排気量:247cc 最大トルク:3.6kg・m(35.3N・m)/8500rpm 最高出力:45ps(33kw)/9500rpm マイクロカー(ミニカー)は50ccのエンジンを積んだ無駄のない自動車です。原付と同じく50ccなのにパワフルで便利なマイク... 2020年400cc現行車をおすすめランキングで紹介します。バイクのスペックだけでなく、女性にも乗りやすいポイントもランキ... 大阪から日帰りで行ける絶景ツーリングスポットをわかりやすくランキング形式で紹介します。大阪から日帰りで行くツーリングスポッ... オールシーズンタイヤとは日本の四季、4シーズン全ての天候に対応できるタイヤです。夏用のタイヤでは不可能な雪道での走行を可能... 最近のバイクは高性能です。250ccクラスでもバイク性能をフルに引き出すのも大変です。販売価格も高くなりがちで、購入を考え... 250ccの最強最速バイク決定戦!理論上の最高速度や最大トルク発生時の速度を計算し、250ccバイクの加速性能について検証... おすすめ125ccスクーターをランキング形式で紹介します。125ccスクーターは通勤だけでなく、一般道をのんびり走るツーリ... 軽量・コンパクトなボディにハイスペックな装備で、走りそのものを楽しむことができる125ccのマニュアルバイクが人気です。各... 400ccのアメリカンバイクを大きさと加速性能で比較します。400ccのアメリカンバイクにとって大きさは性能の一部です。し... 国産バイクがもっとも輝いていたと言われる1970年代から80年代にかけて作られたバイクは、絶版車となった今でも精彩な輝きを... 夏から秋にかけて見どころの多い関東人気ツーリングスポットをランキング形式で紹介していきましょう。日帰りで向かうことのできる... 250ccクラスのビッグスクーターを250ccと150ccに分けておすすめポイントを紹介します。理論上の最高速度、高速道路... 愛知県の日帰りでいける絶景ツーリングスポットランキングのご紹介です。ツーリングに行くならどこに行きますか?愛知県にはおすす... 初心者の方におすすめの250ccクラスのバイクをご紹介します!初心者の方に向けてバイクの選び方についてもご紹介します。現在... 秋に段々と近づいてきてツーリングもしやすくなってきまいた。埼玉県は自然がたくさんあり絶景や名所・穴場スポットなどで楽しめま... 排気量が大きな大型バイクは憧れでもあります。これから大型バイクを購入する人にとっては高額な買い物となりますが、今回はおすす... 車内を彩ってくれる飾りや小物類などの車内インテリアグッズを厳選してご紹介します!車向けのおしゃれでかっこいいインテリアグッ... 春に新しく免許を取られる方も多いのではないでしょうか?運転初心者や運転に自身がない方でもコンパクトで運転しやすい、安全運転... ガソリンスタンドやコイン洗車場の洗車機は使ってみたいけど今まで洗車は手洗いのみで使い方がわからない・なんか怖い。そういう人... 日本人の体格にもぴったりで、スペックも優れた車種の多いことで人気の250ccのオフロードバイクは魅力がいっぱいです。人気の... 2ストバイクの名車11選!今こそ乗りたいスーパースポーツの魅力を一挙にご紹介!のページです。暮らし~の[クラシーノ]はアウトドアに関連するキャンプや釣り、登山などの情報発信メディアです。これから始める方に向けて、魅力や必要な知識・道具をまとめて読むことができるWebマガジンを無料で購読いただけます。, A post shared by RZ250 tani (@tani_rz250), A post shared by エステン・オモラシ (@s10omorashi), A post shared by inaka_king (@inaka_king), A post shared by Kyohey Ogawa (@kyohey_ogawa), A post shared by AKIRA-KURATA (@nakira_man), A post shared by Justin Martens (@jmartens2004), A post shared by ALMUSAWAT BIKE SHARJAH (@almusawat_bike), A post shared by Mitsuru Aida (@mitsuruaida), A post shared by Gennki Hagiwara (@genki_hagiwara), A post shared by zaki (@zakimiyaunlimited), A post shared by 後藤克康 (@houtengkekang1399), A post shared by Jun Furusawa (@bazz.mon), A post shared by RCガレージ紺道 (@takahiro_kondo_), A post shared by Hiroyuki Fujii (@hiroyuki.fujii), 【2020】125ccマニュアルバイクおすすめ12選!