるのかもしれませんが、どのPCにも付けられるものなんですかね・・・?), すみません、こんな説明で分かってもらえるかどうか・・・ Intel Celeron N2840 vs Intel Celeron N3050, Intel Celeron N3050 vs Intel Core i3-4005U, Intel Atom x5-Z8300 vs Intel Celeron N3050, Intel Celeron N3050 vs Intel Pentium N3700, Intel Celeron N3050 vs Intel Celeron N3060, Intel Atom x5-Z8350 vs Intel Celeron N3050, Intel Celeron N3050 vs Intel Celeron N3350, Intel Celeron J1800 vs Intel Celeron N3050, Intel Celeron N3050 vs Intel Celeron N3150, Intel Celeron N3050 vs Intel Atom x5-Z8500, Intel Celeron N3050 vs Intel Core i5-4300U, Intel Celeron J1900 vs Intel Celeron N3050, Intel Celeron J3060 vs Intel Celeron N3050, Intel Celeron 2957U vs Intel Celeron N3050, Intel Celeron J3455 vs Intel Celeron N3050, Intel Celeron N3050 vs Intel Pentium N3710, Intel Celeron N3050 vs Intel Celeron N2820. GPUというものの存在を知らなくて、検討項目に入れてませんでした。。, メインPCはデスクトップ(既存)で、購入予定のノートはサブです。 Intel Celeron N3050 vs. AMD A6-9225 - CPU、比較、CPU VS、プロセッサの比較、プロセッサを比較する、プロセッサ一覧表、AMD、Intel、プロセッサ、CPU、ベンチマーク、Cinebench R20、Cinebench R15、Geekbench 5、PassMark CPU マーク i7-7500U, オーダーコード: 続いて、当サイトで実施したCPUベンチマークテストの結果を紹介します。なおベンチマーク結果は各機種の平均値であり、Celeron 4205U本来の性能を正確に表わすものではありません。また結果はパーツ構成やタイミング、環境、個体差などにより大きく … 現在ノートPCを使用しておりますが非常に動作が重く今回買い替えを検討しております。 インテルのアカウントを持っていませんか? インテル(Intel)CPUの性能比較のページです。各CPUの性能をグラフで分かりやすく掲載!Core 2シリーズとCore iシリーズの比較や、今お使いのものと最新のものとの比較などにも役立ちます。最終更新2020年6月 イラストレーターのグラフィック機能はそんなに使わず、貼り付けるtiffなどの画像もリンクさせるので、ファイルサイズはだいたい1~5MBくらいですが、大きいものだと60MB以上のを扱うこともあります。 CPUに関しても用途的には軽めのものばかりなので1035G1 8GBでも十分かと思います。問題ないです。, >アップグレードでi7 1065G7、512Gのカスタマイズも可能なようですが15000円程度上がってしまいます。当方の使用では過剰でしょうか。(もちろん性能が良いほうがいいのはわかっておりますが費用対効果という意味で) core i7でメモリが8Gくらいあれば大丈夫かなと思っていましたが、CPUの比較表を見てみるとi5やi3でもベンチマークがi7より上になっているのがあり、他にも種類があるのでよく分からなくなりました。 アカウントを作成するには, ご利用のブラウザーのバージョンは、このサイトでは推奨されていません。次のリンクのいずれかをクリックして、最新バージョンにアップグレードしてくださいますようお願いいたします。, インテルが提供するプロセッサー、チップセット、キット、SSD、サーバー製品などのカタログを、複数の方法で検索することができます。, ブランド名: それに、正直作業がどんな感じのものかイメージが湧かないですが、内容的にはGPU性能というよりはストレージのアクセス速度かCPU性能の方が重要そうな気がします。 上記の使い方だとどれくらいのベンチマーク(passmark)があれば良いのでしょうか? 起動から使用可能となるのが遅いのは、主にCPUではなくストレージの速度の問題になります。CPUに関わらずSSD搭載機であればその点は解消されるかと思います。 他の数値についても調べてはみましたがよくわかりませんでした、PC初心者のためどうかご教示のほどお願いいたします。, ご教示いただきたいこと、 色々聞いてお手数おかけしますがよろしくお願いいたします。, まず、多くても数十MBくらいのデータ量のものがメインなら編集等も内蔵GPUでも大丈夫な程度だと思うので、グラボ等は別段必要無さそうです。 