(カッコ内はホイールベーストレッド比), ホイールベーストレッド比は、ホイールベースとトレッドの比率を示したものであり、数値が高いほど直進安定性が増す。つまり、世界中で名車と言われたスポーツカーの中で見ると、86はホイールベースが長く、直進安定性重視であることがわかる。, 例外として、RX-7のホイールベースが長く、トレッド比も値が大きいことがわかるが、これは大パワーのターボ車であるからであり、本来ならば86のボディサイズ・重量・パッケージングならターボが装着されているべきなのである。, ターボを付けないのならば、車重は今のままでも良いからホイールベースを最低でもあと200mmは短くしないといけなかった。つまり、後席など最初から潰してしまえばよかったのだ。それができないのなら、ターボを積むべきだった。, FRという駆動方式を選択したのは正解だが、ホイールベースが長くては、そもそもの運動性能が発揮されず、せっかくの後輪駆動も意味を成さない。, また、86はヨー慣性モーメント低減のため、ホイールベース内に重量物を収めたと謳っているが、ここにもメーカーの騙しが潜んでいる。, 同じ位置にエンジンやミッションなどがあっても、フロントのタイヤ取り付け位置を前側にもって行き、ホイールベースを伸ばしさえすれば結果として重量物はホイールベースの中にあることとなり、「オーバーハングの重量を無くした」・「重量物を車の中心に持ってきたデザイン」なんてことが言えるのだ。, ヨー慣性モーメントの低減を語るには、まずは同一レベルのホイールベースが大前提である。そういった意味で、86はこれまでの名車と比較して語るための土台すらできていない。, また、世間一般では、前後50:50の重量配分であることが大々的に売り出されたりもするが、ここにも偽りが隠されている。, ヨー慣性モーメントの低減に対して重量的な意味で大切なのは前後50:50の重量配分ではなく、そもそもの車の軽さだ。前後の重量バランスなどは、リアシートやトランク部の内装の重量を重くしてやれば達成できる。, 車の運動性能という意味では、同一重量であれば前後の重量配分 50:50がベストであるが、その数値にこだわるあまり車重が増えてしまっては何の意味もない。, スポーツカーとして求められる資質は、軽くて、ホイールベースが短くて、後輪駆動である。ほぼ、ただそれだけである。, そもそもダラダラと伸びたホイールベースを持つ車に対して、サスペンションの資質を語ることはあまり気が進まないのだが、サスペンションの出来は良い。, よく曲がるようにセッティングされているし、轍などでフルストロークに近いバンピングをしながら横方向にGがかかっても車が外に逃げない。サスペンションのキャンバー・トーなどが必要以上に変化している感じもないことから、各部の取り付け剛性や、サスペンションアーム長も不足していない。, ここから分かることは、様々な方向に対して応力がかかっても、ボディがガッチリと受け止めて、サスに仕事をさせてあげられているということである。ボディは硬く、軽く、非常に良い。足回りもそれに耐えうるだけのキャパシティがある。, あらためて86のデビュー以来、ガッツリと乗ってみたが、86を例えるならば、それは「全てがプラスチッキーである」ということである。, ボディは軽い、エンジンの回る感じも軽い、サウンドクリエーターの音も軽い、ステアリングも軽い、車に使われているプラスチックも安価な軽いものだ。 –³’f“]Ú‹ÖŽ~, ƒfƒBƒXƒvƒŒƒCƒI[ƒfƒBƒI‚ÌAndroid Auto‘Ήž‚ɂ‚¢‚Ä, ŽÐŠOƒfƒBƒXƒvƒŒƒCƒI[ƒfƒBƒI‚Ńpƒmƒ‰ƒ~ƒbƒNƒrƒ…[, ƒfƒBƒXƒvƒŒƒCƒI[ƒfƒBƒI‚ɂ‚¢‚Ä‹³‚¦‚ĉº‚³‚¢, y‰Ž©ìzRyzen 7 3700X‚ÆRX 5700 XT‚É‚æ‚鎩ì, ƒTƒ‰ƒ_‚ª‚²‚¿‚»‚¤‚ɁI uŒƒƒEƒ}v‚Ƙb‘è‚̃hƒŒƒbƒVƒ“ƒO‚ðH‚̃vƒ‚ª”äŠr, PS5‚Ì”š‘¬ƒ[ƒh•”ü—íƒOƒ‰ƒtƒBƒbƒN‚ðŒ©‚æI PS4 Pro‚Æ”äŠrƒeƒXƒg, y“®‰æz‚ǂꂾ‚¯¬‚³‚¢H‚ǂꂾ‚¯‘å‚«‚¢H uiPhone 12 minivuiPhone 12 Pro Maxv. スポーツカーとは何なのか?を考えさせられました。, 近々、初代ビート(PP1)を中古で購入します。 投稿日:2019/03/16 更新日:2019/09/27, アメリカにて、トヨタ86/スバルBRZのトラブルがちょっとした問題に。