走りを楽しめる小型バイクはこれ!, 【2020】250ccのオフロードバイクおすすめ人気ランキング12!最強オフ車はコレ!. 最大トルク:4.9kg・m(48.1N・m)/8500rpm 最高出力:35ps(26.0 kw)/8500rpm 発売開始年:1974年, ”サンパチ”の名で親しまれたスズキの中型2ストロークスポーツモデルがGT380です。太めの中低速トルクや120度クランクによるスムーズなエンジン特性、オイルの白煙の量の少なさなど、ライバルのカワサキマッハとは異なるマイルドさが多くのファンを獲得しました。シリンダー冷却のためのラムエアシステムがもたらす角ばったシリンダーヘッドや、大型車並みのボディでも多くのライダーの人気を博しました。, エンジン:空冷2スト ピストンバルブ 並列3気筒 大型バイクとも戦える程の凶暴な加速をする一方、実用的な中低速でもトルクがある為、非常に乗り易く仕上がっている。59馬力を発揮する水冷2スト4気筒を搭載し、そのエンジンには市販車初のスクエア4(正方形に配置した4気筒)を採用。 最高出力:45ps(33kw)/9500rpm 最大トルク:5.7kg・m(55.9N・m)/7000rpm 発売開始年:1968年, A post shared by ALMUSAWAT BIKE SHARJAH (@almusawat_bike) on Apr 22, 2018 at 12:26am PDT, カワサキのマッハやスズキのGTなどの2ストロークスポーツバイクのライバルとしてヤマハが投入したのが、RD250です。カワサキのマッハやスズキのGTなどのライバルに対応するべく、掃気を促して吸気効率を上げる7ポートトルクインダクションシステムや6速のミッションなど当時としては最新の技術が投入されていました。初期の丸型から当時流行のカフェレーサースタイルの角型タンクへの変更などを受けながら、RZ登場でバトンタッチするまで、多くのライダーに愛され続けました。, A post shared by b r clauss (@motobenco) on Jul 23, 2018 at 8:06pm PDT, エンジン:空冷2ストローク ピストンリードバルブ 並列2気筒 ハイスペックな走りでバイク界を席巻した2ストロークバイク。環境問題の高まりからその役目を終えつつあるかのように見える2ストバイクですが、かつての輝きはいまだ失なってはいません。そんな2ストバイクのおすすめの名車と、メンテナンスのコツをご紹介します。, A post shared by RZ250 tani (@tani_rz250) on Jul 21, 2018 at 4:20pm PDT, かつてスポーツバイクのカテゴリーで高い人気を誇ったのが2ストロークバイクです。軽い車体に圧倒的な加速感で一世を風靡し、バイク史の歴史を彩る数々の名車が生まれました。環境問題の高まりなどから、今や大手メーカーのスポーツバイクのラインナップからも消えつつある2ストバイクですが、旧車市場ではいまだに多くのライダーに支持されています。そんな今でも輝きを失わない往年の2ストバイクの名車や、2ストエンジンのメンテナンスのコツについてご紹介します。, A post shared by 2TRiders (@2triders) on Jul 5, 2018 at 7:27am PDT, 一般的な4ストロークエンジンは、クランクシャフトが2回転する間に吸気・圧縮・爆発・排気の工程を行います。これに対し2ストロークエンジンは、クランクシャフトが半回転する間に吸気・圧縮を行い、残りの半回転で爆発・排気を行います。すなわち同じ回転数では4ストに比べ2ストは倍の爆発をしていることになります。そのため同じ排気量であれば、2ストエンジンの方がより効率良くパワーを取り出す性能があるということになります。, A post shared by Ikeda Yuji (@ekdug1978) on Mar 13, 2018 at 1:38am PDT, 2ストエンジンは4ストのようにカムシャフトや吸排気バルブを必要としません。構造自体もシンプルなため部品点数も少なくでき、軽量なエンジンをつくることができます。スポーツバイクにとって軽量であることは、それだけ走行性能をあげることができます。またシンプルな構造はライダーにとってもメンテナンスしやすく、チューニングなどで性能をアップさせることも容易に行えます。