Kaby Lake, CN,/zh-cn,JP,/ja,XL,/es,BR,/pt-br,TW,/zh-tw,KR,/ko,DE,/de,ES,/es,FR,/fr,IT,/it,RU,/ru, https://downloadcenter.intel.com/ja/json/pageresults?productId=193561, /apps/intel/arksuite/template/arkProductPageTemplate, リソグラフィーとは、集積回路の製造に使われる半導体技術のことです。プロセスの微細度を表す単位はナノメートル (nm) です。この値から、半導体に組込まれている機能サイズが分かります。, コアは、1 個のコンピューティング・コンポーネント (ダイまたはチップ) に含まれる独立した CPU の数を示すハードウェア用語です。, スレッドまたは実行スレッドは、1 個の CPU コアを通じて渡すことのできる、または 1 個の CPU コアで処理できる、順序付けられた基本的な一連の命令を表すソフトウェア用語です。, プロセッサー・ベース動作周波数は、プロセッサーのトランジスターの開閉速度を示すものです。プロセッサー・ベース動作周波数とは、TDP が定義される動作点です。周波数は、1 秒当たり 10 億サイクルを意味するギガヘルツ (GHz) 単位で測定されます。, CPU キャッシュは、プロセッサーに配置された高速メモリー領域です。インテル® スマートキャッシュとは、ラスト・レベル・キャッシュへのアクセスをすべてのコアで動的に共有できるアーキテクチャーのことです。, バスは、コンピューター・コンポーネント間またはコンピューター間でデータを転送するサブシステムです。種類には、CPU とメモリー・コントロール・ハブの間でデータを伝送するフロントサイド・バス (FSB)、コンピューターのマザーボード上でインテル 統合メモリー・コントローラーとインテル I/O コントローラー・ハブをつなぐポイントツーポイントの接続方式のダイレクト・メディア・インターフェイス (DMI)、CPU と統合メモリー・コントローラーをつなぐポイントツーポイントの接続方式の QuickPath インターコネクト (QPI) があります。, 熱設計電力 (TDP) は、プロセッサーが、インテルが定義した複雑なワークロードの下で、すべてのコアがアクティブな状態で、ベース動作周波数で動作しているときに消費する平均電力をワット単位で表したものです。サーマル・ソリューションの要件については、データシートを参照してください。, コンフィグラブル TDP-down 周波数とは、TDP およびプロセッサー周波数を固定点まで下げることで、プロセッサーの動作とパフォーマンスが変更されるプロセッサー動作モードのことです。コンフィグラブル TDP-down 周波数とは、コンフィグラブル TDP-down が定義された位置です。周波数は、1 秒当たり 10 億サイクルを意味するギガヘルツ (GHz) 単位で測定されます。, コンフィグラブル TDP-down とは、TDP およびプロセッサー周波数を固定点まで下げることで、プロセッサーの動作とパフォーマンスが変更されるプロセッサー動作モードのことです。コンフィグラブル TDP-down は一般に、システムメーカーが電力とパフォーマンスを最適化するために使用します。コンフィグラブル TDP-down は、プロセッサーが、インテルが定義した複雑なワークロードの下で、コンフィグラブル TDP-down 周波数で動作しているときに消費する平均電力をワット単位で表したものです。, 組込み機器向けオプションの提供とは、インテリジェント・システムおよび組込みソリューションの長期にわたる入手性を約束する製品であるという意味です。製品の認定および使用条件の適用は、製品リリース認定 (PRQ) レポートに記載されています。詳細については、インテルの担当者にお問い合わせください。, インテル® プロセッサーには 4 つの異なる種類があります。シングルチャネル、デュアルチャネル、トリプルチャネル、およびフレックスモードです。, 最大メモリー帯域幅は、プロセッサーによって半導体メモリーから読み込まれるあるいは格納されるデータの最大レートです (GB/s)。, ECC メモリー対応とは、エラー修正コードメモリーがプロセッサーでサポートされているという意味です。ECC メモリーは、一般的な内部データ破損の検出と修正ができるシステムメモリーです。ECC メモリーサポートには、プロセッサーとチップセットの両方のサポートが必要ですので注意してください。, プロセッサー・グラフィックスとはプロセッサーに組み込まれているグラフィックス処理回路のことです。グラフィックス、計算、メディア、ディスプレイ等の処理を行います。インテル® HD グラフィックス / Iris™ グラフィックス / Iris™ Plus グラフィックス / Iris™ Pro グラフィックス・ドライバーは、メディア変換機能の強化、フレームレートの高速化、4K Ultra HD (UHD) ビデオのサポートを実現します。詳細については インテル® グラフィックス・テクノロジーのページをご覧ください。, グラフィックス定格周波数とは、MHz 単位の定格/保証グラフィックス・クロック周波数です。, グラフィックス最大動的周波数とは、ダイナミック・フリークエンシー対応インテル® HD グラフィックス機能を使用してサポートされる最大オポチュニスティック・グラフィックス・レンダリング・クロック周波数 (MHz) です。, プロセッサー・グラフィックスで使用可能なメモリーの最大容量です。