I��{.��Y��eX��YES5[tD)Viپ�d���rB�L�u�U*S�&�� G�L�1159U��dse۟ϰk��.sE���]Ɯ��;���|)C����!RZ�\M,�;pK5���.�y��%�!�f��.�EG�Iė���Ž� 2008-08-21 18:08:37 火鼠 (ZWl8329. 店舗で容器に入ったままで販売するための施設で、危険物を取り扱う指定数量が15 指定数量以上の量を取扱う場合には、法で定められた基準 に満足する製造所、貯蔵所、取扱所で行う。 技術的対策: 2. zz䑲����\�p ,�C]��e_�d$��@b�H�. 10日以内の短期間であること 2. )qa�CTl��͹�G��������dz��@�����S_�`A6ٮN�*#�> 4 0 obj stream endobj 危険物は数量によってはどこでも貯蔵・取り扱っても良いのではなく、決められた場所でのみ使用できるように定められています。, 消防法では「指定数量以上の危険物は、貯蔵所以外の場所でこれを貯蔵し、又は製造所、貯蔵所及び取扱所以外の場所でこれを取り扱ってはならない」と定めています。(消防法第10条第1), 屋外で第2類の危険物で硫黄、硫黄のみを含有するもの、引火点が0℃以上の引火性固体。 ��w�G� xR^���[�oƜch�g�`>b���$���*~� �:����E���b��~���,m,�-��ݖ,�Y��¬�*�6X�[ݱF�=�3�뭷Y��~dó ���t���i�z�f�6�~`{�v���.�Ng����#{�}�}��������j������c1X6���fm���;'_9 �r�:�8�q�:��˜�O:ϸ8������u��Jq���nv=���M����m����R 4 � 倍数の計算方法は、貯蔵・取り扱う危険物の数量をその危険物の指定数量で割れば算定できます。, 品名が違う複数の危険物を同じ場所で貯蔵・取り扱う場合は、その品名ごとの数量をそれぞれの指定数量で割ってから、すべて足します。, 例えば倉庫内にある危険物の総量が指定数量以上となった場合、危険物施設となり、消防法の規制を受けることになるのです。, 指定数量未満の危険物は消防法ではなく、市町村条例の規制を受けることになります。危険物取扱者についても定めがないため居なくても取り扱うことができます。, トラックなどに危険物を積み込み運搬することは、危険性が高いため指定数量に関係なく消防法の規制を受けます。 "F$H:R��!z��F�Qd?r9�\A&�G���rQ��h������E��]�a�4z�Bg�����E#H �*B=��0H�I��p�p�0MxJ$�D1��D, V���ĭ����KĻ�Y�dE�"E��I2���E�B�G��t�4MzN�����r!YK� ���?%_&�#���(��0J:EAi��Q�(�()ӔWT6U@���P+���!�~��m���D�e�Դ�!��h�Ӧh/��']B/����ҏӿ�?a0n�hF!��X���8����܌k�c&5S�����6�l��Ia�2c�K�M�A�!�E�#��ƒ�d�V��(�k��e���l ����}�}�C�q�9 内容の正確性は保証されません。正確な情報が知りたい場合は官報を参照してください。 公示種別:入札公告 調達件名:?A重油(舞鶴港)予定数量2,263,600L、?A重油(敦賀港)予定数量257,600L、?A重油(境港)予定数量565,800L、?A重油(浜田港)予定数量533,800L %���� 店舗で容器に入ったままで販売するための施設で、危険物を取り扱う指定数量が15倍以下, 第2種販売取扱所 �k���{b�7�Aۖvl�XN���_?W���`���]��oPr1.SQ��)}]4D�uXW$q/��l���h��}ϓ|I¬hܩ��P쏆��3��-�{����޳���~��GN�۷���h��������!�ߺ��A�:f�}�Er�$J EV\�(I)�x&=����� \������}�pLDZ�����m{��޶5]u5�s�އ�\�4"o�*Q�� �QE0kV�^���!��d=�7��7��&Bj��Q�!�)Je#�2M��P*��T�Tf)�M���ҢTڔ����T� ��m�9��n�ʴ,�9�r|Z �b����T��F��p�W����^{;J������I��Rp�A�l�����$!tO��~ 3 0 obj 制限のある施設は次のとおりです。, 指定数量40倍以下、20,000リットル以下 <>>> 指定数量の考えは、一定場所に置かれるタンク等の貯蔵可能量(呼称容量の7-9割)の合計値で判断される、ということと理解しました。 ありがとうございました。 No.29108 【A-3】 Re:消防法における貯蔵量の定義について. �ꇆ��n���Q�t�}MA�0�al������S�x ��k�&�^���>�0|>_�'��,�G! ߽����t`������� :�"�=� 0͈��4�E�@��^dS��G��|��+��.�NaqeK�ˢ�l�wc(H%�r�*y��R@Y�Jy��PV�2��7P&P��RF�(�]�TQJ �U�(h���N�& ޶�=G.v��r ��TI�x�T*��BF�؎�-��^��%��UE� ��S��D(��C��a��8��֋�&P�XHS4���� を超え40倍以下, 施設によっては貯蔵・取り扱いの許可があっても数量の制限があります。 