いつものように手で洗うのだけれど、以前買っておいたカーシャンプーを初めて使った。 これが一つの区切りだとされてきました。ですが、現在の車にこの数値は当てはまらなくなりつつあります。, 現在の車はどの程度使えるのか?それは20年20万キロが一区切りになってくる。この根拠を現役で整備士をしている自分が解説してみます。, 昔の車が10年10万キロで寿命を迎えると言われていたのは主に1つの原因が考えられます。, 昔の車はエンジンにタイミングベルトを使っていました。今のエンジンでも使われている車種はありますが、乗用車の多くはタイミングチェーンになってきました。, タイミングベルトは10年10万キロで交換をしないと、切れる可能性がでてきます。車によっては10万キロ持たずに切れる車もあります。タイミングベルトが切れるとエンジンに深刻なダメージになり、修理代が10万円単位で必要になる。, しかしタイミングベルトの交換費用は部品代と工賃を込めれば5万円〜10万円くらいかかってきます。この費用を捻出するのだったら乗り換えよう!と考える人が多かった。, そして、もう一つの高額修理としてクラッチのOHです。これも昔の車はマニュアルが多かった。10万キロ走ってくると通常の使い方をしているとそろそろ交換の時期になります。, 運転の上手い人はそれこそ20万キロほど持つわけですが、普通に使っていると10万キロくらい使ってくるとクラッチディスクが減ってきて、車が動かなくなる。そうなったらクラッチのOHです。, このクラッチOHですが、へたな話車のエンジンを下ろさないと交換ができない車があるのです。部品代で2万円くらいですが工賃で5万円もザラにかかってくる。そうなるとやはり乗り換えの対象になってくる。, 高額修理がかかってくるので10万キロをめどに乗り換える人が多かったということが事実としてあげられます。, つまり、10万キロに交換が必要だったタイミンベルトの交換がない。そしてクラッチOHもなくなりました。, 高額な修理が必要なくなってきたので、10万キロなんていうのは一つの通過点に過ぎなくなってきたのです。, そして電子部品の性能があがったこと。トータル的に車の性能があがったことも加味すると平気で20年20万キロは走りきれるようになりました。, ただ基本的なメンテナンスは必要です。それは油脂関係の管理、消耗部品の交換です。エンジンオイルの交換サイクルは昔の3000kmに比べてシビアコンディションであっても6ヶ月5000km程度になってきました。, ターボ車はオイルラインの通路が狭いということがあり、やはりマメなオイル交換は必要になりますがターボの付いていないNAであればへたな話1年に1回オイル交換をすればエンジンはそこそこメンテナンスフリー化してきています。, 補機ベルトも性能があがってきています。サーペータインと呼ばれている1本でオルタネーター、エアコン、パワステを駆動するタイプは5万キロ以上持つ車はザラ。, 10万キロ無交換でいけちゃった車も知っています。そういう車のベルトはかなり太いですけどね。, 点火プラグもイリジウムタイプの10万キロOK。クーラントもスーパークーラントで10万キロOK。, つまり現代のエンジン関係のメンテナンスはオイルや水の量を管理していくだけ済むのがほとんどです。昔は10万キロ程度でオルタネーターのブラシも磨耗していました。, 10万キロを超えるとオルタネーターが発電しなくなるのでOHやリビルトへの交換が当たり前に行われていましたが今では20万キロは無交換で大丈夫。ごくたまに内部のダイオードやレクティファイヤが壊れたりすることもありますけど・・。, 一番カーライフでランニングコストを下げて使うとしたら、本当に安い軽自動車を買ってメンテナンスはそこそこにして使い続けることですね。, タイヤ代も安いし維持費も安いです。アルトのバンならAGSで78万円からですからね。値引きもあるでしょうし。, 200万円の軽自動車も売っていますが、それこそ安い軽自動車も売っています。自分の使い方に合わせた車を買って長くカーライフを楽しみたいものですね。, 現役自動車整備士であり、自動車検査員。YouTuberもやっています。