また、上記のパラメータがロックされた場合、自動開口が行わない。 複数の壁をまたぐモデリングを可能にする, ユーザー定義の建具に必要なパラメータに対応すれば、当機能に稼働することが可能です。当機能で制御するパラメータは以下となります:, 上記のパラメータ値を参照し、必要に応じて建具の枠、沓ずりなどの形状を開口に対応する必要があります。 二重線、オフセット線の描画、また、交差部分の処理などの2D汎用機能をお使いいただけます。, 2Dパレットは、このアドオンの機能を使用できるツールバーです。下記の機能が登録されています。, 配置された座標値の更新は座標オブジェクトを選択して、当機能を再実行(をクリック)してください。, 2Dウィンドウで要素を選択し、メニューから「選択を反転」をクリックします。 |外分する芯を取得|壁から許容距離内にある芯の位置に寸法点を作成 平面図および断面/立面図/3Dドキュメントで選択した要素を、3Dウィンドウで選択状態にします。 (例:建具の外の抱き側が開口したくない場合、MOApi_dist2ExternalWallSurfをロックする), ドア及び窓の建具種類、建具形式、幅及び高さを基準にソートし、建具番号を並べ替える。, 選択要素のプロパティを取得し、設定ダイアログを開くことなくパレット上で値を確認・変更することができます。, 設定は選択要素タイプのみ反映されます。 240mx120mまで。, 吊りボルトまたはブレースの編集用ホットスポットを利用せず、下地材を手動で編集、削除した後、再生成(更新)機能を実行すると、元の位置に戻される。, 追加したい部材を選択し、ファイルメニューの「ライブラリとオブジェクト」>「オブジェクトを開く」で開く(Ctrl+Shift+O), パラメータ値または必要ならGDLスクリプトを変更し、2Dまたは3Dビューで確認します。, 「パレットを表示」メニューを選択すると、メニュー項目が下図のパレット形式で表示されます, 断面図のウィンドウに移動し、断面図ゾーン名作成を選択すると、指定したゾーン情報が作成されます, GDL3面図クリエイターから“3Dモデルオブジェクトを取得“を選択し、平面図に配置されているオブジェクトの基準点を決定します, ポリラインの場合、正常に取得できない場合があります。その場合ポリラインをラインに分解してください。, 円弧が正常に取得できない場合があります。その場合、円弧の始点と終点を入れ替えてください。, 保存したフォルダは自動的にライブラリマネージャーに追加されます。そのため、保存先は空のフォルダを推奨します。, 空のフォルダでない場合、保存に時間がかかる場合や、余計なフォルダまでライブラリマネージャーに追加される可能性があります。, オプション>詳細寸法自動作成ツール>パレットを表示 を選択すると、下図のパレットが表示されます。, 寸法作成 現在のビュー を選択すると、下図のダイアログで寸法を作成する要素を選択します。(断面図以外では、スラブと屋根はロックされます), OKボタンを選択すると、現在のビューの対象となるすべての要素に寸法が配置されます。, 通り芯はARCHICADの通り芯ツールから入力された通り芯とし、レイヤーに関係なく通り芯と認識される, 複数の通り芯が重なっている場合は、要素中心に近いものを優先とする(等分に近いもの), |指定レイヤー上の線要素を芯とみなす|選択されたレイヤー上の線要素を通り芯と同じように扱う, 見え掛かりの基準点は上下左右の4点で、寸法を作成する方向(上側、下側、右側、左側)を指定することができます, 寸法作成 選択した要素 の場合に、芯からの寄りの寸法を作成する場合には芯も同時に選択してください, ドア/窓で複数壁に対して開口できるように、開口オブジェクトの自動生成および追従を行う。, 建具と建具に属する壁(以下ホスト壁)以外の壁(ホスト壁に平行なものに限る)が選択されている場合、選択されている全ての壁(対応範囲内のものに限る)に対して壁貫通が実行される。, 「複数壁を貫通」を実行する際に、ホスト壁に対して平行でない壁も選択されていた場合は、エラーメッセージが表示される。