AccessVBAでエクセルのシートをインポートしたいのです。 なります。 マクロのアクションに「ワークシート変換」を選択し、下記内容の設定をしてみてください。 少なくともこちらでは同様の内容でインポートできていますので、MDB自身に何か問題があるのかもしれません。その場合一度最適化をすると正常に動くようになるかもしれません。, うまくいかない場合は原因を追及することをお勧めします。 範囲名:        給与データ報告書! If StrConv(MidB$(strLine, 1, 1),vbUnicode) = StrConv("D",vbUnicode) Then !種類 = StrConv(MidB$(strLine, 64, 8), vbUnicode) !指定伝票番号 = StrConv(MidB$(strLine, 20, 7), vbUnicode) Excelファイルをインポートするマクロは、[スプレッドシートのインポート/エクスポート]アクションを使用します。CSVファイルをインポートする場合のように、インポート定義は必要ありません。マクロが実行し、指定したテーブルが作成できました。  (詳しくは、Accessのヘルプを参照下さい) 。, 新しいワークシートのセル A1 からデータを配置するには、[新規ワークシート] をクリックします。, 必要に応じて、[プロパティ] をクリックし、[接続の​​プロパティ] ダイアログ ボックスで変更を行い、[OK] をクリックすることで、接続のプロパティ (および接続ファイル) を変更できます。, Excel 2007 の場合は、 Microsoft Query を使用して ODBC データソースに接続できます。, 以下のセクションでは、外部データ接続のしくみと、接続情報を他のプログラムやユーザーと共有する方法について説明します。, Excel ブックのデータは、2つの異なる場所から取得できます。 データはブックに直接保存することも、テキストファイル、データベース、オンライン分析処理 (OLAP) キューブなどの外部データソースに保存することもできます。 この外部データソースは、データ接続によってブックに接続されます。これは、外部データソースの検索、ログイン、アクセスの方法を説明する情報のセットです。, 外部データに接続する主な利点は、データをブックに繰り返しコピーせずに、定期的にこのデータを分析できることです。これは、時間がかかる可能性があり、エラーが発生する可能性がある操作です。 外部データに接続した後、データソースを新しい情報で更新するたびに、元のデータソースから Excel ブックを自動的に更新 (または更新) することができます。, 接続情報はブックに保存され、Office データ接続 (ODC) ファイル (.odc) やデータソース名ファイル (dsn) などの接続ファイルに保存することもできます。, Excel に 外部データ を表示するには、データにアクセスする必要があります。 アクセスする外部 データ ソース がローカルコンピューターにない場合は、パスワード、ユーザーの権限、またはその他の接続情報について、データベースの管理者に連絡しなければならない場合があります。 データソースがデータベースの場合は、データベースが排他モードで開かれていないことを確認してください。 データソースがテキストファイルまたはスプレッドシートである場合は、他のユーザーが排他アクセス用に開いていないことを確認してください。, また、多くのデータソースには、Excel、接続ファイル、データソース間のデータフローを調整するための ODBC ドライバーまたは OLE DB プロバイダーが必要です。, 1. 今回、ACCESSのテーブルをCSV形式でエクスポートする事を試みているのですが、出力されたCSVファイルの先頭行に項目名がくっついてしまいます。 ・マクロの"テキスト変換"で、フィールド名の設定=いいえ でインポートできるのですが についてのトピックを見てみました。 strLine = StrConv(strLine, vbFromUnicode) 出来れば、何も編集せずにアクセスで、何行目から何行目までを取り込む...続きを読む, >早速、chie65536さんの書いてくださった構文を追加して実行してみました。 DoCmd.TransferText acExportDelim, "", "テーブル名", "出力先パスとファイル名", False, "", すみません。教えてください。 このマクロが正常に動くかどうかを確認して、正常に動けば「マクロをVisualBasicに変換」を行ってVBAスクリプトを確認することができると思います。  (詳しくは、Accessのヘルプを参照下さい) お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, 何方か姓名の名前の方なのですが、できるだけ簡単にお金もかけず改名出来る方法があれば教えてもらえません, 結婚後(今年、入籍予定)の名前の姓名判断の結果の名前が悪すぎて悩んでいます。姓名判断で悪かった方実際どうですか?, ACCESS2013 クロス集計以外で、変動するテーブルの値を別のテーブルのフィールドに, ピボットテーブル最終行から2行目に項目を入れて3行目から新しいピボットテーブルを貼り付けたい。, Access上で、表(テーブル)を組み替えて別の表を自動生成する方法(複数値を持つフィールドを含む). 【参考】 Open CurrentProject.Path & "\支払明細.txt" For Input As #1 そのまま2行目以降をインポートするいい方法はないですか?, こちらの MukkuMuku さんの回答が参考になるでしょう。 