2020年中日開幕スタメンを「若手厨」の視点で妄想してみた . この年の中日ドラゴンズは、落合博満監督の3年目のシーズンであり、2004年以来2年ぶり7回目のリーグ優勝を果たしたシーズンである。

2006年の中日ドラゴンズ(2006ねんのちゅうにちドラゴンズ)では、2006年の中日ドラゴンズの動向をまとめる。. 以前、ブログに書いたネタの2020年版。いわゆる「若手厨」と呼ばれるような人たちが今年の開幕スタメンに妄想していそうなオーダーと投手陣を考えてみた。あくまで「『若手厨』ならこう考えるだろう」というもの、たとえば毎年3月ぐらいに出ているドラフト絡みの某シリーズの書籍に書かれそうなスタメン候補を考えてみたものなので、私個人の意見ではないことはお断りしておく。あと「若手厨」各人の嗜好についてもかなりごちゃまぜにしている部分はあるから、中には極端な例を挙げているところもある。, 打順や起用ポジションについては、実際の2019年の数を計算して機械的にあてはめたもの。最近は以前と比べても日替わりでの起用がかなり増えており、また故障者もかなりの数出ていたため、イメージとはかけ離れたチームもあるかもしれないが、その点はご容赦いただきたい。, 投手については、2019年版は先発が7試合以上、リリーフは20試合以上登板の選手を記載。先発の基準がかなり緩いのはこうしないと1週間分の6人が埋まらないチームが出てくるため。一方の2020年版は、先発6人、中継ぎ4人、クローザー1人の計11人とした。2016年の時点で「一軍の投手は11人で1年間を戦うもの」とのたもうたドラフト評論家がいたので、その教えに準じている。, もし「これいいじゃん」と思ってしまったあなた、これは「数年後」じゃなく「2020年の開幕」です。目を覚ましてください。, 突出した選手はいないが、凶悪な補正のかかるナゴヤドームにしてはまあまあの数字を残している最近の中日打線。昨年はその中核だった外国人選手がいまいちだったものの、代わりに阿部が台頭し、高橋も成長を見せた。キャッチャーの起用が大きく入れ替わったのも昨年の特徴である。, 今年の開幕予想は書かない。順当に考えるとこの昨年の主要オーダーがそのまま開幕オーダーになるからだ。入れ替わるとすればキャッチャー。大野奨太になるか木下拓哉になるか、あるいは石橋や郡司裕也もあるのか。まあそんなとこだろう。, 左は中日ファンじゃない「若手厨」が主張しそうなオーダー。中日ファンの場合は、年齢が高いとはいえ昨年ブレイクしたばかりの阿部をもう少し使ってやろうと考える人も少なくはない。この点は、ファン以外の「若手厨」のほうが容赦しない。逆に京田はチームのファンよりも外部の「識者」のほうが評価が高めである。あと大島のところは平田が推されるかもしれない。, 一方、「若手厨」全般の末期症状として考えられるのは右。三~五番以外は完全に今年の二軍、あるいは5年後の未来を夢想した時のオーダーである。ただ彼らは「5年後に備え」た固定起用を今すぐやれとよく言う。目先の起用にこだわっているのはどこの誰なんだか。, 石川昂起用には「ハア?」と言い出す人もいるだろう。だがいきなりの開幕一軍起用を推される条件はそろっている。石川昂は将来のスラッガー候補であるドラフト1位高卒ルーキー。阿部は何だかんだで30代。セカンド経験のある高橋をそちらに回せばサードを空けることができる。またこういう人たちは1月中はまだ我慢していても、キャンプやオープン戦で少しでも夢が広がればすぐ我慢できなくなるものだ。この点についても、中日ファンのほうが「さすがに1、2年目は下でじっくり」と考え、中日ファンではない若手至上主義者が石川昂抜擢とうるさいかな。特にドラフト1位の起用を強硬に推してくるドラフト評論家あたり。キャッチャーは石橋一択。次点で大卒ルーキーの郡司も期待されるかもしれないが、実際に起用され始めたらその声も一気に消えるだろう。石橋の出場機会が減るうえに監督へのヘイトはそこそこたまっている。