, 「複数壁を貫通」を実行できる壁および建具以外に、既に貫通された壁と、それを貫通する建具が選択要素に含まれた状態で「複数壁を貫通」が実行される場合は既に貫通された壁を貫通している建具は変化がありません。, ホスト壁と貫通する壁のみ選択されている場合は、壁にある全ての建具に対して貫通処理を行う。, 「複数壁を貫通」は建具のホスト壁以外の貫通する壁が傾斜壁、二面傾斜壁、台形壁、ポリゴン壁の場合対応できない。, 既に貫通されている壁が、編集により傾斜壁、二面傾斜壁、台形壁、ポリゴン壁になった場合、エラーメッセージが表示される。, 建具が選択されていなく、ホスト壁以外の壁が選択されている場合、選択されているホスト壁以外の壁のすべての単純開口が削除され、その壁が一番外側になっていた建具のみ、枠形状が変わる。, ホスト壁以外の壁と建具が同時に選択されている場合、一つ上と同じ動作になるが、選択されている建具のみが処理対象となる。, 当機能では、ARCHICAD22以降の標準ライブラリのドア/窓のみに対応で(下記対応建具一覧表をご参照)、海外仕様の建具には適用できません。, 複数開口されている建具をコピーまたはパラメータ取得/置換した場合、枠見込がもとのままになるので、戻すためにコピーされた建具を一度選択し、「複数壁の貫通を削除」を実行する必要があります。, 上記のパラメータ値を参照し、必要に応じて建具の枠、沓ずりなどの形状を開口に対応する必要があります。, (例:建具の外の抱き側が開口したくない場合、MOApi_dist2ExternalWallSurfをロックする), 建具の「並べ替え用通し番号」のパラメータ変数名は「DPnAddOn_sortNo」で、このパラメータ名がない建具には対応できません。, プロパティ値を変更する要素を選択します。パレットには選択された要素の分類とプロパティが表示されます。, パレットに表示された項目を選択し、左側のアイコンをデフォルトからカスタムに変更します。. 選択されていたものと、非選択のものが反転します。 通り芯に寸法を作成する条件, 各要素の寸法設定で、指定したレイヤーの線要素を、通り芯あるいは高度線として扱うことができる, |指定レイヤー上の線要素を芯とみなす|選択されたレイヤー上の線要素を通り芯と同じように扱う |「その他」の層を躯体とみなす|「その他」の層を躯体の層として寸法を作成, |指定レイヤー上の線要素を芯とみなす|選択されたレイヤー上の線要素を通り芯と同じように扱う 見え掛かりの基準点は上下左右の4点で、寸法を作成する方向(上側、下側、右側、左側)を指定することができます, 設定ダイアログの一番上にある寸法セット名のプルダウンメニューを選択すると、現在保存されている寸法セットが表示され、変更することができます。, 削除を選択すると、以下の警告ダイアログが表示され、OKを押すと現在の寸法セットを削除します, ドア/窓で複数壁に対して開口できるように、開口オブジェクトの自動生成および追従を行う。 選択要素タイプのなかで、設定が反映される要素は次の通りです あらかじめ矩形選択ツールで範囲が指定されているときは、矩形選択内で選択を反転が起こります。, 概要 「上部自動認識」オプションをONにした場合、下地材が生成または更新された際、ボルトの上端高さが上部にある要素の下面に自動調整されます。検知できる対象要素はスラブ、屋根、シェルまたはモルフです。, デフォルトの範囲では1000 mmまでですが、調整できる幅を変更したい場合は以下のパラメータ値を調整してください:, 当機能ではGDLのサブタイプにより、メインバー、クロスバー、吊りボルトなど種類別に管理されています。部材を追加する場合、オリジナルの部材をベースに変更を加えた後、別名保存してください。, 3DDXFや3DSなどの外部ファイルから変換したGDLオブジェクトに対し、2Dの表記(上面、側面、正面)を変更する。, 保存したフォルダは自動的にライブラリマネージャーに追加されます。そのため、保存先は空のフォルダを推奨します。 編集 > 選択を平面に反映 平面図タブ; 3dタブ; 立面図・断面図について; 簡単な建物を建ててみよう. 編集 > 選択を3Dに反映 3Dウィンドウおよび断面/立面図/3Dドキュメントで選択した要素を、平面図で選択状態にします。 こんにちは! ぷもんです。 