プロセッサー・グラフィックスは CPU と同じ物理メモリーを使用しています (OS、ドライバー、その他システムの制限に従います)。, グラフィックス出力によって、表示デバイスとの通信に利用できるインターフェイスが規定されます。, 4K サポートとは、製品が 4K 解像度をサポートしていることを示します (ここで 4K とは 3840 x 2160 以上の解像度を指します)。, 最大解像度 (HDMI) とは、HDMI インターフェイス経由でプロセッサーが対応する最大解像度です (24 ビット解像度および 60 Hz)。システムまたはデバイスのディスプレイ解像度はシステム設計の複数の要因で変わります。実際のシステムの解像度は、これより小さくなる場合があります。, 最大解像度 (DP) とは、DP インターフェイス経由でプロセッサーが対応する最大解像度です (24 ビット解像度および 60 Hz)。システムまたはデバイスのディスプレイ解像度はシステム設計の複数の要因で変わります。実際のシステムの解像度は、これより小さくなる場合があります。, 最大解像度 (統合フラットパネル) とは、統合フラットパネルを搭載したデバイスのプロセッサーが対応する最大解像度です (24 ビット解像度および 60 Hz)。システムまたはデバイスのディスプレイ解像度システム設計の複数の要因で変わります。実際のデバイスの解像度は、これより小さくなる場合があります。, DirectX* 対応とは、Microsoft のマルチメディア処理用 API (アプリケーション・プログラミング・インターフェイス) 集合の特定バージョンに対応していることを示しています。, OpenGL (Open Graphics Library) とは、2D および 3D ベクトル・グラフィックスのレンダリング用 API (アプリケーション・プログラミング・インターフェイス) で、複数言語と複数プラットフォームに対応しています。, インテル® クイック・シンク・ビデオは、ポータブル・メディア・プレーヤー、オンライン共有、ビデオの作成と編集におけるビデオの高速変換を可能にします。, インテル® クリアー・ビデオ HD テクノロジーは、その前身であるインテル® クリアー・ビデオ・テクノロジーと同様に、画像デコードおよび処理の各種テクノロジーを統合プロセッサー・グラフィックスに組込んだスイートです。ビデオ再生のパフォーマンスが改善し、画像がより鮮明になり、より自然に近い鮮やかな色が忠実に再現され、クリアで安定した映像が表示されるようになります。インテル® クリアー・ビデオ HD テクノロジーはビデオ品質を向上させ、より豊かな色とリアルな肌色を再現できます。, インテル® クリアー・ビデオ・テクノロジーは、画像デコードおよび処理の各種テクノロジーを統合プロセッサー・グラフィックスに組込んだスイートです。ビデオ再生のパフォーマンスが改善し、画像がより鮮明になり、より自然に近い鮮やかな色が忠実に再現され、クリアで安定した映像が表示されるようになります。, PCI Express リビジョンは、プロセッサーでサポートされるバージョンです。Peripheral Component Interconnect Express (PCIe) は、ハードウェア・デバイスをコンピューターに接続するための高速シリアル・コンピューター拡張バス規格です。PCI Express のバージョンが違えば、サポートされるデータレートも異なります。, PCI Express (PCIe) 構成とは、PCH PCIe レーンを PCIe デバイスにリンクするのに使用できる利用可能な PCIe レーン構成のことです。, PCI Express (PCIe) レーンは、データ受信用およびデータ送信用の 2 組みの差動信号から成ります。この 2 組が PCIe バスの基本単位です。PCI Express レーンの数は、プロセッサーでサポートされる総数です。, ソケットは、プロセッサーとマザーボードとを機械的および電気的に接続するコンポーネントです。, インテル® Optane™ メモリーは、システムメモリーとストレージの中間に使用し、システムのパフォーマンスと応答性を飛躍的に向上させる革新的な新しいクラスの不揮発性メモリーです。インテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー・ドライバーと組み合わせて使用することで、OS には 1 台の仮想ドライブとして認識された状態で、複数のストレージデバイスをシームレスに管理します。また、頻繁に使用するデータは確実に最高速のストレージデバイスに配置します。インテル® Optane™ メモリーには、特定のハードウェアとソフトウェア構成が必要です。構成要件については https://www.intel.com/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/optane-memory.html をご覧ください。, インテル® Speed Shift Technology はハードウェア制御の P ステートを使用することによって、プロセッサーに最適な動作周波数と電圧をすばやく選択させてパフォーマンスと電源効率の最適化を図るため、ウェブ閲覧のようなシングルスレッドで一時的な (短時間の) 負荷に対する応答性が大幅に向上します。, インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーは、熱および電力のヘッドルームを利用して、必要に応じてプロセッサーの動作周波数を動的に引き上げ、必要時には速度を一気に上げて、不要時にはエネルギー効率を上げます。, インテル® vPro™ プラットフォームは、最高水準のパフォーマンス、内蔵セキュリティー、最新の管理性、プラットフォームの安定性を備えたビジネス用コンピューティングのエンドポイントの構築に使用されるハードウェアとテクノロジーで構成されています。インテル® vPro® の詳細情報, インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー (インテル® HT テクノロジー) は、1 つの物理コアで 2 つの処理スレッドを提供します。高度にスレッド化されたアプリケーションでは、より多くの作業を並列処理して、より速く作業を完了できます。, インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (VT-x) は、1 つのハードウェア・プラットフォームが複数の「仮想」プラットフォームとして機能できるようにします。これはコンピューター処理を個別のパーティションに分離することであり、ダウンタイムを最小限に抑えて生産性を維持することによって管理性を向上させます。, ダイレクト I/O 向けインテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (VT-d) は、既存の IA-32 (VT-x) および Itanium® プロセッサー (VT-i) での仮想化サポートに続き、新たに I/O デバイスの仮想化をサポートしています。インテル VT-d では、エンドユーザーがシステムのセキュリティーや信頼性を強化し、また仮想化環境における I/O デバイスのパフォーマンスを高めることもできます。, 製品の検索ダイレクト I/O 向けインテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (VT-d) ‡, 拡張ページテーブル (EPT) を搭載したインテル® VT-x は Second Level Address Translation (SLAT) とも呼ばれ、メモリー集約型仮想化アプリケーションの高速化を実現します。インテル® バーチャライゼーション・テクノロジーのプラットフォーム上に拡張ページテーブルを用意することで、メモリーと電力のオーバーヘッド・コストを削減します。また、ハードウェアによるページテーブル管理の最適化によりバッテリー寿命が延びます。, インテル® Transactional Synchronization Extensions New Instructions は、マルチスレッド・パフォーマンスの拡張に重点を置いた命令セットです。このテクノロジーは、ソフトウェアでのロック制御を向上させることで、より効率的な並列処理の実現に役立ちます。, インテル® 64 アーキテクチャーは、64 ビット対応ソフトウェアと組み合わせることによって、サーバー、ワークステーション、デスクトップ、およびモバイル・プラットフォーム上で 64 ビット・コンピューティングを可能にします。¹ インテル 64 アーキテクチャーでは物理メモリー、仮想メモリーともに 4 GB 以上のアドレス空間が利用可能になり、パフォーマンスが向上します。, 命令セットとは、マイクロプロセッサーが理解し実行できるコマンドとインストラクションの基本セットです。示された値は、このプロセッサーと互換性があるインテルの命令セットです。, 命令セット拡張は、複数のデータ・オブジェクトに同じ処理を実行する際の性能を上げることができる補足命令です。こうした命令には、SSE (ストリーミング SIMD 拡張命令) や AVX (アドバンスト・ベクトル・エクステンション) などがあります。, インテル® My WiFi テクノロジーは、Ultrabook™ やノートブック PC からプリンターやステレオなどの WiFi 対応機器へのワイヤレス接続を可能にします。, アイドルステート (C ステート) は、プロセッサーがアイドル状態になっているときに消費電力を抑えるために使用します。C0 は操作状態です。CPU は有効な処理をしています。C1 は最初のアイドル状態、C2 は 2 番目のアイドル状態、というように続きます。ここで、C ステートの数字が大きいほど、より省電力な措置が取られます。, 拡張版 Intel SpeedStep® テクノロジーは、モバイルシステムで必要とされる省電力性能を確保しつつ、ハイパフォーマンスを可能にした高度な技術です。従来の Intel SpeedStep® テクノロジーでは、プロセッサーへの負荷状況に応じて高低 2 段階で電圧と周波数を切り替えていました。拡張版 Intel SpeedStep® テクノロジーは、電圧と周波数の変更の分離やクロック・パーティショニング、リカバリーなどの設計様式を使用したアーキテクチャーを基盤としています。, サーマル・モニタリング・テクノロジーは、複数の熱管理機能により、プロセッサー・パッケージおよびシステムを熱故障から保護します。オンダイのデジタル熱センサー (DTS) がコアの温度を検出し、必要な場合は熱管理機能がパッケージ電力消費を削減して温度を下げ、正常な動作限度内に収まるようにします。