郡司がずっと期待されるには「嫌われている監督」から干され続け、なおかつ何らかの事情で石橋にすらもアンチが沸く展開しかない。どんな地獄だ。, 投手は故障者が続出したこともあってやりくりに苦労した。今年も未来も万全と言われているが、全体的に安定感に欠けるきらいがあり、また今までも一軍で少し出てきた投手が怪我や不調ですぐ使えなくなるパターンはあまりにも多かった。, 「若手厨」バージョンの場合、エース格になるのは高卒ドラ1の小笠原以外ない。以降の先発はイニングを稼げる柳を一応入れるが、あとは素質の高い梅津を除いて高卒で固める。久々に支配下登録された地元出身の濱田達もすぐ一軍先発だ。そういえば濱田達が出てきた2014、5年頃もこういう若手有望株だらけの投手陣だった気がするけども、5年たった今また若手有望株に期待が集中しているのはどうしたことか。, セットアッパーは血行障害のため長く投げられないとの噂もある藤嶋。こうした噂を無視して先発で使わせたい「若手厨」も多いだろう。, 一方で評価がやたら低いのが大野雄。FA解禁になる今年は1年契約だが、たとえ出て行ったとしてもそれは何かにつけて罵倒するのに好投を続けても褒めることが一切ないファンが一因じゃないですかね。. 2006年の中日ドラゴンズ(2006ねんのちゅうにちドラゴンズ)では、2006年の中日ドラゴンズの動向をまとめる。, この年の中日ドラゴンズは、落合博満監督の3年目のシーズンであり、2004年以来2年ぶり7回目のリーグ優勝を果たしたシーズンである。, 2年ぶりのリーグ優勝を目指すチームは4月を12勝8敗と勝ち越して2年連続の開幕ダッシュを果たしたが、5月は連勝・連敗の波が激しく14勝12敗の貯金2で終了。前年負け越しの交流戦で首位の巨人が失速したのに対し、チームは20勝15敗1分と貯金を作ったことで選手に自信がつくと、6月は15勝6敗2分、7月には12勝4敗1分と2か月で貯金17を稼ぎ優勝が秒読みになった。後半戦に入ると阪神が中日に猛追するが、8月11日からの直接対決で阪神に3タテ。その後も直接対決で勝利を重ねていき、9月16日には山本昌がノーヒットノーランを達成。阪神の猛追をかわしつつも首位を固め、10月10日の巨人戦で4番タイロン・ウッズが延長12回に満塁本塁打を放ち、最後は守護神の岩瀬仁紀が巨人の反撃を抑えて2年ぶりリーグ優勝。胴上げが終わった瞬間、落合監督は男泣きした。投手陣では大黒柱の川上憲伸が17勝をあげて優勝に貢献し、それ以外でも朝倉健太が13勝、ノーヒッターの山本が11勝、佐藤充が9勝、中田賢一が7勝をあげるなど先発陣が活躍し、リリーフでも平井正史・岡本真也・鈴木義広などがそれなりの成績を残してチーム防御率1位の3.10を記録し前年から改善された。打撃陣では円熟期の福留孝介が首位打者、不動の4番タイロン・ウッズが本塁打王と打点王の二冠で打撃タイトルをこの2人で分け合い、チーム打率リーグ1位の.270、本塁打も139本でリーグ2位を記録した。日本シリーズは日本ハムと初の顔合わせとなり、初戦に勝利したものの、続く第2戦以降は打線がふるわず1勝4敗で敗戦。日本一は翌年に持ち越された。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=2006年の中日ドラゴンズ&oldid=80356005. ← 2006年 中日ドラゴンズ ベストオーダー 2008年 中日ドラゴンズ ベストオーダー → コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません。 Ltfrankc. プロ野球過去の開幕スタメンをまとめました。今回は中日ドラゴンズ編です。一体過去の開幕スタメンはどのようなメンバーだったのでしょうか?記事で振り返っていきましょう!2010年中日ドラゴンズ開幕スタメン。1番大島、2番セサル、3番森野、4番ブランコ・・・

2020年中日開幕スタメンを「若手厨」の視点で妄想してみた 2. Ltfrankc 2020/01/18 20:34.