車の整備情報から新車、車にまつわるいろんな情報を365日毎日更新しています。TwitterやInstagram、YouTubeも更新しているのでフォローお願いします。. クラッチというのは、エンジンと変速機を繋いで車を動かすのに必要な動力を伝える装置です。意識せず使っている車で必要なパーツのクラッチですが、このクラッチにも寿命があります。クラッチの寿命を知ることで安全で快適な運転をしましょう。 全国的に見てどうなのかは分かりませんが、僕が住んでいる長野県のほうでは新車の販売に少しずつ変化が訪れてきました。どのような変化というと、新車... 本日は意外な寿命についてまずはブレーキ系統。 ホイールシリンダーやキャリパーはフルードが漏れていなくてもオーバーホールしないといけないとき... 最近、工具を買ってます。DIYであまり出番は少ない系の工具が多いですが、YouTube動画を始めたので。それらの作業をするのに必要になってき... お客さんから、 「フロントバンパーをぶつけちゃったので交換してほしい!」 というご依頼を頂いた時の事。 車にはカラ... ボクはあまりテレビを見ないほうなので、コマーシャルというものを目にするのも少ない。 クラッチというのは、エンジンと変速機を繋いで車を動かすのに必要な動力を伝える装置です。意識せず使っている車で必要なパーツのクラッチですが、このクラッチにも寿命があります。クラッチの寿命を知ることで安全で快適な運転をしましょう。, 記事に記載されている内容は2018年07月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。, また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, ドライバーの転職や就職ノウハウを知るなら『はこジョブ』へ!ドライバーの転職や就職するときに、福利厚生や給料が良い会社位に行きたいという人も多いでしょう。今すぐ転職しないとしても、知識をつけておけば無駄になることはありません。ドライバー転職専門のアドバイザーがいる『はこジョブ』なら今より好条件な企業に転職するためのノウハウを得られます!ドライバーの転職や就職ノウハウを知るなら『はこジョブ』へ!, クラッチというのは、動力伝達装置と呼ばれエンジンから変速機へ送られる力を伝えたり遮断するために必要なパーツです。マニュアル車を使っている人であればクラッチは聞き慣れているでしょう。AT車の人は聞き慣れないかも知れませんがAT車にもクラッチはついています。エンジンのパワーを効率的に伝えて車を動かすのに必要なパーツです。しかし、クラッチにも寿命はあり、一般的には7万キロ辺りで摩耗していくのでそこを目安に交換を検討していくといいでしょう。運転の上手い人であれば10万キロ以上走ってもクラッチの寿命を感じることはないという場合もあります。ですが、こだわりの自分の車を快適に運転するのであれば早めの交換を意識するといいでしょう。, その中でも大型となるとクラッチの交換頻度は多くなりますので当然ながら普通の車よりも注意してクラッチの寿命を気にしなければなりません。クラッチを油圧のみで動かしている一般的な乗用車と違い、トラックは油圧と空気圧を併用していますので、なおさら摩耗は激しくなります。そのため、トラックのクラッチは消耗品とも呼ばれています。トラックのクラッチはどれだけ丁寧に使ったとしても10万キロが目安になります。または7~8年ほど経過したものであれば交換するのがいいでしょう。トラックのクラッチは自分で交換するよりも正規のディーラーや頼りになる整備工場に頼んで修理をしてもらうのがいいです。工費は変わりますが相場から15万~30万程が目安でしょう。, ラックのクラッチが寿命を迎えると当然ながら運転する時に性能が悪くなります。ペダルを踏んだ時にギアが中々入らない、また、急発進や坂道発進でスムーズな発進ができなくなります。大型トラックの場合はトラック自体の重量が大きいので小さいトラブルでも大きくなりがちです。さらに、最悪の場合は走行不能状態になってしまいます。