今回は冬休み中に練習してだいぶ操作がわかってきた archicadでの立面図、断面図の作り方を書きます。 ちなみに事前につくった建物の3dデータはこちらです。 ここまでできると断面図、平面図を書くのは簡単です。 |許容距離|壁の外側にある芯を取得する範囲, 見え掛かりの基準点は断面図上でXが大きい端点とする 天井の目地が調整される場合、下地材が目地位置に追従するかどうかのオプションです。, 吊りボルトの上部自動認識 空のフォルダでない場合、保存に時間がかかる場合や、余計なフォルダまでライブラリマネージャーに追加される可能性があります。, 通り芯はARCHICADの通り芯ツールから入力された通り芯とし、レイヤーに関係なく通り芯と認識される lixilビジネスユーザー向けサイト 商品情報、cadデータ、画像データ、図面、取扱説明書、提案ツール、認定情報 建築関係のプロユーザーに役立つ情報を掲載しております。 ARCHICADを入れるPCに迷っているなら下の記事を参考にしてね。僕が使っているPCも紹介しているよ。. |許容距離|梁の外側にある芯を取得する範囲, 標準ライブラリ(ARCHICAD Library 21.lcf)以外のドア・窓の場合、寸法が正常に配置されない可能性があります, |仕上げ分離線に寸法を追加|仕上げ分離線の位置に寸法点を作成 archicadのx方向に対応する方向を指定します : 2: y: archicadのy方向に対応する方向を指定します ... 平面図: 平面図を表示します : 12: 3d: 3dウィンドウを表示します: 13: 保存: 指定したオブジェクトの上面図、側面図、正面図を定義し直し、保存します: 制限事項. 及び、平面、立断面の表現を切り変えることができ、3d モデルの作成だけで はなく、平面図や立断面図の作成にも使用できます。また、商品情報も含まれ ているため、archicad 上の一覧表で確認できます。 … 初めてCADに触る人はこの画面を見て何をすればいいのかわからないと思うので、とりあえず上のタブの説明から始めるね。, この1Fってところが開いていると思うけど、このページは平面図のページでこの表示だと1階の平面図を表していることになる。, 『5.最高の高さ〜-1.基礎下端』のどれかをクリックするとそれぞれの階ごとの平面図を個別に編集できるよ。, フロアの高さを自由に変えられるし、『上に挿入』を押すと選択している階の上に新しい階が追加されて、『下に挿入』はその逆。, ARCHICADは図面を書くだけで建物が立ち上がるっていう特徴があるんだけど、その3Dで建物を見る事ができるのがこの3Dタブ。, 3Dのタブを右クリックして平行投影を押すとアクソメのように建物を投影してくれたりできるよ。平行投影の画面をスクリーンショットしてフォトショでなぞったりしたら簡単にアクソメが書けるね。, 立面図とか断面図とかをARCHICADなら簡単にできるよ。だけどこの二つは平面図にどの視点から図を描くか指定しなきゃいけないんだ。, 平面図のタブをもう一度開いて、サイドバーにある、赤い矢印で指しているのが断面図を描くための線、青いのが立面図を描くための線。, 始点と終点を指定したら目のマークが出ると思うけどそれは見る方向を示すから、みたい方向にマウスを持ってきてクリックしてね。, すると下のように出てくるから『現在のビュー設定で開く』で立面図or断面図が見れるよ。, じゃあとりあえず実際に簡単な家の図面を描いてみよう。(今回は説明のために書くから割と適当だけど、みんなはちゃんと丁寧にやるんだよ), そうしたらサイドバーの通り芯を選択して6m^2の正方形を書いていきます。正確に長さを測るときは上部のバーにある定規を使ってね。, 1本目の通り芯を引けたら、定規モードで通り芯をクリックすると通り芯からの長さを測れるんだけど、, 図っているときにキーボードで数字を打ち込むとその分の長さまで定規が進んでくれる機能があるから『6000』と打ち込もう。, そして打ち込んたらその6000mmのところと垂直にカーソルを動かすと点線のガイドが現れると思うんだけど、その時に右クリックをすると上のようになると思う。