http://en.wikipedia.org/wiki/UEFA_European_Football_Championship, 32-bit Oracle Data Access Components (ODAC) with Oracle Developer Tools for Visual Studio (12.1.0.2.4), 64-bit ODAC 12c Release 4 (12.1.0.2.4) Xcopy for Windows x64, Power Query を使用して excel を Microsoft Azure HDInsight に接続する方法. ] をクリックします。, 新しいワークシートのセル A1 からピボットテーブルレポートを配置するには、[ 新規ワークシート] をクリックします。, 接続のプロパティを確認または変更するには、[ プロパティ] をクリックし、[ 接続のプロパティ ] ダイアログボックスで必要な変更を行い、[ OK]をクリックします。, [データ] タブで、[ファイル >からのデータの取得> JSON から] をクリックします。, クエリエディターにデータが読み込まれたら、[>をテーブルに変換] をクリックして、 & の読み込みを閉じます。, [データ] タブで、[その他のデータソースからの > の新規作成] をクリックし >空白のクエリをクリックします。, 次のようにクエリ文字列を入力し、"C:\Users\Name\Desktop\JSONTest.json" を JSON ファイルのパスに置き換えます。, [データ] タブで、[>ファイルからデータ > をPDF から取得する] をクリックします。, PDF ファイルを選択し、[ 開く] をクリックします。 [ナビゲーター] フォームが開き、PDF が開き、使用できる表が表示されます。, Power Query で最初にデータを操作するには、[ データの変換] をクリックします。, 注: Power Query を使用して Oracle データベースに接続するには、コンピューターに Oracle クライアント ソフトウェア v8.1.7 以降が必要です。 Oracle クライアント ソフトウェアをインストールするには、32-bit Oracle Data Access Components (ODAC) with Oracle Developer Tools for Visual Studio (12.1.0.2.4) を使用して 32 ビット版 Oracle クライアントをインストールするか、64-bit ODAC 12c Release 4 (12.1.0.2.4) Xcopy for Windows x64 を使用して 64 ビット版の Oracle クライアントをインストールします。, [データ] タブ、[データの取得]、[データベースから]、[Oracle データベースから] の順にクリックします。 [データの取り出し] ボタンが表示されない場合は、[新しいクエリ]、[データベースから]、[Oracle データベースから] の順にクリックします。, [Oracle データベース] ダイアログ ボックスの [サーバー名] で、接続先の Oracle サーバーを指定します。 SID が必要な場合は、“サーバー名/SID” の形式で指定できます。, ネイティブ データベース クエリを使ってデータをインポートする場合は、[SQL ステートメント] ボックスにクエリを指定します。 詳細については、「ネイティブ データベース クエリを使ってデータベースからデータをインポートする」を参照してください。, [データベースへのアクセス] ダイアログ ボックスで、ユーザー名とパスワードを入力します。, [データ] タブをクリックし、[ Sharepoint リストから>他のソースからデータ > を取得します] をクリックします。 [データの取得] ボタンが表示されない場合は、[その他のソースからの > の新規作成] を > Sharepoint リストから選びます。, 表示された [Microsoft SharePoint リスト] ダイアログ ボックスで、[SharePoint サイトの URL を入力してください] に入力します。, 注: SharePoint リストに接続するとき、リストの URL ではなくサイトの URL を入力します。 [SharePoint へのアクセス] ダイアログ ボックスで、サイトを正しく認証するために、最も一般的な URL を選びます。 既定では、最も一般的な URL が選ばれています。, 表示された [SharePoint へのアクセス] ダイアログ ボックスで、資格情報のオプションを選択します。, [匿名] は、SharePoint Server が資格情報を必要としていない場合に選びます。, [Windows] は、SharePoint Server が Windows 資格情報を必要としている場合に選びます。, [組織アカウント] は、SharePoint Server が組織アカウントの資格情報を必要としている場合に選びます。, [データ] タブをクリックして、 OData フィードから>他のソースからデータ > を取得します。 [データの取得] ボタンが表示されない場合は、 OData フィードから> [その他のソースからの > の新規作成] をクリックします。, [OData フィード] ダイアログ ボックスで、OData フィードの URL を入力します。, OData フィードでユーザーの資格情報が必要な場合は、[OData フィードへのアクセス] ダイアログ ボックスで次の手順に従います。, OData フィードで Windows 認証が必要な場合は、[Windows] を選びます。, OData フィードでユーザー名とパスワードが必要な場合は、[基本] を選びます。