, インテル® Flex Memory Access は、容量の異なるメモリーモジュールの組み合わせでもデュアルチャネル・モードを可能にすることで、アップグレードを簡単にします。, インテル® アイデンティティー・プロテクション・テクノロジーは、オンラインの顧客やビジネスデータへのアクセスを脅迫や詐欺から守る、シンプルで耐タンパー性を備えたソリューションを提供するための内蔵型セキュリティー・トークン・テクノロジーです。インテル® IPT では、Web サイト、金融機関、ネットワーク・サービスにアクセスするユニークユーザーの PC に対し、ハードウェア・ベースの認証を提供し、マルウェアによるログインの試みではないことを確認します。インテル® IPT は、Web サイトやビジネスでのログインにおいて、情報保護のための 2 要素認証ソリューションを提供する重要なコンポーネントです。, インテル® スマート・レスポンス・テクノロジーは、小型ソリッドステート・ドライブの高速パフォーマンスとハードディスク・ドライブの大容量を組み合わせます。, インテル® Advanced Encryption Standard New Instructions (インテル® AES-NI) は、迅速で安全なデータ暗号化 / 復号化処理を可能にする命令セットです。AES-NI は幅広い暗号化への応用、例えばバルク暗号化、複合化、認証、乱数生成、および認証暗号化の実行における応用に有益です。, インテル® セキュアキーは、暗号化アルゴリズムを強化する乱数を生成するデジタル乱数ジェネレーターで構成されます。, インテル® Software Guard Extensions (インテル® SGX) は、信頼ベースでアプリケーションの実行を堅牢に保護する環境をハードウェアを利用して構築し、アプリケーションの重要なルーチンとデータを保護します。インテル® SGX は、CPU の堅牢な Trusted Execution Environment (TEE) にコードとデータを隔離する方法を開発者に提供します。, より安全なコンピューティングを実現するインテル® トラステッド・エグゼキューション・テクノロジーは、インテル® プロセッサーおよびチップセットの機能を拡張した汎用性の高いハードウェアのセットであり、メジャードラウンチやプロテクテッド・エグゼキューションなどのセキュリティー機能によってデジタル・オフィス・プラットフォームを強化します。これは、アプリケーションをそれぞれの専用領域内でのみ実行できる環境を構築し、システム上のほかのソフトウェアから保護します。, エグゼキュート・ディスエーブル・ビット機能は、ウィルスや悪意のあるコードの攻撃にさらされにくくし、有害なソフトウェアが実行され、それがサーバーやネットワーク上で拡大するのを防ぐことができるハードウェア・ベースのセキュリティー機能です。, ブートガード対応インテル® デバイス・プロテクション・テクノロジーは、OS が起動する前の状態にあるシステムを、ウイルスや悪意あるソフトウェアの攻撃から保護します。, インテルがこのプロセッサーを製造元企業 (OEM) に出荷し、OEM が通常、このプロセッサーのプリインストールを行います。インテルではこちらのプロセッサーを、「トレイ版プロセッサー」または「OEM プロセッサー」と呼んでおり、 インテルからの直接の保証サポートを提供していません。保証サポートについては、OEM または販売代理店までお問い合わせください。, インテルは、ARK ツールファミリーを皆様にとって価値あるリソースにしていきたいと考えています。ご意見、ご質問、ご提案などございましたら、以下に記入してお送りください。2 営業日以内に回答いたします。, コメントが送信されました。ご意見・ご要望をお送りいただき、誠にありがとうございます。, お客様の個人情報は、本件の回答にのみ使用します。お客様のお名前とメールアドレスが何らかのメーリングリストに追加されることは一切ありません。また特にお申し出のない限り、本件以外でインテル コーポレーションよりお客様に電子メールを差し上げることもありません。[送信] をクリックすると、インテルの利用規約に同意し、インテルのプライバシー・ポリシーを理解しものと見なされます。, 提供されているすべての情報は予告なしに変更されることがあります。インテル製品は随時、製造ライフサイクル、仕様、および製品の説明が予告なく変更される場合があります。ここに記載された情報は「現状」のまま提供されるものであり、インテルは情報の正確性、または製品の機能、利用可能性、機能性、記載された製品の互換性についていかなる表明も保証もいたしません。特定の製品やシステムの詳細については、各システムベンダーにお問い合わせください。, インテルの分類は参考のために提供されており、輸出規制品目分類番号 (ECCN、Export Control Classification Number) および米国関税分類番号 (HTS、Harmonized Tariff Schedule) により構成されています。インテルの分類の取り扱いについては、インテルによらず、適切な ECCN または HTS について表明または保証を行うことを意味するものではありません。輸入業者または輸出業者は、取引の正確な分類を決定する責任を負うものとします。, ‡ この機能は、コンピューティング・システムによっては利用できないことがあります。