, そこで『スナップガイドをピン止め』を押すとしばらく他の操作をしても点線が残ってくれるから、もう一本通り線を引こう。, すると青い丸が現れると思うんだけど、これは『ちょうど交点を選択できますよ』って合図。, これの合図なしに柱とかをおいてしまうと1ミリズレたりしてしまうから注意してね・・・・, 多分床は初期設定だと地面と同じ高さになってしまうから、上の壁の時と同じ方法で設定し直してあげてね。, 設置すると太陽のマークが出るけど太陽のマークの方が屋外を示すから気にしてあげよう。, こいつは結構癖があって、上の黒矢印で示しているのが基準線という、クリックしたところが階段のどこを示すのかを決めるもので、左右、中央で選べるよ。, 階段の段数を決めるのは青い矢印で示している所をクリックして、青枠で示しているところで設定できる。, ちゃんと定規モードにして壁の端から書くようにしよう。通り芯の上から書いてしまうと階段がめり込むから注意してね。, 置きたい場所を決めたら一度クリックすると階段の始点が決まる。そうしたら後は終点まで持って行ってクリックしよう。, 屋根は一応屋根ツールがあるんだけど、制限が多いし見た目は床とほとんど変わらないからオススメはしないかな?(もし傾斜のある屋根や天窓を付けたいなら使うといいよ), 床で屋根を表現するなら最上階に床を設置すれば屋根っぽくなるよ(今回は1階建ての設定だから平面図の2階部分), 早速屋根をかけていきたいんだけど今回の建物は屋上に出る階段があるからその部分は屋根を取らなければいけない。, その時はどうするかというとまず平面図タブのところで1階の平面図を表示して、そのあとに参照として表示をクリック。, そうしたらスラブを右クリックで選択して、スラブツールで階段を囲ってあげれば下のように階段の所だけスラブと取り除けます。, 柵も始点と終点を決めてあげないといけないんだけど、右クリックでOKを押すまで終点にならないから気をつけてね。, あ、後終わったら一番上のバーでファイルってところがあるから、そこをクリックして保存してあげてね。, 今回はARCHICADで基本的な操作と実際に簡単な建物を建ててみる所の解説でした。, ARCHICADは色々ある設計ツールの中で使いやすい部類に入ると思うから設計ツールの入門として僕はオススメするよ。, 学生なら無料で使えるしこれで設計をしてみて『設計が楽しい』ってなったらAUTOCADやライノセラスに触れてみてもいいと思う。, この説明でもARCHICADの50パーセントも説明できていないと思うから課題をやる中で細かい操作を覚えよう。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 2年 ago 14511 Views. メニュー |外分する芯を取得|梁から許容距離内にある芯の位置に寸法点を作成 ・分類:全ての要素 ©Copyright2020 千葉大生のブログ.All Rights Reserved. ポリゴン数は要素別(壁、スラブ、ドア、窓、オブエジェクトなど)に出力され、個別にポリゴン数を調整(精度を上げたり落としたり)する事もできます。, 塗りつぶしツールで定義された形状を立体化(オブジェクト化)し、壁やスラブ、メッシュツールで描かれた要素へ貼り付けることができます。また、作成された仕上げを分解することにより、小口部分の仕上げを削除する事もできます。, 平面図にて、同じパラメータ(タイプ、カラー、厚さ、高さなど)で、同じ位置を占有する要素を検索し、選択、または、削除することができます。, 編集 > 重複を確認 切断面の基準点は常に以下のルールが適用されます。, 断面の基準点は配置された壁の基準線の位置になります 使い方, 3D Studio(3ds)ファイルをGDLオブジェクト(gsm)に変換を行います。, このアドオン機能は、JW_CAD(jw_win)バージョン3.51以降のJWWファイルのみをサポートします。それ以前のバージョンでの動作は保証できません。, 手すり、配管などの形状を作成できます。 パイプの断面形状は円形と円形空洞、矩形と矩形空洞またはカスタム断面形状が指定できます。, 直線や曲線状に、任意の断面形状を適応し、筒や回転局面のGDLオブジェクトを作成するツールです。