②当時の事件に関わった牧村と騒動を起こした曾根崎は、報道番組のキャスター・仙堂に呼ばれ番組に出演。真犯人が現れて、さらに牧村も同席し緊急特番が組まれる。真犯人は代行屋だった。 何か褒めるべきか貶すべきか迷いますね。ある意味ちょっと感心したのは、こっちがオリジナルじゃないかと思うほどに映像から精神... 面白くない訳ではないけど、時々冷める時があったかな。最初のキャストの名前出た順番でなんとなく中村トオルがやばいんだろうな... 「Yahoo!映画」はYahoo! この記事では、映画『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』のあらすじや,キャスト一覧、ストーリーの結末などについて言及しています。映画『22年目の告白』は、2012年公開の韓国映画『殺人の告白』をリメイクした作品。そして、原作の韓国版『殺人の告 ☆この記事はこのような人におすすめです。・2017年に公開された映画『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』のラストの結末を知りたい。・原作の韓国版『殺人の告白』と日本版『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』の違うところを知りたい。・映画『22年 大阪文化芸術フェス presents OSAKA GENKi PARK オフィシャルライブレポート, こんにちは、男女J-POP/フォークデュオHONEBONEのVo.担当高円寺敬ハーフのEMILYです。, 観てきましたよ!『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』楽しみにしていたので、このコラムを書いている最中からワクワクが止まらない!!!いくぜー!!!あ、ちなみに今回の写真は「やっと伊藤英明様が観れたわあ」の一こま!, 22年前の連続殺人事件の犯人が突然発表した告白本を巡るサスペンス。時効が成立してしまってることから法律の下で彼をさばけない被害者や、事件を担当していた牧村刑事。, この作品を知ったのは結構前になるな~。去年くらいだった気がするんだけど、映画館に行ったらこの映画の予告が流れてきて、即座にiPhoneのスケジュール帳にメモ入れたよね。, 私の大好きな伊藤英明様と、絶叫俳優(勝手に命名)藤原竜也様が共演されるなんて!キャー!, んでもってこの作品を観て思い出したのが、韓国映画の『殺人の告白』。調べてみたら、今作品はリメイクだとか!やはり!私まだ原作観てない!いつか観ようと決めてからずっと時間が過ぎちゃってる…。悲しき獣よ…。(そういうのいいから), 公開初日に行こうとしたらどこの映画館も割と混雑していて、次の日に観に行きました。(ごめん、結構ナメてた), 昔バイトしていたバルト9で鑑賞することを決め、おいしいポップコーンをゲット!5番シアターで鑑賞しました。(ああ、働いていた頃が懐かしい…), この作品は『SR サイタマノラッパー』を撮った入江悠監督だってことで、私のやっているバンドHONEBONEの相方のkawaguchi君も誘ってみました!(サイタマノラッパーファンなので。), サスペンス映画に対してこの感想は不謹慎?なのか…。わからないけど、めちゃくちゃ面白かった。ネタバレしないように書くけど、まず俳優陣だけで結構メシウマなところあるよね。藤原さんがどれだけ叫んでくれるのか、とか伊藤さんのウィットにとんだ演技はみられるのか?とかね!期待値は最初っから高かったよ。, いざ本編に行くと緊張感が割と長く続く作品で、えぐい描写がかなり多かったね。ここは、観る人をかなり分けてしまうポイントだと思う。殺人のシーンは普通に笑えなかったからね。うん、結構シリアス。うう…。, でも、藤原さん演じる殺人犯・曾根崎が、ホテルでいざこれから記者会見!っていうところで、”いかにも”豪華な食事をとっているところや、(ステーキとか食べてたなあ)、ものすごく熱血刑事役の竜星涼さん演じる春日部刑事とか結構個人的にハマったところがあります。