, A post shared by エステン・オモラシ (@s10omorashi) on May 28, 2016 at 12:35am PDT, 同じ回転数で倍の爆発をすることによって性能を引き出している2ストエンジンは、燃費性能的には4ストより劣ることになります。また4ストロークがオイルを循環させることで潤滑性能を得ているのに対し、2ストロークは燃料にオイルを混ぜて潤滑性能を得ています。年々厳しくなる排気ガス規制では、ガソリンとオイルをともに燃焼させる方式では規制をクリアすることが難しくなってきたこともあり、2ストバイクはその役割を終えつつあるのが現状です。, A post shared by inaka_king (@inaka_king) on Jun 22, 2018 at 7:38pm PDT, 1960年代後半、まだまだ世界的にはマイナーな存在だった日本のバイクメーカーであるカワサキが、北米市場で戦い抜くために選択したエンジンが、2ストローク並列3気筒でした。スロットルの一捻りで猛烈なオイルの白煙とともにフロントホイールが浮き上がるその暴力的なまでの加速と、200キロオーバーのトップスピードで瞬く間に人気となり、カワサキのアメリカでの地位を確固たるものとしました。「曲がらない、止まらない、まっすぐ走らない」とまで言われたじゃじゃ馬ぶりは、逆にそれを乗りこなすことがライダーのステータスともなり、現在でも熱狂的なファンが全世界に存在する名車となりました。, A post shared by hiromix (@hiromix1537) on Jun 22, 2018 at 12:45am PDT, エンジン:空冷2ストローク ピストンバルブ 並列3気筒 排気量:247cc 最大トルク:2.36kg・m(23.1N・m)/5000rpm 最高出力:45ps(33kw)/10000rpm 排気量:371cc 発売開始年:1985年, A post shared by zaki (@zakimiyaunlimited) on Aug 18, 2018 at 12:57am PDT, WGPで活躍したワークスレーサーにそのまま保安部品をつけた純粋なレーサーレプリカがスズキのRG400Γです。2ストロークスクエア4のエンジンは出力こそ当時の国内自主規制に収まる59馬力ですが、レーサー譲りの徹底した軽量化がもたらす俊敏な走りで、多くのライダーを魅了しました。レーサー然としたスタイリングやウォルターウルフ仕様をはじめとしたカラーバリエーションの豊富さ、特徴的な4本出しのマフラーなども高い人気を誇りました。, A post shared by zaki (@zakimiyaunlimited) on Aug 14, 2018 at 5:01am PDT, エンジン:水冷2ストローク ロータリーピストンリードバルブ スクエア4気筒 スズキrg400(500)Γ 主要諸元 エンジン 水冷2サイクルスクエア4気筒ロータリーディスクバルブ50.0×50.6(56.0×50.6)㎜ 総排気量397(498)㏄ 圧縮比7.2(7.0) 気化器vm28(vm28ss) 点火方式pei 始動方式キック 排気量:249cc 最大トルク:3.5kg・m(34.3N・m)/9000rpm 発売開始年:1985年, 国内2大バイクメーカーであるホンダとヤマハが激しく凌ぎを削ったHY戦争を代表する車種が、このNSR250Rです。当時、2ストスポーツバイク分野で圧倒的人気を誇ったヤマハRZに対抗すべく投入されたNSRは、その後ヤマハが発売したTZRと熾烈な販売合戦を繰り広げる一方、レーサーレプリカ人気の牽引役としてライダーの人気を集めました。, A post shared by 後藤克康 (@houtengkekang1399) on Aug 4, 2018 at 8:59pm PDT, エンジン:水冷2ストローク クランクケースリードバルブ90度V型2気筒 最高出力:18.5ps(14.0 kw)/6000rpm ハイスペックな走りでバイク界を席巻した2ストロークバイク。環境問題の高まりからその役目を終えつつあるかのように見える2ストバイクですが、かつての輝きはいまだ失なってはいません。そんな2ストバイクのおすすめの名車と、メンテナンスのコツをご紹介します。 最大トルク:2.6kg・m(25.5N・m)/5500rpm 最大トルク:2.92kg・m(28.6N・m)/7000rpm ●国内仕様RG500ΓのカタログはA4版全6ページ構成。対してRG400Γ初期型のカタログはA4版全16ページ構成。 カタログは400の“REALSPRINTER”に対して“HYPER SPRINTER”とキャッチがつけられ、写真やイラストをふんだんに使った分かりやすいメカ解説を盛り込む。 手堅く派手さのない印象の内容だが、情報量は十分。, ※本記事は別冊モーターサイクリスト2008年7月号に掲載されているものを再編集しています。