トラックでの事故は、普通の自家用車などに比べても大きく被害も大きくなります。自分もそうですが、他人の安全のためにも早めに予兆を察知し、ある程度余裕を持って修理を頼みましょう。, 世間一般的にはAT車に乗っている人のほうが多いでしょう。最近ではAT車限定の免許を持っている人も増えています。ですが、車に使われているパーツはミッション車と変わりません。つまりAT車とはいってもミッション車と同じようにパーツが摩耗していき交換が必要になります。MT車の場合はクラッチのための板が目視で確認できますが、軽自動車では目視で確認をすることはできません。つまり、クラッチで不具合が起きた場合には実際に運転して見て不具合が出て気づくということになります。軽自動車の平均的な寿命は使い方によって変わりますが、基本的には10万キロから12万キロ辺りが目安になります。, スクーターが寿命を迎えた時に何が起きるのか。まず、第一の症状としてはエンジンを掛けた時のあそびが大きいというものがあります。エンジンを掛けて反応が悪いなどの症状です。また、振動などがダイレクトに伝わりパーツが削れるためクラッチ側でプレートなどから音がするようになります。異音がする、またエンジンを掛けてもすんなりかからず時間がかかると言う症状が出た時はクラッチの寿命です。, スクーターは、車などと違って過程でも交換することができます。下記のようなスクーター用のクラッチを売っているので自分で型番を調べて寿命を迎えたクラッチと交換することも可能です。クラッチは、スクーターの下にあるカバーを取り外してそこからパーツを外した中にあります。一般的な工具があれば素人でも取り外すことはできます。スクーターは小さく、構造としても素人でも分解や組み立てをする事ができます。しかし、型番によっては少々勝手が違うので動画などで手順を見て交換するのがいいでしょう。一番はバイク店や修理をしてくれる業者にたのんで交換をしてもらうことでしょう。自分で修理するよりもお金はかかってしまいますがプロにしてもらう方が確実で安全です。, マニュアル車は軽自動車と違い、自分でクラッチとシフトレバーを使いギアチェンジをして運転をします。そのため、運転する人によってクラッチの摩耗具合が大きく変わってきます。半クラッチなどを多用してクラッチが摩耗しやすい運転の場合は50000km程が目安となります。慎重に運転している人であれば100000kmを超えても問題なく運転することが可能です。しかし、あまりにも症状が進むとクラッチの交換だけでは済まなくなりますので70000kmを超えたなら一度クラッチが大丈夫か確認をするべきです。, マニュアル車である軽トラックですが、貨物を積んで移動するのでギアを変える時、1速毎のギアの比率が大きくなります。そのため、普通のマニュアル車に比べてクラッチの摩耗が早くなります。基本的には軽トラックは農作業や重たい荷物を使うために運転する人が多いでしょう。そのため普通の車よりも早めに50000kmが寿命の目安となります。とはいえ、やはりコチラも車ですのでなるべく大切に扱えば寿命は長くなります。特に消耗しやすい軽トラックはどうしても整備までのスパンが短くなるのでなるべく大切に扱って長くつかえるようにしたいでしょう。, クラッチの寿命から来る不具合が実際どういう症状なのか、それが分からなければクラッチの寿命の目安などになりません。クラッチが摩耗するとどうなるのでしょうか。それはクラッチが滑るという症状が起き始めます。滑ると言われてもピンとこないでしょう。実際にどういう事が起きるのでしょうか。症状としてはエンジンの回転数が不必要に上がるがまず上がります。ペダルの踏み込みに対してあまりエンジンがかからないと言った症状が起きます。また、踏み込みの時にあそびが広くなります。踏み込んでも反応しない時間が増えてしまいます。そしてギアが入りにくいと言う症状です。上手く繋がらないなどが起きるので快適な運転に繋がりません。エンジンの回転数が高い、踏み込みのときの遊びが大きい、ギアが入りにくいと言う症状が起きた場合にはクラッチの不具合を疑いましょう。, クラッチを踏んだ時に異音がするときも交換や修理が必要です。