, モデルを構成している3Dポリゴンの個数を数えます。 上部タブの解説. まだarchicadをダウンロードしていない人は下の記事を参考にしてね。 archicad(学生版)の使い方(セットアップ編) 目次. 使い方, 概要 ・プロパティ:そのプロパティを使用している要素, 図形作成法は連続になります。間違えた場合は、「Back Spaceキー」で一つ前に戻ることができます。, また、すでに配置してある線や壁などを選択しオフセット線ダイアログを開くと、選択した線や壁からのオフセット線を作成することができます。, すでに配置されている線や壁を選択してから、2Dパレットのオフセット線2をクリックし、オフセットの設定を表示します。このとき編集モードになります。, 分枝を作成する場合、既に作成された経路の接点上始点として作図してください。(分枝は経路ごと一本のみ作図可能です), 特定の壁に対して、基準線を作成したい場合は、対象の壁を選択します。(壁を選択しなかった場合、そのフロアにある壁全体に作成します), 表示された線、壁の消去で各項目を設定し、カットする部分の始点と終点でクリックします。, 2つの要素を順番にクリックします。2つ目の要素をクリックし終わると要素が交点まで延長されます。, ※距離テキストは、テキストツールから、フォント、太字、斜体、下線、取り消し線、整列、行間隔、文字幅、文字間隔、配置基準点、背景、枠、スケールのデフォルト設定を使用します。, ※面積テキストは、テキストツールから、フォント、太字、斜体、下線、取り消し線、整列、行間隔、文字幅、文字間隔、配置基準点、背景、枠、スケールのデフォルト設定を使用します。, 平面図上にある3D要素上でクリックすると、面認識が表示され、上面/下面のボタンをクリックすると、xyz値が表示されます。(この値は3Dウィンドウでも確認ができます。), あらかじめ矩形選択ツールで範囲が指定されているときは、矩形選択内で選択を反転が起こります。, 3Dウィンドウおよび断面/立面図/3Dドキュメントで選択した要素を、平面図で選択状態にします。, 平面図および断面/立面図/3Dドキュメントで選択した要素を、3Dウィンドウで選択状態にします。, 個別要素の場合、最初に位置を合わせの基準線をクリックします。次に、位置を修正したい要素の基準点をクリックします。作業が終わったらEscキーを押します。, 複数要素の場合、最初に位置を合わせの基準線をクリックします。次に、位置を修正したい複数の要素の基準点をクリックしていきます。作業が終わったらEscキーを押します。, 水平垂直チェックパレットが表示されるので、各項目を設定し、チェックボタンをクリックします。, 検知範囲の値を指定します。要素の始終点のXY誤差がこの設定値以内なら、検知されます, 検知された要素リスト。リスト上の要素をクリックすると平面上にその要素が選択される状態になります。, メニューから「ゾーンスタンプを中心に移動」に移動し、「全てのゾーン」または「選択したゾーン」をクリックします。, ファイル > 相互運用性 > 3DS Studio > 3dsのGDL変換プション…, ファイル > 相互運用性 > 3DS Studio > 3dsをGDLオブジェクトとしてインポート…, ONの場合、3dsファイルに使用されているテクスチャのアルファチャネルの情報も変換します, 上面ビューでオブジェクトに2Dの原点が含まれていない場合に、重心をx=0,y=0に調整します, 名前を付けて保存にて、ファイルを種類を『jw_cad for win (*.jww)』に設定します。, JW-CADファイル書出し設定が表示されるので、各項目を設定し、OKをクリックします。, ファイルを開くから、ファイル種類を『jw_cad for win (*.jww)』に設定します。, JW-CADファイル読込設定が表示されるので、各項目を設定し、OKをクリックします。, 図面上に座標(X,Y)がマイナス値になる要素がある場合、図面全体を0より大きくなるよう座標を調整します, 属性や断面形状の変更については、配置してあるパイプを選択してから、パイプ設定にて変更することができます。, 平面表現の「フロア対応」オプションにより、関連フロアにパイプを表示することが可能です。