おおまかな概要としては、2013年モデルのトヨタ86/スバルBRZのエンジンに採用されるバルブスプリングが「折れる可能性がある」として2018年11月にリコールされ、しかしその対応にて修理を行ったにもかかわらず、その後エンジンが不調に陥る、というもの。これは北米のトヨタ86専門掲示板、FT86 Clubにて10人以上の86/BRZオーナーが報告している症状でもあり、(改善対策後に壊れるという)かなり意外な内容でもあります。, 参考までに、マツダでは過去に「リコールした内容と同じ場所で再度リコール」といった案件があり、今回のトヨタ86/スバルBRZも改めてリコールが届け出られるかもしれませんね。, なお、それ以前にトヨタとスバルは2013年に「バルブスプリングが折れる可能性」があるという問題を把握していながらも2018年までリコールを行わなかったことも突っ込まれていて、北米では思わぬ事案に発展しそう。, (リコール対策として)バルブスプリング交換後に起きる症状としては「ノッキング」「エンジン再始動不可」というもの。実際に再始動できなくなったエンジンをディーラーにて見てもらったところ、クランクケースとシリンダー内壁に亀裂が入っており、さらにはコンロッドベアリングにも損傷が見られたとのことで、内容としてはかなり深刻(エンジンが死んだと言っていい)。, ちなみに同じ問題は日本でも2018年11月1日に国土交通省に届けられていて、その際の内容は下記の通り。, 原動機の動弁機構部において、設計が不適切なため、バルブスプリングの設計条件よりも過大な荷重及び一般的な製造ばらつきによる当該スプリング材料中の微小異物によって、当該スプリングが折損することがある。そのため、エンジンから異音が発生し、また、エンジン不調となり、最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがある。, 対象車種はスバルだと同じ時期に同じ工場で製造されたインプレッサ、フォレスター、BRZ、そしてトヨタでは86で、製造期間は平成24年1月17日〜平成25年9月30日。対象車種は101,153台だとされています。, スバルについてはここ最近様々な問題が噴出しており、なんとも不幸続きということになりますが、トヨタもスバルの品質に起因するリコールの「とばっちり」を食う形となっていて、トヨタはこのあたりスバルに何らかの請求を行ったリスrんだろうかと考えることも。. 水平対向エンジンのメリットは86の売りでもあるように、低重心化にある。, オイルパンの上にすぐにエンジンブロックとヘッドブロックが置いてある。その上にインテークマニホールドがあるというシロモノだ。エンジンの全高を下げられるため、ボンネットフードの高さを抑え、結果として、ドライバーのシートポジションも下げることができる。これはスポーツカーにとって大きなメリットだ。, Motor Fan illustrated VOL.20 水平対向エンジンのテクノロジー(モーターファン別冊), 1つはエンジンが横長になってしまうという点。クランクシャフトを中心に左右にピストン・コンロッドが動くため、横方向に対するスペース的な余裕が課題となる。, エンジンが幅広になると、サスペンションの設計に影響が出る。つまり、ダブルウイッシュボーンのような複雑な足回りの方式を採用することが困難となる。また、ストラット方式であっても、アーム類の長さを短くせざるを得ず、足回りのストローク確保が難しいということにある。, これらの「エンジンが横長になってしまう」というそもそもの水平対向エンジンの弱みに対して、スバルとポルシェはエンジンを横長にしないために、ショートストローク化することによって解消を試みている。つまり、ストローク量を減らしてあげればエンジンの横幅をコンパクトにすることができ、その減った分の 空間はサスペンションに使用したわけである。, 一方で、狭くなってしまった燃焼空間はボア側のピッチを広げることで確保してきた。そのため、ポルシェなどは95×70などというボア優位のエンジンを設計している。これらの寸法は直列4気筒エンジンなどではほぼ見られない。, これまで、スバルの開発する水平対向エンジンもこの例にもれず、ショートストローク型エンジンだったため、水平対向エンジンは上までヒュンヒュン回るというのが売りにもなっていた。 アイドリング状態でカタカタカタとエンジンの振動で何かが当たっているような音が室内に聞こえます。