x��}[�G���>J���e!�n��`�j-f �^��d������s"�,���E���h�ů*+�DĉKf�?������ǟ~�}���������?����?������������ӏ������o�~��{|~ڽ�������|�����w�|���u��[�wa�_����"�����c�O�Rw?������-;�Ҿ�ܼ�N��>=���k屉;��>Y��c����bqdH2n��,��"ES����)����?۽�q������e��q\9��4b7�}��q���s��{�802�j����(���)z��QO�/��mM៽���>yEh�V����9��Fn���"*���v�L3q\�G�{�x�+�0D�C��v���4c��d�/G%�dKQ�M��F���������,�b -J�������&�#d�1�'�ˑK� W^۹�$%7*�. 指定数量の500倍を超え1,000倍以下の数量 5/3m以上 指定数量の1,000倍を超え2,000倍以下の数量 3m以上 指定数量の2,000倍を超え3,000倍以下の数量 4m以上 指定数量の3,000倍を超え4,000倍以下の数量 5m以上 指定数量の4,000倍を超える数量 当該タンクの水平断面積の最 大直径(横型のものは横の長 さ)又 … 7. 取扱い及び保管上の注意 取扱い: 1. ��2 �S $ Ѯ9�|�qG�s92�g2!���c� BU�r���M����P�1V(X�%^[��l[Z`er���*��و������P�H!ӧ��Z^L����% ��M�h.vo �H��oI�wi�+s�IJl�b��@z�L�f&@GR�l�\�x�g%$A�1��)z�'���f3^��W���'x��j�l�d4Q�2^�*އ�O\� ��$�L�6G��0 ��4ѹ�b%���3I�>s�-6�f9�Y���R+5)��]�T&ʀVt��Df�RǼ';�� �Py�N�sP�mN’m$����s�g垾�òJ&�3��4}�5ݞ 1 0 obj <)>> endobj 2 0 obj <> endobj 5 0 obj <> stream これが指定数量です。, 指定数量以上の危険物は許可された場所以外では貯蔵、取り扱うことは禁止されています。また、貯蔵・取り扱うときは、類ごとの危険物取扱者が立ち会わないと使用してはいけません。, 指定数量の倍数とは、貯蔵・取り扱う危険物が指定数量の何倍なのかを表すものです。 %PDF-1.5 問.7 Q 法令上、200㍑入りの金属製ドラム3本の重油と、200㍑入りの金属製ドラム1本の灯油を同一場所に貯蔵している場合、ガソリンを最低何㍑貯蔵すると指定数量以上となるか。 すぐに解答確認 . 3d^�g��`�z`IPDe`).�����'��b3b�\��Q��C/&3V&8�%�K}Ȃ���c��ެF�TY���$!.؂#����k��dtK}R*�4*��\�7� ���.�Mf���$�K�E^��$�p��kķYt���n���+f@Y�@�Hm�5�E���rLZ��s-��d �Lb�ş���o�`�M��g|a(��������L��@���%(��3�t�&/0 C����l3���$�V�JKauސ#�����21{��̹e��n&����k �_�[d��"a�Ra��ĊRf�zH�D�j5�p�N@���C��R�΍�GLF��$+�2�Vu�X[��/�X"��TWR� �׊Zf���&���+�hJ�I�PL��::4z^�H�y�r�J��u�HI*��H�XA\��SI� 指定数量. H���yTSw�oɞ����c [���5la�QIBH�ADED���2�mtFOE�.�c��}���0��8�׎�8G�Ng�����9�w���߽��� �'����0 �֠�J��b� 〇指定数量の倍数が. 2 0 obj 法, 問.12 製造所等の設置(変更)許可, 問.13 製造所等の設置(変更)許可, 問.14 製造所等の設置(変更)許可, 問.15 製造所等の完成検査・仮使用, 問.16 製造所等の完成検査・仮使用, 問.17 製造所等の完成検査・仮使用, 問.18 製造所等の完成検査・仮使用, 問.39 危険物保安統括管理者・危険物保安監督者・危険物施設保安員, 問.40 危険物保安統括管理者・危険物保安監督者・危険物施設保安員, 問.41 危険物保安統括管理者・危険物保安監督者・危険物施設保安員, 問.42 危険物保安統括管理者・危険物保安監督者・危険物施設保安員, 問.43 危険物保安統括管理者・危険物保安監督者・危険物施設保安員, 危険物乙4の過去問「第2回 法令」問7. endobj N'��)�].�u�J�r� 30以下で、かつ、引火点が40度以上の第四類の危険物のみ を容器に詰め替える一般取扱所(地下タンクを有するものを除く。) 2 �x������- �����[��� 0����}��y)7ta�����>j���T�7���@���tܛ�`q�2��ʀ��&���6�Z�L�Ą?�_��yxg)˔z���çL�U���*�u�Sk�Se�O4?׸�c����.� � �� R� ߁��-��2�5������ ��S�>ӣV����d�`r��n~��Y�&�+`��;�A4�� ���A9� =�-�t��l�`;��~p���� �Gp| ��[`L��`� "A�YA�+��Cb(��R�,� *�T�2B-� ;ܟ���W�!