, エルボと直管部分のつなぎ目輪郭線表示非表示を指定します。(長押しでタイプを選べます), フロアからの高度で指定するか、パイプを配置するときの下にある面からの高度で指定するかを選択します。, ポリゴン数は要素別(壁、スラブ、ドア、窓、オブエジェクトなど)に出力され、個別にポリゴン数を調整(精度を上げたり落としたり)する事もできます。, 重複を確認する範囲を絞りたい場合は、あらかじめ平面図にて要素を選択するか、矩形選択をしておきます。, 重複した要素を選択 / 重複した要素を削除にて各項目を設定し、選択/削除をクリックします。, 「天井パレットを表示」メニューを選択すると、メニュー項目が下記のパレット形式で表示されます。, システム天井の場合、600x600、640x640または任意サイズタイプを指定します, 下地を作成したい場合、「下地設定…」ボタンで、下記の下地材詳細設定画面にて下地材の属性を指定します:, 既に作成されている天井を設定変更したい場合、その天井を選択した状態で「天井設定…」を選んで、設定変更を行えます。, 「天井作成」を選ぶと、ユーザーが平面図上に任意の形状の天井領域を定義できます。作成された天井パネルが指定されたデフォルト設定で適用されます。, 設備機器などと干渉チェックを行うため、下地を作成する必要がある場合は、作成されたシステム天井パネルを選択した状態で、「下地作成」を選ぶと、デフォルト設定で指定された下地材が生成されます。(下地作成に対応できるのはシステム天井タイプのみです), 下記のモデル表示オプションにより、平面図上の目地/下地表示の切り替え、詳細レベル、または3D表現が変更できます:, 吊りボルトが黄色い丸に表示された場合、上部要素が識別されていないことを示しています。, 「デザイン」の「デザイン補助」メニューから「天井オブジェクト作成」>「ブレース作成」, ブレースは手動で下端と上端2点指定で入力する必要があります。連続入力から終了したい場合、ESCキーで終了できます。, 自動配置されたブレースを微調整したい場合、以下の編集用ホットスポットで行ってください。, 上部スラブなどモデル変更後、吊りボルトまたはブレースを追従するためのオプションです。, 「上部自動認識」オプションをONにした場合、下地材が生成または更新された際、ボルトの上端高さが上部にある要素の下面に自動調整されます。検知できる対象要素はスラブ、屋根、シェルまたはモルフです。, 自動配置された吊りボルトを微調整したい場合、以下の編集用ホットスポットで行ってください。, 個別に吊りボルトを非表示したい場合、以下の吊りボルト部品パラメータにある表示オプションを指定できます。, ゾーンから天井を作成した場合、ゾーンの形状に自動追従しています。「ゾーンとの関連付けを解除」機能でそれを解除することができます。解除された後、天井の塗りつぶし編集で天井の形状が変更できます。, 1天井要素の最大グリッド数(-100 〜+100)600角の場合 Max. メニュー 初めてcadに触る人はこの画面を見て何をす … 編集 > 重複を確認 > 選択 ARCHICADだけで平面図作成の最速化!Illustratorでの修正にさようなら!? |芯に寸法を作成|芯の位置に寸法点を作成 寸法を作成する方向(上側、下側、右側、左側)を指定することができます 編集 > 重複を確認 > 削除, メッシュツールで作成された要素上に、建物の外周部分を指定し、確認申請に必要な地盤面展開図と平均地盤面算定表を作成します。, 平面上にあるゾーンをベースに天井を作成したい場合、「ゾーンから天井作成」をクリックします。, 天井パネル作成後、パネル要素を選択し、目地基準点ホットスポットにより、位置調整を行います。, 下地の更新 こんにちは! 今回はARCHICADの図面作成についての記事です。 本記事のすごいところは「Illustratorを極力使わない」ことに特化した記事だということです! 3DCADとして非常に優秀なARCHICAD 上部スラブなどモデル変更後、吊りボルトまたはブレースを追従するためのオプションです。, 下地自動更新オン/オフ まとめ; 上部タブの解説 平面図タブ.