クラッチの異音も分かりやすい寿命を迎えたサインなので少しでも変だなと感じた場合には修理を頼むことをかんがえましょう。音によってクラッチのどのあたりが異常を起こしているのかもわかります。ガラガラという音がしている時はクラッチのベアリングなどの本体でのトラブルや、キコキコというペダルを踏むとする音はクラッチ周辺のパーツのトラブルです。別に動くから大丈夫などとは考えてはいけません。動かなくなったときでは遅く、早ければ早いほど修理するために必要な手順やパーツは少なくなります。早め早めの対処が結果的に安くあがります。, しかし、目安だけで実際に寿命を迎えてないのにクラッチを修理するのも嫌だという方もおられるでしょう。修理ではなく確認をするだけでもお金を取られてしまいます。マニュアル車であれば、クラッチがどのくらい摩耗をしているのかを確認する方法があります。まず、最初に車を周囲になにもない安全な場所に止めてサイドブレーキをしっかりと掛けます。そして、エンジンを掛けてアイドリングしクラッチを踏み込んでギアを1速にしましょう。そのままゆっくりとクラッチを戻し、繋がった瞬間にエンストをした場合は消耗していません。しかし、ここでエンストするまでに時間がかかる場合はクラッチが消耗している証拠です。上記の方法でエンストまで時間がかかるならクラッチが摩耗しています。寿命を先に判断したい方はこの方法で簡単に確認ができます。, AT車の場合は、上記のようなクラッチを使った確認方法ができません。そのため、自動車のクラッチがどうやって摩耗しているのか確認するのか。それは実際に動かしてみて判断することになります。症状としては変速をした際にガタンと異常に振動がある、アクセルを踏んでもエンジンの回転数が上がってもスピードが上昇してくれないと言う症状が起きます。どうしても、軽自動車の場合は確認方法が体感でする方法しかありません。早めの修理や点検をして安全に運転できるようにしましょう。, クラッチの寿命を伸ばすためにできることは何かというと、一番簡単なのはマニュアル車で半クラッチを多用しないということです。半クラッチはスムーズに発進をするために停止している時にわざと半分だけクラッチを踏んで滑らせる方法です。おそらく、マニュアル車を運転している人は発信する時についつい使いがちですがあまり多用すると滑ったクラッチが異常に摩耗してしまいます。摩耗が進んでいくと、滑りが酷くなりクラッチを繋いでも滑ってしまいスムーズに発信できない。最悪の場合にはクラッチが繋がらなくなり走れなくなります。クラッチは消耗する物ではありますが、大切に使えば長持ちするものなので半クラッチは程々にしましょう。, 交差点などを曲がる時に、シフトダウンをしてギアを落としてから曲がるのが普通ですが面倒になってしまい高いギアのまま、クラッチを切ってカーブを曲がってすぐに半クラッチで戻すなどという方法で曲がる方も居ます。しかし、これは車にとても負荷がかかり消耗がとてつもなく早くなります。マニュアル車の他のパーツへの負担も大きいので、寿命を長くするためにもシフトダウンを心がけてカーブを曲がるようにしておきましょう。, どうしてもマニュアル車を運転する時に、シフトダウンをすると回転数が合わずにガクンと衝撃が起きるシフトショックがあります。ここで半クラッチを使いますが、シフトチェンジに合わせて空吹かしをして回転数を合わせれば半クラッチの必要はありません。シフトアップをするときにも、半クラッチを使わないほうがクラッチの寿命を長くしてくれます。クラッチを切る時はすばやく、つなぐ時はややゆっくりとするのが、クラッチの寿命を長持ちさせるためのコツです。, 上記で半クラッチを多用しないほうがいいと記載しましたが、状況によっては半クラッチを使うほうがクラッチの寿命が長持ちするようになります。例えば山道のような舗装のされていない道を走る時には衝撃が大きくなります。どれだけスムーズに進めようとしても舗装のされてない道では内部の負担も大きくなります。半クラッチを使って運転すれば衝撃を少なくすることが可能です。また、坂道発進も半クラッチを使う方が結果的に衝撃を抑えて発進できるので半クラッチは有効です。