��B1Y�ܻ�r��43]�fj�z7[�Ȥ;�/��X��!�!��G��B���F�KJAA�F� G�k"g%Œ�"L���F��'e�>��i�J���m�23������'�.S�p�۞b C6_�i��Zr%d~2�V8�� `�lO���俒��rT�GN-������`�;��RӚ|[Q ����D3� �E����axQ�P�S��D$����Yc��I ��#�T��ET@Є�&N�V�)�B�B��S;��*�� ԏ,6����و@�B ���(R��3-�:=7b^8��\O�2�‹��zf���r��� �t2��#Z�-�,ߗ��� �����29Y�2�ps'��@�&6��t�vW��^�!z���sP#O�/t�w�� �t������N���E���O�*l�UK�c҉D��ҋ��"!S��Y8*"Ȍ2嫐��_�lqntP-5#ӎ�c�+�BC3n�&G�;]4t��� �Y_TtEF�Z=dq��LUX��{�S P��4e�EN��Џ\nr�XD��ħ�0�GbPb�q�e�S �� �!�0�P�@Z�oC��(�"*,��H�i�H#I��娧ȱ�ׄK�(T2���Z�2F�Jq,�P��'P�0X�T�+S�mɠuW����J��p� � c�E�� @�0�ӄ��OLg:���� ��D��H�յ�0kNQ��D� ��lh�G�ro���@�_��&Gr���qu8ڬM�����y�����tB��g>'W�n�Q��V�L�8��WĬ���Vp:5t�oR7V�d wjfm�D�2L���S�|bZ9�4CR�sư�3��$D%�.�9щ�ceP���y&��������@��~�ڍ��B���T�)j�U���"���\ %PDF-1.7 %���� �@i�lQ�]�2�lֻN�1ެw���1�Y�����ө��z׫����Z�H]� W�f�? 灯油、軽油を容器に詰め替えるために固定された注油設備で危険物を取り扱う施設, 第1種販売取扱所 �V��)g�B�0�i�W��8#�8wթ��8_�٥ʨQ����Q�j@�&�A)/��g�>'K�� �t�;\�� ӥ$պF�ZUn����(4T�%)뫔�0C&�����Z��i���8��bx��E���B�;�����P���ӓ̹�A�om?�W= 指定数量以上の危険物を短期間、貯蔵・取り扱いをする場合には、次のような例外が認められています。 1. ※第4石油類または動植物油類以外の第4類を貯蔵する場合は20,000リットル以下, 指定数量以上の危険物を短期間、貯蔵・取り扱いをする場合には、次のような例外が認められています。, 危険物は物品により性質が違っています。そのため危険性にも差が出てくるので判定試験の結果から消防法で規制を受ける数量が定められました。 <> <> 消防長(消防本部未設置の市町村は市町村長)または消防署長の承認を受けること。 ���v�$� �g�V}�W���>.�Y�5bx�#���3��-«��/ )��HU�Љ� 第4類の危険物で第一石油類(引火点が0℃以上に限る)、アルコール類、第二石油類、第四石油類、動植物油類を貯蔵・取り扱う施設, 固定した給油設備によって自動車等の燃料タンクに直接給油するための危険物を取り扱う施設 2y�.-;!���K�Z� ���^�i�"L��0���-�� @8(��r�;q��7�L��y��&�Q��q�4�j���|�9�� ���eZ���\>��[�c��dD�G^��. ※タンクを車両に固定した移動タンクとは意味合いが違います。, 航空機や鉄道、船舶はその運行方法の特殊性から危険物を取り扱うにしても消防法ではなく、それぞれ別の規制を受けています。, 指定数量以上の危険物は消防法の規制を受けるので、許可なく貯蔵・取り扱いをしてはいけません。, 航空機や鉄道、船舶のように危険物を貯蔵・取り扱っても消防法の規制対象にならないものもあります。, 無許可で指定数量以上の危険物を貯蔵・取り扱いした場合、消防法違反となり罰則の対象になります。, 危険物取り扱い者が不要でも、危険物の性質などをわかったうえで貯蔵・取り扱いましょう, もしも、危険物を取り扱うことになった場合、数量次第で消防法か市町村条例かの規制を受けることになるかもしれないので、最寄りの消防署に確認しましょう。. n�3ܣ�k�Gݯz=��[=��=�B�0FX'�+������t���G�,�}���/���Hh8�m�W�2p[����AiA��N�#8$X�?�A�KHI�{!7�. 1 0 obj y���L��s�Y�IF��h��rC/cX�+�����}�T�ه�W|�r{) endobj =�� 問.7 Q 法令上、200㍑入りの金属製ドラム3本の重油と、200㍑入りの金属製ドラム1本の灯油を同一場所に貯蔵している場合、ガソリンを最低何㍑貯蔵すると指定数量以上となるか。 すぐに解答確認 . <>/Font<>/XObject<>/ProcSet[/PDF/Text/ImageB/ImageC/ImageI] >>/MediaBox[ 0 0 595.32 841.92] /Contents 4 0 R/Group<>/Tabs/S/StructParents 0>>