特定の回転数があるらしく、そこを外れると音は消えます。(パーキングのアイドリング時には鳴らないです。. 1 点 ZN6 86 リコール対応後の不具合確認の為FA20エンジン分解 86&BRZオーナーの間では、最近持ちきりの話題となっている 「バルブスプリング交換のリコールを作業してもらったら (※ショートストロークエンジンは高回転に強く、その最たるものとして、F1などは超ショートストロークエンジンである。), しかし、86の搭載するFA20エンジンはボアとストロークの比率が1:1のスクエア型エンジンになっている。, それは、低回転でのトルクを太くし、燃費を良くするという命題がこの車には課せられているからだ。, エンジンはロングストローク化し、ボアのピッチを狭めてあげるほうが低回転でトルクのあるエンジンを作ることができるため、近年のエンジンはすべからくロングストローク化される傾向にある。御多分にもれず、FA20エンジンもエコの流れを尊重し、水平対向エンジンとしてはストロークが長い86×86のボア・ストロークを持っている。, 2Lエンジンにおいてこの比率(1:1)は常套的であり、シルビア系列に搭載されたSR20エンジンも同一のボア・ストロークを採用している。, ストロークが伸びた次世代型のトルク型水平対向エンジンの問題を打開するためにスバルがとっている手法は、車の全幅を伸ばし、そもそものエンジン搭載空間を稼ぐというものである。, 近年の車はだんだんと大型化しているからこそ、やっとスバルはこれまでの「5ナンバー枠でいい車を」という日本固有の呪縛から解き放たれ、燃費のためにストロークを確保することが許されてきた。, (余談だが、そういった意味では、スバルの技術力と努力の結晶は5ナンバーサイズで収まったボディの中に水平対向エンジンを収めることに成功しているBE/BH系レガシィやGC/GF型インプレッサにその妙を見ることができる。), つまり、86の水平対向エンジンは、これまでの水平対向エンジンにあったような「上までよく回るエンジン」という側面を押し殺し、「下からトルクがあって、乗りやすく、燃費の良いエンジン」という印象を得るために設計されている。, そう、実はこの車はエコカーとしての意識がかなり向けられているのだ。実際、峠をそこそこのペースで飛ばしたぐらいでは、終日の平均実燃費で12kmを切ることは無かった。, 3000回転まではちょっとレスポンスが良いカローラのように走りだし、3000回転からは急に「サウンドクリエーター」が威勢の良い吸気音を室内に取り込む。, このサウンドクリエーターとは、インテーク側の配管を室内にも通し、吸気音をダイレクトに車内に轟かせるというシステムである。このサウンドクリエーターシステムが非常にプラスチッキーな音を奏でる。10分程度の試乗であれば、非常に威勢の良いエンジンに感じるかもしれないが、長時間乗っているとまるでファストフードを口に詰め込まれている気分になる。, 20世紀の車は、エグゾーストノート(排気音)を利用して、運転感を演出していたが、エグゾーストノートは周りにも大きな音を放つ。21世紀のエコを売り出す現在では、そのような演出を許してくれるはずもなく、小さな音を大きくして車内に取り込み、「運転している気にさせる演出」をしているだけの子供だましだ。, ここで、86と他のスポーツカーのホイールベースを比較してみよう。 バイクのエンジン始動時の異音。4つの原因別の症状とその対処・修理方法をご紹介しています。1)「ギギーッ」「カキーン」「クゥクゥクゥ・・」「シャー」「クー」はオピニオンギアの不良。2)「ウィーン」や「シャー」と音がして空回りする場合はワンウェイクラッチの磨耗や不良。 ※写真は86″style Cb”のもので、標準車よりは質感の高いインテリア, しかし、間違いなくトヨタとスバルのエンジニアは必死にスポーツカーとしてこの車を作ったのだろうという努力の跡は見える。, この車が意味することとは、文字通り安価な21世紀の国産スポーツカーの復活であり、同時に現代の技術の粋を持ってしても、20世紀のようなスポーツカーは作れないということの証明だ。, 衝突安全基準で大きくなるボディ、歩行者保護で丸くなっていく外装デザイン、排ガス規制でパワーを絞られていくエンジン、騒音規制で自己主張をしなくなるエグゾーストノート…。, ここから分かることは、「人間にとっての本質的な楽しみ」とは、刺激なのだということ。, トヨタとスバルのエンジニアは、直ちに全長とホイールベースを最低でも200mm、ベストとしては300mm短くするべきだ。