(どのシーンでも熱血過ぎてすごかった!), この作品のいいところはね、「観ている人を置いていかない!」という気持ちが全面的に伝わるところ。だって、「今のどういうこと!?」と、観ている最中に思うとするじゃん?するとね、次のシーンでちゃんと説明してくれるのよ、疑問を回収してくれるのよ(また後で話すけど)。だから、頭を悩ませることは一切なし!設定の難しさも一切なし!安心して観ていただけますね。, 個人的に「すげー」って思ったのが、22年前の設定で若かりし頃の伊藤英明さん演じる新米の頃の牧村刑事が出てくるんだけど、これが本当に若く見えるのよ!「え!伊藤さんこんなに若く見えるの!」ってびっくりしちゃって。(日本の映画をなめるんじゃないわよって話)。それから、22年後のちょっと貫禄が出た牧村刑事が出てきて「うわー『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』や!」って思った。(マジどうでもいい), 今回の伊藤さんは『悪の教典』やらCM『デ・オウ』の時とは違って正統派シリアス刑事だったのでちょっと新鮮だった。, 後半に差し掛かって、事件の全貌がだんだん明らかになっていくんだけど、(ここもかなりお話が簡単というか、難しくないから大丈夫!)仲村トオルさんの演技がずっと気になるわけよ。ジャーナリストの役なんだけど、「ん?誰を意識してるんだ?まさか古館さん?宮根さん?わかんねえ…」という、絶妙なところを行くキャスター。そこも結構見どころだし、もうこれ以上言うとネタバレになっちゃうから言えないけど、ダントツMVPは仲村トオルさんですね。伊藤さん、藤原さん、仲村さんの中で最も強烈でインパクトのある演技をされていました。(役柄のせいだろうけど), 途中「これ、なんだか『変態仮面』に似てる…」って思うシーンがあるんですが、観た人は教えてくださいね★そのシーンでは一番笑いましたけどね。, 春日部刑事が後半で、みんな時効を迎えた事件に向かって全力で立ち向かいながら翻弄されているっていうのに、「もう時効は過ぎちゃってるんですから!」っていうシーンはめちゃくちゃ笑ってしまった。「それを言うか!」って思ったんだけど、さすがこの映画、その後にちゃんとそういった「おい!」的な気持ちを回収してくれるわけだ。そこんとこを踏まえてよく観てくださいね。, シリアスな映画でちょっとクスクス笑えたら、あなたの映画見るセンスはなかなか備わっているのでは?(いや、私は何様なの…), 『ミュージアム』や、『クリーピー 偽りの隣人』などが好きな人はかなり好きかもね!おすすめです。, 男女J-pop/フォークデュオ、HONEBONEのVo.担当高円寺系ハーフのEmilyです。素人臭く、親しみを感じていただけるような映画のコラムを書いて行きたいと思います!, 多彩なエンタメ情報をTwitterで発信中SPICE公式アカウントをフォローしよう!, WANDSのギタリスト・柴崎浩。様々なアーティストから引っ張りだこの高い技術と幅広い音楽性はいかにして培われたのか?【インタビュー連載・匠の人】, 「野村義男のおなか(ま)いっぱい おかわりコラム」6杯目は唯一無二のガールズメタルバンドAldiousからR!N・Marinaが登場, [Alexandros]川上洋平、ニコール・キッドマン主演『ストレイ・ドッグ』について語る【映画連載:ポップコーン、バター多めで PART2】, ライブビジネスはこの先どうなるのか? コンサートプロモーターズ協会・中西健夫が語る【インタビュー連載・エンタメの未来を訊く!】, スポーツ庁長官・室伏広治氏やシム・ウンギョンらが感動  中条あやみ主演の映画『水上のフライト』にコメント, 稲垣吾郎、二階堂ふみ、手塚眞監督が登壇する舞台あいさつを全国65の劇場へ生中継 映画『ばるぼら』ライブビューイング実施が決定, 杉咲花が狐面の女役、大沢たかおが狸の総師・隠神刑部役で三池祟史監督『妖怪大戦争 ガーディアンズ』に参戦, 菅田将暉×有村架純のカップルが見せる“出会い・デート・同棲” 自然体の5年間を切り取る『花束みたいな恋をした』場面写真を一挙公開, 加藤諒が本気のラップ&ダンス 浅香航大、栗原類、前原滉らもリリックを刻む映画『とんかつDJアゲ太郎』特別映像を解禁, 『FM802 RADIO CRAZY』にMONOEYES、スカパラ、SHISHAMO、ビーバー、マカロニえんぴつ、渋谷すばるら34組、日割りも発表, 東京スカパラダイスオーケストラの国宝松江城ライブに宮本浩次とさかなクンがゲスト出演決定, 山崎育三郎・古川雄大(Wキャスト)出演のミュージカル『モーツァルト!』 