, OData フィードで Marketplace のアカウントキーが必要な場合は、[ marketplace] キー を選択します。 [ Marketplace のアカウントキーを取得 します] を選択して Microsoft Azure Marketplace の OData フィードを購読することができます。 [OData フィードへのアクセス] ダイアログボックスから Microsoft Azure Marketplace にサインアップすることもできます。, OData フィードでフェデレーション アクセスの資格情報が必要な場合は [組織アカウント] をクリックします。 Windows Live ID の場合は、自分のアカウントにログインします。, 注: OData フィードへの接続では、JSON light データ サービス形式がサポートされています。, [データ] タブをクリックし、[データの取り出し]、[その他のソースから]、[OLEDB から] の順にクリックします。 [データの取り出し] ボタンが表示されない場合、下のデータ接続ウィザードの手順に従ってください。, [OLEDB プロバイダー] ダイアログで、接続オプションとして [既定またはカスタム]、[ウィンドウ]、[データベース] のいずれかを選択し、資格情報を入力し、[接続] をクリックします。, [ ナビゲーター ] ダイアログで、接続先のデータベースとテーブルまたはクエリを選択し、[ 読み込み ] または [ 編集] を押します。, Power Query エディターで、[閉じる & 読み込む] をクリックします。, [データ] タブをクリックし、 MySQL データベースからデータベース > からデータ > を取得します。 [データの取得] ボタンが表示されない場合は、 MySQL データベースからデータベース > から[新しいクエリ> をクリックします。, [MySQL データベース] ダイアログ ボックスの [サーバー名] で、接続先の MySQL データベース サーバーを指定します。, [データ] タブをクリックし、[その他のソースからデータ > を取得する] を [ Microsoft Exchange から> します。 [データの取得] ボタンが表示されない場合は、[その他のソースからの> [新しいクエリ] を [ Microsoft Exchange から>] をクリックします。, [Access an Exchange Server (Exchange Server へのアクセス)] ダイアログ ボックスで、[電子メール アドレス] と [パスワード] を指定します。, [Microsoft Exchange 自動検出サービス] ダイアログ ボックスで、[許可] を選択して、Exchange サービスが資格情報を信頼できるようにします。, [データ] タブをクリックし、[データの取り出し]、[その他のソースから]、[Active Directory から] の順にクリックします。 [データの取り出し] ボタンが表示されない場合は、[新しいクエリ]、[その他のソースから]、[Active Directory] の順にクリックします。, ドメインの [Active Directory ドメイン] ダイアログ ボックスで、[現在の資格情報を使用する] または [代替の資格情報を使用する] をクリックします。 [代替の資格情報を使用する] 認証の場合は、[ユーザー名] と [パスワード] を入力します。, 接続に成功すると、[ナビゲーター] ウィンドウを使用して、Active Directory 内のすべての使用可能なドメインの閲覧や、ユーザー、アカウント、コンピューターなどの Active Directory 情報へのドリルダウンを行うことができます。, この機能は、Office 2019 またはMicrosoft 365 サブスクリプションをお持ちの場合に、Excel for Windows でのみ使用できます。 Microsoft 365 サブスクリプションをお持ちの場合は、最新バージョンの Office があることをご確認ください。, Power Query を使用して SAP HANA データベースに接続するには、コンピューターに SAP HANA ODBC ドライバーを事前にインストールする必要があります。 Power Query のインストール (32 ビットまたは 64 ビット) と一致するドライバーを選択します。, Web サイトにログインしてドライバーをダウンロードするには、SAP アカウントが必要です。 不明な点がある場合は、お客様の組織の SAP 管理者にお問い合わせください。, [データ]、[新しいクエリ]、[データベースから]、[SAP HANA データベースから] の順にクリックします。, [SAP HANA データベース] ダイアログ ボックスで、接続先のサーバーを指定します。 サーバー名は、<サーバー名>:<ポート> の形式で指定する必要があります。, 必要に応じて、ネイティブ データベース クエリを使用してデータをインポートするには、[詳細オプション] をクリックし、[SQL ステートメント] ボックスにクエリを入力します。, SAP HANA サーバーにデータベースのユーザー資格情報が必要な場合は、[SAP HANA データベースにアクセスします] ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。, IBM DB2 データベースに接続するには、お使いのコンピューターに IBM Db2 データサーバードライバー がインストールされている必要があります (最小要件は、 Ibm Data server ドライバーパッケージ (DS ドライバー)です)。 Power Query のインストール (32 ビットか 64 ビット) と一致するドライバーを選択します。.