, 子供だましのサウンドクリエーターシステムにも目をつぶろう。リアシートをまるごとつぶし、リアまわりのデザインだけなんとか帳尻を合わせよう。, そして出来上がるものは、クーペボディであるならばCR−Xの後輪駆動バージョンのようなデザインの車になるだろうが、本気の安価なスポーツカーには仕上がるだろう。Bセグの安価な2人乗り後輪駆動スポーツハッチとしての立ち位置を、既存車種の流用で狙いに行くことができる。, そして、それを買ったオーナーは直ちにサウンドクリエーターシステムを潰して、エキマニとマフラーを変えて、運転感をエグゾーストノートで感じよう。, たしかにRX-8は2,700mmもありますよね。 3月20日、金曜日この日は、トヨタ86の異音修理からです乗り始めた頃からギャップを越えるとカタカタ異音がするとの事で、少し前に点検してみたのですが、ステアリン… Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 岐阜の4輪アライメント&スバル系チューニング専門店ノーティーベアー の日々の出来事, アライメント専門店“ノーティーベアー”のブログです。車種やジャンル問わず、足廻りのチューニングを得意としています!スバル系チューニングメーカーに長年勤めていた小椋メカを迎え、スバル車のECUの現車セッティング等エンジンチューンも始めました!, トヨタ86!カタカタ異音修理!? | 岐阜の4輪アライメント&スバル系チューニング専門店ノーティーベアー の日々の出来事, 信頼性と耐久性が高い、クスコのハイグレードレーシング車高調キットスポーツRをベースに、この6年間に蓄積されたデータを反映してスプリングレート変更やヘルパースプリング追加、リヤアッパーマウント変更等々オリジナルセッティングし、リヤのトラクションとコントロール性の向上を追及した車高調キットです, ヘルパーの追加やセッティングに工夫している為、この車高調キットを組めば、純正トルセンLSDのままでもドリフト出来ちゃいます, ちょっと高いなぁって感じる方もいると思いますが、信頼性や耐久性、セッティングの幅の広さ、オーバーホールや仕様変更に対応している等、長く使ってもらえる様に採用しました, 86/BRZでドリフトしたいけど、車高調をどれを買って良いか悩まれている方、迷わずこれを購入して下さい, オリジナルセッティング車高調を購入して頂ければ、車高やショック等のセッティングのアドバイスもしますので、アフターサービスもバッチリですよ, 上の86/BRZってドリフト出来るの!?って所を、クリック又はタップすると観られます, ノーティーベアーは、サスペンションチューニングだけではなく、スバル車のエンジンチューニングも得意としています, レガシィやインプレッサ、86/BRZ等のECU現車セッティング、タービン交換やエンジンオーバーホール等ハード系チューニング、クラッチ交換やLSD組み込みセッティング、エンジン不調修理、オイル交換やタイミングベルト交換等通常のメンテナンス、一般の車検~公認車検etc…, ノーティーベアーのメンテナンス&エンジンチューニング部門担当小椋メカまで、お問い合わせ御相談ください. ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。. ゴルフ4のエンジン始動直後の異音に関する質問 なんですが、エンジンを掛けるたびに、始動直後「キーッ!」と潤滑油が切れてしまったプーリーのような音を出します。 始動直後だけで、そのあとエンジンをカラ吹かししても、そのあとは「キーッ」音が出ません。 歴代、280馬力のGT-Rなどにも乗ってきましたが、やはり「刺激」があって、走って楽しい(官能的な)車に落ち着きそうです(笑), けんけんさん、こんにちは。 ハイパーレブVol.190 トヨタ 86&スバルBRZ No.5 (NEWS mook ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底), GT-Rからハチロクまで!レンタカーで借りられる国産スポーツカー32車種と取扱店を一気に紹介!, 【Defi】安い追加メーターとしてOBD2を活用!レーダー探知機&カーナビだって使えます♪【Pivot】. トヨタ86!カタカタ異音修理!? | 岐阜の4輪アライメント&スバル系チューニング専門店ノーティーベアー の日々の出来事 岐阜の4輪アライメント&スバル系チューニング専門店ノーティーベアー の日々の出来事 アライメント専門店“ノーティーベアー”のブログです。 