ご利用のシステムにこの機能が搭載されているかどうか、あるいは機能の互換性に関してシステム仕様 (マザーボード、プロセッサー、チップセット、電源、HDD、グラフィックス・コントローラー、メモリー、BIOS、ドライバー、仮想マシンモニター - VMM、プラットフォーム・ソフトウェア、およびオペレーティング・システム) を参照するには、システムベンダーにご確認ください。機能、パフォーマンス、この機能のその他の利点は、システム構成により異なります。, プロセッサー構成がアップデートされた AES New Instructions、 i7-2630QM/i7-2635QM、i7-2670QM/i7-2675QM、i5-2430M/i5-2435M、i5-2410M/i5-2415M などをサポートする場合があります。プロセッサー構成の最新アップデートを含む BIOS に関しては、OEM にお問い合わせください。, ターボ・ブースト利用時の最大周波数とは、インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーで実現可能な単一コア・プロセッサーの最大周波数を表します。詳細については、https://www.intel.co.jp/jp/technology/turboboost/ を参照してください。, システムおよび最大 TDP は最悪の状況をベースにしています。すべてのチップセットの I/O が使用されていない場合、実際の TDP は低くなることがあります。, インテル® アイデンティティー・プロテクション・テクノロジーをサポートするシステムについては、https://www.intel.com/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/identity-protection/identity-protection-technology-general.html を確認してください。, インテル® スマート・レスポンス・テクノロジーを利用するには、指定のインテル® コア™ プロセッサー、対応チップセット、インテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー・ソフトウェア、および正しく設定されたハイブリッド・ドライブ (HDD + 小型 SSD) が必要です。実際の結果はシステム構成によって異なります。詳細については、コンピューター・メーカーにお問い合わせください。, 「発表済み」 SKUs はまだ使用できません。販売開始については、発売日を参照ください。, どのプロセッサーが、インテル® HT テクノロジーに対応しているかなどの詳細情報は https://www.intel.com/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/hyper-threading/hyper-threading-technology.html?wapkw=hyper+threading を参照してください。, インテル® アーキテクチャーでの 64 ビット・コンピューティングをサポートするプロセッサーには、インテル 64 アーキテクチャー対応 BIOS が必要です。, インテル・プロセッサー・ナンバーはパフォーマンスの指標ではありません。プロセッサー・ナンバーは同一プロセッサー・ファミリー内の製品の機能を区別します。異なるプロセッサー・ファミリー間の機能の区別には用いません。詳細については、https://www.intel.com/content/www/jp/ja/processors/processor-numbers.html を参照してください。, Intel® UHD Graphics for 8th Gen Intel® Processors, ダイレクト I/O 向けインテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (VT-d), Intel® SSE4.1, Intel® SSE4.2, Intel® AVX2, https://www.intel.com/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/optane-memory.html, 製品の検索ダイレクト I/O 向けインテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (VT-d), https://www.intel.co.jp/jp/technology/turboboost/, https://www.intel.com/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/identity-protection/identity-protection-technology-general.html, https://www.intel.com/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/hyper-threading/hyper-threading-technology.html?wapkw=hyper+threading, https://www.intel.com/content/www/jp/ja/processors/processor-numbers.html.