車がガタンと揺れるような衝撃の大きくなる場面では半クラッチを使うといいでしょう。, 走行距離とクラッチの関係性はあり、クラッチはタイヤへの動力を伝え、またその動力を切るためのパーツなので走るほど摩耗します。走行距離が長くなると、エンジンとトランスミッションを繋げ動力を伝え続けているクラッチはドンドンと削れて摩耗します。どれだけ大切に扱い、どれだけ綺麗に運転したとしてもどうしても走行距離で寿命が来ます。どれだけ大切に扱っても150000km走ればパーツ自体の寿命が来るので交換する時期となります。たくさん走る人は、クラッチの摩耗が早くなります。そのためクラッチをいたわった運転をしてあげましょう。, クラッチの寿命を長くするために走る場所に合わせるのも大切です。高速道路や信号などの少ない道を運転する場合には停止やクラッチの調整の必要があまりないため長持ちしやすいです。しかし、坂道が多い、または信号の多い道を走ることが多い場合はどうしても半クラッチを使う場面が多くなります。安全運転を心がけるか、遠回りになっても信号の少ない道や起伏のない道を進めばクラッチが長持ちし、結果的に経済的になります。道路が荒れている場合も車が減速してしまうのでなるべく舗装された道を通るのがいいです。遠回りでも起伏の少ないスムーズに走れる道を選ぶこともクラッチの寿命を長持ちさせる秘訣です。, クラッチについて説明をしてきましたが、クラッチはどの車にも使われている車を動かすために必要である重要なパーツです。寿命から長持ちさせるためには、半クラッチを無闇に多用しない、スムーズに進める道を選んでなるべく荒れた道を通らないようにすることが大切です。そして、何よりも大切なのはクラッチの調子が悪い時には早くクラッチの寿命を確認して早期に修理をすることです。摩耗が大きくなるほど修理の手間や費用は大きくなります。だからこそ早期からの判断が必要です。最悪走行することもできなくなるパーツですが、このパーツが綺麗な状態であれば自分の思いどおりに運転ができます。クラッチは車の重要なパーツだからこそ、寿命に注意をして大切にケアをすることで快適で安全な運転ができます。, ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多いドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!, 車のサイドミラーの修理方法・位置の合わせ方・動かない時対処法を紹介しています。サイドミラー自体のモーター故障から、サイドミラーごとの交換修理費は車種によります。部品・工賃を含めると、方側で3~4万程です。修理費用の安く済む方法を紹介しています。ご覧ください。, 高速道路で車両を駐停車を行う場合、原則禁止事項を守る必要があります。では、運転手は高速道路の路肩に車を停める場合にやるべきことは何かをご紹介します。さらに、高速道路の路肩に停める場合の注意点もお伝えしますので、是非、参考にしてみて下さい。, カックンブレーキは、初心者に多いと言われますが、上級者でも信号の変わり目にカックンするのを見かけます。車のシステムや運転の仕方でも起きてしまうカックンブレーキより、乗り心地がよくなるブレーキングを習得したいものです。ブレーキの踏み方を解説しています。, ドライバーの人材集めにもさまざまな方法があります。転職サイトを活用したり、紹介制度を取り入れることも大切ですがドライバーがメリットを感じることができなければ、効率的な人材集めはできません。自社のドライバーの意見を取り入れて人材集めの方法を考えてみましょう。, 新聞配達は学業などと両立しやすいバイトとも言われています。しかし、朝が早くて大変そうというイメージの方も多いのではないでしょうか。この記事では新聞配達バイトの勤務時間や仕事の流れまで紹介します。新聞配達のバイトに興味がある方はぜひご覧下さい。, 雨天時の車の運転は、運転がしづらく事故が発生する確率も高くなります。運転をする際は、晴天時よりも一段と注意しなければいけません。今回は、雨天時の安全運転のポイントと、雨天時のおすすめ商品をご紹介します。雨天時の安全で快適な運転に、お役立てください。.