エンジンの真ん中辺りから音が出ていたら. Powered by AFFINGER5, 新型車スパイフォト3連発!メルセデスAMG C53、ニュルブルクリンクを走るGクラス4X4、レンジローバー, トヨタが年間販売台数の半分以上にあたる584万台をリコール!燃料ポンプ不具合によるエンストが原因、さらに拡大する可能性も, フェラーリやランボルギーニほかスーパーカーを仮想世界で思いっきりカスタム!新進気鋭のCG作家がリリースする作品が話題に, ヒュンダイの内装のクサさったらもう。「腐ったような生臭さで耐えられない」とクレーム頻発もヒュンダイは「ファブリーズすれば問題ない」として一蹴する, ランボルギーニ史上もっとも過激なモデル?超ワイドフェンダー装備、ウラカンSTOが11月18日発表だッ!, マツダがリコール済み案件に「対策が不十分だった」と再度リコール。CX-5など63,000台, 米統計「もっとも迷惑な運転が見られるのはマツダ・ロードスター」。ほかフェアレディZなどスポーツカーが多い模様, 【動画】ドバイ発!スズキ・ジムニーを「メルセデス・ベンツ純正パーツを使用して」Gクラスのレプリカにしてしまうキットが150万円で登場, スバルが合計67万台ものリコール実施。インプレッサ、XVが対象となり「最悪は走行不能に」, 2019年6月の国産車登録ランキング。プリウスが1位を獲得し、1-6月でもNo.1に。やはり突飛なデザインから「普通」になって販売を伸ばす, 2019年12月、そして通年での国産メーカー登録状況!ベスト15のうち12台がトヨタ。とにかくトヨタトヨタトヨタ, スバルが長期計画公表。2020年に新型エンジン、2020年代はじめに”ファン・トゥ・ドライブな”EVを投入し、2030年代にはついに全車EVに, 2018年12月の国産車登録ランキング。レクサスUXがランクインするもSUV人気に陰りが見え、一方ルーミーなど「トールワゴン」が急成長, 【動画】スイスで開催された富豪向け雪上イベント「ICE」!スーパーカーやヒストリックカーが思う存分雪上で走り回る, トヨタがeスポーツに本格参入!グランツーリスモSPORTにて「GT Supra CUP」を4月から開催し世界最速決定戦を開催, 16%の女性閲覧者にお願い。彼氏や夫が「スポーツカー(もしくはスーパーカー)買うわ」といい出したら気持ちよく許してやって, フェラーリはローンで買うと毎月いくら?→BMWとそう変わらない支払いで買えることが判明, これが注文したランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの仕様だ(外装編)!ボディカラーは”カスタム”扱い、それだけで1,596,540円ナリ, 【最新版】ニュルブルクリンクのラップタイムTOP100!ポルシェ、ランボルギーニの優位は変わらずもフェラーリとマクラーレンが勢力を拡大中, 0-100km/h加速ランキング最新版!上位は2秒台の争いに突入し、驚愕の「1秒台」も登場, トヨタTjクルーザー「もうじき発売/先行予約開始、価格は250万円~400万円」との報道。準備はいいか!?, なぜそれをボクに聞く!「彼氏がクルマ好きで困ってます。結婚して大丈夫でしょうか?」という相談にはこう答える, 愛車サブスクリプション「KINTO」は本当にお得なのか!損得を計算してみたら意外な結果に, ランボルギーニ・ウラカンの維持4年にかかった費用は合計344万円!年あたり86万円、ただしガソリン代は抜きで, 【動画】”買ってはいけない腕時計”5選!ロレックス・サブマリーナ116613LB、オメガ・プラネットオーシャンほか。人気のように思えるのになぜ?, 熱狂的ファンの多いスバル!いかにしてスバリスタが形成されたのかを考察する。「パワーに対して価格が安い」「数字などスペック的特徴が多い」, フェラーリを購入するとこんな「豪華プレゼンテーションボックス」が送られてくる!その中身を見てみよう, ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの支払い計画を考える!3年/5年、残価設定ローン、頭金によって毎月の支払額はこれだけ変わる, 結局、年収はいくらあれば買えるのスーパーカー!ボクの試算では「1200万円」の世帯収入があれば無理なく買えそう, メルセデス・ベンツ、BMW、ボルボ・・・。え?あのクルマがこの価格で?「50万円以下で買える」中古車13選!.