木下晴香、和音美桜、涼風真世、香寿たつきの続投が決定, 出演声優の視点から語られる数々の制作秘話!機動警察パトレイバー トークイベント「遊馬と大田のナイショ話」レポート到着, 明日海りお、千鳥、森山直太朗と豪華コラボレーション『山崎育三郎 THIS IS IKU 日本武道館』開催レポート, すとぷり、NHK Eテレ『沼にハマってきいてみた』で動画撮影の裏側やスタジオライブを披露 すとぷりにハマった声優・岡本信彦も登場, 花江夏樹「うまく歩けないくらい泣いてしまって」 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』舞台挨拶レポート, 宇多田、Uru、平井堅、JUJU、リトグリ、浜田省吾、小田和正ら全15組による“いま、あなたの心を温める歌”、コンピレーションCD『SING for ONE』を聴く, 孤高のきらめきとツンデレ 明日海りお×千葉雄大×小池修一郎(演出)『ポーの一族』インタビュー, RIZINで朝倉未来vs斎藤裕のフェザー級タイトル戦! キック&MMAの全9カードが発表, http://wwws.warnerbros.co.jp/22-kokuhaku/, 『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』ダントツMVPは仲村トオルさんです HONEBONE EMILYのゆるふわ映画談 vol.5. 続きをみる. All Rights Reserved. 『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』楽しみにしていたので、このコラムを書いている最中からワクワクが止まらない! いくぜー! あ、ちなみに今回の写真は「やっと伊藤英明様が観れたわあ」の一こま! 【公開】 2017年(日本) 【監督】 入江悠 【キャスト】 藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオル 【作品概要】 『SR サイタマノラッパー』、『ジョーカー・ゲーム』でおなじみの入江悠監督が、2012年の韓国映画『殺人の告白』を基に描いたサスペンススリラー。 主演に藤原竜也さんと伊藤英明さん、共演に夏帆さん、野村周平さん、石橋杏奈さんら若手俳優に加え、平田満さん、岩松了さん、仲村トオルさんなどのベテラン俳優陣 … 22年目の告白-私が殺人犯です-(2017)の映画情報。評価レビュー 9231件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:藤原竜也 他。未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件の犯人が殺人に関する手記を出版したことから、新たな事件が巻き起こるサスペンス。 ・2017年に公開された映画『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』のラストの結末を知りたい。, ・原作の韓国版『殺人の告白』と日本版『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』の違うところを知りたい。, 映画『22年目の告白』は、2012年公開の韓国映画『殺人の告白』をリメイクした作品。, また、原作の韓国版『殺人の告白』は、1986年から1991年にかけて韓国の華城市で発生した華城連続殺人事件を題材にした映画「殺人の追憶」をモチーフにしています。, そもそも韓国版の作品は実話を元に映画化しており、『殺人の告白』は韓国で270万人の観客を動員。