, ’70年代後半から’80年代初頭の世界GP500㏄クラスではスズキとヤマハが争う展開となっており、スズキは’75年からメーカータイトルを7年連続で獲得、’81年(M・ルッキネリ)と’82年(F・ウンチーニ)はライダータイトルも獲得。 そのワークスRGΓ500を思わせる公道版としてスズキは’83年にRG250Γを発売、さらにその上級版となるRG400/500Γを’85年に発売した。 デビューは’84年9月のIFMAケルンショーである。, RG250Γ(1985)●レプリカブームの先陣を切ったRG250Γは’85年型で三代目となり、400/500同様排気デバイスSAECを採用。外装も全面刷新、ウインカーは別体式となりフルカウル仕様はサイレンサー前部までを覆う形状に。軸距短縮など、ディメンションも変更された, RG400Γ●’85年型RG400Γは型式HK31Aで車台番号HK31A-100001〜。車体色はチャンピオンブルー×スーパーホワイトと、マーブルピュアレッド×スーパーホワイトの2色を用意。アンダーカウルはオプションで価格は65万9000円だった, RG500Γ●’85年型RG500Γは型式HM31Aで車台番号HM31A-100001〜。車体色は400と共通のチャンピオンブルー×スーパーホワイトと、塗り分けの異なるマーブルピュアレッド×スーパーホワイトの2色を用意。フルカウルのみで価格は75万9000円だった, エンジンはワークスRGΓ譲りと言えるロータリーディスクバルブ吸気の水冷スクエア4気筒で、対角線上の2気筒が同時点火で前後のクランクシャフトを逆回転させるため、一次振動がほとんどなく、バランサーを不要としている。 キャブレターは薄型のVM28をシリンダー側面に4基配置、排気ポート直後に備えられたデバイス(SAEC)はエンジン回転数に応じて低中速トルクを補う。, アルミフレームはRG250ΓやGSX-Rでも採用されたMR(マルチリブ)-ALBOXで角パイプとキャストを組み合わせ、ステアリングヘッド後部に6ℓ容量のエアクリーナーを設けたダブルクレードル構造としている。 前輪16インチやPDF(アンチダイブ機構)、エアサス併用式Fフォークは当時の流行で、これはヤマハRZVも同様に装備していた。, しかし、’85年の発売当時スズキはワークス活動を休止しており、唯一と言えるイメージリーダーは全日本選手権で’82年の王者となったベテラン水谷勝のみ。 ’85〜87年の3シーズン、WW(石油王ウォルター・ウルフ)をスポンサーにつけ善戦するもヤマハの平忠彦と藤原儀彦、ホンダ木下恵司の牙城を崩すには至らず、また世界GPの舞台はいつしかヤマハとホンダが鎬しのぎを削り合う戦場と化していた。, 国内向けには中型免許ユーザーに合わせたRG400Γが先行投入されたが、およそ2か月後には500Γも発売。 国内仕様は自主規制から最高出力が64ps(500)とされたが輸出フルパワー仕様は95ps、乾燥重量もRZVより20㎏近く軽量な156kgを公称。 以後この数値を超えた公道向け国産2サイクル車は存在しない。 またそれが、RG500Γが2サイクル最速と称されるゆえんとなっている。, RG500Γ●’86年型WWカラーも同価格だが、500は紺のみ。グラフィックは400と同じでデカールが異なる, RG400Γ●’86年型WWカラーは6月1日発売、価格は69万9000円。エクセレントブルーは’85年型と異なり赤シート+赤ホイールが装着され、ほかに250と同様なエレガントシルバーメタリックも用意された, ●エンジン 水冷2サイクルスクエア4気筒ロータリーディスクバルブ50.0×50.6(56.0×50.6)㎜ 総排気量397(498)㏄ 圧縮比7.2(7.0) 気化器VM28(VM28SS) 点火方式PEI 始動方式キック, ●性能 最高出力59ps/9000rpm(64ps/8500rpm) 最大トルク4.9㎏m/8500rpm(5.8㎏m/7500rpm) 燃費38(32.4)㎞/ℓ(60㎞/h), ●変速機 6段 変速比①2.636 ②1.750 ③1.380 ④1.173 ⑤1.045⑥0.956 一次減速比2.230 二次減速比2.733(2.500), ●寸法・重量 全長2100 全幅695 全高1185 軸距1425 最低地上高150(110)シート高770(各㎜) キャスター23°35’ トレール102㎜ タイヤサイズⒻ110/90-16-59H Ⓡ120/90-17-64H 乾燥重量153(156)㎏, ●発売当時価格 65万9000円/1985年2月15日(75万9000円/1985年4月22日), 1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!, 【NEWS】タナックスのイベント「第1回タナフェス WEST in ZERO-BASE」が開催を延期, 国産2スト最強!?