Arduino Unoには以下の種類のメモリが搭載されています。Arduino Unoが採用しているATmega328Pは、ハーバードアーキテクチャを採用しており、プログラムとデータが物理的に分離された領域に配置されます。 Seeeduino V 4.2はArduino UNOのブートローダーに基づいているATMGA 328 P MCUに基づくArduino互換ボードです。 Seeeduino V 4.2 は UNOより安くて、 多くの機能を持っています。 システム供給電圧を3.3 Vまたは5 Vに換えるスイッチがあります。

(訳) Arduino UNOは、Arduino基板のシリーズで最もよく使われた基板です。 もしあなたがArduinoを始めようとしているのなら、この基板(Arduino Uno)が、手に入れるべき基板です。, Arduino Unoは、処理能力の低い8ビットAVRマイコンを採用しており、Cortexプロセッサなどを採用した32ビットのArduinoと比べると能力的に見劣りはしますが、代表的なArduinoであるがゆえに、書籍、ネット上などに膨大な関連情報(作例など)が載っており、また、市販のシールドのほとんどがArduino Unoに対応ている事から、現在でも初心者が最初に買うのには適したArduinoとなっています。, Arduino Unoが採用したATmega328Pという8ビットAVRマイコンは、初心者でもはんだ付けしやすいDIPパッケージでも供給されています。(写真2参照) そのため、Ardino Unoでプロトタイピングを行うと、その後ユニバーサル基板などで専用基板化しやすいというメリットがあります。, A/D変換器の性能の実力値では、32ビットのCortexプロセッサを採用したArduino M0に勝り、古い機種とはいえ、意外にその実力は侮れません。, また、I/Oピンの出力電流が1ピンあたり20mAも取れるので、例えば高輝度LEDなどでも直接ドライブできます。, 参考1:Cortexプロセッサを採用したArduinoの場合、I/Oピンの出力電流がもっと小さいので、LEDを明るく点灯させたい場合には、制限電流を超えないように注意が必要です。例えばArduino M0やArduino Zeroは1ピンあたり7mAしか取れません。, 参考2:Arduino Unoが採用しているマイコン(ATmega328P)のI/Oピンあたりの絶対最大出力電流が40mAなので、Arduino Unoの仕様の20mAは、控えめに書かれているものと思われます。, 3.3V出力のLDO(定電圧回路の一種)が載っているので、3.3V動作のICに電源を供給できます。しかしI/O電圧が5Vですので、3.3V動作のICとのインターフェースには、レベル変換が必要です。, GPIO(汎用デジタルI/O)用のピンを14本備えています。また、後述の6ピンのアナログ入力ピンも、アナログ入力として使わないときはGPIO用に使える様になっています。, 14本のGPIOピンで、多くの用途をカバーできますが、ロボットをマイコン制御する用途などではGPIOピンが不足することが多く、その様な用途では、さらにピン数の多いArduino Mega 2560が好んで使われるようです。, アナログ入出力機能としては、6ピンのA/D変換入力を備えています。A/D変換の分解能は10ビットです。, アナログ出力機能はありませんが、その代わりに6ピンのPWM出力ピン(デジタルI/Oピンと兼用)があります。LEDの調光用などの用途にはPWM出力をそのまま使えますが、アナログ電圧を取り出すにはローパスフィルタ(LPF)で電圧を平均化する必要があります。, シリアルインターフェースとしては、UART、SPI、TWI(I2C)を各1チャンネル持っています。ただし、UARTはUSB経由のスケッチの書き込みにも使っているので、UART用のピンに何らかのデバイスをつなげていると、スケッチの書き込みができなくなる現象が発生する事があります。, パソコンとUSB接続するために、ATmega16U2という、USBインターフェース付きのAVRマイコンを内蔵しています。(写真3参照) ATmega16U2は、通常はUSBとシリアルの変換の動作しかしませんが、専用のICSP端子(プログラムを書き込むための端子)を持っており、ここからファームウェアを書き込むことで、色々なUSBデバイスを作る事ができます。, ただし、ATmega16U2のプログラミングはArduino IDEでは行えず、AVRマイコンの製造元であるAtmel社(現Microchip Technology社)の配布するAtmel Studioなどを使って行う必要があり、また、プログラムの書き込みも、AVRISP mkIIなどの書き込み器を別途用意する必要があります。そのため、Arduino Uno内蔵のATmega16U2を使いこなした作例は、あまり発表されていません。, Arduino Leonardoを使えば、Arduino IDEの環境内で、ArduinoがUSBマウスやUSBキーボードとして振る舞うスケッチを作れるため、この様な用途にはArduino UnoよりArduino Leonardoの方がよく使われます。, このページをスマホなどでご覧になる場合は、画面を横長にする方が読みやすくなります。, この写真に写っているのはDIPパッケージのATmega328P-PU。これ以外にもTQFPパッケージのATmega328P-AUなど、表面実装パッケージの製品もある。, 本のカバーの写真か書名をクリックすると、Amazonの書籍購入ページに移動します。, マイコンにArduinoのブートローダを書き込むためのArduino Uno用シールド。, arduino.cc(Arduino公式サイト)のArduino Unoの紹介ページ(英文).

Arduino UNO; RS-232C (UART) アイソレータ ここで利用するテキサス・インスツルメンツの ISO7221BDG4 は、2チャネル・アイソレータと呼ばれています。 RSコンポーネンツで入手し、DIP化変換基板にはんだ付けしました。 Arduino UnoArduino LeonardoArduino DueArduino MEGA 2560Arduino MEGA ADK外観価格(スイッチサイエンス)2,520 円2,100 円4,980 円4,910 円6,420 円主な特徴人気Arduino UNOの廉価版動作電圧が3.3Vであることに注意ATmega2560使用、Flash& 『denshi.club』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。 レベル変換 (12) UART その7 Arduino UNOと双方向 ISO7221BDG4. The Arduino UNO is the most used board in the family of Arduino boards. Arduino Unoとは2010に発売されたArduino(プロトタイピング用マイコンボード)で、最も代表的なArduinoです。, Arduino LLC社とArduion SRL社の双方がArduino Unoを販売しています。Arduino LLC社は、アメリカ以外の地域ではGenuino Uno(ジェニュイーノ・ウノ)の商品名で販売していますが、商品名の違いだけで、ハードウェア的には同一のものです。, Arduino LLC社が運営するarduino.ccのArduino Unoの紹介ページには、次の様な説明が載っています。. こんばんは! 今回はArduinoの中でも1番使用されているArduino Uno R3のスペックについてです。 R3というのは「Revision 3」の略です。 Arduino Uno R3基本スペック 基本スペックは以下の通りです。 もっと詳しく知りたい方は公式ページをご覧ください。(https://store Arduino Unoとは2010に発売された Arduino (プロトタイピング用マイコンボード)で、最も代表的なArduinoです。. Arduino UNO R3には、性能や機能がほとんど同じ製品がたくさん市販されています。ここでは、「MAKER UNO +」を取り上げています。 Arduino IDEで開発できるマイコンはCortex-M0~M4の製品もあります。ここではソニー「Spresense」を取り上げています。