, 興行的にも成功した作品を日本がリメイクバージョンして、映画『22年目の告白』を作り上げたのです。, そんな本作品は、被害者の親族に殺人の現場を見せつけ、目撃者を殺さずに犯行をメディアの前で証言させるというルールのもとで実行された連続殺人事件を巡る物語。, 原作のリメイク版ということもあり、ラストの結末などに異なる部分がありますが、誰もが驚く衝撃の展開が待ち受けています。, そこで今回は、映画『22年目の告白』に登場するキャスト一覧や、韓国版との違いなどを中心にまとめてみました。, 映画『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』は、原作の韓国版『殺人の告白』をもとにして制作しています。, 韓国は2015年の8月に殺人罪の時効が廃止、日本は2010年の4月に殺人罪の時効が廃止されました。, 韓国の映画『殺人の告白』は、法律が改正される前の2012年に制作されているため、殺人罪の時効があります。, それに対し、日本は時効が廃止された後での制作となるので、おのずとストーリーの変更を余儀なくされています。, 映画『殺人の告白』は、10人の女性の命を奪う連続事件に対し、「22年目の告白」は5人の被害者。, それに韓国の方では、刑事の恋人が被害者でしたが、「22年目の告白」のラストの被害者は刑事・牧村の妹になっています。, 原作ではテレビの生放送中、そのまま刑事が真犯人を追い詰めるのですが、リメイクした日本の方では、犯人は雇われた偽者。, その後に真犯人にたどり着き、ラストは命を奪わず逮捕されるという結末になっているのです。, どちらが面白いと思うのかは人それぞれですが、先の読めない結末と、犯人との息詰まる攻防戦という意味でも、個人的には日本版の方が良かったように思います。, 映画『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』は、22年前の1995年に起きた未解決事件が時効を迎えると、犯人を名乗る男・曾根崎雅人が犯行の手口を綴った告白本を発表するというあらすじ。, 犯人役のキャストとして、デスノートでおなじみの藤原竜也が曾根崎を演じ、物語のカギを握る刑事・牧村航役を海猿などでおなじみの伊藤英明が担当しています。, ちなみに原作の韓国版『殺人の告白』は、犯人役をパク・シフ、刑事役をチョン・ジェヨンが担当しました。, 曾根崎演じる藤原竜也の役どころは、22年前に起きた事件の時効成立後に会見を開いて、犯行の告白本を出版したことを発表。, 本はベストセラーとなり、派手なメディア露出で警察を挑発し続け、瞬く間にカリスマ的な支持を得るというもの。, また、刑事・牧村航役を演じる伊藤英明の役どころは、当時の事件を担当し、犯人を拳銃で負傷させるも取り逃がし、その後逆恨みを買い、上司である滝幸宏(平田満)が身代わりとなって殺されてしまいます。, その他の重要人物を演じるキャスト陣に関しては、ネタバレになるのであまり詳しく書けませんが、夏帆、早乙女太一、岩城滉一などが被害者の遺族として名を連ねています。, 夏帆が演じる岸美晴は、時効が成立して世間の注目を浴びる曾根崎にやり場のない怒りを抱えていきます。, また、最も重要な人物として仲村トオルがキャスターの仙堂俊雄役、伊藤英明演じる牧村刑事の妹・役牧村里香役を石橋杏奈、牧村里香の婚約者・小野寺拓巳役を野村周平が担当。, 仙堂俊雄役を演じる仲村トオルの役どころは、テレビ生出演にこだわる曽根崎を、自分がキャスターを務める生放送のスタジオに呼び、メディアの手でさばこうとたくらみます。, 阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件が発生した1995年、三つのルールに基づく5件の連続殺人事件が起こる。, 担当刑事の牧村航(伊藤英明)はもう少しで犯人を捕まえられそうだったものの、尊敬する上司を亡き者にされた上に犯人を取り逃してしまう。, その後事件は解決することなく時効を迎えるが、ある日、曾根崎雅人(藤原竜也)と名乗る男が事件の内容をつづった手記「私が殺人犯です」を発表し……。.